こんにちは。お願い致します。
一昨日、海水浴に行ってきたのですが、ローションを
ぬっていたにも関わらず、ひどい日焼けになってしまいました。

水着を着ていた部分以外、体全体が真っ赤になっています。(水着はボードショーツです)
Tシャツがふれるだけで痛いくらいです。昨日は熱も出ていたのか非常にしんどかったです。

あまりにも苦しいので、本日病院に行ってきたのですが、皮膚科の病院が休みだったので、総合病院へ
行ったところ、外科へ通され、デキサンG軟膏という薬を処方して頂きました。
成分は(吉草酸ベタメタゾン、硫酸ゲンタマイシン)です。効能は(皮膚の化膿や炎症を抑える)とあります。
今はその薬を看護士さんにぬっていただいて安静にしてます。

しかし、外科の先生が適当そうだったので、帰り薬局で小林製薬のヒリピタクールと冷えピタを買ってきました。
ヒリピタクールと冷えピタの方が効くのではという思いがしてきてしまい、外科で処方して頂いた薬とどちらが良いか迷っております。

できれば、今の症状を抑えると共に、きれいな日焼け(黒く)なりたいのですが・・・皮がむけてみにくくなりたくないのです。(本当は、海に行った帰りにヒリピタクールをやってたら良かったのでしょうが・・・後悔です)

詳しい方、どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も一度日焼けで痛い目をみました。

過度の日焼けは火傷と同じという事を聞いた事があります。何よりもまず氷水につけたタオルなどで十分に患部を冷やして、炎症を押さえるのが大事だそうです。病院でもらった薬があればそれでも良いかもしれませんが市販品でも痛い日焼け用専用の軟膏があります。ある程度痛みが治まったらカーマインローションなどで(安いです)火照りをおさえる&保湿すると良いと思います。日焼け後の肌は乾燥状態なので保湿すれば皮むけも緩和されるかもしれませんがいきなり乳液などを塗るのはまずいです。辛いとおもいますががんばって下さい。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

こんにちは!

>
過度の日焼けは火傷と同じという事を聞いた事があります。何よりもまず氷水につけたタオルなどで十分に患部を冷やして、炎症を押さえるのが大事だそうです。

肩に1個水脹れができてしまいました(TT)

>
カーマインローションなどで(安いです)火照りをおさえる&保湿

探してみます。
参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/15 13:47

かなりひどそうですね。

海水浴は帰ってからが辛いですよね。私の場合はぬるめのシャワーがヒリヒリする状態でしたが、キャッツクロークリームというのを塗って、かなり楽になりました。日焼けの程度と個人差もあるかも知れませんが、試供品無料で貰えますから、試されては如何でしょうか。

参考URL:http://tenant.depart.livedoor.com/t/pureheal/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは!

ご回答ありがとうございます!
参考になりました!

お礼日時:2005/08/15 13:53

こんにちは



大変ですね。大丈夫ですか?

余り色々つけない方がいいと思います。もう火傷と一緒の状態です。
体温を下げない程度に氷水などやアイスノンで患部を冷やすといいと
思います。
ヒエピタは直接肌に貼るのでどうかと思いますが・・・。

いずれにしても、水ぶくれにはなってしまい皮は向けると思われますので
シミにならないよう、下記のサイトを読んでくださいね。

ご参考になれば幸いです。

http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000434.h …

http://www.sansikai.com/Index/topics/hiyake.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは!

>
いずれにしても、水ぶくれにはなってしまい皮は向けると思われますので
シミにならないよう、下記のサイトを読んでくださいね。

サイト、詳しく書いてあり参考になりました!
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/15 13:51

こんにちは~☆



医療に関しての知識はないのですが、毎年南国に行っては大いに焼けています。

私の大日焼け対処療法なのですが、アロエのジェル(日焼けの後に塗るタイプのよく売ってるもの)を塗り、乾いたらまた塗る・・・を延々繰り返してます。

また、お風呂は(もちろんぬるま湯にしかはいれませんが・・)紅茶を(ティーパック)お風呂に入れてます。


残念ですが、一気に焼いた日焼けはチョット分厚めの皮がむけ、元の肌色に戻ってしまいます。

また、20才以上の方なら多少シミとなるでしょう!
    • good
    • 6
この回答へのお礼

こんにちは~☆

>
アロエのジェル(日焼けの後に塗るタイプのよく売ってるもの)を塗り、乾いたらまた塗る・・・を延々繰り返してます。

やっぱり帰ってすぐケアすべきでした。この次はアロエジェル使います!

参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/15 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟膏の薬で 吉草酸ベタメタゾンと硫酸ゲンタマイシンの組成の物って知っていられるかたいませんか?

市販の軟膏の薬で 吉草酸ベタメタゾンと硫酸ゲンタマイシンの組成の物って知っていられるかたいませんか?

Aベストアンサー

医療用ならいっぱいあるんですけどね.ステロイドですから薬局用は認められていません.

http://wasin.jp/pre/SDitiran.html

http://www5a.biglobe.ne.jp/~c-smile/steroid_001.htm

http://www.stop-kayumi.com/83.html

http://www.nval.go.jp/fuku2/fuku/a/dekisan.htm

Q池野皮膚科形成外科に通っている方

頬のニキビとニキビ痕が消えない状態で、数年悩んでいます。漢方美顔やニキビに効くという化粧品をいろいろ試したものの、完治しません。
最近では、お化粧でも隠せきれません。

今、ネットで知った、ニキビ治療で有名な池野皮膚科へ行ってみようかと考えています。

そこで、池野皮膚科に通院されている方もしくはVCローション、VEローションを使ったことがある方にお伺いしたいのですが、

・効果はいかがですか?
・普通は予約ができず、診療までかなり待つそうですが、整理券などが配られているのですか?みなさんどのように通われてますか?
・VCローション、VEローションは、診察を受けなくても、病院へ行ったら買うことができますか?買える場合でも、先生に診察してもらったほうがいいですか?

いろいろと知りたいので、教えてください。

Aベストアンサー

にどいにきびだったので、内服のお薬と併用して約三ヶ月あまりかかりました。VCローションには保湿成分が入っていないので
つけた後は保湿をしっかりなさったほうがいいようですよ。
病院はかなり混んでいるので時間の調整が必要ですね。
毎日ローションを続けていれば効果が出ると私は経験から思います。
紹介してくれた友人の肌も長くて六ヶ月だったと記憶しています。
個人個人肌の質は違いますし。肌の様子をみながら通院なさって下さい。
(診察代込みだと金額もはりますしね)

Q日焼け止めは、皮膚に良くないか?

 日焼け止めを毎日つけています。
 皮膚にきついと思うのですが、長年やっていると、皮膚に何か問題は起きますか?(たとえば、年以上に老け顔になってしまうとか。)
 また、もしも、日焼け止めを塗らないとしたら、その代わりになる有効な日焼け止め方法はありますでしょうか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
よく言われるのは、日焼け止めの害と紫外線の害のどちらが上かということ。
最近では、日焼け止めの質も向上し、またオゾンホールなどの問題で紫外線の害のほうがはるかに上だといわれていますね。
もちろん、季節や場所にもよりますが。

よく肌に負担がかかるといわれるのは、真夏のリゾート地など紫外線が特に強いといわれるところで使うような高いSPF値でなおかつウォータープルーフのものです。
こういういものは含まれる成分もそうですが、肌の密着度も高くクレンジング剤も洗浄力の強いものを使わないと落ちないこともおおいです。
日焼け止めにかかわらず、普通のメイクでもクレンジングがきちんとできていないと肌には負担ですよね。

反面、同じ日やけ止めでも生活紫外線と呼ばれる程度のものを防ぐためにはSPF15~20程度あれば十分といわれています。
この程度のものであれば、肌への負担はさほどのものではないでしょう。塗らないよりは塗ったほうがいいともいますよ。紫外線の害はモンゴルなど高地に住む人や漁師さんなど紫外線の強いところに住んでいる人の肌をみれば一目瞭然です。

もっとも、普通にファンデを塗ってメイクする人であればそれだけでも日焼け止めにはなっています。
たいていのファンデにはSPF値が入っていますし、極端に言えばパウダーのみでも、落ちやすい欠点をのぞけばそれなりに紫外線防止効果ありますから。

もちろん、日に当たらないのが一番の日焼け止めになることはいうまでもありませんが・・・
私は以上のことを踏まえて、使う季節、シーンに合わせて、日焼け止めも強さ効果を考え何種類か使い分けています。

こんにちは
よく言われるのは、日焼け止めの害と紫外線の害のどちらが上かということ。
最近では、日焼け止めの質も向上し、またオゾンホールなどの問題で紫外線の害のほうがはるかに上だといわれていますね。
もちろん、季節や場所にもよりますが。

よく肌に負担がかかるといわれるのは、真夏のリゾート地など紫外線が特に強いといわれるところで使うような高いSPF値でなおかつウォータープルーフのものです。
こういういものは含まれる成分もそうですが、肌の密着度も高くクレンジング剤も洗浄力の強いも...続きを読む

Q顔のシミ取りは皮膚科or美容外科

ほっぺたに直径1cmのシミがあります。色は肌より少し濃いぐらいです。これをなくそうと思うのですが、皮膚科、美容外科、薬のうちどれが効果的でしょうか。

個人的にはテレビで紹介していたレーザーが手っ取り早くて良いかと考えています。ちなみに20代後半女性で、一応1,2年以内に出産をしたいと考えています。もし影響があるようならシミ取りをやめますが。

あとお奨めの店・病院を神戸・大阪近辺で教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

シミは生まれつき・・ってわけではないですよね?
生まれつきのものであれば、取るってのはあまり…良くないかもしれませんね。詳しくはわかりませんが。

普通のシミであれば、皮膚科でも美容外科でも取ってくれます。が、やはり皮膚科のほうが信用できると思います。「美容外科」と名乗っているのはただのエステが多く、医療法では確か「美容外科」という標榜科目はないハズ(違法ではありませんが)。正しくは「形成外科」です。
エステの施術はかなり危険が伴ないます。料金(とにかく高い)も、施術(素人の助手が行ったりする)も、色んな面で責任を取ってくれない場合が多いので、気をつけてください。
皮膚科の場合でも、レーザー施術であれば、保険はききませんから、やはり少々高い金額になります(エステほどではありませんが)。ちなみに、ホクロを取る場合、皮膚科ではメスによる切除を行うことが多く、これは術後すぐは傷跡が目立ちますが、長い目で見て肌が美しく甦るので、レーザーはあまり奨励されていません。しかし、レーザーの方が短時間で手軽に施術でき、その後の回復もすごく早いので、最近ではやたらレーザーを使用する病院もあるようです。

さて、切除の場合もレーザーの場合も、施術後に「紫外線に当たってはいけない」ので、これから日差しの強くなってくる季節ですから、もしもどうしてもシミとりを行いたいのであれば、早めに施術してしまった方が良いと思いますよ。レーザーで焼いた後の“まだ完全に皮膚表面が再生していない”時期に日に当たりますと、またひどいシミになりますから。こうなると、次は取り返しのつかないシミになってしまう可能性も少なくはないです。

シミは生まれつき・・ってわけではないですよね?
生まれつきのものであれば、取るってのはあまり…良くないかもしれませんね。詳しくはわかりませんが。

普通のシミであれば、皮膚科でも美容外科でも取ってくれます。が、やはり皮膚科のほうが信用できると思います。「美容外科」と名乗っているのはただのエステが多く、医療法では確か「美容外科」という標榜科目はないハズ(違法ではありませんが)。正しくは「形成外科」です。
エステの施術はかなり危険が伴ないます。料金(とにかく高い)も、施術(素人...続きを読む

Qアザを取るなら形成外科?皮膚科?

子供が生来、大きい範囲のアザを目の端に持っています。色は黒に近い褐色で、アザと言って良いのか平たいホクロと言うのか迷う感じです。まだ0歳です。
乳幼児健診で薦められ、設備も整った子供専門の大きい病院の形成外科へ行くと、皮膚の切除手術を言われました。産院の小児科の先生には皮膚科のレーザーで取れるのではと言われておりその向きで考えていたのですが、レーザー治療が全く選択肢に上ることがなかった理由が知りたいです(親は時期を焦ってはおりませんし、その旨も伝えました)。
形成外科と皮膚科では治療の向きが違うのでしょうか、それとも病院側の何らかの事情があるのでしょうか。考えうるいろんな可能性をその道の方にお聞きしたくて。患者には言わない?言えない何かが医療側に有るのでしょうか。
どちらが良い悪い、は考え方によると思います。ただどちらにするにしてもメリットデメリットを熟考する材料を揃えたいのです。
お知恵を貸していただいてから、再度両方に当たってみようと思っています。

Aベストアンサー

レーザーを勧めた小児科の先生は、お子様のあざを太田母斑または扁平母斑とお考えになったようですね。手術の説明をした形成外科医は、これを母斑細胞性母斑と考えたものと想像します。日本の保険医療で皮膚レーザ治療の対象になるのは外傷性色素斑、太田母斑、扁平母斑、血管腫などです。この適応は比較的厳格なもので、母斑細胞性(いわゆるホクロはこれに含まれます)に対するレーザー照射は自費診療になります。さらに、母斑細胞性母斑に対するレーザー治療の効果は一時的で、高率に再発することが知られています。大人であれば、患者さん本人が納得の上でレーザー治療を受けるということもあり得ますが、小さなお子さんには、お勧めできないと思います。更に大きな範囲(顔全体とか上半身全面とか)の母斑細胞性母斑は、悪性黒色腫という皮膚癌の発生母地と考えられ、通常はレーザー治療は行いません。
治療方法の違いではなく、視診による診断が異なっているためと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報