長野県のお盆について知っていることがあったら教えてください。お盆の習慣やお盆にどういうことをするのか詳しく知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長野県でも地方や新しい地区、古い地区違うと思いますが、私は諏訪地方の出身です。

以前はどうか知りませんが盆行事は7月でなく一般に8月に行っています。


13日にナスとキュウリで牛と馬を作り、カトギの葉を編んだものを仏壇に敷きます。夜には白樺の皮で迎え火をたき(花火もする)、「お盆さまお盆さまこの明かりでおいでなしておいでなして」と唱えてました。
16日には同様に送り火で「お盆さまお盆さまこの明かりでお帰りなしてお帰りなして」とします。なぜかお盆さまが家に来てるはずの16日朝に墓参りする家もある(うちの近所)ようです。
その後カトギの敷物にナスの牛、キュウリの馬や「おめぇだま」(米粉の団子)など包んで地区で回収したり。


この他、家族が亡くなった新盆の家では7月頃から木を組んだ灯篭を庭先に建てたりもしますがそれについては詳しくはありません。あしからず。


長野県の小中学校の夏休みは8月18日頃までなので、お盆はもう、夏の終わりの行事というイメージでしたね。
    • good
    • 0

 古代の日本では、祖先の霊が年に二度、子孫の生活に祝福を与えるため来臨し、それを迎えて営まれるための祭りでありましたが、仏教の影響を受け、盆は仏事、正月は神事というように変化されたということです。

主として、手元にある 角川書店から出ていた「日本年中行事辞典」から、長野県に関するものを選択し、編集しました。この本自体も20年も前のものですし、盆には、日本全国の風習も関連していますので、ぜひ、手に入れば、他の個所も見られることを勧めます。

きゃろんのう 
 長野県諏訪地方では盆月の6日、すなわち七夕の前夜に、子供たちが松明を持って丘に上り、火を振る行事をする。これをきゃらんのうと称する。そのとき、家々では
門前に樺の皮を燃やして、魂迎えをする。山に登って火を振る盆の行事は諏訪から上伊那郡にかけて行われ、ドンブヤという。また白樺をたくのは松本地方にも見られる。
花取り日 
 長野県で7月11日。早朝から山に出かけて盆花を取ってくる。盆花取りが子供の分担になったため、11日の盆花取りを守る風もまだ消えていない。
盆年
 北安曇郡では7月13日(新暦で8月13日に行う村もある)の晩の食事に盆肴といって必ず魚を食べる風があり、これを盆年(盆年取りの略)という。
盆節供
 諏訪地方などで、盆の13日。お盆の年取りともいう。新仏のない家では、盆も祝日で、「お静かな盆でございます。」とか「結構なお盆でおめでとうございます」などと挨拶をする。
このあかり
 盆の迎え火・送り火の時の唱え言に「この明かり」云々と唱えるので、行事または火の名となったもの。諏訪郡では、「爺様婆様、この明かりでごんざれごんざれ」と唱える。
盆礼
 他家に縁付いた子女が、盆に盆肴や手土産を携えて里の親を訪ねること。または平常世話になっている向きをそうめんなどを持って回礼すること。これを盆歳暮(北安曇郡)・盆がしき(松本市)などという。
盆見舞い
 下伊那郡では、初盆の家の盆棚を拝み、供物をあげに行くこと。7月14日などに行われる。
お花松
 飯田市で、盆の16日の朝、仏を送って行って墓に参り、花立ての花を松の枝とさしかえる。その松の名。正月に墓に松を立てる風習が他の土地にあるのと対照すると、盆と正月の共通点はいよいよ深いものといえる。
鳥居火 松本市付近で以前、盆月の25日から27日に、山上で火をたいた行事。大勢の人が持つ松明を遠くから望むと鳥居の形に見えるのでこの名がある。精霊を送るための火祭りであるが、これから少し南に下がると、同じ行事をドンブヤと呼び、多くは精霊迎えを行う。
どんぶや
 諏訪・上伊那郡にかけて子供たちが盆の火たき行事。ドンブリヤともいう。日は盆の13日と16日の晩、あるいは7日の晩と三度行う村もあった。岡谷市(旧川岸村)では13日にムカエドンブ、16日にナガシドンブをたく。迎えドンブには大ドンブと小ドンブとがあり、夜の9時ごろ子供たちは火をつけたドンブを振り回し、大声にわめきながら村中を練り歩き、一定の場所で焼き上げる。これを部落競争で行う。16日のナガシドンブにも大小があって、大は高さ、幅とも約1間あるわら製の衝立のような物で、これに浮けの木と重りをつけ、火を点じて、諏訪湖から流れ出る川(天龍川)に流す。子供たちは川に飛び込み、ドンブについて泳ぎ下っていく。両岸には人々が集まり、盛んな見ものであった。小は御先触れと称し、同じような作りでこれをまず流す。村によっては戸ごとに空炭袋をもらい集め、山の小高い所にある山の神の所に小屋掛けして宿り、炭袋に適当な長さの縄をつけ、火を点じ、炭袋を頭上でぐるぐる振り回し、見物の子供たちも「ドーンブヤ、サーングヤ」と揃ってはやしたてる。これを数人ぐらい並んで行った。
検索にも、たくさん引っかかっていますので参考にしてください。、

参考URL:http://www.google.com/search?q=%92%B7%96%EC%81@% …
    • good
    • 2

長野の親戚が「おやき」を作って食べさせてくれましたが、お盆には欠かせない料理みていですね。

ちょっとは役に立つ情報かな(^^;

http://www.asahi-net.or.jp/~bn9m-smd/oya.html

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~bn9m-smd/oya.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお盆のお墓参り

ずっと気になってたんですが お盆にお墓参りってするところ多いじゃないですか
でも お盆の時って 魂が家に来てるじゃないですか
空の墓にお供え物をして お参りするのって変じゃないですか??
お墓参りするなら お盆前とか お盆後にしたほうが正しいように思うんですが・・・
何故お盆にお墓参りをするのか その理由を知りたいのです よろしくお願いします

Aベストアンサー

 以下は同じような趣旨のご質問に答えたわたし自身の回答です。そっくりコピーしてご回答に替えます。

 わたしもそんなことを何度も考えたことがあります。もちろん仏教の真髄などといったものは理解しておりませんが、それでも、たしかに今は亡き父はじめ仏様はわが家に帰って来ているのかもしれませんから、もちろんお仏壇にはいつもより美味しそうな珍しいものなどをお供えしますが、それだけではこの世に残った者たちにしてみれば物足りません。

 とにかくお墓といえば、あの、今は懐かしい父たちを葬ったところ。いわばこの世とあの世をつなぐ唯一の場所。まして暑いさなかともなれば、ぜひ行って、きれいに清めてあげて、冷たいお水、好きだったお酒といったものをお供えしたい.......これ、ごく自然な感情と思っています。

 ただ、お墓が遠く離れた土地ともなると、気持ははやるものの、なかなか実現できないことも多く、仏壇に手を合わせてそのことを詫びてはいますが、たぶん分かってくれて、さぞ、どこか見えないところで苦笑しているのだと思っています。

Q今年のお盆は何日から?

毎年思うのが、お盆って何日までだろう・・・なんですが、今年の皆さんのお盆休みは何日から何日までですか?
私はお盆休みありません。

Aベストアンサー

私はお盆というと8月13、14、15日の3日間と思っているのですが、仕事の休みはまた別で土、日が絡んできたりしますので、もう少し長くなります。
今年は12~16日までが仕事ではお盆休みです。

お仕事でお盆休みがないのですか?
大変ですねぇ...(X-X)頑張って下さい。

Q一般的にお盆ってお墓参りの時期なのですか?

お盆にお墓詣りに行っても、
故人はお墓にはいないんですよね?
お墓詣りの時期はお彼岸ですよね?
お盆にお墓詣りに行く人はなぜお盆に行くのですか?

Aベストアンサー

お盆には迎え火をたき、お墓までご先祖さまたちを迎えに出向くのです。

本来はまた送り火をたき、再びお墓まで送るのですけどね。お盆の墓参りとはそういう意味合いがあるのです。お墓にはいないのに墓参りは意味がないと言うことではありません。

ただその時にお墓の手入れも行います。お墓とは故人が眠る場所であると同時に、仏教で言えば仏塔なんです。お墓に手を合わせることはみ仏さまの前にいるのと同じです。


彼岸とは春分と秋分があります。この日は太陽が真東から登り、真西に沈みます。

真西に沈む太陽の方向に、西方浄土への思いを馳せたのが彼岸です。

これがいつしか先祖供養に変わっていったのです。なお彼岸とは日本仏教独自の行事であり、中日は先祖への感謝、あとは六波羅密の修行日とされるのが本来の姿です。

余談ですが春分のお供えにはぼたもち、秋分のお供えにはおはぎ、全く同じものですが、その季節に咲く花から名前がついています。ぼたもちは牡丹、おはぎは萩です。

従ってどちらの時期も墓参りしてかまいません。

Q七夕の笹飾りの短冊について

笹飾りに飾る五色の短冊には願いごとを書きますが、その他にも「七夕」と
か「天の川」とか書いて沢山つるすといいと聞きます。
ネットなどで調べても「七夕」、「天の川」などと書いて飾る、とはありま
すがそれ以外の言葉が分かりません。
「七夕」、「天の川」以外にどんな言葉を書けば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、七夕の歴史から申し上げますと・・・
五色の短冊とは、もともとは中国の陰陽五行説によるもので、
赤・青・黄・白・黒のことでした。
しかし、これらの色を統一する色として紫が置かれ、
最上の色とされました。
その代わり黒がなくなりました。
七夕では最初は五色の糸が飾られましたが、
五色の絹布に代わり、やがてこの風習が庶民に広まり、
五色の短冊を笹飾りにつけるようになりました。
さらに、その短冊に字の上達を願い、
字を書くようになりました。
・・・ということで、本来は「字の上達を願う」行事なので、
そういったことを書くんですね。

七夕の歴史については、下記URL↓をご覧ください。
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/curators/aroom/minzoku/77.htm

また、七夕は7月15日を中心とする
盆の行事の始まりの儀式として起こったものであり、
盆というのは、収穫を感謝するとともに
秋の実りを祈って祖先の霊を祭るという意味がありますので、
そういった内容を書くのが、本当なのでしょう。

しかし、最近では、izumi3さんの書かれているような言葉や、
一般的な「好きな願い事」を書くようになってますので、
何でもアリなのでは?
近くの子供たちや知り合いの人に短冊を渡し、
個々に好きな願い事をを書いてもらうってのはどうでしょう?

参考URLでは、仙台七夕まつりの七大飾りの形が見れます。
もし短冊に書く言葉に困ったら、
色々な形の飾りを付けられては如何でしょう?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/6412/tanabata.htm

まず、七夕の歴史から申し上げますと・・・
五色の短冊とは、もともとは中国の陰陽五行説によるもので、
赤・青・黄・白・黒のことでした。
しかし、これらの色を統一する色として紫が置かれ、
最上の色とされました。
その代わり黒がなくなりました。
七夕では最初は五色の糸が飾られましたが、
五色の絹布に代わり、やがてこの風習が庶民に広まり、
五色の短冊を笹飾りにつけるようになりました。
さらに、その短冊に字の上達を願い、
字を書くようになりました。
・・・ということで、本来は「字の...続きを読む

Q七夕飾りの由来

友達が困っているので質問させてください。

幼稚園児に七夕飾りを作らせようと思っています。
作る前に由来を話そうと考えたとき。
七夕自体については今までにも話してきたことはあるし,短冊を書くのは「字が上手になるように」だった,とか,スイカやナスの飾りは「豊作祈願」だった,とか分かります。
しかし,その他の「ひし形つなぎ」や「あみ飾り」や「ちょうちん」などの由来は?と聞かれたとき,私も分かりませんでした。
どなたかご存知の方いませんか?

Aベストアンサー

 1年には5つの節句があり、それぞれ節句にはかかわる植物があります。
・1月7日:人日(じんじつ)…七草
・3月3日:上巳(じょうみ)…桃
・5月5日:端午(たんご)…菖蒲
・9月9日:重陽(ちょうよう)…菊
そして7月7日の七夕(しちせき)は竹の節句です。
 この七夕は、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の二星会合の祭りでした。またそれとは別に、裁縫の上達を願うための織女の祭りで、乞巧奠(きこうでん)という儀式がありました。これが二星会合と結びついて、唐代から七夕の日に行われるようになります。
 乞巧奠は日本でも宮中で行われるようになり、竹を立てて山海の幸を供え、五色の糸や布と灯明で飾り、雅楽を奏でて和歌を詠むなど、裁縫や芸事の巧みを乞う奠(まつ)りでした。それが江戸時代に民衆でも行うようになり、歌や願い事を書いた短冊を掛け、飾り糸などで竹を彩りました。

 ちなみに日本では七夕(しちせき)を「たなばた」と訓じるのは、日本古来からある祖霊を迎える祭り、「棚機女(たなばため)」からです。神の嫁となった女性が機織(はたお)りの建物にこもる儀式で、後に盆と結びついて旧暦7月15日に、祖霊が訪れる川や海のそばに竹を立てて、棚に供物を捧げ機を織りました。また旧暦7月7日は盆に入るため、仏や先祖を家に迎えるために身を清める日でもありました。つまり“たなばた(棚機)”は盆行事の一形態です。
 そもそも竹は根が強靱で生長が早く、また空洞になっているのでそこに神霊が宿るとされ、古くから神聖視されていました。このような日本の信仰が、支那の織女や雨の川の伝説、七夕(しちせき)、乞巧奠と結びついて、今のたなばたとなります。

 以上、たなばた(七夕・棚機)の大まかな歴史です。お子さんには難しい話かもしれませんが、上記を踏まえると以下のようになるでしょう。

 竹を立てる…神様やご先祖様が地上に降りる目印。空洞になっている部分に力が宿っている。

 短冊を掛ける・歌を歌う…字が上手になるように。習い事が上達するように。

 ひし形つなぎ・あみ飾り…もともとは布や飾り糸で、裁縫がうまくなるように。

 ちょうちん・野菜…神様やご先祖様へのお供え物。

参考
『荊楚歳時記』東洋文庫(平凡社)
『国史大辞典』「きこうでん」・「たなばた」項(吉川弘文館)

 1年には5つの節句があり、それぞれ節句にはかかわる植物があります。
・1月7日:人日(じんじつ)…七草
・3月3日:上巳(じょうみ)…桃
・5月5日:端午(たんご)…菖蒲
・9月9日:重陽(ちょうよう)…菊
そして7月7日の七夕(しちせき)は竹の節句です。
 この七夕は、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の二星会合の祭りでした。またそれとは別に、裁縫の上達を願うための織女の祭りで、乞巧奠(きこうでん)という儀式がありました。これが二星会合と結びついて、唐代から七夕の日に...続きを読む

Q曹洞宗 お盆の迎え火

我家は曹洞宗です。
お盆の迎え火について教えていただきたいです。
私の住んでる地方では お盆の迎え火を13日に焚きます。
墓前で焚いて、後に家の門で焚きます。
14日にもお墓へ行き、墓前で焚き、家の門で炊きます。
15日も同様です。
13日に仏様(精霊様)をお迎えしてるのに
毎日お墓で火を焚き家の門でも焚きます。
そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

お盆の習慣は仏教とは直接関係ありません。
仏教の根本では死んだ人は49日を過ぎると生まれ変わっているので
毎年8月に帰ってくることはあり得ないんです。
民俗学の研究によれば神道(神道にも宗派があります)でもお盆はあります。

お盆の習慣は地域、それもかなり狭い範囲で伝承されてきたものですので、
一山越えたらやり方が違うということもあります。
迎え火の習慣はかなり普遍的ですが、迎え火そのものをしない地域もあります。

Qお彼岸って?

今日はお彼岸ということで墓参りに行ってきました。初歩的ですみませんが、
なぜお彼岸には墓参りに行かなくちゃいけないのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんなページがありました。
私も初めて"お彼岸の由来"を知りました。

参考URL:http://www.hokuriku.ne.jp/genkai/46higan.htm

Qお盆やお盆過ぎに海

先日、細木数子の番組で、お盆やお盆過ぎには川や海に近づかないように、という内容がありました。
霊が水場にはウヨウヨいるとか。
成仏できない霊なんかもいて、事故も起こりやすいとか。
海にわりと近い所に引っ越してきたので、
今年はお盆もお盆過ぎも海へいくつもりだったのですが、
そうやって聞くと心配になってきて迷っています。
水に入らなくても水場に近寄るだけでマズいんでしょうか?

お盆やお盆過ぎに海へ行きますか?

Aベストアンサー

お盆の最中もそうですが、最後の日は帰る霊に連れて行かれるから川に遊びに行ってはいけないと言われていましたよ。
実家のあたりは海は遠かったので何も言われていませんでした。

お盆を過ぎると土用波が来るんですよね、子供は結構危険かも。
8月の後半に何回か旅行に行った事がありますが、海には入れた事が無いです、波が荒くて子供には危険だったので、いつもプールになっちゃうんですよね。

そうそうお盆期間中の殺生もだめだと言われていたので、蝉取りなんかもお盆中はしなかったですね。

Q「香典」と「お見舞い」を一緒(しかも蝶結び赤のしで)

入院を経て亡くなった父の葬儀を終えたばかりですが、一つ驚いたことがあるので教えてください。

我が家は完全に東京流で、簡潔な葬儀をしましたが、出席者の中に田舎(茨城の代々の農家)の方がいて、その人は、香典にくわえ、赤い蝶結びののし袋で「御見舞」としてお金をくるんできたのです。香典と御見舞いを一緒に出すという行為を見たのもこれが初めてですし、その上、そのお見舞いが赤い蝶結び(結び切りではない)ののし袋に入っていたので、絶句してしまいました。これでは父に「何回も入院してください」と言っているようなものではないでしょうか。私は内心はらわたが煮えくりかえる思いだったのですが、ひょっとしてそういう習慣が当たり前の土地柄ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も見たことがありますよ。
最初は驚きましたが、その土地ではそういう習慣なんだそうです。
見舞いに行けないままに訃報を聞き、
葬儀に伺った場合はそうするんだそうです。
また、そこでは見舞いは紅白の蝶結びで問題ないそうです。
なので、お見舞いの紅白の蝶結びと香典が一緒に出てくるわけです。

確かにそんなことを知らなかった私には何で・・・
とかなり思いましたが、そういう習慣の土地であればむしろ、
礼を尽くしてくれているのだと思います。
そんな習慣の土地もありますので、「ご丁寧にありがとうございます」と思ってくれたらいいなと思います。

Q七夕のお飾りの始末

七夕の笹飾りは、いつまで飾っておくのでしょう?
 ・片付けるきっかけがありません。
飾り終わったあとは、どう処分するのでしょう?
 ・正月のお飾りみたいに、’どんと焼き’のような始末があるのでしょうか。

 てきとうなタイミングで燃えるゴミに出してしまうのも、躊躇します。 
 ちなみに我が家の窓には、未だに笹飾りが飾られています。 いつまでも飾っていられないので。
 

Aベストアンサー

参考URLの「七夕送り」の部分にはこのように書いてあります。

七夕飾りは七日の夜に軒先から下ろします。もともとは,この七夕飾りは海や川へ流して神様に持ち去ってもらう風習でした。これは「七夕送り」と言いますが,現在では海や川の汚れを防止するため,「七夕送り」の行事を行う地方も少なくなっています。とはいえ,七夕飾りを放っておくわけにはいきません。七日の夜には片づけて,燃やすのが無理な都心部であれば可燃ゴミとしてゴミ回収車などに任せるようにしましょう。
    
という事ですので、もう処分しても良いようですね。
さすがに川へは流せないでしょうから、庭などがあるのでしたら、燃やして処分してみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.suzuto.co.jp/kankon-index/saiji11.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報