ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 イラストなどで時々、非常に繊細に髪を描いている方を見うけます。
(味戸ケイコさんとか・・・)
一本いっぽん、細くきれいで、フリーハンドで描いているとは、とても思えません。
やはり雲形定規などで描いているのでしょうか?

 実は油絵などでも、そのような髪や線を見うけます。
これは、どうやっているのでしょう?
烏口(からすぐち)を使っているのではないかと考えたのですが、線の太さに変化があるので、考え難いです。
先端が非常に細く長く伸びていて、美しい定規で描いたような曲線です。
筆の毛を1本抜いて、その毛で描いた様な細さです。
まさにその位の細さで、その先端が2センチ位伸びている線もあります。。
線の太いところでは1ミリくらいあります。
このような伸びを油絵の具で出せること自体、不思議です。
できるとしたら展色剤は何でしょう?
展色剤で薄くゆるめたようには見えません。
絵の具が厚くのっていて、色も濃いです。
それが一気に描かれていることが筆跡でわかります。
エアブラシではないです。
定規で描いたようにしか見えない曲線ですが、この様な曲線を描くテクニックが何かあるのでしょうか?
雲形定規と筆で描いているとは、考えにくいです。
非常に急なカーブもあるからです。

ご存知の方、おられましたら宜しくお願いします。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。



髪の毛一本一本を写実的にというと、私はアンドリュー・ワイエスを思い浮かべたのですが、
やっぱり面相筆か、0号のナイロン筆かで書いていると思います。
むしろ、他の画材は思いつきません。

髪の毛一本を、筆の先の数本の毛先で、立体が出るまで書き込んでありますね。
そして、草むらなど画面の端の方は、ファンで簡単に処理してあったりもします。
視線の集まるところだけに時間をかけて、余分は手抜きとも言える程の手順で仕上げているのが興味深いです。
また端の所をしっかり観察しようとしても、書き込まれた方へ視線が引きつけられます。

実際に、どのような物を思い浮かべていらっしゃるのか、
実例(URL)を上げていただければアドバイスをしやすいのですが...。


木炭デッサンで白い細線を描こうとする時は、柔らかく木炭を乗せた後で、
細くつぶした練り消しゴムや、パンの先ですっと落とすと、
くっきりと生っぽい線が出ます。
これと同じように、どんなにゆっくり描いても、筆や木炭から飛び散る色は線を太くしますので、
両側から線を残して行く方が細い線が作り出せます。


定規で描いたようにしか見えない曲線...?
手首を軸にして、平筆の先で円弧を描くことも出来ますね。
予備校で、デザイン科を受験する人が描くモンドリアンの様な
平面構成を描くところを観察したことがありましたが、フリーハンドで描いているようです。
まぁ、これは訓練ですが...。


あと大学で変わった作品の作り方をしている人は、注射器で絵の具を押し出していましたね。
これだと筆で絵の具を乗せるよりも、より多く盛り上げることが出来ます。
筆より難しそうですが...。

使い古した筆の、毛を数本だけ残して、独自の筆を開発したりもします。
コシがまったくなくなるので扱いが難しく、これも訓練ですね。

筆先に絵の具を乗せて線を描けば、濃い線も描けます。

...といったテクニックは、今日明日で身につく物ではなくて、
1年くらい毎日描いていると、最後の方には利き腕も、パレットを持った腕も、
しっかりとした筋肉がつきまして、手首、指先の強弱を自在につけられるようになって初めて、
描けるようになる線です。
※自由に描けるようになるのは、更に何年もかかります。

この回答への補足

yellowgreen様

いろいろ詳しくありがとうございます。m(_ _)m

補足日時:2005/08/12 17:10
    • good
    • 2
この回答へのお礼

yellowgreen様

↑の補足に絵の画像のリンクを貼っていたのですが、gooに削除されてしまいました。(^^;
著作権にかかわらないように、一部分だけ載せたのですが・・
Yahooフォトを使ったのが悪かったのでしょうか?
理由はまだ、良くわかりません。残念です。
お世話になりました。m(_ _)m

お礼日時:2005/08/12 18:05

イラストの方は分かりませんが、油絵の方は筆の先で書いているからです。


日本画で使用される「面相筆」という細い小筆が有るのですが、
この先で書くと繊細な線が出ます。

もしくは「ファン」と呼ばれる、扇形の筆もあります。


味戸ケイコさんを存じなかったので検索してみたのですが、
色鉛筆やパステルで、白い線を残しながら描いているように見えました。
線を描くよりも、線の部分を残しながら塗る方が、細い線に仕上がると思います。
実際のところは分かりませんが(^^;

この回答への補足

 面相筆は、もちろん絵を始めたときから存じています。

髪の毛と変わらない線です。
髪の毛の先端は細いですよね。(カットしない自然に生えた髪の毛)
髪の毛1本を実寸で、そのままリアルに描く方法を知りたいと考えてくれると、より正確かもしれません。
このような線を油絵で出せるでしょうか?
そして定規で描いたような正確で綺麗な線です。
何か機械を使って描いているんじゃないかと思うくらいなのです。

 味戸さんの少女の髪は、いくつかタイプがありまして、シャープペンで1本、1本描いたような髪があります。
それは恐らく、定規を使っているのではないかと思っています。
束にして描いてあるような髪も定規を使ったような曲線の正確さがあります。
わざわざ検索して下さり、ありがとうございます♪

補足日時:2005/08/11 16:15
    • good
    • 0

 一度描きでなくてもフリーハンドで繊細な細い線はかけます。

もっとも、書いたことない人がいきなり描くことは難しいでしょうけれど。

 丁寧に少しずつ線を重ねてのばしていくことで急なカーブの繊細な線が描けるのです。雲形定規で描いたらむしろ硬い無機質な線になります。

 油絵は経験がないので展色剤とか描き方まではわかりませんけど。でもこれも一気に線を書くとべたっとした平べったく立体感のない印象になりますので、そうでないなら少しずつ線を重ねていると思います。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。
 重ね描きをしない、定規で描いたような、1本の曲線を求めています。
特に写実画などでな、このような曲線が求められます。
じゃあ、定規を使えと言われても、先に書いたように、油絵ではたいへん難しく、何か特殊なテクニックがあるのでは?と思っているのです。
実際の頭から抜いたカールした髪の毛1本が、キャンバスに貼り付けてあると言った感じの線です。

補足日時:2005/08/11 15:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油絵の混色について教えて下さい。

油絵を始めたばかりです。自分の作りたい色がなかなか作れません。又何と何を混ぜたらどうなるという知識がなく、困っています。海外なのでクラスは30人以上いて、レベルもそれぞれ。先生はひっぱりだこでなかなか独り占め出来ずにいろいろなウェブサイトを見て研究しています。どなたか、色の組み合わせ、混色について教えて下さい。又は良いサイトがあったら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

回答がかぶる箇所もありますが、color wheel に表される12色で、簡単に説明します。次の表を参考にしながら読んでください。
http://www.makart.com/resources/artclass/cwheel.html

対角線上にある色(compliments)同士を混ぜると彩度が落ち、灰色に近づきます。たとえば、"yellowとviolet","blueとorange"などという組み合わせです。これらを平しく混ぜ合わせると理論上ニュートラルなグレイができます。実際に作るのは難しいですが。また、三つの色を使っても灰色を作ることができます。yellow, red, blueもしくは、green, orange, violetなどなどです。color wheel上で正三角形ができる関係ですね。

混色の際、色が濁ってしまう理由はこれらの関係を無視して色を混ぜてしまうからですね。灰色は彩度を落としますので濁りの原因になります。

中間色の作り方ですが、これは簡単にイメージできるかとは思いますが、例えば、bluegreenを作りたい場合、greenとblueの混色になります。
redを作る場合は、普通チューブから直接出せばいいですが、red orangeとredvioletを混色します。どの場合も理論上は等しい量の混合となりますが、実際は絵の具にはいろんな不純物が混ざっているため、きれいにはいかない場合がほとんどです。

基本的なことはこのぐらいでしょうか。

用途にもよりますが、上級者になると、透明色を使うようになります。グレージングという技法は着色したいところにうっすらと絵の具を置くやり方です。
これは色のついたビニールシートをかぶせると、かぶせた部分がその色に見える、というのと同じ効果です。油絵ということなので、古典技法のグリサイユはご存知かもしれませんが、例えば、白い球を単色(白黒またはセピア)で描き出し、乾かしたあとに、うっすらとオレンジを載せてやると、オレンジの球が出来上がります。 初めからパレット上でその色を作るのが一番ですが、ここで色を変えたい場合、もうひとつレイヤーを作ってやることでもできます。違う色のビニールシートを重ねると違う色になるのと同じですね。ここまでくると、僕もどんなのコンビネーションでどんな色ができるか忘れましたので、後はトライアンドエラーでどんどん試してやってみてください。この場合色を重ねるごとにとどんどん暗くなるはずです。

油は乾くのが遅いので、アクリル絵の具で小さな紙で実験を繰り返すのが上策です、いろいろ工夫してみてうまくいったら、その組み合わせを覚えておいて本番の油に適用してみると上手くいく可能性大です、

参考URL:http://www.makart.com/resources/artclass/cwheel.html

こんにちは。

回答がかぶる箇所もありますが、color wheel に表される12色で、簡単に説明します。次の表を参考にしながら読んでください。
http://www.makart.com/resources/artclass/cwheel.html

対角線上にある色(compliments)同士を混ぜると彩度が落ち、灰色に近づきます。たとえば、"yellowとviolet","blueとorange"などという組み合わせです。これらを平しく混ぜ合わせると理論上ニュートラルなグレイができます。実際に作るのは難しいですが。また、三つの色を使っても灰色を作ることができます。y...続きを読む

Q絵の具の混色で金色と銀色の作り方を教えてください。

何色と何色を混ぜればこれらの色が作れるのでしょうか?
教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 わたくしたちの間ではこういう混色のしかたを「錬金術」と呼んでいます。ひとくちに言えば色の混ぜ合わせだけで金色や銀色を作りだすことはできません。しいて言うならポスターカラーや顔彩には最初から金色や銀色のものも売られているという程度です。

 ただ、わたくしは長年にわたって、仕事の関係で絵の具など画材による金属製品のレンダリング(完成予想図)を描いてきました。
 たとえば磨き上げられた金や銀の食器類、バフによってまるで鏡のように磨き上げられた真鍮のドアノブ、クロームメッキされた自動車のバンパー、あるいはヘヤーライン仕上げや梨地仕上げがされたステンレスなど、こうしたものはそれぞれ独特の光沢があるもので、ちょっとしたコツさえ分れば、普通の絵の具などを使ってほんとうに金属光沢のように見せる描き方ができるようになります。

 ひとつの例を挙げれば、クラシックな自動車のクロームメッキされたバンパー、これ、実は元々「銀色」ではありません。
 下半分は地面の色を写し出しますから思い切って濃い茶色や黄土色などが主体になる色、先端の突部には正面の遠くの風景を凸面で写しこんでいますから、ここは鮮やかな黄色やオレンジ色などの線、そしてやや上面になる部分には空の青さを写しこんだ淡い水色などと、こうした色使いでキラッと光ったクロームメッキの面を簡単に描くことが出来ます。
 もっと詳しく知りたいなら、レンブラントの夜警などの絵をよく観察してみるといいと思います。

 

 わたくしたちの間ではこういう混色のしかたを「錬金術」と呼んでいます。ひとくちに言えば色の混ぜ合わせだけで金色や銀色を作りだすことはできません。しいて言うならポスターカラーや顔彩には最初から金色や銀色のものも売られているという程度です。

 ただ、わたくしは長年にわたって、仕事の関係で絵の具など画材による金属製品のレンダリング(完成予想図)を描いてきました。
 たとえば磨き上げられた金や銀の食器類、バフによってまるで鏡のように磨き上げられた真鍮のドアノブ、クロームメッキされ...続きを読む

Q油絵の自画像の描き方について

今、学校で自画像を油絵で描く・・・というのをやっていて、今、下絵が完成しそうなところなんですが、どうしても自分の納得のいくものになりそうもないし、自分に似てもいないし、技法的にも巧くないような気がするんです。
背景は大丈夫なんですが、「自分」がなんか変なんです。特に、顔が変なんです。
特に、眉毛や目や鼻や口が全然上手く描けないんです。。。
すごく平面的だし、眉毛もただの棒線みたいだし、目も目だけ浮いているみたいだし、鼻は全然描けないし、口も何かが変なんですよ。。。
どうか、油絵の自画像の顔の書き方、また、色の乗せ方についても教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

まずどのような立体が組み合わさって顔を形作っているか
を知る必要がありますね。眉が綿棒みたい~という書き込み
からみて、眉そのものをそのまま描いてる感じを受けます。
眉を描く前に眉の骨(目のひさし)の形がちゃんと描けてないと
平面的に見えてしまいますし、黒い眉だから黒と色を選んでも
黒では肌の色と比べて強すぎる場合だってあります。
まず先入観を捨てて自分の顔を石膏像のように見る客観性を
持ちましょう。
あとアドバイスですが髪の毛が黒い場合黒がきつすぎると
平面的になるので最初は薄い栗色から描き進めていって
最後のほうで色を合わせたりします。デッサンの場合
黒く塗りすぎず、徐々に書き込んでいく。
また目の白目は思ったより暗いです。先入観で白目は白い
と塗ってしまうと平面的になってしまいます。
慣れるまで、肌に近い灰色でデッサンを取るように
油絵で描いて、明暗がはっきり決まってから色味をつければ
いい荷ではないかと思います。
立体的に見るのが苦手なら光の位置を色々変えてみて
陰影を強調して描いてみてください。


人気Q&Aランキング