湾岸戦争はどのような理由でおこったのか。その後イラクはどうなったのか。この戦争が中東諸国に与えたこととはなんだったのか。調べてもいまいちわからないので詳しい方どなたかおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

たしか.クエートがアペックの決定に従わず.(米国向けに)勝手に増産したことで.イランが怒って.武力行使した。


アペックの行動が気に食わない米国が.クエヘトの援護と称して.イランを攻撃した
暗黙の了解として.産油施設の攻撃を行わないことがあったのに.アメリカかイランの産油基地に壊滅的打撃を与えて.いやがおうでも石油を売らなければ経済が破綻するようにした。

その結果アヘックの石油価格支配能力が弱まり.メジャーの支配が強くなった。

と記憶しています。
    • good
    • 0

クウェートのかたちを世界地図で見てください。

油田のど真ん中で海に面して切り取られたようなかたち・・・
これはもともと中東の国々が独立する過程で石油資本が自分たちに近い政権を作るために一部の部族の長を王族としてまつり上げた傀儡政権から始まっている国です。
イラクにしてみれば自分たちの領土であってもおかしくない国に富が集中している事に対して不満が蓄積していたのでしょう。アメリカやイギリスの力で無理矢理自分たちの富を切り取られたという考えが底に流れています。侵攻した兵士達は暴行、強奪など陵辱の限りを尽くしたのもそういった考え方があるからです。ですからイラクにしてみれば湾岸戦争とは西側諸国が自分たちの権益を守るためになりふり構わず攻撃してきたと考え方でしょう。
確かにアメリカと言う国はイスラエル建国などを見てもわかるとおり平気で他人の国の真ん中に自分たちに都合のいいように国を作るよう画策してきた歴史があります。
例えばイランで親米派のパーレビ王朝が倒されたときアメリカはイラクを支援してイランをたたこうとしました。イラクは領有権問題をイランと抱えていましたがパーレビ王朝は軍事力が強かったためイラクは我慢していたわけです。逆にイラクがクウェートに侵攻するとイランと近づこうとしたり・・・
つまりアメリカは都合のいいようにあちらこちらを助けては自分たちが表にたつことなくひとの国の国民の血で自分たちに都合のいい状態に持っていきたいと言う姿勢が国策となっている国です。
また冷戦時代はCIAが要人暗殺なんか平気でやっていましたし建前と本音がこれほど違う国も珍しいと思います。
脱線しましたがイラクは湾岸戦争後経済封鎖をうけて国民は困窮しますがその憎悪は全てアメリカに向けられています。またフセイン自体もイスラエル建国を支援したアメリカと戦ったと宣伝したため一部で英雄視されています。
さらに他の中東諸国においてもアメリカは同胞を攻撃した国として民衆の反感を買っています。サウジアラビアなど多くの政府は現実主義路線で一応アメリカと同調する構えですが聖職者や民衆の反感は相当大きくこれが他の国々の政権基盤を揺るがしますます不安定な情勢を作り出しています。
アメリカの国益優先の政策が変わらなければ根本的な解決を得ることは無理なのですが国際社会の安定のためには犯罪的行為に対して厳しく対処していく姿勢も必要です。
ですから歴史的な問題とイラクのクウェート侵攻や今回のテロ行為は分けて論じる必要があるわけです。
とりとめのない文章になりましたがお許しください。
    • good
    • 1

湾岸戦争が発生した直接の原因は、イラクのクエート侵攻です。



クエートはイラクと隣接し、ペルシャ湾岸にある立憲君主国です。国土は小さいですが、石油産出国で豊かな国です。
湾岸戦争以前、イラクは石油売買の利益の内の何割かをイラクによこせと、やくざが上納金を強要するようなことをクエートに対し要求していました。しかし、クエートはそれを拒絶しイラクがクエートを侵略したわけです。

クエートの石油産出量は多く、これがイラクの手に落ちると、経済の基盤を中東の石油に頼っているアメリカをはじめとする西側諸国(日本を含む)には相当な驚異になります。
また、クエートはペルシャ湾の要衝にあり、クエートの不安定は他のペルシャ湾に面する諸国の不安定に繋がります。
反米的な国が多い中東において、クエートは珍しく親米的な国です。

以上の理由より、アメリカを中心とする多国籍軍を編成し、クエートからイラクを追い出す目的で行われたのが湾岸戦争です。

湾岸戦争ではアメリカの圧倒的な軍事力によって、イラクはクエートから追い出され、イラク軍は壊滅的な打撃をうけました。また、クエート侵略に対して西側諸国はイラクを経済封鎖していますので(今でも)、イラクは相当貧困な国になってしまいました。

ただ、イギリスのサッチャー首相(当時)はフセインを殺すまで戦争をやめてはいけないと主張していましたが、アメリカのブッシュ大統領(今のブッシュ大統領の父親)はアメリカ国内の厭戦気分の世論に左右され、戦争を途中でやめてしまいました。
そのため、フセインはいまだにイラクの政権の座に残り、中東の不安定の原因になっています。

フセイン政権のイラクが再び危険な行動を取るのを防ぐため、アメリカはサウジアラビアにアメリカ軍を駐留させイラクに今でも軍事的に圧力を加えています。
サウジアラビアにアメリカ軍が駐留している事が、中東の人の目には、サウジアラビアがアメリカに占領されたように見えます。そのため反米感情の強いイスラム過激派は、アメリカにサウジアラビアから出ていくことを要求してテロを続けています。それが今回のアメリカの同時多発テロに繋がります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんで湾岸戦争でフセイン政権を倒せなかった?。

 湾岸戦争でフセイン政権までもは倒す事が出来なかったわけですが、どうしてでしょうか?。ブッシュ父の汚点という表現もありましたが、どうして汚点となるのかというのと、どうして政権まで倒すにいたらなかったのかを教えてください。

Aベストアンサー

現在のイラクでの米軍の活動状況を見れば明らかだと思います。
当時でもフセイン政権を倒す所までは米軍は簡単に実行出来たと思います。
しかし、占領後に治安を維持しながら、非常に複雑な部族間の対立を阻止し、
新政権を維持させ、イスラム原理主義では無い親米政権を確保する・・・
という事は簡単にできる事では有りません。
それは、現在のイラクでの惨状を見れば明らかでしょう。
つまりフセイン政権継続の方が、イラクのような大国の無政府常態化や
イスラム原理主義化等よりは都合の善いシナリオだったわけです。
又、当然フランス・ロシア等の親フセイン国家群も支持しなかったでしょう。

当時、アメリカはクウェートからイラク軍を放逐し
見せしめとして国境を侵す国がどうなるかと言う事実を
フセイン政権と国際世論に見せつければ良かったのです。

アメリカは当時既に世界一優秀な軍隊を所有していましたが、
軍隊は本来攻撃が目的の集団であり治安確保等は任務外です。
ですから、正規軍に対してはアメリカ軍は無敵と言えますが、
市街地でのゲリラと民間人が区別出来ない状態での治安維持等、
そもそも想定外の組織に過ぎません。
当時のブッシュ政権はその難しさを理解していた事と、
ポストフセイン空白の無政府国家叉は
ポストイラクのような大国を作りたく無かった為、
フセイン政権を排除しなかったのです。

今回の第二次湾岸戦争では其のシナリオを覆して、
新政権成立まで手を出したのでここまでてこずっているのです。

汚点と言う点ですが
「最後までやら無かった結果、フセインにアメリカは口だけの国家」
という印象を与えたと当時のアメリカ保守派の一部は感じたようです。

現在のイラクでの米軍の活動状況を見れば明らかだと思います。
当時でもフセイン政権を倒す所までは米軍は簡単に実行出来たと思います。
しかし、占領後に治安を維持しながら、非常に複雑な部族間の対立を阻止し、
新政権を維持させ、イスラム原理主義では無い親米政権を確保する・・・
という事は簡単にできる事では有りません。
それは、現在のイラクでの惨状を見れば明らかでしょう。
つまりフセイン政権継続の方が、イラクのような大国の無政府常態化や
イスラム原理主義化等よりは都合の善いシナリオ...続きを読む

Qベトナム戦争とイラク戦争

 ベトナム戦争とイラク戦争の決定的な違いを一言で言うとしたら何なのでしょうか。主に意義において・・・。

Aベストアンサー

アメリカ軍がベトナムから撤退して30年、世界情勢、軍事情勢、アメリカの国際的地位、アメリカの国民世論などなどいろいろなものがあまりにも変わってしまったので、なかなか比較するのは難しいのですが、それでも決定的な、しかも意義においてのちがいというならば、アメリカはベトナムで敗北し、イラクでは少なくとも戦術的には勝利を収めたところでしょう。
同じところは戦略的、または政治的な勝利のビジョンがあまりにお粗末であり、アメリカの傲慢さが露呈した戦争であるということでしょう。
それでも今回の作戦でアメリカはベトナムの教訓を少しは生かして(まあ当たり前といえば当たり前だが)宣伝戦や情報戦を展開していましたが、それらの教訓を生かせていないのはわが国でしょう。

Q湾岸戦争の時、日本が貢献しなかったことって、海外で話題になってましたっけ?

テロ関係の話題、みなさん飽きたかも知れませんが、ひとつ気になることがあるんです。湾岸戦争の時のようなことは繰り返したくないと政府は騒いでますが、海外でそんなこと問題視されてましたっけ?どうも湾岸戦争の時の記憶が薄いんで教えてください。それから、今回貢献するとどういう良いことが期待できるんでしたっけ?湾岸戦争以後何か問題ありましたっけ?

Aベストアンサー

馬鹿にされると言うことはいろいろな面に影響があるのでは? もし何事にも毅然と出来る国家であったなら、内政干渉もされないでしょう。日ごろ米国に楯突いているフランスが今回はいち早く ウイ アー アメリカン と大統領が言ったとニュースで聞いて感心した自分が居り、NHKのアメリカの中東いじめの歴史番組を見て関口宏や久米宏の両氏を反米派と決め付け憎んでいたのに、自分が半米側に洗脳されました。もう手に負えません。
自衛隊員の妻が子供のためにも夫の支援参加はいやだと言います。
世界からもしつまはじきになった時の次世代の苦労は父親の受傷や生命より小さいですか? だとしても次の次世代になるとおじいちゃんの問題より世界の虐めが辛くなるのでは?
交通事故死者数とテロ犠牲者数とで考えれば、泣き寝入りも選択肢でしょうが、それでテロがなくなる保障もありませんし。交通事故もなくなりません。
もう解りません。たすけて。○○の神よ!!

Q中東諸国の国名について。

話題にのぼっている「パキスタン」「アフガニスタン」「ウズベキスタン」等の「スタン」には何か意味があるのでしょうか?何語なんでしょうか?

Aベストアンサー

『もともとペルシャ語の「地方、国」を示す接尾語で、英語の「~ランド」に相当』するそうです。(参考URL)

http://www.melma.com/mag/60/m00002160/a00000084.html
http://www.melma.com/mag/63/m00011063/a00000043.html

参考URL:http://www.melma.com/mag/60/m00002160/a00000084.html, http://www.melma.com/mag/63/m00011063/a00000043.html

Q湾岸戦争当時にアメリカ旅行経験の方

10月末にツアーでフロリダへの旅行を計画しています。(ワシントンDC乗り継ぎ)
今回は飛行機を使ってのテロ事件で湾岸戦争当時とは少し情勢が違いますが、報復攻撃で中東~西アジア地域に戦争が起きた場合、アメリカ国内はどうなるのか予想がつきません。湾岸戦争当時アメリカ旅行を経験された方、その当時の国内の状況(特に国内線)をどんなことでもよろしいですので教えてください。

Aベストアンサー

私のアメリカ人の友人によると、湾岸戦争時アメリカ市民はいたって普通。いつもと同じ生活をしていたと言っていました。旅行へ行った人もいれば、行かなかった人もいたそうです。

もしも、今回戦争になってもアメリカ国内にいる人(ブン関係者ば別)は普通の生活ができると思いますよ。

Q現代の戦車には冷房があるのでしょうか?湾岸戦争のような砂漠地帯での作戦

現代の戦車には冷房があるのでしょうか?湾岸戦争のような砂漠地帯での作戦行動では冷房がなくては、搭乗員が暑くてたまらないと思います。また、電子機器を搭載している現代の戦車では機器のためにも冷却する必要があると思うのですがどうでしょうか?
兵器関係の本を読んでみても、戦車の冷房のことについて触れられていません。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

一部マニアの世界では、73式小型トラックがそれまでのJeepベースから(こっそりと)1996年にパジェロベースの新型になった時にエアコンが装備されたことが、小さなトピックだったりします。

さて、ご質問の戦車ですが、自衛隊制式戦車では、すでに74式中戦車にエアコンが装備されています。
質問者サマもお気づきのとおり、現代の戦車は、センサーや砲(FCS)のみならず、エンジン、サスペンションなど殆どの機能が電子化されています。
電子機器がオーバーヒートして機能を停止すると戦闘能力を失ってしまうため、電子機器を一定の温度に保つ必要があります。
また、NBC(核生物化学兵器)戦闘を想定した戦闘車両の場合、与圧などの空調管理が求められます。
戦車のエアコンは「快適装備」ではありません。システムの安定動作のほか、対NBC能力を維持するためのエアコンであり、電子機器優先で乗員は”お流れ頂戴”というのが実態のようです。

Q湾岸戦争の音が、日本まで聞こえる?

湾岸戦争の時の爆音が、日本でも聞こえたという知人がいます。

その知人の話とは…
『その時期、ちょうど山に行っていた。すると、かすかな爆音が聞こえてきた。あれは、湾岸戦争の音だ』
…と、言うのです。

いくら、それは山で何か有っただけだ(例えば猟友会等)と、言っても、真剣に『湾岸戦争の音だった!!』と、言い張るのです。

この件について、とても揉めています。
この知人は…『あなたは、聞こえるはずが無いという、固定観念を持っている』と言います。
私は私で…『湾岸戦争の音だと決め付けるから、山で何があったか調べることもしないんだ』…と言いました。

どこの山かわかれば…音の発生源もわかるかもしれませんが、この知人は、山の場所を覚えていません。

そこで、専門の知識のある方に質問です。
素人でも理解できるように、湾岸戦争の音が聞こえるはずが無いという説明を教えていただけませんか?
聞こえてもおかしくないなら、その説明もお願いします。
また、もし…『日本でも聞こえた』と言う方がおりましたら、お話を聞かせてください。

Aベストアンサー

 んー。それ、説得するのは骨かもしれませんよ。
 放っておいた方がいいかも。

 湾岸戦争というのは「人類史上の出来事」ですので音は出ません。
 それは「第30回定例国会の音がする」と言うのと同じことです。
 音を出すのはあくまで「ミサイル」や「爆弾」であり、「出来事」には音はないのです。
 言葉尻の問題ですが、そういう理屈をゴリ押しするような人だと、生半可な理屈では納得しないでしょう。
 科学的に説明することは可能ですが……。

 この地球上では、今も現に、秒間100発近い雷が、世界のどこかで鳴り響き続けています。
 雷というのは爆弾などよりもよほど音が大きいため、ずっと遠くまで聞こえます。
 よって、イラクの空爆の音すら聞こえるならば、その山の頂は常に、日本近隣で起きた雷でうるさくてたまらないはずです。

 ゆえに、イラクの空爆音が日本で(しかも裸耳で)聞こえた可能性は万に一つもありません。(何らかの機械を経由していれば話は別ですが)

 でも俺は、その人がこんな理屈で納得するとは思えません(笑)

 そうそう。
 #1の方が書いてらっしゃる120dbという数値ですが、騒音デシベルの単位は単純に数字を2倍すれば音が2倍になるわけではなく、120dbの2倍は130dbになります。
 なので、#1の方の回答は、この地球上では絶対にありえない物凄く大げさな想定ということになります。
 つーか、240dbもあったら、音圧だけでイランの地面が崩壊するかも(笑)
(ようするにそんな極限的な音ですら日本には届かない、という例えですね)

 んー。それ、説得するのは骨かもしれませんよ。
 放っておいた方がいいかも。

 湾岸戦争というのは「人類史上の出来事」ですので音は出ません。
 それは「第30回定例国会の音がする」と言うのと同じことです。
 音を出すのはあくまで「ミサイル」や「爆弾」であり、「出来事」には音はないのです。
 言葉尻の問題ですが、そういう理屈をゴリ押しするような人だと、生半可な理屈では納得しないでしょう。
 科学的に説明することは可能ですが……。

 この地球上では、今も現に、秒間100発近...続きを読む

Qなぜフセイン大統領湾岸戦争の戦犯に裁かれないのでしょうか

素朴な質問をさせてください。
前から思ってたんですが、湾岸戦争が10年位前にイラクとアメリカ
を中心にした連合軍との間で発生した際、終戦後(停戦後)なぜフセ
イン大統領を戦犯として裁判されないのか理解できません。
例えば、太平洋戦争時、日本が敗戦を認めたときには東京裁判で東条
氏がA級戦犯として裁かれました。
この歴史を考えるとなぜこのような裁判が、日本が侵略行為をした場
合はあって、イラクの場合はないのか素人からみて不思議に思います。
納得させてくれるような回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>例えば、太平洋戦争時、日本が敗戦を認めたときには
>東京裁判で東条氏がA級戦犯として裁かれました。
>この歴史を考えるとなぜこのような裁判が、日本が侵略
>行為をした場合はあって、イラクの場合はないのか素人
>からみて不思議に思います。

簡単です。
日本は連合国に無条件降伏しました。
降伏した後、国家主権が無くなっていますので、連合国の
言いなりになるしかなかったのです。

もっとも日本政府が存続していましたので、連合国の代表
であるGHQとの交渉は可能でしたが、昭和天皇を戦犯と
させないためにも、東条英機を始めとして戦犯が犠牲にな
るのは避けられない選択肢であったと思われます。
(幕末に戦争で負けた藩の家老が、君主の代わりに切腹す
 るようなものだと考えてみてください)


しかし湾岸戦争で負けたイラクは、国連安保理の停戦決議
を受諾しただけで、多国籍軍に降伏したわけではありません。
国家主権も存続していましたので、戦勝国側が敗戦国を裁判
で裁くことはできなかったのです。

しかし今回のアメリカは、対イラク戦争を開始したらフセイン
政権が崩壊するまで、戦争は止めない構えです。
もしそうなったら日本を占領した時のように、GHQが
イラクにも設置され、太平洋戦争後の日本と同じく多くの
戦犯がアメリカの言いなりのままに裁かれることでしょう。

>例えば、太平洋戦争時、日本が敗戦を認めたときには
>東京裁判で東条氏がA級戦犯として裁かれました。
>この歴史を考えるとなぜこのような裁判が、日本が侵略
>行為をした場合はあって、イラクの場合はないのか素人
>からみて不思議に思います。

簡単です。
日本は連合国に無条件降伏しました。
降伏した後、国家主権が無くなっていますので、連合国の
言いなりになるしかなかったのです。

もっとも日本政府が存続していましたので、連合国の代表
であるGHQとの交渉は可能でしたが、昭...続きを読む

Q湾岸戦争

宿題で湾岸戦争のレポートを書くのですが、何かいいサイトはありますか??
主に、起きた理由や戦争までの経過、その後の被害などが書かれていれば嬉しいです。

Aベストアンサー

サイトではありませんが、ミリタリレビュー社の「軍事研究」のバックナンバーを見ることをお勧めします。いろいろな観点からの記事がありますよ。

小学館からもビジアル系のものが出ていました。たしか「湾岸戦争」だったと記憶しています。

まずは図書館を覗くのが一番よいのではありませんか。

ところで起きた理由には諸説あって、まだよく分かっていないようです。直接にはイラクのクウェート侵攻に対して国連決議による武力行使容認決議により、クウェート奪還が命じられたからなのですが、そこに至るまでの経緯は、クウェートの原油廉売だとか、油層からの盗掘だとか、あるいはそもそもイギリスによる恣意的な国境線設定だとか、米国の謀略説(米国大使に侵攻を仄めかしたが無回答だったので容認されたものとイラクが判断した。)もあります。

Qイラク戦争

イラク戦争とはいったい何だったんでしょうか?
背景にあるものが大きすぎてよくわかりません。
どなたかわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

下記サイトでイラク戦争についての詳細が載ってると思いますので
よければ参考にして下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89


人気Q&Aランキング