最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

社会問題には大きなものから小さなものまでいろいろありますが
何を一番最初に解決すべきだと考えますか?

あなたは、何に一番憤りや悲しみを感じ、最優先に解決すべき問題だと思いますか?

できれば、そう考える理由や経験もお聞かせください。

A 回答 (19件中1~10件)

最も優先すべき社会問題を考える時に、最も後列な、叶えるのは最後でいいという問題を考えると、問題提起の方法に展開が見えるときがあります。

往々にして、対になる物事というのは、二つで一つの概念である場合が多いからです。呼気と吸気、盾(守る)と矛(攻める)、YES、NO、正反対の二つで一つに完結する意味を持つものの一つの例として、この質問を考えて見ます。集団と、個人です。
最優先すべき社会問題に対して、社会において最も望まれない、問題。それは、個人の、自己実現だと思います。
私の夢が叶うかどうか、私の望みが叶うかどうか、それは、社会にとっては最もどうでもいいことです。
しかし、個人にとっては、最優先問題です。
解決が急がれる社会問題と、最も個人が望むこと、自己実現とは、表裏一体だと私は考えます。
解決は、双方同時に進行します。
具体的に、社会のこれが問題だ、あれが問題とは申しません。質、量、十分でない報道を見ただけでも、その凄まじさには嘆息さえ殺されます。ニュースを見て唖然とすることがあるでしょう?「ーーっ!」って。
 
ですから、なによりも、自己実現を優先すること。を、私は回答として投稿いたします。
私が憤るのは、社会は個人を理解しないことです。
国家も、組織も、個人の事をけして理解しない。
理解しないから虐殺も起こるし、騙すこともできるのです。
社会活動をする際に、社会の一員として己を位置づけるだけに終わるから、個人のことが分からなくなってしまう。
「社会の中で、異なる者、個人であり続けること。」これが言いたいことです。
矛が盾と決定的に対峙するように、個人は社会と対峙し続けること。そうして初めて、呼気と吸気が呼吸(恒常的な動き)をつくるように、明日と昨日で今日がなるように、二つの対立概念は融和し、ひとつ、段階を終えることができる(アウヘーベンする)のだと思います。
 
社会は常に個人を後回しにします。イスラムの過激派に捕まった青年も、だまったまま忘れられていっています。
 
そのような社会の抱える問題に対する方策で、今ひとつ、具体的に言うならば、戦争体験、個人の証言を、集め、社会に対して公開することです。それを隠さず、忘れず、堂々と社会に対して公開することが、社会を動かします。 
 
個人の資質、勇気、が、問われている現代だと思います。だから、厳しいのでしょう。少数派に共感できますか?狂った犯罪者を理解できますか?できる方のほうが、優しいのです。正常であることが、問題を解決するわけではないのです。異常を理解する傷ついた心が、誰もが持ちえる歪が、社会問題を解決する鍵になると私は思います。
ですから、勇気が必要でしょう?
    • good
    • 1

年金問題です!将来年金が本当にもらえるかどうかとっても不安です。

それに景気回復も。
郵政民営化なんてのんきなこと言ってる場合じゃないです。
郵政民営化よりも重要な問題が山積みだろうって思うのですが、違いますか?
小泉さんは自分の興味のある問題だけに対しての勢いは凄いのですが、興味のない問題に対しては全く関心がないように思えてなりません。
考え方にもかなり偏りがあるようですし。

郵政民営化が改革の第一歩なんて言っていますが、まず年金問題を改革の第一歩にしてもらいたいです。
郵政は二の次三の次です!!
    • good
    • 0

国内の景気回復と雇用問題。



なんだかんだと言っても、単に企業利益が増えて、個人の所得が下がっているなんて、本末転倒でしょう。
働く人の働く場所が無くなって、それで企業の業績回復云々というのは、おかしい。
何となく、企業が詐取しているようで、そのうちに暴動が起きるかも。

そのうちに、日本の技術力が無くなるでしょうね。
技術の継承がされていないのですから。
福知山線の事故も、技術の継承がされていないことも遠因でしょう。

一般の労働者が安心して働くことが出来るようにしないと、治安の悪化や経済問題、貧富の差による経済悪化が増えるでしょう。
    • good
    • 0

著作権の概念。


場合によっては変更の必要もあるかも。
理由は
日本の著作物がお隣の国で「自国のもの」として扱われている(商的にも)
のに、日本では何も出来ない。(ガンダム裁判などは有名です)

また、P2Pソフトによる著作権無視も問題になっています。

これらの犯罪(前者は韓国的には犯罪ではないようですが)はなくなることはないでしょう。
一つ手段を潰しても他の手段が出てくるだけだと思います。
ならばいっそのこと著作権自体の概念を変えて、
上の例のような形で侵害されても権利者の利益を守れることのほうが大切なのではないでしょうか。

参考URL:http://blog2.fc2.com/welovekorea/?no=292
    • good
    • 0

>在の経済システムにおいて富と権力の集中は不可避なのではないでしょうか?


ご指摘の通りです。民主主義の原則として.これらの集中が発生していないか.不必要な権力の行使をいかに排除するか.が問題となります(数年前の規制緩和はこの流れに沿うもの)。
したがって.総理とその取り巻きの考え方を押し付けるような現在の行政(国会解散等)は.権利の乱用であり.権利を剥奪する・制限する必要が出てきます。

>経済システム自体に問題を感じていらっしゃいますか?
「仕上げとしての郵政改革」ではないのです。国民は犠牲を払って改革に協力した(小泉の就任のころの国会放送)のですから.国民に対しての利益を与える義務が行政にあります。
ですから.「仕上げ」として.消費税減税.保険年金の負担低減という改革を行う必要がでてきます。
    • good
    • 0

福知山線事故の件で、運転手は責められず社長が責められたこと。


何がどうであるにしろ一番悪いのは運転手だったことに違いは無い。
それはあたかも故人を敬っていい人ぶってるニュースキャスターがきらい、マスコミが嫌い。
故人でも何でも悪いモンは悪い。
自分がやったことで死んだなら仕方ないと思う。
なんちゃら教育が嫌だったから速くして事故ったって、
それ運転手が自分の利害を考えたのによくまぁ許せるねって思う。
わたしの心が狭いのかもしれないけど、
その責任を社長に押し付けて社長を責めるのはお門違いだってずっと思ってた。
時間が短かったとかっていうのは、社長が責められることだけれど。

平然と故人が許される日本がいや。
責任っていうのは、死んでも継続するものだと思うから。
    • good
    • 0

#2の補足です。


まずご質問が一番最初になにを解決と言うことでしたので、即効性のある犯罪摘発をあげました。
他国との歴史問題や、未来の日本のために教育も大事ですが、まず現状をどうにかすることを考えたわけです。

それにアンケートなので、回答を批判をするのは筋違いではないでしょうか?一番最初に何をじゃなくて、いくつも回答して良いなら、教育をしっかりやって、犯罪のない社会を目指そうと書きますよ。
ただ教育は効果が出るまでかなり長い時間がかかるので、それまで他のことをすればよいのです。

他にも年金問題や、人口構成のいびつさから来る少子化問題など、どれが最優先か分からないほど問題は山積しております。
(犯罪摘発だけをやればよいということではないということです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

批判したつもりはないのですが、何かコメントすべきかと思い、否定的な意見を述べてしまいました。せっかくご回答いただいたにもかかわらず、申し訳ございませんでした。
基本的に何が皆さんにとって最重要な喫緊の社会問題かをお聞きしたくての質問です。犯罪摘発を喫緊の課題と考えていらっしゃる2531kbpsさんの最初の回答で問題ありません。いろいろな回答を寄せていていただき、嬉しくてそれぞれにコメントしてしまったのが間違いでした。この場を借りてお詫び申し上げます。

お礼日時:2005/08/20 19:07

あまり難しい事は分からないので…



・治安
・子育ての環境
・教育(含む性描写を含むメディアはどうするか?とか)
・税金の事
・モラル

順不同だけどこれを急ピッチで何とかするべきだと思いますね。

少子高齢化というのは、国を滅びさせる潤滑油だと思います。
今後を担う子供がいないって事は今後働く人がいない=収入源がなくなる。
という事ですよね。

国会議員の先生方は口だけの気がするのは…気のせい?
せっかく投票してあげてもありがたみがない。
選挙も…アメリカやイラク並みに盛り上がりや新鮮味(表現おかしいけど)があればいいのにね。
    • good
    • 0

一言で言えば総合的な少子高齢化対策ですね。



少子高齢化は社会構造を大きく変える程の威力があります。もう変わりかけてますが。

少子高齢化で生じる現象
・将来の税収減(日本は貧乏に。同時に外交力弱体化)
・産業の停滞(産業の活発度は人の多さ、流通の多さ、教育レベルで決まる)
・年金格差増大(税負担の増大)
・教育レベル低下(子供が減ってバカでも入れる大学が増えてます。教師も古いです。)
・郵便局の収益低下(団塊世代が退くと残高と口座数がみるみる減っていきます。システムとビジネスモデルが古いままだと老人銀行のまま衰退→公的資金注入。場合によっては国債暴落&日本倒産)
・政治の保守勢力増大(老人支持の政権だと社会改革が進みません。同じ少子高齢の中国がいい例)

といったところですかね。

とにかく、国は、将来の税収アップのための戦略的投資をすべきだと思います。巨大消費ではなく。その投資先は、人間。

まずは人間が増えないことには税収は増えません。日本の国力の要因の一つは1億人もの人口です。
なので、子育て支援とか、出産補助とか、いろいろあると思います。

次に教育。将来どの産業が伸びるかを戦略的に研究し、それを教育に生かすのも方法の一つ。今の教育は時代に追いついていません。逆行してます。教育現場が一番時代遅れ。これは文系でも同じことですね。
あと、予算が足りない。
産業の興し方とか、特許の取り方とか、成功哲学の学習とかしてもいいと思う。
教育と産業の格差が増大してます。
教育とは、最も先を見る力が必要な現場です。

3つめには、労働環境。
いくら人間が増え、教養があっても、働く環境がやりがいのあるものじゃないと生かせません。
時代は組織から、個人が活躍するものになってます。当然、その流れを汲んで個人が活躍しやすい法整備や組織研究などが必要不可欠です。

あとは、知的財産の運用補助とか、海洋国家日本の資産である海の活用と開発、技術開発への戦略的投資、資源開発、水素・電気エネルギー技術への集中投資ですね。

それと資源開発。
日本の地下深くには何十年分もの膨大なメタンハイドレードがあります。メタンガスは水素エネルギー社会でも使えますし、諸外国、まさに中国などに売れます。税金を庶民からとる換わりに資源を売ればいい。一気に資源国家になります。領海問題もおきませんし回収技術が確立されれば日本だけのものになります。世界中のメタンハイドレードの利権を手にすることができます。

以上、ありったけ書きました。

とりあえず、郵政民営化も、少子化対策の一つだと思ってます。日本の第二の財源の改革をしないと年金改革はしにくいと思ってます。
    • good
    • 0

まぁ、今となっては遅いかもしれませんが、


教育問題でしょうね。あえて順位をつけるとするなら。
これは、親御さん方のしつけ方、そして学校教育、二つとも、です。
道徳や倫理観をもっと重視した教育があって然りではないのでしょうか?
あまりにもモラルハザードが多いし、「~ハラスメント」という言葉が多い。きちんとそういう教育がなされていればもっと減らせる問題ではないかとは思うんですよ。
しかもニートだのと言いますけど、結局教育あってこその社会人へのはばたきではないかと思うのですが。
私自身職なしなのでえらそぶったことは言えませんが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング