今度、マンションを買う予定なのですが、そのマンションは、某政府系金融機関の系列ノンバンクが売り出して、そのノンバンクがつぶれて、銀行関連会社の清算会社に引き渡されたものです。
 いまは整理回収機構がお金を回収中だそうで、回収が終わったら清算会社は解散するそうです。

 今日、法務局に行って登記簿をもらってきて、契約書のコピーと照らし合わせていたところ、違いがあることに気づきました。

 不動産屋が渡してくれた契約書にある根抵当権設定仮登記の番号と、登記簿にある根抵当権設定仮登記の番号が違って5月の同じ日に出されているのです。極度額は同じです。

 債務者は両方とも銀行関連会社の清算会社で、契約書によると権利者が整理回収機構となっており、もらってきた登記簿によると権利者が政府系金融機関になっています。

 登記簿によると、8月に1番仮登記根抵当権移転仮登記というもので、権利者が政府系金融機関から整理回収機構に移っています。

 権利者が整理回収機構に移っているので問題ないと思いますが、なぜ、同じ日に2つの根抵当権設定仮登記がなされているのかがよくわかりません。

権利者が整理回収機構に移っていることが登記簿で確認できたので問題ないとしてよろしいのでしょうか。

高い買い物なので不安です。どなたかアドバイスいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

契約書の受付番号が登記簿にのってこないということでしたが、あなたが法務局で取得したのはもしや登記事項要約書というものではないでしょうか?


仮にそうなら、全部事項証明書で取ってみたらどうでしょう?どこかに契約書の受付番号の記載があるかもしれませんよ。(もっとも要約書でもどこかに記載はされている気もしますが)。登記簿がどのような記載のされ方をしているのかがはっきりとご質問からはわからないのですが、要約書ならあたかも、一つの1番根抵当権設定仮登記に2つの権利者がのっかってくるような記載になっていたかと思います。というのは、某金融機関によって設定された仮登記をRCCに移転されていますから、現在の権利者はRCCということになります(だから契約書にはRCCの表示がされているんだと思います)。でも、登記の記載としては某金融機関の表示もそのままのこりますので、あたかも2つの根抵当がついているようにも見えます。そこで、受付番号の相違ですが、登記をするごとに必ず受付番号が記載されるはずですが、要約書だと必要な部分しか記載されてきませんので、のってこない受付番号もたしかにでてくると思います。推測ですが、契約書には権利者がRCCと記載されているということですので根抵当権の移転仮登記の番号が記載してあり、そして要約書には原契約(某金融機関が仮登記をしたときの番号)が記載されている関係で違う番号しかないということになっているのではないでしょうか?また、同じ日というのは特に気にする必要はないと思います。従来MSの所有者と某金融機関が系列関係のさいは担保をとるようなことはしていなかったとしても、RCCが某金融機関の債務処理をするにあたりその金融機関がもつ債権の保全をはかるにはRCCとしても担保にとっておく必要があります。そこでRCCが権利者として登記するために某金融機関に根抵当権の設定とRCCへの移転を一緒に申請したんだと思います。でもあくまで申請は別々ですから、たとえ同じ日であっても受付番号は違うということになるわけです。
結局のところ、よくわからず仕舞いですが、契約にはその道のプロが立ち会ったりするのであれば、ひとまず安心されてよろしいのではないでしょうか?
大変長いわりには推測ばかりですが、不安が少しでも解消されたなら幸いです。
    • good
    • 0

>気になるのは、不動産屋の契約書に書いてある根抵当権設定仮登記の受付番号が、登記簿には存在しないのです。


多分、不動産屋の記載もれか又は誤記と思います。pennameさんが取り寄せた不動産登記簿謄本を見せれば恐縮して書き直すと思われます。その旨、お話なさってはいかがでしよう。

>登記簿に載っていない件に関しては無視してかまわないのでしょうか?
登記簿に載っていなければ無視してかまいません(登記簿上に抵当権設定登記などしないで借金することがありますが、あったとしても登記されていなければ、その借金をpennameさんが負担する必要はありません。弁済義務はありません。)が、その逆に、契約書になくても登記簿謄本にあれば、それは抹消してもらわなくてはなりません。
    • good
    • 0

同一日で根抵当権設定仮登記の受付番号が違うのは権利者が2者あると云うことだと思います。

1つがA金融機関で2つ目がB金融機関ではないでしようか? そしてその1つが整理回収機構に移転されており他はそのままではないでしようか?
いずれにしても、残金を支払い所有権移転登記をする際に全ての抵当権など抹消できるかどうかを確認され取引をされると良いと思います。今回の場合、しっかりとした金融機関のようですし、仲介に、免許のある不動産会社が居ますので心配はないと思います。司法書士も同席するでしようから、よく聞き進めて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございました。

ただ、気になるのは、不動産屋の契約書に書いてある根抵当権設定仮登記の受付番号が、登記簿には存在しないのです。

2つの会社がその日に登記したなら、登記簿には両方とも書いてあると思うのです。

登記簿に書いていない受付番号の件が何なのか不安です。
登記簿に載っていない件に関しては無視してかまわないのでしょうか?

たびたびのお願いですみません。

お礼日時:2001/10/26 17:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮登記  登記簿に記載されている抵当権の仮登記の金額は?

登記簿謄本に記載されている抵当権の金額は仮の数字なのでしょうか?

それとも金額の訂正はできないのでしょうか?

例一番抵当権 A社 900万 仮登記(貸付)
 2番抵当権 B社 1000万 登記(貸付)

後日、この状態で競売。2000万で落札。⇒B社(回収出来そう)
ところがA社が実は2000万だったと行った場合
B社はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

A社が優先弁済を受けられるのは、あくまで登記されている金額までです。ですので、B社は回収可能ということになります。

Q仮登記根抵当権のままの確定登記は本当にできるのか。

ある登記所において、
破綻した○○信用組合の仮登記根抵当権について

金融整理管財人から、特例法による
確定登記の単独申請がされ、

同日、整理回収機構に、債権譲渡の移転仮登記が
されていました。

仮登記のままの元本確定は、できないはずでは
ないでしょうか。

専門的な質問ですいません。

Aベストアンサー

もう解決しましたか?(^_^ )

興味ある質問でしたので保存してどなたかの回答を待っていました。勿論、私も調べましたよ‥‥‥(^_^ )。

しかし、判りませんネ。とにかく、根抵当権の仮登記と確定登記の関係を論じた資料が見つからないのです。私の勉強不足もありますが‥‥‥以下、私見で全く自信なしです。

2号仮登記は、請求権や条件付なので未だ根抵当権の実体関係は成立していない。しかし、1号仮登記の根抵当権は、実体は成立しているが登記手続きの不備(その多くは登録税の節税?)の事例です。貴兄の事例は多分一応金融機関であることより後者であったと思います。もっとも、特殊事例を除いて根抵当権設定の仮登記はその殆どが1号仮登記だと思います。けだし、根抵当権そのものが別途契約(○○取引等)した<債権の枠>という考え方なので、登記した時の債権が0でもよい筈です。この点で抵当権と異なる(将来発生する債権の例外もありすが‥‥)と思います。

さて、1号仮登記でしたら単に仮登記(順位保全)というだけて、実体の根抵当権は成立している。実体に債務が存在しそれを担保している根抵当権の確定事由(倒産等)が発生すれば、その根抵当権は確定する、よってその登記もできる。確定の登記は、変更登記の一種で本体の登記(今回は、根抵当権仮登記)に矛盾せず利害関係人の承諾不要な事例だと考えます。但し、他行での後位の根・抵当権設定があるときは、本登記を進めるでしょうが‥‥、金融整理管財人から整理回収機構への案件はその必要がないのかも‥‥‥(ここは、更に不勉強です)
勿論、2号仮登記なら(請求権の行使や条件成就より)、まず本登記をしてからでないと駄目だと考えます。2号仮登記は、順位保全のみで未だ根抵当権の物権は成立していないからとの見解です。

全くの自信なしです。貴兄に更に深い読み(仮登記のままの元本確定?)や、間違いあるなら指摘下さい、そして一緒に勉強させて下さい。

もう解決しましたか?(^_^ )

興味ある質問でしたので保存してどなたかの回答を待っていました。勿論、私も調べましたよ‥‥‥(^_^ )。

しかし、判りませんネ。とにかく、根抵当権の仮登記と確定登記の関係を論じた資料が見つからないのです。私の勉強不足もありますが‥‥‥以下、私見で全く自信なしです。

2号仮登記は、請求権や条件付なので未だ根抵当権の実体関係は成立していない。しかし、1号仮登記の根抵当権は、実体は成立しているが登記手続きの不備(その多くは登録税の節税?)の事例です。貴兄の...続きを読む

Q根抵当権譲渡登記可能?(被根抵当権者承諾なし)

自宅の横に根抵当権設定の土地あり。被根抵当権者は残債はあるが、先祖お土地なので売らない。いかなる書類にも署名、押印しないとのこと。

根抵当権者は、もう関わりたくない。競売しない。でも私とは、金銭授受、手配した書類への署名、押印はしても良いとのこと。必要なら、今後、一切、支払請求はしないという元本確定請求書を作成しても良いとのこと。

被根抵当権者の協力は得られませんが、根抵当権者とのやりとりで、根抵当権の譲渡登記又は、所有権の仮登記、その他の手続きなどは可能でしょうか? 教えて下さい

Aベストアンサー

 御相談者がなされたいことが良く分からないのすが、下記のようなことならば可能です。詳しい手続に関しては、専門的な知識が必要なので、司法書士に相談して下さい。

 A(根抵当権設定者)は、B(根抵当権者)のためにA所有の甲土地に根抵当権を設定した。(債務者はA。元本確定期日は定めていない。)
 今般、Cは、当該根抵当権の債権の範囲に属する全ての債権をBから買い受けることになったが、当該根抵当権は元本確定前なので、そのままでは、Cは当該債権とともに当該根抵当権を取得することはできない。
 そこで、BはAに対して元本確定請求の意思表示を内容証明郵便(配達証明書付)によって行い、Aに通知が到達した。これにより当該根抵当権の元本は確定したので、BはCに被担保債権の全部を譲渡し、その旨をBはAに通知(内容証明郵便+配達証明)した。
 そして、Bの単独申請による根抵当権の元本確定登記及びB及びCの共同申請による債権譲渡を原因とする根抵当権の移転の登記をした。
 なお、AはCに対して被担保債権を返済期日までに弁済しなかったので、Cは管轄地方裁判所に担保不動産競売の申立を行った。

 御相談者がなされたいことが良く分からないのすが、下記のようなことならば可能です。詳しい手続に関しては、専門的な知識が必要なので、司法書士に相談して下さい。

 A(根抵当権設定者)は、B(根抵当権者)のためにA所有の甲土地に根抵当権を設定した。(債務者はA。元本確定期日は定めていない。)
 今般、Cは、当該根抵当権の債権の範囲に属する全ての債権をBから買い受けることになったが、当該根抵当権は元本確定前なので、そのままでは、Cは当該債権とともに当該根抵当権を取得することはでき...続きを読む

QSFCGの根抵当権設定仮登記

自営業で、商工ローンのSFCGから800万円の借入(保証人2名)があります。
他の借り入れもあり債務の低減を図るために自宅を売却して返済原資にあてようと思い、買い手のメドもついています。

そこで問題になるのが、契約時に捺印させられた根抵当権設定仮登記の承諾書です。
契約は半年前ですが、現在までに仮登記はされていません。また、3ヶ月以内の印鑑証明書も渡していません。
今後、仮登記がされることはないでしょうか?

Aベストアンサー

 承諾書で仮登記をする場合は作成後3ヶ月以上経過の印鑑証明でも可能です。昨年不動産登記法の改正がありましたが、この点は変わりません。
 ですから、仮登記をされる可能性はあります。
 ただ、商工ファンドの仮登記がつくと、経済的に破綻していると思われ取引に差し障りがでるようです。そのため、商工ファンドもきちんと支払いしている限り仮登記をすることは無いと聞いております。この辺は噂ですので真偽の程は分かりません。

Q根抵当権の仮登記

登記簿に記載のある商工ファンドやその他金融業者の根抵当権設定仮登記とは所有者が何か事業などをしているときになどに設定されるものなのでしょうか?なぜ仮となっているのでしょうか?初歩的な質問ですみませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

不動産を担保にして事業資金などを借りると、その不動産に抵当権または根抵当権をつけることになります。

仮登記は登記の順番(効力の順番)を保持するためのものなので、仮登記のままでは、なんかあったときにその権利を行使することはできませんが、この仮登記より後順位に別の抵当権なりがついていても、この仮登記を本登記に移すことによって、順番を維持することができます。まぁ、「先に唾つけた」ってところでしょうか。

仮ではない普通の登記では、抵当の金額または極度額に応じた登録免許税という税金を払います。結構バカになりません。

仮でも登録免許税を払いますが、抵当額や極度額ではなく、登記申請一物件あたり幾らの定額でそれほど高額なものではありません。つまりリーズナブル。

順番を安い金額で割と簡単に手にすることができる「仮登記」、街金さんがたはよく使います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報