以前、弟が九州のおみやげとして、地酒(じしゅと読むそうですが)を買ってきてくれましたが、中身はみりんのような甘いものでした。鹿児島で作っているそうですが、
これについて詳しい方、また、その使い方などご存知の方が見えましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「地酒(じしゅ)」は、熊本地方では「赤酒」といわれ、味はみりんと清酒の間の味がするといいます。

製造中に灰を使うことから別名「灰持酒」とも呼ばれるそうです。
昔は普通に飲んでいたようですが、現在は調味料としてつかっているようです。
下記参考URLでは地酒を調味料としてつかった寿司が紹介されています。

参考URL:http://www.jrkyushu.co.jp/travel/zukan/gourmet/g …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。熊本の赤酒と同じものということですね.よくわかりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

かつて、現在の日本酒は、清酒と表されるように


濁りのない、透明感のある酒になっています。
平安時代にはまだ、白く濁った、酒がのまれていました
そして、灰を加えて、濁りを取ることが発明され
豊臣秀吉に献上されたことが記録に残っています。
それが、赤酒(あく酒なのか、あかさけなのか?)
です。特に、元々調味用に作られたわけでは、ありません
赤酒を使った、お屠蘇を紹介しています。
料理用の赤酒と、古伝の飲用の赤酒が、紹介されています。
http://www.infobears.ne.jp/zuiyo/TOH-HI/AKAZAKE/ …
赤酒は古くから熊本地方に伝わる酒で、灰持清酒といわれる酒
の代表的なものです。米を原料に、清酒と同じような工程にて
仕込み、もろみに木灰を投入し、酸敗を防ぎ保存性をよくする
という、古来から我が国に伝わる製法を受け継いだ伝統の酒で、
時日の経過とともにその色は、自然に赤味を帯びるようになる
ために赤酒の名があります。
江戸時代、肥後細川藩では赤酒は「お国酒」として保護され、
庶民の常用酒として欠くことのできないお酒でした。
明治初年に灘の清酒が流入してくると、その需要は大きく減退
しましたが、お正月のお屠蘇酒として、現在も熊本では赤酒を
飲む風習が受け継がれています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。機会があれば、一度手に入れて
使ってみたいと思います.どうも有難うございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本みりん、飲用みりんについて質問です。

亡くなった祖父の話です。
戦前に親戚の家が樽屋をしていて、そこに従業員として勤めていたのですが、仕事の合間などに「みりん」を飲ませてくれたそうです。
色々調べてみたところ、戦前では甘みのあるお酒として「本みりん」が飲まれていたらしいのですが、現在でも本みりんとは別に「飲用みりん」として、焼酎に本みりんを割ったようなお酒(本直し、柳影と呼ばれるお酒)がわずかながら作られているのを知りました。

そこで質問なのですが、戦前に飲まれていたみりんは、
1、そのままの本みりんを飲まれることが多かった
2、本直し、柳影と呼ばれる焼酎に本みりんを割って飲まれることが多かった
3、飲む人の趣向に応じて、どちらも飲まれていたので、どちらが多かったとも言えない
の1〜3のうち、どれが一般的だったのでしょうか?

また、やはり普通の本みりんと飲用みりん(本直し、柳影)は味がだいぶ違うのでしょうか?

Aベストアンサー

飲んだくれの料理人なので、うまく述べられませんが、いま売られている「本みりん」は本味醂ではありません。本物は、餅米、米麹、米焼酎で仕込まれたもので、スーパーなどに並んでいるものは本物では無いと言い切れます。本来、本直し、柳陰といわれているのは、本直し=本来の本味醂、柳陰=本味醂の焼酎割と思っていただいたほうが正確だと思います。江戸時代、砂糖は貴重なものでした。しかし、食べ物が持っていた甘みというものを当時の庶民たちは、しっかり味わっていたと思われます。現代は、化学工業が一般的になって、当時の庶民たちが味わっていただろう豊かな味が失われているのが、実情だとワタシは思っています。もし興味があれば、アメブロで、「やかたのオヤジ」というのを探してみて下さい。かなり濃厚にいろいろな食の話題を述べています(最近は違いますが)。泥酔に近いおっさんの答えなので、参考にはならないと思いますが、もし興味を持たれましたらご参考までに。誰も来ない呑み屋のオヤジからでした。

Q料理をする際の、みりんと酒の違いがわかりません。 自分で調べたところ、みりんはアルコールの成分によっ

料理をする際の、みりんと酒の違いがわかりません。
自分で調べたところ、みりんはアルコールの成分によって食材を硬くすると記述されていましたが、同じくアルコールを含む酒は食材を柔らかくするとも記述されていました。
いったいどういうことなのでしょうか?ご教授願います。

Aベストアンサー

素材の組織を引き締めて煮くずれを防ぐ効果と、素材に染み込んで柔らかくする効果と…。
科学的・化学的な詳しいリクツは知りませんが、どちらも正しいというか、素材や調理法によるのではないかと思います。

清酒もみりんも煮切ってアルコールを飛ばしてから使うことが多いですね。煮切りをしなくても70℃程度になった時点でほとんど飛んでしまう。アルコールの効果が第一の目的でないことは確かでしょう。

本物の本みりんは甘酒(米こうじ+米)に米焼酎を加えて熟成させたものです。本来は甘口の飲用酒です。みりんを焼酎で割った「本直し」「柳蔭」はれっきとした飲用酒。
調理に使う清酒とみりんの最大の違いは照りと上品な甘味です。それ以外は清酒もみりんも概ね同じような調理効果があります。
料理用の清酒(加塩料理酒ではない)は、飲んで旨い淡麗辛口のものよりも、エキス分の多い濃淳なもののほうが適しています。


調理効果については醸造元のサイトの解説が参考になるかと思います。

三州三河みりん (角谷文治郎商店)
http://www.mikawamirin.com/kodawari4.php

九重味淋 (九重味淋)
http://kokonoe.co.jp/mirin03

福来純 三年熟成本みりん (白扇酒造)
http://www.hakusenshuzou.jp/kodawari/mirin.html

“寶”京みりん (宝酒造)
http://www.takarashuzo.co.jp/news/2005/05-i-007.htm

タカラ本みりん (宝酒造)
http://www.takarashuzo.co.jp/cooking/tsubo/index01.html


料理のための清酒 (宝酒造) … 非加塩。
http://www.takarashuzo.co.jp/cooking/tsubo/index02.html

花美蔵 純米料理酒 (白扇酒造) … 非加塩、かなり濃淳甘口です。 
http://www.hakusenshuzou.jp/kodawari/ryourisyu.html

素材の組織を引き締めて煮くずれを防ぐ効果と、素材に染み込んで柔らかくする効果と…。
科学的・化学的な詳しいリクツは知りませんが、どちらも正しいというか、素材や調理法によるのではないかと思います。

清酒もみりんも煮切ってアルコールを飛ばしてから使うことが多いですね。煮切りをしなくても70℃程度になった時点でほとんど飛んでしまう。アルコールの効果が第一の目的でないことは確かでしょう。

本物の本みりんは甘酒(米こうじ+米)に米焼酎を加えて熟成させたものです。本来は甘口の飲用酒です。み...続きを読む

Q倉敷の地酒

7年ほど前に倉敷の美観地区周辺の酒屋で買った地酒をもう一度手に入れたいと考えています。銘柄は確か「天嶺の雫」のような名前だったと思います。
かなり前なので、店の名前も場所も忘れてしまいましたが、どなたかご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

まぼろしの酒「天領の雫」ですね。
八木商店にしかないものです。
http://www.kankou-kurashiki.jp/data/01/03/3/
↑ここの一番下のお店

参考URL:http://www.kankou-kurashiki.jp/data/01/03/3/

Q東京の地酒

こんばんは。

お正月に実家に帰る際に、祖父に東京の地酒をプレゼントしたいと考えているのですが、23区内(できれば山手線沿線か内側)で東京のお酒を多く扱っているお店を知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

都内の酒造会社です。
店舗案内があり、場所を入力すると、店舗が検索できます。
http://www.koyamashuzo.co.jp/company/top.html

東京の蔵元です。
http://www.tokyosake.or.jp/tokyo-kura/tokyo-kura.htm#koyama

蔵元から、店舗を検索した方がよいです。
なぜならば、日本酒は、製造日より三か月以内であることが重要です。
また、管理の悪い店舗では、高級そうなお酒も美味しくありません。

高くてまずいお酒ほど情けないものはありません。
蔵元の紹介でしたら、管理のよいお酒を入手できるでしょう。

Q熊本の地酒

たまたま飲み屋で飲んだ酒ですが、
銘柄を不覚にも忘れてしまいました。
覚えているのは、
○熊本の地酒
○300ml瓶で冷酒
○ラベルは赤っぽい(そのものが赤か、字が赤か覚えていません。)
○裏ラベルに何やら歌詞が書いてある。
です。
情報が少ないですが、わかる方お願いします。

Aベストアンサー

度々お邪魔します。
銀座熊本館の質問コーナー
http://www.kumamotokan.or.jp/iken.htm
で聞いて見られたら如何でしょうか?
探し物をしてくれるみたいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報