『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

運動会の場面転回などでよくかかるクシコスポストという曲ですが、
そもそもどうしてあの曲が運動会に使われるようになったのでしょうか?

たしかに曲調からして運動会などにふさわしいとは思いますが、まさか、
運動会用に作曲されたとか?(^_^;)

だれがどういう経緯で作曲し、なぜ運動会で使われるようになったのか、
ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「クシコス」というのは、マジャール語の Csikos (チコーシュ:『馬』の意味)を日本語読みしたもので、「ポスト」は郵便ですから、俗に『クシコスの郵便馬車』とも呼ばれます。



作曲者はHarmann.Necke(ヘルマン・ネッケ:1850-1912)です。
ドイツの作曲家で、ピアノの小品などを書いているそうなのですが、この「クシコス・ポスト」以外で著名なものはないのです。
所属している吹奏楽団で、運動会のネタモノとして演奏したのですが、曲紹介の解説にも困ったくらいでした。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やはり郵便馬車でしたか。

しかし、一発屋さんというのは昔からいらっしゃるんですね(^_^;)

お礼日時:2005/08/14 13:12

皆さんがおっしゃるように馬車ないし馬のイメージ、というのもありますが、それ以上に曲想が大きいと思います。



これなんかまだいいほうで、「天国と地獄序曲(新版)」なんて(例のフレンチカンカンの曲ですけど)もとのオペレッタの内容知ってたらのけぞりますよ。

http://homepage2.nifty.com/pietro/storia/offebac …

音楽を流すのがいつごろかは判然としないのですが、最初の頃は生の楽器演奏だったみたいで、(というか、太鼓とか、足踏みオルガンとかの)その辺の歴史は
http://www.tamakimasayuki.com/musica_bn_36.htm
http://www5.airnet.ne.jp/enjoypc/fuboren/tamakis …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

曲想だけで採用されているとすると、他の方々も仰っているような無名のこれ一発の作曲家の曲をよく探してきたもんだと思ってしまいますね(^_^;)

しかも、運動会というものが日本独特のものだとすると、運動会でこの曲を流しているのもおのずと日本だけということになりますよね。

ホントに誰が採用したのでしょうね。

お礼日時:2005/08/14 13:28

由来というにはちょっと弱いのですがこんなページを見つけました。


疾走する馬車のイメージと必死に走るリレーの様子がダブルものがあったんでしょうね。

参考URL:http://www.geocities.jp/mani359/meicsikospost.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

あの曲、2拍子だったんですね!
なんか4拍子のような強弱があるような気がしますが・・・(^_^;)

お礼日時:2005/08/14 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【クシコスの郵便馬車】

おそらく同感の皆様も多いと思いますが、私の場合には運動会(体育祭では無い^^;)のBGMでお馴染みの「クシコスの郵便馬車(Csikos Post)」(作曲ヘルマン・ネッケ1850-1912)についてですが、収録アルバム(CD)を探すと、まんま「運動会のBGM」(^^;)などと言ったCDや、教材用CDでしか見当たりません。

で、「運動会のBGM」(仮題^^;)を持っているのですが(^_^)、出来れば普通のクラシックのコンピレーション・アルバムで欲しいなと思っている所です。
理想は「ネッケ作品集」なんですが、少し検索してみた所、この曲以外にネッケの曲は世に知られていないらしいですね。

【質問】
どなたか、「クシコスの郵便馬車」が収録された『まとも』なアルバム(CD)をご存じありませんか?

『まとも』とは説明下手ですみませんが(^^;)、「教材用」とかじゃ無しに、クラシックでよく有る「小曲集」みたいな感じのコンピレーション・アルバムと言う意味です。
ピアノ演奏による物は多少有るようですが、そう言うのは必要なくて、又HMVのサイトではなんとか下記のアルバムが見つかり、これはこれで店頭に有れば直ぐに買うつもりですが(^_^)、もちょっと他に無いかな?と言う所です。
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=548530

もしもご存じの方いらっしゃれば宜しくご回答の程、お願い致します。

おそらく同感の皆様も多いと思いますが、私の場合には運動会(体育祭では無い^^;)のBGMでお馴染みの「クシコスの郵便馬車(Csikos Post)」(作曲ヘルマン・ネッケ1850-1912)についてですが、収録アルバム(CD)を探すと、まんま「運動会のBGM」(^^;)などと言ったCDや、教材用CDでしか見当たりません。

で、「運動会のBGM」(仮題^^;)を持っているのですが(^_^)、出来れば普通のクラシックのコンピレーション・アルバムで欲しいなと思っている所です。
理想は「ネッケ作品集」なんですが...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと発売時期が古いので、現在では入手困難かもしれませんが、私の持っている同曲が収録されたアルバムをご紹介しておきます。

「グローヴズ卿の音楽箱2」
(コロムビア  CO-3674)

 サー・チャールズ・グローヴズ指揮
 フィルハーモニア管弦楽団

 他の収録曲は、遊園地のBGMとして多く用いられている「森の水車」(アイレンベルグ) TVCMにもよく使用されている「軍隊行進曲」(シューベルト) キューピー3分クッキング(NTV版)のテーマ音楽としてもおなじみの「おもちゃの兵隊」(イエッセル) など、いい曲ぞろいなのですが、なにせ1989年の発売ということで、入手は困難と思われます。

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む


人気Q&Aランキング