110近辺のスコアの初心者です。
グリーン近くの、30から50ヤードくらいのアプローチが大変に下手です。
特に、バンカー越えでは、バンカーを超えてナイスオンした記憶がありません。
 ミスのパターンは、トップするか、ボールの下にSWがするっと抜けて、数ヤードしか飛ばない場合のどちらかです。特に、トップしないように丁寧に打っているつもりで、ボールの下をクラブが抜けることが多いです。多分、おそるおそる打っているためにヘッドスピードが足りないのでしょう。当然、芝の長いところほどクラブがすり抜けます。
 もちろん、練習が足りないのは分かっています。ただ、練習場のマットの上で打つと、ボールの下をすり抜けるようなことは起きないため、そこそこコントロールはできます。
 結局のところ、せっせとコースを回り、実地練習を重ねるしかないかと思っていますが、現在のところ多くても1か月に一回程度で、いつでも同じミスを繰り返すのでいやになってしまいます。
 今のところ、
1.コースでスコアメイクにこだわらず、アプローチの際に思い切って振り切る練習をすること。
2.練習場でティーアップして、SWのアプローチの練習をすること。
ぐらいしかないと思っております。
 練習はできる限りするつもりですが、どのような練習が良いでしょうか。是非、どんなことでも良いですからアドバイスをいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちはecosysさん。


実はこの距離が一番ボールが止まりにくい距離なのです。
プロのショットを見ていますと右足つま先の前にボールをおいてダウンブローに打ち込む事によって逆スピンをかける高等技術を使います、そんな大変な練習をするより逆にフルショットで止まる距離にボールを運ぶゲームメイクを考えましょう。
またどうしても会得したいのなら60度のサンドウェッジでアプローチをおぼえるともともと飛ばない分距離感がつかみやすいです。

練習場でティーアップして、SWのアプローチの練習をすること。

ちなみにこの練習はあまり意味が有りません
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。ゲームメイクなどということは、まったく考えたこともありませんでした。確かに、セカンドショットで一番飛ぶクラブ(私の場合は、4I)を基本にして、グリーンに乗せるかあるいは、グリーンに最も近く飛ばそうとという頭しかありませんでした。
 今後は、もう少しゲームメークも考えてみます。60度のウエッジも使ってみたいですね。

お礼日時:2001/10/28 23:17

ちょっと失礼な事を書くかと思いますが… すみません。

スイングを見たわけではないので想像がかなり入っています。
そんな事は知っているという場合は読み流して下さい。

アプローチが苦手な人のスイングを見ているとバックスイングで、ヘッドをインサイド過ぎるインサイドに上げる人が多いと思います。
大きなショット(フルショットとか)では、切り返し時等で補正する事が出来るのですが小さなショットほどバックスイングとダウンスイングが同じ軌道を通ろうとするのでインサイド過ぎるバックスイングだとヘッドが下から降りてきて(俗に言うすくい打ちです)ダフリ、トップという事になります。

では、どうすればいいの?と言われれば答えは「オンプレーンスイング」もしくはそれに近いものにして下さいという事になります。

「オンプレーンスイング」とは言葉だけでは伝えづらいのですが、下記URLの中の写真を参考にして下さい。
(ネットから探したのですが、なかなか良いのがなかったです)
後ろから見てあの緑色の所にそってヘッドが上がっていくようにバックスイングをします。 しかし、自分ではなかなかわかりづらいのでシャフトが地面と平行になった時に、ターゲットラインとシャフトが平行になるのを基準とします。(その位置では後ろから見るとグリップがヘッドで見えなくなります)

こういう風にバックスイングをすると本人からすると、そうとうアウトサイドに上げているように感じる人が多いと思いますが、これでちょうどインサイドになります。
そして、ダウンスイングでこのラインで降ろしてくることを「オンプレーン」と呼んでいます。

オンプレーンもしくはそれに近いものでスイングできるようになると弾道が安定してきて距離感も出てくると思います。
特にわかりやすいのが短いショットです。例えばグリーンエッジから3~4Mくらいの所のピンを狙った時にヘッドがつっかえる事がないでしょうか?これができるとクリーンに打てます。しかも、ラインが出せます。

テレビの中継などでプロの100ヤード以内からのアプローチの時の真後ろ映像を見て下さい。そういうバックスイング、ダウンスイングをしていると思います。(特殊なショットは除く)
最近のプロは大きなショットでもそういう打ち方になってきました。ドライバーはやっぱりアッパーブローに打つのでもう少しインサイドですが、タイガーウッズ等はロングアイアンでもオンプレーンぎみに打っていると思います。

練習方法もですが理想の打ち方、ヘッドの入り方を知っておくと同じ練習でも成果が違ってくると思うのですが… ロブショット等はそこからの応用ということになります。

わからない所があれば補足して下さい。
長々と失礼しました。

参考URL:http://home.att.ne.jp/green/kazz/plane.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
普通のアイアンショットでは、オンプレーンのスイングは気をつけているつもりですが、アプローチではあまり気にしていなかったですね。今度練習でチェックしてみます。

お礼日時:2001/10/30 10:28

こんちちは。


だいぶ苦労されているようですね。
しかし、一番大切なところに気ずいておられるので、必ず克復されるでしょう。
シングルプレイヤーとアベレ-ジゴルファーの違いがそこにあるからです。
寄せワンが50%できれば先ずシングルです。寄せツーになるから18ホールでアベレージになってしまう訳です。(ほとんどの方は2打でグリーン近くまで行くのですから)
練習方法というより、わたしは、判断のしかたを先ず分かっていただきたいです。
どのようなライで(沈んでいるのか、浮いているのか、)、どのくらいの距離で、どのクラブで、どう打って、とこまで転がすなどイメージを作る練習です。すべて同じ打ち方でクリアできるほどアプローチは簡単ではないのです。
イメージが的確にできれば60%以上成功です、あとはそのクラブでそこに落とすだけです。
あとは慣れです。それと人のいない空き地の方が練習になりますよ、(お金も掛かりませんしね)じゃ頑張って下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。正直なところ、とにかくPWをもって、ピッチショットを打つというイメージしかなく、ボールがどうであろうと手加減で何とかしようとしていたかと思います。まあ、ラウンド中はいろいろとイメージする余裕がないというのが本当のところですが。別の方へのお礼にも書きましたが、もっと、ショットのしかたを柔軟に考えてみます。

お礼日時:2001/10/28 23:27

ロブショット、ピッチショット、ピッチエンドラン、ランニングとショットは簡単になります。

基本的に30ヤードから50ヤードのアプローチはピッチエンドランが寄りやすいと思われます。
バンカー越えのショットはSWでロブショットかピッチショットを打たなければならないと思っていませんか。
ボールからボールを落とすグリーンの一点の距離より、その点からホールまでの距離が長いときピッチエンドランが可能です。
練習はPWぐらいのクラブで右足の前ぐらいにボールを置きパターの感覚でボールを打ってください。そのときのキャリーとランの割合をみてください。

この回答への補足

アドバイスありがとうございました。うーん私は確かにプロのピッチショットにあこがれていて、そうしたいという気持ちがありますね。もう少し柔軟に考えてみた方が良いようですね。

補足日時:2001/10/28 23:20
    • good
    • 4

SW・PWでもよいですが、クラブを一本きめます。


練習場でバックスィングの距離を一定にきめて、一例【バックスイングを腕が肩と水平まで上げて】フルショットしてみて下さい。繰り返し50球位ボールを打つと、一定の飛ぶ距離がわかります。
その距離を基準に【バックスイング】を調節して、この角度で打つと、何ヤード飛ぶ距離かを覚えてください。
バッススイングを大きく取り、打つときに力加減すると、トップしたり、ざっくりしてしまいます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。確かに打つときの力加減で距離をあわせようとしていたと思います。同じ強さで打てるように練習してみます。

お礼日時:2001/10/28 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50ヤードのアプローチ(SW)動画付き

ゴルフ暦3年HC20の37歳の男です。
最近SWでのアプローチの練習をレッスンプロの下、練習しています。
その過程の中で、50Yのアプローチがいまいちしっくりせず悩んでいます。
その前の過程で、SWのフルショットがだるま落とし状態になり困っていましたが、皆さんのご意見を参考にしてトップスイングにいくまでに
体重が左足に残っているなどの意見が参考になり何とか80ヤードぐらいまで安定して打てるようになりました。
このレッスンの意図は、自分が手首を使いすぎる傾向があるのと体重移動がしっかり出来ていないのでSWでいつも同じ高さ、同じ距離をSWで打てるようになれば長いクラブも打てるようになるからと言うことでした。
今日練習場にてSWでの50ヤードを狙って打っているスイングを撮影しましたので、添付してご意見を頂きたいと思います。
50ヤードの狙いの地点はわかりづらいかもしれませんが、左奥の鉄塔とその次の右側の鉄塔にとの間にあります。(画面で言えば左から4番目と5番目の間です。)
何卒宜しくお願いいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=UCrGZfTIlbg

ゴルフ暦3年HC20の37歳の男です。
最近SWでのアプローチの練習をレッスンプロの下、練習しています。
その過程の中で、50Yのアプローチがいまいちしっくりせず悩んでいます。
その前の過程で、SWのフルショットがだるま落とし状態になり困っていましたが、皆さんのご意見を参考にしてトップスイングにいくまでに
体重が左足に残っているなどの意見が参考になり何とか80ヤードぐらいまで安定して打てるようになりました。
このレッスンの意図は、自分が手首を使いすぎる傾向があるのと体重移動がしっかり出来...続きを読む

Aベストアンサー

アドレスの左肘の位置と
インパクト直前の左肘の位置を比較してみて下さい
アドレスの時には左肘は体から離れていませんが
インパクトでは左肘が体から離れて隙間が出来ています
インパクトとアドレスではこれだけ差が出来ているわけです

もっと細かく見ていきますと
テークバック時に右手でクラブを引き上げている為
右ひじが出っ張っています

トップでは左手首が右手の方に曲がって見えます
(左脇が開いている為に補正しようとする動きに見えます)
腕時計のガラスが反射しているので
左甲が上を向いているのがわかります
(左脇が開くとこうなります)

チョット話題を変えて
私が教わったアプローチの「コツ」を
右ひじと右腰がインパクトまで一緒に動くと
アプローチの精度が上がるということです
(肘は出来る限りからだから離さないこと)
別の言葉で言えば右腰でボールを運ぶ気持ちと言う表現が
当てはまるのではないかと

一人で余計なことばかり述べてしまいました

追記まで

Qバンカーショットを普通のアプローチ感覚で打つのは?

グリーン周りのバンカーショットでは
砂が硬い場合を除いてエクスプロージョンで出すのが一般的ですが、
砂が柔らかい場合でも普通のアプローチショットで出すのはどうでしょうか?
右足よりにボールを置いて左足体重でダフらないように打ちます。

エクスプロージョンでもグリーンにはのりますが
練習量も少ないため距離感が合いません。

ただ、アプローチにはそれなりに自信があるので
練習量の少ないエクスプロージョンをやるより圧倒的に寄ります。
この前試しにやってみたらほとんどワンピン以内に寄りました。

ただ、あまりバンカーをアプローチの打ち方で
打っている人がいないのでどうなのかお聞きしたいです。

仮にアプローチとバンカーの練習量が同じなら
エクスプロージョンでもいいと思うのですが、
プロなどと違ってバンカー練習の機会が少ないので
アゴが高いバンカーを除いて
私は普通のアプローチでいいかなと思ってるのですが。

Aベストアンサー

私の友人で、バンカー内でもパターを使う人が居ます。
力加減が大変だろうと思うのですが、ピン横ぴたりとは行きませんが毎回結構上手く脱出をしています。
結局上手く行けば何だって良いって事でしょう。

でも・・・バンカーって言うのはプレーヤーに試練を与える場所。
毎回同じで綺麗な状態とは限りません。と言うか、条件の悪い時の方が普通でしょう。
あごが高く成っている事が多いのは当然ながら、自らの落下でめり込んだり、でこぼこの低いところに止まるのが自然の原理。
さらにピン位置が近いと、普通のアプローチショットでは少しでも砂を噛めばスピンが掛からず、ぴたりと止めるのは至難の業です。

その様な条件の中で、一番確実で安全な方法がエクスプロージョンショットであると思われます。
私は残念ながらあごの高いところや手前にカップが切ってある時に、通常のアプローチショットでは上手く出来ません。
で有れば、あごが低くてもピン位置が少し離れていても、よほどの距離でない限りは同じようにエクスプロージョンショット一本で脱出をしています。
勿論、砂の状態やめりこみ具合、又は距離に合わせて開き加減で調節しますが、力加減はそれほど変えていません。

結局慣れが大事だと思いますが、どうせ慣れることが必要で有れば安易な方法に逃げないで、どのような状態の時でも安心して使えるエクスプロージョンショットの方が良いと思います。
場合によってはバンカーに限らず、色々な場所でエクスプロージョンショットが有効な事も有りますので、今後の為にも是非挑戦してみてください。
場数を踏めば踏むほど、必ずやその有効性が解ってくるはずです。

私の友人で、バンカー内でもパターを使う人が居ます。
力加減が大変だろうと思うのですが、ピン横ぴたりとは行きませんが毎回結構上手く脱出をしています。
結局上手く行けば何だって良いって事でしょう。

でも・・・バンカーって言うのはプレーヤーに試練を与える場所。
毎回同じで綺麗な状態とは限りません。と言うか、条件の悪い時の方が普通でしょう。
あごが高く成っている事が多いのは当然ながら、自らの落下でめり込んだり、でこぼこの低いところに止まるのが自然の原理。
さらにピン位置が近いと...続きを読む

Q[質問]15~30ヤードのアプローチうまくを打ちたい

いつもお世話になります。
短い距離のグリーン周りからのアプローチについて、悩んでいます。
50ヤードであれば、60度のウェッジでロブショットが打てるようになりました。

いま自分の課題は、15~30ヤードの正確なアプローチショットです。
上述の60度のウェッジでは、シャンクしたりしていまいち正確に打てません。またパターでしのぐことがあるのですが、やはりボールを上にあげて落としたいです。

そこで新たらしい道具を買いたいと思うのですが、お勧めのものを教えて下さい。

今自分が考えているのは、
・オデッセイ/ MARXMAN(マークスマン) X-ACTアプローチパター
・サンド ジョーズ チッパ
・二木オリジナル/ サンライン チッパー

などです。
でもどれを買えばいいのか、またほかによい道具があるのか分かりません。
おなんでもいいのでアドバイス下さい。よろしくお願いいたします。

[性別]男
[アベレージ]120前後
[得意なもの]8アイアン

Aベストアンサー

>ピッチエンドランの打ち方というのは、どういう感じになりますでしょうか。
>自分としては、4時から8時に振るようにしているのですが
>どうしてもシャンクしてしまうのです。。。
ロブショットがいかにリスクが大きく難しいか多くの人の意見で分かったと思います。
さて、ピッチエンドランのスイングはロブショットと同じです。
ただ、ヘッドをオープンにするか立てるかの違いです。
貴方は球を浮かせたいので恐らくヘッドをオープンにしていると思いますが、
そのままピッチエンドランにように低い球を打とうとすればシャックするは当然です。
上手く打つにはヘッドのバンスに合わせて立てロフト通りの高さで打つようにするのです。(クラブに仕事させるとも言います)
後はハンドファースで構えて打てば自然とピッチエンドランになります。
それと、ボールの位置を変えれば自在に高さが変えれますので、ロブショットがいらない理由が分かると思います。
あと、4時から8時に振るのは距離感ですので、ピッチエンドランでは距離に合わせて変えなければいけません。
7時から5時,8時から4時や極端に9時から5時とかいろいろ試して見て下さい。
結構いろんな球筋になりラウンド時には重宝しますよ。
諄いですがヘッドは必ず立てることです。
それと、同じスイング,打ち方でクラブを変えれば更にリカバリーする方法が増えて重宝します。
余談ですがPWでキャリー:ラン=1:1でSWが2:1が目安です。
ロブに拘って上達を遅らせるよりピッチエンドランを早く覚えてカップに寄せることを覚えるのが良いと思いますよ。
今週はクラウンがありますので、グリーン周りでのアプをよく見て下さい。
また、チャンスがあればどのような状況でロブを使っているのかも見ておいて下さい。

>ピッチエンドランの打ち方というのは、どういう感じになりますでしょうか。
>自分としては、4時から8時に振るようにしているのですが
>どうしてもシャンクしてしまうのです。。。
ロブショットがいかにリスクが大きく難しいか多くの人の意見で分かったと思います。
さて、ピッチエンドランのスイングはロブショットと同じです。
ただ、ヘッドをオープンにするか立てるかの違いです。
貴方は球を浮かせたいので恐らくヘッドをオープンにしていると思いますが、
そのままピッチエンドランにように低い...続きを読む

Q50ヤード位の練習場での効果的な練習方法

週一で練習場に通っております。打つのは大体200球前後です。今まで距離が300ヤード位有る練習場ではアプローチの練習をほとんどせずにDW中心の練習になりがちでした。アプローチの練習がスコアアップにつながることは前から解っていたのですが、自分ではこれではまずいと思いつつも、やはり貧乏性なのかDW中心の練習になってしまいます。
来年から真剣にゴルフを上手になろうと思い距離が50ヤード位で2時間打ち放題の練習場が近所に有りますので、そこに頻繁に通うことを決意しました。きっとそこでは距離が無いのでDW封印できそうなので真剣にアプローチの練習に取り組めそうです。そこで、経験豊富な皆様に質問が有るのですが50ヤード位の練習場でのアプローチを含め何か効果的な練習方法が有れば教えてください。

Aベストアンサー

打ち放題ならば、球数を気にせずに練習できるので、いいですね。
アプローチ練習がスコアアップに繋がるのは間違いありません。
寄れば1パットの確率も上がりますしね。
寄らず入らずとは2打も変わりますから。
また、アプローチが正しく打てれば、フルショットの方も良くなるはずです。

まず、距離のあるアプローチですが、打ち方を固めましょう。
トップやダフリが多いのは、スイングがバラバラなのも要因かと思います。
まず、大きく上げて緩めながら距離を合わせる打ち方は厳禁です。
あまりに短いときは別ですが、基本は振った範囲の中でフルショット(緩めない)を心がけてください。
すると、振った距離以上飛ぶことはありませんし、スピンも効きますので転がったり転がらなかったりせず、安定した距離が出ます。

それと、手首の使いすぎもダメです。
打った跡に左手首が甲側に折れないように打ちましょう。
身体(ボディーターン)で打つ感じです。
アドレスの腕とクラブの形を崩さずに打つイメージです。
厳密に言えば、バックスイング、ダウンスイングと軽くコックはするでしょうが、インパクト後の左への折れは厳禁です。
折れるという事は、手首をこねている証拠ですから。
右手首の角度が変わらない(右手首が伸びない)ように。
プロ(例えば宮里藍なら連続写真が豊富かも)のアプローチの連続写真などをご参考にしてください。

それで、まず1本のクラブ(SWとかPS)で同じ打ち方をして、どれだけ振ればどれだけキャリーするかを身体に覚えさせることです。
ウェッジなら、ランはほとんど無いかと思います。
例えば、腰から腰までなら30Y、肩から肩までなら60Y、など。
フルショット、肩、腰、の3つの基本距離があれば、あとは応用でいけると思います。
グリーン周りのアプローチ(いわゆる寄せ)になれば、上げ、ピッチエンドラン、転がしなどいろいろな打ち方がありますが、100Y以内の打ち方は、まずは1つで十分です。
きちんとミートすること、距離感を覚えることで、ほぼ寄ります。
それらをマスターしてから、いろんな打ち方を増やしていけばいいのではないでしょうか。

短い距離のアプローチは、アプローチのできるグリーンがあれば理想です。
この場合は転がりがありますから、上げた場合、ピッチエンドラン、転がしと、キャリーとランの割合を掴む必要がありますのでグリーンで憶える必要があるからです。
アプローチグリーンが無い場合は、コースの練習場やラウンドで覚えてください。
この場合も、基本的に打ち方は同じです。
手首をこねない、緩めないなど。

アプローチで大事なのは、自分の思った距離を正しく打てるかどうかです。
上げるにしても、転がすにしても、イメージした弾道の落とし場所に落ちなければ寄りません。
その距離感を養うには絶好の練習環境だと思いますので、地道にやってみてください。

打ち放題ならば、球数を気にせずに練習できるので、いいですね。
アプローチ練習がスコアアップに繋がるのは間違いありません。
寄れば1パットの確率も上がりますしね。
寄らず入らずとは2打も変わりますから。
また、アプローチが正しく打てれば、フルショットの方も良くなるはずです。

まず、距離のあるアプローチですが、打ち方を固めましょう。
トップやダフリが多いのは、スイングがバラバラなのも要因かと思います。
まず、大きく上げて緩めながら距離を合わせる打ち方は厳禁です。
あまりに短い...続きを読む

Q(練習場にて)マットの一番前にボールを置いて打つことの意味

ゴルフ雑誌で見たのですが、練習場での練習方法につ
いての記事で、「ボールをマットの一番前において
ターフを長く取るように打つ」との記載がありました。
いつもは、ティーを使用しない場合マットの真ん中に
ボールを置いて打っていたのですが、そういえば
練習場でもそのように打っている人を見かけました。
ただ、小生にはその効果がよくわかりませんので、
どのような意味があるのか教えてください。

Aベストアンサー

ゴルフのショットの基本は
クラブヘッドをボールに叩きつける事でボールを飛ばす結果になる
のですが、ボールを高く打ち上げる必要が生じます(距離を増す為や
ボールを止める為)
ボールを高く打ち上げる為には
一つはクラブのソールを地面に並行に動かして、クラブのロフトで上げる方法
もう一つは、クラブを上から叩きつけるようにして、ボールをカット気味に打ち
スピン量を多くして浮力を起こして上げる方法です

プロのトーナメントを見ていると
以前はアイアンで大きなターフを切り取っていましたね
でも、最近は、ターフの取り方が小さくなりました
タイガー.ウッヅのとり方もうんと小さくなりました

この、ターフを取る打ち方をする為には
マットの真ん中ではクラブの角度が付けられませんね
そこで考案されたのが、マットの先端にボールを置く方法なのです
この位置だと、クラブがボールより下の位置まで角度をつけて
打ち込めるからです

先ほども述べたように、グリーンで止まる球はある程度のスピンが
必要ですから、このうち方が出来ないといけないわけですね
もっとスピンを与えて、ボールをグリーンの奥から戻す
バックスピンの掛かった球も程度は違いますが同じ事になります

ご理解いただけてでしょうか?

アドバイスまで

ゴルフのショットの基本は
クラブヘッドをボールに叩きつける事でボールを飛ばす結果になる
のですが、ボールを高く打ち上げる必要が生じます(距離を増す為や
ボールを止める為)
ボールを高く打ち上げる為には
一つはクラブのソールを地面に並行に動かして、クラブのロフトで上げる方法
もう一つは、クラブを上から叩きつけるようにして、ボールをカット気味に打ち
スピン量を多くして浮力を起こして上げる方法です

プロのトーナメントを見ていると
以前はアイアンで大きなターフを切り取っていまし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報