自動車のタイヤは通常ゴムでできていると思いますが
なんか糸が入っていたり、ワイヤーが入っていたりしてます
また、うちっかわもすべすべしたりしてて何でできているんでしょう?
素材別の重量構成比率はどのくらいなんでしょうか?
もうひとつ、ゴムに入っている硫黄はどれくらいなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「タイヤの作り方はとても複雑なのです」
結構多くの部品から構成されているのですね!

さらに、以下の成書は参考になるでしょうか(内容未確認!)?
=======================================
自動車用タイヤの研究/横浜ゴム株式会社/山海堂/1995.4 
タイヤのおはなし/渡辺徹郎/日本規格協会/1994.10 
タイヤの科学/御堀直嗣/講談社/1992.8 
タイヤ・ゴム/川手恒忠/日本経済新聞社/1989.6
タイヤの話/服部六郎/大成社/1988.11
JISハンドブック/2001/日本規格協会/日本規格協会/2001.1 
ゴムの事典/奥山通夫∥〔ほか〕編…/朝倉書店/2000.11 
工業用品ゴム樹脂ハンドブック/2001年…/ポスティコーポレーシ…/2000.10
ゴム技術の基礎/日本ゴム協会/日本ゴム協会/1999.4 
自動車・ゴム製品関係/産業動向調査会/1998.4 
====================================== 
これらの中に記載があれば良いのですが・・・?

どのような意図からの質問でしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://www.yrc.co.jp/yfc/f_knowledge.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴム状硫黄

こんばんわ。
ゴム状硫黄はなぜ練ると固くなるのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

mikantarouさん、こんばんは。
ゴム状硫黄は「WWWWW」のような形でつながっています。このような形状だとかき混ぜるとどんどん絡み付いていくのです。しかも絡みつくということは「結合」が生じるのです。ゆえに硬くなるのです。

Qゴム状硫黄が二硫化炭素に解けない理由は?

普通の単斜硫黄は溶けるのになぜでしょうか?

Aベストアンサー

ゴム状硫黄が溶媒不溶なまでに高分子量化しているためではないでしょうか(‐S‐S-構造)。一般に低分子が高分子量化すると分子運動が大きく制限されるほか、分子間で結晶化したりするのでいずれにしても溶媒との相互作用は急減します。

Q漂白剤に二酸化硫黄が使われているものがあるらしいんですが、

漂白剤に二酸化硫黄が使われているものがあるらしいんですが、

二酸化硫黄とはどんなもので、

人間にどういった害をもたらすのですか。

Aベストアンサー

通常の漂白剤は塩素(常温でも強い)や酸素(常温では弱い)などで、
酸化作用によって漂白します。しあkし、この方法では鉄の茶色(Fe3+)
などの色は落ちません。
そこで、Fe3+を還元してFe2+にすると色が目立たなくなるのですが、
このときに使われる還元剤が二酸化硫黄(SO2)です。
SO2自体は石油や石炭の不純物(硫黄)が燃えたときに発生するガスで、
四日市ぜんそくの主たる原因のガスですが、水溶液中ではそれほど毒性の
あるものではありません。
ワインやジュースの酸化防止剤にも使われています。また、完全に揮発する
ものです。福などの漂白に使うならば健康の影響はほとんど無いでしょう。

Q重量%・容量%・重量容量%について

容量%は溶質と溶媒が両方とも液体の場合の濃度だと聞いたのですが、
重量%と重量容量%がなんなのかわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

必ずしもそうではありません。
 容量パーセント濃度とは言いません。(容量とは入れ物に入れられる容積を言います)
 容積濃度または体積濃度といいます。
 容積濃度は、溶液も溶質も流体(液体・気体)のときに使われることが多いというだけです。もし溶質や溶液が固体でも体積のほうが測りやすかったり、使用に便利でしたらそれを使います。
 質量濃度、重量濃度は、分母が質量の場合を言います。当然分母には質量だったりモルだったりします。
 容積濃度は分母が容積の場合を言います。

 どれを使うかは、利便性のよいものを使うということです。

 質量パーセント濃度10%の食塩水100gには、10gの食塩が含まれていますが、食塩水は重さで計るのは面倒(密度が1じゃない)なので、100gの食塩に水を加えて1Lにすると、体積濃度(この場合10質量パーセント濃度)ですから、100mL計れば、その中に10gの食塩が含まれている。

Qゴム管の中にボールが入っていて、つまむと液が流れる

化学の実験器具で、大昔簡易的なストップバルブでゴム管の中にボールが入っていて、両側をつまんでゴム管をずらすと、その間液体が流れるストップバルブ? これの名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

たしかストップ球。ピペッター、ビュレットなどにある。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報