ステロイドの生合成で、スクワレンから閉環反応が起こる時、一段階の協奏反応でステロイド骨格が形成されるのでしょうか。それとも、多段階反応で進行するのでしょうか。

A 回答 (4件)

この問題はかなり昔から議論されていた事であり,ノ-ベル賞化学者のウッドワ-ドやコ-リ-を始めとして多数の研究者が研究していたと思います。

が,未だ結論が出ていないのが実状ではないでしょうか。

なお,最近の進歩については私もフォロ-しきれていませんので,極く最近酵素自身の研究からこの問題に結論が出ているようでしたら御許し下さい。

この回答への補足

結論は出ていないんですね。ますます知りたくなりました。私としては、一段階反応だったら、すごいと思って期待しております。

補足日時:2000/12/14 22:20
    • good
    • 0

以下のサイトのチャートを見ると、


2つの酵素が関与してますが・・・?
・Squalene Monooxygenase
・Lanesterol synthase
このそれぞれの反応機構がお知りになりたいのでしょうか?

補足お願い致します。

参考URL:http://www.hfni.gsehd.gwu.edu/~mpb/cholesterol1. …

この回答への補足

Lanesterol synthase が関与している反応が知りたいのです。
鎖状の化合物から、四つの環を含む化合物ができる反応です。

補足日時:2000/12/03 10:00
    • good
    • 0

追加情報です。


以下のサイトにある「不斉反応の化学」の
3.1.8 スクワレンの酸化的閉環における区別反応
に記載されていないでしょうか?

ご参考まで。
   

参考URL:http://www.jssp.co.jp/f_chem_rev/sosetu04.html
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトのページの図中で、質問は


2,3ーオキシドスクワレンからの反応を言っているのでしょうか?
補足をお願い致します。

参考URL:http://202.242.64.104/~seika2/p450/p450-3.htm

この回答への補足

その通りです。

補足日時:2000/12/02 22:54
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QムヒアルファEXのステロイドの強さは?

ムヒアルファEXのステロイドの強さはどのくらいでしょうか?
病院で処方されるステロイド剤の中では、どのランクに位置するでしょうか?

Aベストアンサー

III群ですから,丁度真ん中あたりです.

  http://www5a.biglobe.ne.jp/~c-smile/steroid_001.htm

Q酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て

酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て完了した場合、塩は全て正塩になる。
これで合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

酸性塩はNaHCO3のように組成の中にHが残っている塩のことです、
塩基性塩はMgCl(OH)のように組成の中にOHが残っている塩のことです。
酸性塩塩基性塩は、塩の化学式の組成によって決められるもので、中和の過程や製造過程等で決めているものではないです。

正塩は酸性塩でも塩基性塩でもない塩で、化学式の中に-Hや-OHを含まない塩ですね。

反応の途中でできる終了してできる、のではなく化学式中の-Hや-OHが含まれるか含まれないかで、
酸性塩、塩基性塩、正塩か決まります。

Qステロイド(塗り薬)の強さの比較について

リンデロンローションとマイザーでは、マイザーの方が強いということは分かっています。

ではマイザーをパスタロンソフトで6倍に薄めたものと、リンデロンローションでは、どちらが強いですか?

さらにマイザーをパスタロンソフトで3倍に薄めたものとではどうですか?

私の持っている幼児雑誌の付録に付いていた本を見るとマイザーは5段階中の4(5が一番強いとして)になっており、リンデロンは3となっていますが、上記のようにマイザーを6倍、または3倍に薄めたものは、どのあたりに位置する強さと考えていいですか?

強さ2段階にはキンダベート、アルメタなどが載っています。
強さ1段階にはコルテス、オイラックスHが載っています。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どのあたりに位置する強さ
http://med.wind.ne.jp/yokoryu/page12/page12.html
こちらのページにも書いてありますが、強さのランクは、さまざまな検査や基準で決められているものです。
濃度を薄めれば下のランクになると言えるものではありません。
もちろん、含有量が少なくなることで、作用が弱くなるのは間違いないですが、例えば、あるステロイドを二倍に薄めた場合、局所作用は下のランクと同じになったけど、全身性影響は差がある、ということもあります。



ステロイドが他剤と混合されている場合、「薄まってランクが下がる」のではなく、「より薄くぬれる」と解釈したほうがわかりやすいと思います。
同じ薬を一日一回塗る場合も、一日二回塗る場合も、体に吸収される量は違っても、薬自体のランクが変わるわけではないですよね。
それと同じです。

マイザーが同量の白色ワセリンと混合してある場合、混合された軟膏2gの中には、マイザー1g分が入っているわけですが、マイザー1gだけを伸ばして塗るよりも広い範囲に、しかも均一に伸ばすことができます。

パスタロンソフトの場合は、それ自体にも薬効がありますから、単純に薄めるだけとは違いますが、この場合は、薄く塗るために加え、同一部位に塗る場合、単剤二種の重ね塗りよりも、むらなく塗れるという利点も考えてのことかもしれません。

先生の診療方針は個々の先生によって違いますから、例えばマイザーをつかってて良くなった患者さんに対して、マイザーを二倍希釈にしてより薄く使う先生もいれば、ランクを下げた別種のステロイドに切り替える先生もいます。

>どのあたりに位置する強さ
http://med.wind.ne.jp/yokoryu/page12/page12.html
こちらのページにも書いてありますが、強さのランクは、さまざまな検査や基準で決められているものです。
濃度を薄めれば下のランクになると言えるものではありません。
もちろん、含有量が少なくなることで、作用が弱くなるのは間違いないですが、例えば、あるステロイドを二倍に薄めた場合、局所作用は下のランクと同じになったけど、全身性影響は差がある、ということもあります。



ステロイドが他剤と混合されている...続きを読む

Qベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記

ベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記述は正しいのですか?

Aベストアンサー

「何の」反応性なのかがありませんがまあ概ね正しいのでは.
「求電子置換反応に対する」反応性は低下します.
「酸化反応に対する」反応性も低下します.

Qステロイド軟膏の違いについて

「陰嚢湿疹」向けのステロイド軟膏についてです。
アンテベート軟膏0.05%
デキサンVG軟膏0.12%
それぞれ、ステロイドの強さなど、違いはあるのでしょうか?
どなたか使ったことある方の体験談などお聞きしたいです。

Aベストアンサー

薬剤師です。デキサンVG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品で普通薬です。かたや、アンテベート軟膏は、劇薬で作用は強いです。強力です。強さは、上から、2番めです。リンデロンは、中位でよく使われますので、ひどいところは、アンテベート軟膏をスポット的に使用するといいでしょう!でも、どちらも、顔や皮膚の薄い脇の下や膝の裏や性器周辺などは使用しません!それは、他の部位よりも、吸収がよく副作用が出易いので、もっと弱い薬を通常使います!

Q分解反応と合成反応

A→B+Cという分解反応とB+C→Aという合成反応を考えるときに「分解反応は温度Tが高いほど分解しやすく、合成反応は温度Tが低いほど合成しやすい」と一概にいっていいのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

エンタルピー(反応の前後での発熱などの変化)とエントロピー(内部エネルギーなどとして吸収される熱量の比熱)を考えトータルのエネルギー変化(ギブズ自由エネルギー変化)が結果発熱・吸熱反応が決まるので,簡単にはルシャトリエの原理より反対もあり得るので言えないと思います。

Qカンジダとステロイド

オムツかぶれの為にキンダーベートなどを使う事があるのですがステロイドが入ってる為にカンジダになりやすいと聞きました。ステロイドの強さとカンジダになりやすさは関係あるのでしょうか?

強いステロイド=カンジダになりやすい という事なのでしょうか?
それとも強くても弱くてもステロイドはカンジダになりやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

専門の知識ではないので参考程度にしてください。
お子様は、カンジダの症状はありますか?無くて、おむつかぶれだかならカンジダの心配は今のところはしなくていいと思いますよ。
カンジダになってしまっているのなら、キンダーベートは良くないです。カンジダはステロイドではむしろこじれて全く治りません。市販の、ママが使うようなデリケアとかフェミニーナ軟膏をお子様のカンジダの部分に塗っても治りますよ。

Qε-カプロラクタムの開環重合による6ナイロンの合成

(ε-カプロラクタム)+(ε-アミノカプロン酸)→(加熱)→6ナイロン
糸が引けるようになりましたが、
粘度が下がり??上がり??
分子量が多くなり??少なくなり??
重合度が高くなり、
糸が長く伸びた。(2m以上)
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何を聞きたいのか明確にしましょうね。
分子量は大きくなったでしょう。でないと6-ナイロンとは呼べないでしょう。
当然その原因は重合度が上がったからですが、当初は「単量体」だったので「重合度」は定義できません。
重合度が上がり、分子量が大きくなるに従い、分子が長くなり、互いにからまる為粘度は大きくなるはずです。
その結果糸を引くようになりました。

Qステロイドと保湿剤(ヒルドイド)をmix(1:1)にすると薬の実質ラン

ステロイドと保湿剤(ヒルドイド)をmix(1:1)にすると薬の実質ランクは下がる?

通っている皮膚科で強さ2群のステロイドを処方されているのですが、ヒルドイドと混ぜているのでマイルドになって実質3群の強い方だと説明されています。
この考え方は正しいのでしょうか。

ステロイド単体で使うと2群で、保湿剤などとmixして使えば3群?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そうならば、最強のステロイドが一種類あれば用は足りてしまうことにならないでしょうか。混ぜる薬剤の匙加減であらゆる強さに対応できることになります。

QPの環への求核反応

画像の反応はSn2であるらしいのですが、なぜSを攻撃しないのでしょう?電気陰性度で考えるとS<Cの陰性の強さですので、Cの方が電子が密度が豊富に思えるので求核するならSではないかと思いました。総電子数でみるならS>Cとなりますが、これは関係してますか?

Aベストアンサー

No.1です。
確かに電気陰性度からはあまり違いを感じないかもしれませんが、Sは基本的に陰性元素です。周期表ではOと同族ですし。
Sが攻撃を受けるのは、S-Cl,S=Oなど、より陰性の原子と結合している場合ですね。

またこの反応の場合、生成する中間体の安定性を考えてみてください。
C上にアニオン(負電荷:C-)があるよりも、S上に負電荷があるほうが遙かに安定です。
(もし図中でC-S結合が切れ、C上にアニオンが発生したとすると、隣のメチル基のI効果によってそのアニオンは不安定化します)


人気Q&Aランキング