親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

たとえばアメリカの人に

「広島・長崎に原子爆弾を投下した場合としなかった場合では、原爆による犠牲者を計算に入れても、投下したほうが、日本人を含め犠牲者は少なくて済んだ。なぜなら、戦争末期狂気に駆られた日本国民は、本土においても沖縄戦の悲劇を繰り返したに違いないからである。よって原爆の使用は正当な行為であった。」

と言われたら、どう反論しますか?もしくはまったく反論しませんか?

ご存知かもしれませんが、
広島原爆 二十数万人
長崎原爆 十数万人
沖縄戦 十数万人(住民)
程度の犠牲者が出たと推測されています。なお沖縄戦に参加した日本兵は9割近く(9万人程度)が死亡したと言われています。これらの数字には諸説ありますが、ここでは問題ではありません。相当の犠牲者があったという事実だけで十分です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中1~10件)

戦略爆撃=市民の殺戮を目的とした爆撃であると定義するのであれば、重慶爆撃は当てはまりません。


爆撃目標はあくまで重慶の国民党軍施設です。
200回を越える爆撃行で、使者は約12000人。一回の爆撃で100人以内しか「目的」を達成できなかったとすると、当時の日本航空隊は、よっぽど間抜けだとしか言えません。
ただ、当時の水平爆撃の命中率は非常に悪く、B29の日本本土爆撃も、当初は航空機工場等を狙ったのですが効果が薄く、ル・メイが都市無差別爆撃に切り替えたのです。
従って、都市の爆撃は、例え目標が軍事施設であっても、一般市民の被害はまぬがれず、市街戦と同様の悲惨な戦いだといえます。
が、米英のドイツ本土爆撃、米軍の日本本土爆撃は、周到に計算した冷酷無比の「一般市民殺戮作戦」であり、絶対に許すことは出来ません。
    • good
    • 0

原爆の使用が正当だなんて どんな理由があろうとも間違いだと思います。


今でも被爆してしまい苦しんでいる方や、
子供を抱きかかえたまま一瞬にして アメリカの原爆により悲しくも焼き殺された方もいます、
残された親族の方々・・・
そんな悲しい思いをした人々の前で、原爆を開発していたアメリカの科学者が
原爆の投下は間違っているとは思わないというようなコメントを、
原爆の日にしたと聞きました。正直、悲しみや怒りとともに憎しみが込み上げました。
どんなにアメリカにとって都合のいい化学兵器か 大量殺戮兵器か 知りませんが、
老若男女無差別に殺戮したアメリカを許せません。
    • good
    • 0

昨日、NHKの番組みてたら、6各国(日本を含む)無差別爆撃禁止協定に違反して、最初に無差別爆撃を実行したのは、ドイツと日本(中国重慶への無差別爆撃)だったそうです、それにイギリスのチャーチルが反応してドイツへの無差別爆撃、アメリカ空軍は協定違反として最後まで無差別爆撃には反対だったそうです。

でも実際は賛成派におされてやりましたがね。ということで戻ってくるところは結局わが身のようですね。
    • good
    • 0

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1569402
回答No.12を確認しましょう

今でもそうですが、熊や猪が民家に被害を与えれば鉄砲で銃殺です。 後は皆で”猪鍋”を囲うことができればそれで良し、お終い。

熊は臭くて食えないし、イエローモンキーじゃ気持ち悪いのでゴミ屑と一緒に死体を捨てていたのです。 それで新型爆弾は”狂ったサル”の数をどれ程殺せるかを実験しました。

今では、まともに人間同士として話し合いができるようになりましたねぇ。

ところで「南京大虐殺」や「従軍慰安婦問題」って、まともな話し合いで確認できた事実なのでしょうか。

事実を語れば、(政治)都合上の口実は消え去って行くという考えは楽観的すぎるのです。

歴史教科は、人文事実を語らず統治支配の正統性を語るものなのでしょうか。
    • good
    • 0

そのような詭弁につきあう必要は全くありません。

そもそも彼らが原爆を投下したのは、それまでの戦略爆撃=無差別殺戮の延長線上にあるだけです。単にソ連に戦後の利権を渡したくないため、出来るだけ早く日本を滅ぼそうと企図したことと、陸戦を避けることで自国軍人の損耗を防ぐための2点しかありません。日本人を殺すことしか考えておらず、言われるような「日本人を含めた」犠牲を少なく押さえる意図など全く無かったのですから。更に、この時点では既に日本も終戦に向けて動いていましたし、9日にソ連が参戦した段階で全くお手上げでしたから、原爆が落ちようが落ちまいが、終戦となったのは間違いありません。本土決戦などあり得なかったですし、それをアメリカが気づいていないはずもありません。
このような詭弁や、捏造に基づいた歴史認識を受け入れたり、真摯に聞く必要は全く無いのです。
例えば、「日本軍に虐げられた地域の人たち」の言うことで、具体的な証拠を持って主張できる人は全くおらず、ただただ声高に主張しているだけです。「笑いながら耳を削いだり」とか、全く証拠の無いことで、これは中国軍が自ら行ったことを転嫁しているという証拠があるくらいです。731部隊にしても、人体実験といわれる証拠の写真は、全く別の写真です。「戦争の狂気」と言って、全て「ありうる」と思うのは全くの誤りで、当時の日本人の民度は、そんなに低くありませんでした。あの時代の本当の事実を、日本人は正しく認識しなければならないと考えます。
    • good
    • 0

はて?


「原爆投下予定が決定された時点で、大本営は天皇の強い意向によってすでに停戦の意志を固め、アメリカに打診していた」という事実はどうしてどなたも触れておられないんでしょうね?
戦後何度もメディアに出てきた事項なんで誰でも知ってると思ってたんですが。
今はまたアメリカとモメてるからなあ。
日米安保締結の際に「開戦前に日本は宣戦布告を発していたのに、当時の真珠湾基地の責任者が受け取ったその暗号を米軍本部は『わざと放置』した」という事実は「無かったこと」にされたのと同じなんでしょうかね。
    • good
    • 0

反論


「あなたは雪国に住んでいます。雪に覆われて外と完全に行き来できなくなった状態のときに、
早急に肝臓移植が必要な病人
早急に心臓移植が必要な病人
早急に腎臓移植が必要な病人2人
の計4人の病人が出ました。村には偶然(無理があるけど)有能な医者と医療設備があります。村では若い男はみんな出稼ぎに出ていて、健康な臓器を持つ人間は医者を除くとあなたの奥さんだけでした。(あなた本人も出稼ぎで外にいることにします)
奥さんを殺して臓器を使うと4人の人間が助かります。
奥さん1人より4人の命のほうが大事だ、という理論でもって嫌がる奥さんは殺され移植手術が施され、4人は助かりました。
あなたはこれで納得できますか?」
    • good
    • 0

対日戦争のみを考えたら原爆は落とす必要はありません。


軍事的に日本の制空権、制海権はすでにアメリカにありました。
日本は9割山であるので都市部の補給路が単純なので、絶つのは簡単です。純軍事的に勝敗は決していました。あのまま補給切断と空爆で犠牲者はほとんど出さないで済んだはずですよ。

原爆投下の真意は対ソ連との戦後を見越してのことなので、時間的余裕が無かったのと実戦投入実験から投下に踏み切ったのではないかと思います。

ソ連の脅威を考えて、と言えば格好はつくとはおもいますよ。
    • good
    • 0

#1です。



真珠湾もテロでさえ、彼らの中には彼らの正義があったはずです。その正義をもってすればいかなる罪も正当化できるわけじゃないですか。

多くのアメリカ人は広島長崎を間違った事とは認めていなくても、これから先核が使用されるべきではないと考えているはずです。

だったらもう、過去の悲劇の責任追及でああだこうだもめる時代ではなく、未来に同じ事が繰り返されないためにどうすればいいかだけを考える時代に移るべきなんですよ。

実際広島長崎はあったわけで。
もしそれが無かったとしてどうなったかなどという話はタイムマシンでもなければ証明できません。そんな憶測で責任のなすりあいなんて不毛なだけです。
    • good
    • 0

米国は戦争に勝つためには無差別爆撃が効果的と考えたのでしょうね。

ドイツでも爆弾の雨で、各都市は壊滅してますね。日本は木造建築なので焼夷弾でしたかドイツはレンガですので爆弾の数は半端じゃなかったですね。そう考えれば彼らの原爆論理はそんなにおかしくないですね。日本には半年も前に無条件降伏が提示されているはずですね、でも北朝鮮の金さんと同じように国体維持、つまり天皇制の維持が降伏の条件だったんでしょう。そんなの聞けるかということだったんでしょうね。無条件降伏受け入れまでの半年間にいろいろなことがあったのですよね。まあどっちもどっちだよね。本当に国民のことを考えた為政者なら原爆前に降伏しているよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング