【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

祖供養の熨斗ですが、最近よくみる小さめの短冊のしでもよいのでしょうか?短冊のしは略式ととらえられるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

短冊で問題ありませんよ。



短冊は、確かに略式ともいえますね。大げさにしたくないときや、あまりかしこまりたくないときに使うものです。

でも、短冊だからといって軽く見られる、とかは捉えられないと思いますよ。

ただし、地方により、そのようなこともあるかもしれませんので要注意。

少なくとも、関東圏でしたら問題ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。地方によりけりですよね。のしだとなんだか「ドーン」って感じでえらそうだな、と思ってしまったのですが、やっぱりのしにしておいたほうが無難なのでしょうね(うちは関西圏なのでうるさいかも・・・)。
ぎりぎりまで考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/13 23:22

ちょっと本題からずれるのですが、「祖供養」ではなく、「粗供養 」です。


私も以前にここで教えられました。
あなたが恥をかくことのないよう、はなはだ老婆心ながら、注進させていただきます。
    • good
    • 0

おはよございます。



商品の大小でみ¥もかわりまし・・・・

■ “のし紙”とは“のし”と“水引”と“奉書紙”を組み合わせて印刷したもの、即ち“のし”のある“かけ紙”を“のし紙”と呼んでいます。今日では、特別のことや高額の品を贈るときを除いて、この“のし紙”(印刷かけ紙ともいう)をかけて贈り物をするのが一般的となっています。
 また“のし”は慶びごとに用いますので、祝い事以外には“のし”を使いません。即ち、“のし”がなく“水引”だけを印刷してあるものを“かけ紙”と呼んでいます。

参考URL:http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/shops/gift/gish …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈答品につける「のし」「短冊」について詳しい方

贈答品につける「のし」「短冊」について詳しい方

お祝い事や仏事などの際,お菓子の詰め合わせなどを持って行きますよね?
その際につけるのしや短冊について教えてください。

(1)「のし」と「短冊」の使い分けはどうするのですか?短冊のほうが簡易なのでしょうか??
(2)「無地のし」と「無のし」ってどう違うのですか?
(3)自分のうちに不幸があった場合,(仏式の場合)式に来てくれた方に
お渡しする品に,49日前なら「ご霊前」以降は「ご仏前」ののしをつける?
(4)ご不幸があったお宅にお品物を持って行く側だったら何をつける?
(5)お寺さんにお品物を持って行く時,お式の時・3回忌の時…などその
状況によってどんなのしをつける?またつけない?

などなど教えて頂きたく思います。
ネットで調べてみましたが納得する結果が得られず,ご存知の方から直接お聞きしたいのです。
地方によって多少違ったりもするでしょうがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答致します。

(1)「のし」と「短冊」の使い分けはどうするのですか?短冊のほうが簡易なのでしょうか??

= 「のし」は品物の包装の上にさらに付ける水引き付きが印刷されている紙、短冊は「~祝い」とか書いた紙の事です。「のし」を付けるだけの方が「簡易」です。不幸があった側はは基本的に短冊は付けません


(2)「無地のし」と「無のし」ってどう違うのですか?

= 「無地のし」はのし紙は付けるけれど、何も書かない物。「無のし」はのし紙も何も付けない物を指します。ただし「無地のし」でも下部中央に「○○家」と記載してください。


(3)自分のうちに不幸があった場合,(仏式の場合)式に来てくれた方に
お渡しする品に,49日前なら「ご霊前」以降は「ご仏前」ののしをつける?

= 「のし」に「ご霊前」とか「ご仏前」と書くのは「渡す側」であって、ご不幸のあった家が付けるものではありません。因みに49日前でも亡くなられた方が「お骨」になれば「ご仏前」です。極端な話、お亡くなりになり、お骨になるまでが「ご霊前」で、後は全部「ご仏前」です。「ご霊前」の期間は短いんです。


(4)ご不幸があったお宅にお品物を持って行く側だったら何をつける?

=自宅に持っていく位ならごく親しい間柄でしょうから、白い花の籠、季節により水菓子、和菓子の類です。無論、場合によっては黒枠短冊に「ご霊前」「ご仏前」を書き添えます。



(5)お寺さんにお品物を持って行く時,お式の時・3回忌の時…などその
状況によってどんなのしをつける?またつけない?

=葬式の時は不要です。1周忌法要、3回忌法要・・・とありますが、大体7回忌までは近しい人を呼んで法要を行います。その場合はお寺さんにも、列席していただいた方々にもお膳を付け、お帰りの際には「黒のし」をつけた品物をお渡しするだけで良いです。「黒のし紙」に短冊は不要ですが、下部中央に○○家と記載すればOKです。法要はご自宅の仏壇で行うものですから、「持っていく」のではなく「お持ち帰りいただく」のが正解です。


お役に立てれば幸いです。

回答致します。

(1)「のし」と「短冊」の使い分けはどうするのですか?短冊のほうが簡易なのでしょうか??

= 「のし」は品物の包装の上にさらに付ける水引き付きが印刷されている紙、短冊は「~祝い」とか書いた紙の事です。「のし」を付けるだけの方が「簡易」です。不幸があった側はは基本的に短冊は付けません


(2)「無地のし」と「無のし」ってどう違うのですか?

= 「無地のし」はのし紙は付けるけれど、何も書かない物。「無のし」はのし紙も何も付けない物を指します。ただし「無地のし」でも下部...続きを読む

Q仏の短冊の張る位置

お菓子の販売のバイトをしています。
ギフトに、のしや短冊を張ることも多いのですが
短冊を張る時は、お祝いも仏のもの(お供え等)も、箱の右上に張っていました。
しかし、最近入ってきた人に「仏の短冊の場合は左上に張るんだ。」と言われました。
短冊の場合、仏のものだと左上に張るのが正しいのですか?
よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

そうですね。
その方は間違っていません。
弔事用の短冊は左上が正しいですが、関東等、のしなどあまりこだわらない地域は右上に貼っていても全く問題ありません。

私も同じく販売業をしていますが、右上でもお客様には全く言われませんし、近隣店舗もサンプル等に付いているものは右上になっています。

ですので「どちらも正解」が答えになってしまいますね。
最近入ってきた方は良くご存知だなと関心します。

Q短冊のしは失礼にあたらないのでしょうか?

お菓子のネットショップを運営しておりまして、現在は通常の熨斗を無料でお付けするサービスを行っております。ただ、件数が増えてきており対応に時間がかかるため、短冊のしに切り替えようかと思っているのですが、商品に巻く通常のしよりも短冊のしは簡易的に思われ、失礼にあたるかどうかが心配です。
お中元・お歳暮・内祝など全ての用途に短冊のしを使用しても問題ないでしょか?

Aベストアンサー

私だったら、という回答になってしまいますが、
用途別では、お中元・お歳暮なら、短冊のしでも構わないかもしれませんが、内祝いや法事のお菓子は通常ののしがいいです。

年代別では、短冊のしは、自分より目上の方にはあまり使いたくありませんね。

Q初盆供養費を包む熨斗袋の書き方について

私の父が亡くなって今年の8月18日で一周忌、初盆を迎えます。
初めてのことなので手紙で色々と相談したところ
父の兄夫婦の家へ毎月の祥月命日にお経を上げに来てくださる
お寺さんでは初盆の方々の供養のお経が上がる日が26日で、
8月には行わないとのことで親戚の都合等により
今月26日に長崎へ行くことになりました。もう間もなくです。
供養費や熨斗袋、袱紗等は何とか準備できました。
当日持参する初盆供養費を包む熨斗袋の書き方についてなのですが
表書きには‘御仏前’または‘ご香料’と氏名
中袋の表には金額、裏には住所・氏名を
書くという形でいいんですよね?
漢数字で縦書きに‘○○円’または数字で‘○○円’でしょうか?
渡すのは父の兄になるのでしょうか
(奥さんからの手紙ではお寺さんの受付で
渡すと書いてありましたがこれは伯父が受付で
渡すということでしょうか)?
わかりにくい文章ですみません。
ご回答のほうをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたくしの質問の理解が違っていたらすみません。

>>奥さんからの手紙ではお寺さんの受付で
渡すと書いてありましたが・・。

<<今回お寺さんへの諸々の手続きは伯父さんがされたと思いますが、
御質問者様が施主、あるいは伯父さまが施主、
父親さんの事なのでお子さんである御質問者様が
お寺さんへの費用は持つという事なのではないかと・・。

新盆の御経をあげて頂くためのお布施の事ではないのですか?
お寺さんに納めるものはお布施。
奉書紙の白封筒にいれます。
お布施と書かれた封筒も市販されています。
表書きはご仏前をお布施に代えそれ以外は
御質問者様が書かれているとおりです。

ご仏前は、ご仏壇に供えるものです。
今回伯父さんが新盆の供養を施主として取り行ってくださった場合
他のご親族は伯父様宛にご仏前の用意をします。
しかし、御質問者様はお布施を用意される事で
ご仏前は無用かと思います。

そうではなくお布施も伯父さんが用意された場合
御質問者様はご仏前やお供物をお供えします。
それはご仏壇にお供えすればよいです。

祥月命日は亡くなられた当月当日の事。
毎月のその日は月命日と言います。

わたくしの質問の理解が違っていたらすみません。

>>奥さんからの手紙ではお寺さんの受付で
渡すと書いてありましたが・・。

<<今回お寺さんへの諸々の手続きは伯父さんがされたと思いますが、
御質問者様が施主、あるいは伯父さまが施主、
父親さんの事なのでお子さんである御質問者様が
お寺さんへの費用は持つという事なのではないかと・・。

新盆の御経をあげて頂くためのお布施の事ではないのですか?
お寺さんに納めるものはお布施。
奉書紙の白封筒にいれます。
お布施と書かれた封筒...続きを読む


人気Q&Aランキング