最新閲覧日:

 経済というより経営に関する質問なのですが、「窓口問屋制度」という制度について教えてください。
 書物などを調べると、「物流を窓口となる問屋に集約して・・・」などと書いてあり、ちょっとつっこんだ解説では、「物流は集約化されるが、商流は変わらない(帳簿上は集約化される以前と変わらない)というようなことが書いてあります。
 帳簿上のみの取引ならば、最初から取引しなければよいのになどと思ってしまうのですが、どなたか教えてください。

A 回答 (1件)

hyuuma2031さん、こんにちは。



ご質問の文面拝見しました。
恐らく、このご質問であれば、「ビジネス/キャリア」のカテゴリの方が
沢山のご回答を得られるのではないかと思いますが‥。

「窓口問屋制度」の制度というのは、ちょっと疑問ですが、この方式で
考慮すると、自社での物流施設の投下資本が不要である事と
共配・共同物流を行う事によるコストの低減化の大きなメリットを享受
する事が可能となります。
しかしながら、現行では、窓口問屋方式での現実採用企業は少ない
と思います。
(小売業を中心とした所では少ないとの意味です。)

更に、帳簿上での取引でなりたっている企業であれば、物流そのものも
メーカー直送等の手段をとりますので、何らメリットは生じません。

しかし、これらの取引を請負っているメーカー側は、上記の方式を検討する事は
考えられますし、メーカー側での上記方式は採用例が多々あります。
これにより、彼らにとっては、その地域での物流センターへの直接的投下資本
が減り、尚且つコスト低減が図れる為、企業にとって、大きなメリットとなります。
所謂、固定資本の投下が少なくて済むと言う大きなメリットになります。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ