クロマトグラフィーに関する文章を読んでいて、ふと気になった事で、とても単純な事なんですけど、TLCの時に試料成分が着色していない時は、プレートに適当な発色剤を噴霧しておき、紫外線ランプを照射すると発色して測れるとの事ですが、紫外線ランプを照射するというのは、どのくらいの時間やるんですか?あと、すぐ発色するようなものなのでしょうか?
あと、展開中止後、溶媒を蒸発させてから、その紫外線照射等行うとのことですが、乾燥してしまっても大丈夫なものなんでしょうか?
まだ実験を行った事もなく、理解も浅いので、おかしな質問ですみません。

A 回答 (4件)

 gyopi さんの充分な回答がありますが,少し補足致します。



> 紫外線ランプを照射すると発色して測れる
 これは「紫外線ランプ下で見ると発色して見える」と言った方が正確です。これなら,解るでしょうか。

> あと、すぐ発色するようなものなのでしょうか?
 これは試薬によります。多くの試薬は噴霧すればそれで見えますが,中には○分間加熱後UVランプ下で見ると言った場合もあります。


 なお,発色試薬を使ってTLCの検出をする目的には2種類あります。

 1つは,gyopi さんがお書きの「蛍光色素を含有していない固定層を使用したTLCや,紫外線を吸収しない試料が吸着した場合」です。ただし,この場合は,発色試薬よりも酸化剤などで有機物を酸化して黒色スポットとして視覚化する事が多いです。

 2つめは,gyopi さんも少し触れておられる発色試薬の選択性を利用する場合です。この場合,発色試薬の選択性(通常は官能基に対する選択性です)を利用して,目的のスポット(化合物)があるかどうかを判断したり,出ているスポット(化合物)にどういった官能基があるかを知らべたりします。


 いずれにしても,この辺りの一般的な事は,MiJun さんの回答にもあるように,関連成書(教科書)をご覧になった方が解りやすいかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!分かりやすい説明で、理解しやすかったです。

お礼日時:2001/10/26 23:13

gyopiさんの丁寧な回答がありますが、それ以前に。


>まだ実験を行った事もなく、理解も浅いので、おかしな質問ですみません。

図書館等で関連成書は探されたのでしょうか?
あるいはTOPページで「TLC」あるいは「薄層クロマト」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。
それらの中で成書も紹介してます!

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=153422
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図書館等を利用する時間がなかったので、こちらを利用させていただいたんですが、いろいろ参考のものを教えて下さって、ありがとうございました!これから勉強する時に、役立てたいと思います。

お礼日時:2001/10/26 23:10

まず,TLCには大きく分類すると2種類あります.


蛍光色素を吸着させた固定層を用いたものと,蛍光色素を含有していない
ものです.
このうちで紫外線を照射するのは前者の蛍光色素を含んでいるものに対して
適用しますが,なぜ紫外線で確認するかというと,試験対象化合物が照射す
る紫外線を吸収したり蛍光を吸収すると,その試料が吸着している部分だけ
蛍光が見えない(暗所で黒く見える)のに対して,試料の吸着していない部
分は蛍光を発するので暗所で光って見えます.このようにしてどれくらい移
動したか,また何成分の化合物が混合されているのかを確認します.

それに対して,蛍光色素を含有していない固定層を使用したTLCや,紫外
線を吸収しない試料が吸着した場合にはどんなに紫外線を照射しても見えま
せん.そこで発色試薬が必要になります.発色試薬には選択性がある場合が
あり,試料に即した発色試薬を選択して使用します.

溶媒を乾燥させてから発色させたり,紫外線照射を行い理由は,拡散を抑制
する為です.TLCは毛細管現象を利用して分離しますが,プレートが乾燥
していないうちに放っておくと,上下方向ではなく,平面的な拡散が生じて
しまい,スポットが拡大してしまうのです.
また,トルエンやベンゼン等を展開溶媒として使用した場合には,展開溶媒
自身が紫外線を吸収してしまい,あまりよく見えなくなります.
そのため,溶媒を充分蒸発させてから確認作業を行います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧なお答え、ありがとうございました。非常に分かりやすかったです。

お礼日時:2001/10/26 23:07

私もあまり詳しいことは書けませんので、簡単に。


・紫外線ランプを照射するとすぐにスポットがわかります。
・溶媒を乾燥させても、目的の物はプレート上に残っているはずですから、乾燥させて大丈夫です(というよりも、十分に溶媒を蒸発させないといけません)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにお答えいただき、ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/26 23:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ