『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

歴史に疎いので質問させてください。

本日、NHK大河ドラマ「義経」を見ていてふと思ったのですが、
女性の名前に義経の時代は「子」がつくことが多かったみたいです。

例:平家の「時子」「能子」、その他大勢。「北条政子」など。

しかしついていない人もいます。
例:義経の生母「常盤」、義経の想い人「静」など。

義経の時代は「子」がついていますが
江戸時代になると「お○」という名前が多くなり、
「子」がつく名前はあまり無かったのですよね?

昨年の「新撰組!」ではたしか女性は殆ど「お○」という名前でした。

これまたテレビのドラマの話で恐縮なのですが
フジテレビの「大奥」でも「お万の方」「お楽の方」など「お」がついた名前が多かったような気がします。

「子」のつく名前があった時代があり、
またあまり使われなくなった時代もあったようで、
そして現代は復活しています。

何故なのでしょうか?

詳しい方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

女性の名前で「○子」というのは、#2さんが印象で答えていらっしゃるのが正解に近いですね。


「○子」というのは、位を貰うときにつけられる名前なので、当然ながら位をもらえるような、「宮廷の貴族の女性に多かった」ということになります。

ちょうど、今年の大河ドラマ「義経」を引き合いに出されていますので、平家物語からお話しますと…。
平家物語の原文を読んでも、女性の名前って殆ど出てこないんですよ。
「女」としか書かれていなくて、名前がついているのは位を貰っている、高い身分の女性だけなんです。
すなわち、女性が後宮などで「女官」として働くる場合(天皇の后(皇后、中宮、女御、更衣)なども一種の女官)、従三位典侍や従五位命婦という位と官職をもらっていたので、その時には名前の登録をしなければならず、その時に「○子」とする-となっているのです。

大河ドラマの「義経」は、宮尾登美子さんの小説がもとになっており、女性の名前も宮尾先生が考えられたものもありますので(朝日新聞社刊「平家物語の女たち」にも載っていますのでごらんください)、そのまま全ての名前を史実として話されると困るのですが…。
「時子」は、二位の尼ともいわれるように、「二位」という位を貰っているので、記録に「時子」という名前が残っています。
「徳子」も高倉天皇の中宮になっていますのでこちらも記録に「徳子」と残っています。
ですから、「時子」も「徳子」も、生まれたときから「時子」とか「徳子」という名前だった訳ではないのですよ。
また、「能子」は、宮尾先生がつけられた名前で、「平家物語」では「廊御方」としか出てきませんし、歴史関係の書物でも「名前」は出てこないのです。

いつの時代においても、庶民は、位を貰って女官になる訳ではなかったので(将軍の大奥や武家の奥向きに勤めにあがるからといって、位や官職がもらえる訳ではありません)、○子という名前がつけられることはなく、家族からは「○」、近所の人からは「お○さん」とか「○ちゃん」と呼ばれていたのです。

「常盤」も「静」も本名ではありません。
「常盤」は九条院に雑士女として使えていたときの「候名(さぶらい-な)」ですし、「静」は芸名に近いものでしょうね。
江戸時代における将軍側室の「お万の方」や「お楽の方」は、本名から派生した「局名(つぼね-な)」です。
庶民出身であるが、将軍の側室となったので、一種の尊敬語(?)として「お」と「方」を付けた-といったところです。
ついでに書けば、豊臣秀吉の正室・おねも、位を貰っていますから記録に残っています。その名前は「豊臣吉子」です。

明治以降に「○子」が流行したのは、「○子」だと高貴な人と同じような名前で気分がいい-程度のことではないでしょうか?
ただ、明治期か大正期には「○江」も流行したと聞きましたが…。
しかし、最近「○子」ってお名前、同世代以外では見かけなくなりましたね。
私も「○子」ですが…。

最後に、#6さんの「清和天皇の母親は「明子」と書いて「あきらけいこ」と読みます。」ですが、この方は、ちゃんと読み方まで記録に残っているのですよ。
この人と「高子(たかいこ)」さんと「多賀幾子(たかきこ)」さんだけは。

専門は平安期の日本史で、近現代の事情には疎いもので、中途半端な回答になってしまい失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、詳しいご回答ありがとうございます。

「能子」は創作した名なのですね。
小説が読みやすいように考えられたのでしょうね。

他の脇役、「うつぼ」(上戸 彩)なんかは
多分、架空の人物なんだろうなと思っていましたが、
実在の人物でも呼び名が無いと困りますよね。

明治以降、子がつく名が多くなったのは
やはり流行のようなんですね。

お礼日時:2005/08/16 15:43

「子」については皆さんのおっしゃる通りと思います



明治時代の後半から「子」を付けるようになった理由は徳富蘆花の小説・不如帰(ホトトギス)のヒロイン、浪子さんから流行ったと言う説があります

事実その頃から都会では「子」を付けるようになりました
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
明治時代から子が流行ったのは徳富蘆花の小説のヒロインから流行ったという説もあるのですね。
明治時代以降でも、これまたテレビドラマで恐縮ですが
「おしん」のように農民はまだおを愛称でつける二音の名が多かったようですよね。
都会では明治以降は子をつけるようになったのですね。

お礼日時:2005/08/15 10:42

女性の名前ですが、聖徳太子の時代は「縣犬養広刀自」とか「大伴阪上郎女」「和気広虫」といった、男か女か分からないような名前でしたが、平安期になると「明子」のように「子」が付く名前が一般的になりました。


ところがまず読みは不明の場合がほとんどで、清和天皇の母親は「明子」と書いて「あきらけいこ」と読みます。
「良子内親王」という方もいますが、「よしこ」なのか何なのか不明で、昭和天皇の妻の香淳皇后が「ながこ」と読みますので、「ながこ」と仮に呼ばれて来ましたが、近年ある文献で確認されたようです。
また一般的に女性の名前は家族しか知らないのが普通で、本名が残る女性はよほど身分の高い方に限られます。
北条政子も「まさこ」と読んでますが本当は「せいし」と読んでたのかも知れません。(私は未確認)
北条政子は一応身分のある女性ですが、静や常盤は身分卑しき女性で、恐らく通称と思われます。
江戸時代は貴族を除けば「万」「玉」といった一文字が流行り、愛称を付けて「お万」「お玉」と読んだようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
平安時代から子がつくようになり、また「子」と書いても読み方は「し」かも知れないのですね。
貴族以外は子がつけられなかったのですね。
常盤、静は通称なのですね。身分が高くないと本名も残らないから分からないわけですね。
江戸時代は一文字で二音の名が流行ったから愛称でおをつけていたのですね。

お礼日時:2005/08/15 10:38

時代による違いは、早い話「流行」です。



奈良時代末に。それまでの流行であった「~郎女(いらつめ)」「~女(め)」「姫」「君」などに替わって「~子(し)」が使われ始めました。この流行の元や理由は判りません。

それが、平安時代になると内親王(例:式子内親王)に「~子」が使われ始め、中期になると上流女性の"いみな"(名乗)は、「~子」と統一されました。(例:定子、彰子)。上流以外は「~女(め)」が一般的です。

鎌倉以降もこの傾向が続きました。ただし、「~女」については、「千代女」→「千代」(2音名)というように「女」を省略する傾向が出てきました(この傾向は奈良以前にもあります)。貴族の実名(正式名に近い)は「~子」、それ以外は仮名2音名がずっと明治まで続いたわけです。
その2音名には、よく「お」が前につき、「おちよ」「おはつ」と呼ばれることもありました。どうも日本人は2音名には「お」をつけたくなるようですね。ただし「ねね」のように必ず「お」がつく訳ではありません。また秀吉の正妻「ねね」は貴族の仲間入りするときには「寧子」と名づけられました。つまり両方の名前を持っていたわけです。

明治後期になると、戸籍制度も厳密に施行され定着し、女性でも呼び名ではなく正式な名前と認識され始めました。その際、貴族や華族のスタンダードである「~子」が庶民にも大流行したため、昭和中期までの女性の名前はほとんど「~子(こ)」になった訳です。(実際は「~子」だけではなく「~美」「~代」が流行したこともあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。時代による女性の名の変遷がよくわかるご回答で、分かりやすくて助かりました。
流行もあったし、やはり上流の女性に子がついており、
他の女性は女がついていたのですね。
それを省略したのが二音の名で、呼びやすいようにおをつけたのですね。確かに仰る通り、ねねは「おねね」と呼びませんよね。
明治時代からは庶民も子をつく名が使えるようになったので流行したのですね。
明治時代でも子がつかない名もありますよね。

お礼日時:2005/08/15 10:33

江戸時代まで、○子という名は、皇室や源氏、平氏など臣籍降下した者でしか使えない名前でした。


明治時代になって自由に使えるようになったのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
皆さん仰る通り、たしかに貴族の女性にのみ子がついているのですね。
明治時代からは名が自由になったので子がつく名を庶民もつけているのですね。

お礼日時:2005/08/15 10:27

奈良時代や平安時代には「子」の付く名前は皇族や貴族で一般人は付けられなかったでしょう。

清少納言の仕えた中宮定子や紫式部の主人、中宮彰子などが例です。
時子や能子も貴族でしょうし、北条政子も生まれは貴族ではないけど、頼朝は貴族です。常盤や静は本名か芸名か不明ですが、いずれにしても庶民です。
江戸時代の「お○」の「お」は愛称で、本名は「お」を取ったものです。
明治時代から「子」を一般庶民がつけることがはやりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。明治時代までは貴族の女性に子がついていたのですね。
常盤や静は貴族ではないですよね。

お礼日時:2005/08/15 10:26

 あくまで私の考えで確たる証拠があるわけではないのですが…。


 女性の名前で○子というのは、中世での宮廷の貴族の女性に多かったのではないかと思います。平家もほとんど貴族みたいなものですし、天皇家は現在でも女性はすべて○子さまですよね。(一般から入った人も偶然とは言え)
 一方、お○というのは武家とか庶民の女性の名前に多いのではないかと思います。ただ、そう考えると北条政子が例外になってしまいますが。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに仰る通り、貴族の女性に子がついていますよね。武家や庶民の女性はおがつく名のようですね。
北条政子は武家なので例外になりますね。

お礼日時:2005/08/15 10:24

私も時代劇とか身の回りのことを参考にしてですが


江戸とか昭和初期まで 女性の名前は平仮名後期はカタカナも
含んで2文字の名前が多かったように思います
特に町民レベル
本名に「お」をつけて呼ぶような 単に呼びやすさ
便宜上だと思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。二文字の名はやはり多かったのですね。「お」をつけると確かに呼びやすいですよね!

お礼日時:2005/08/15 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和はなぜ子が付く名前の女の子が多かったのか?

子どもの名前は今は名前もいろいろとバリエーションが豊かですよね。
昭和生まれは女性は○○子というように子が付いた名前がかなり多かったです。
何か理由があるのでしょうか?
広まるきっかけや、人気が出てきた時期などはいつでしょうか?

Aベストアンサー

どうやら、皇室の女性名の習わしにあやかって、大正時代から昭和時代にかけて広まったのが「○子」という女性名の背景のようです。

女性名から「子」が消えたワケ? 明美が分岐点 - 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXBZO54242310S3A420C1000000&uah=DF270920114369

名前ランキング2014 - トピックス - 時代による名前の人気の変遷(女の子)
http://www.meijiyasuda.co.jp/sp/enjoy/ranking/topics/others1_girl.html

Q今だに、子供の名前に「子」をつける親がわからない

私は中学生ですが、「子」がつく名前です。しかも「信子」という、本当に昔みたいな名前です。
学校の友達は、「○○菜」「○沙」等々、かわいい名前ばかりなので、とてもダサくて嫌です。みんなには「のんちゃん」と呼ばせています。
 で、現在も少数ではありますが、自分の子供にまだ「子」をつける親がいるので、正直「なんで?」と思ってしまいます。
 テレビを見ていても、雑誌の投稿者の名前を読んだりしても、私より年下の小学生や幼稚園の女の子が「○子」(しかも、裕子とか、典子とか、昔流行った名前)が出ているのを見たりすると、どうしても信じられません。

 それで、お子さんがまだ小さくて、「子」をつけた親に質問です。
なんで「子」をつけたのですか?どうして「子」にこだわるのですか?
子供の気持ちを考えたことがありますか? 

Aベストアンサー

回答が一部消されたついでに、もう一度回答していいでしょうか。
見当違いだったら超恥ズイですが。
あれからしばらく考えていたのですが、
質問者様は生徒に心無い言葉を浴びせられ、
傷ついているのではないでしょうか。

子供は無垢であるがゆえに残酷です。
人がどんな気持ちでいるかなど考えもしません。
だからいくらでも酷い事を言ってきます。
人の名前を中傷するなんて何とも思ってません。
餓鬼という悪いあだ名までついているくらいですから。
それだけでなく、全てにおいて考えが足りないにもかかわらず、
最近の餓鬼は特に節操を知りません。
破壊衝動をストレートに表現する事が多々あります。

でも質問者様、それを分かっていて先生になられたのではないのですか?
先生がそれだけ大変な仕事だという事を。

私は信子という名前は素晴らしい名前だと思います。
学校という閉鎖された空間の中で生徒が貼ったレッテルが、
世の中で何の意味がありましょう。
ここに来られている回答者様たちの大半が、
あなたの名前は良いと述べられています。

是非、世界よりも明らかにレベルの低い餓鬼の言葉に振り回されないでほしいです。
そして頑張ってほしいです。
人の心が分からない生徒にどうやって人の心を教えるか、
その事に意識を集中して欲しいです。
私は子供の破壊衝動が苦手なのでとても真似できませんが、
質問者様は学校の先生なんですよね。
だったら、頑張るしかないでしょう。
陰ながら応援していますので。

そうでなければ、30代の先生が単に子を嫌う理由が分からないです。
子そのものにコンプレックスを持つ30代の人なんて想像つきません。

回答が一部消されたついでに、もう一度回答していいでしょうか。
見当違いだったら超恥ズイですが。
あれからしばらく考えていたのですが、
質問者様は生徒に心無い言葉を浴びせられ、
傷ついているのではないでしょうか。

子供は無垢であるがゆえに残酷です。
人がどんな気持ちでいるかなど考えもしません。
だからいくらでも酷い事を言ってきます。
人の名前を中傷するなんて何とも思ってません。
餓鬼という悪いあだ名までついているくらいですから。
それだけでなく、全てにおいて考えが足りない...続きを読む

Q皇族の女性名には、なぜ皆「子」がつくの?

皇族の女性の名前には、全て「子」が付いていますけど、何故なんでしょうか?

生まれながらの皇族に「子」が付いているのは、何か伝統的な意味があるのでしょうか?
旧皇族もちょっと見た限りでは、「子」が付く名前ばかりですし・・・

又、それだけでなく、婚姻によって皇族となった女性も全て「子」が付いているのも、確率的に考えるといかにも不自然なんですけど、どうしてなんでしょうか?

Aベストアンサー

奈良時代は皇族でも「子」を付ける方は稀で、藤原不比等の娘で、文武天皇の夫人になった宮子、それから臣民から初めて皇后となった光明子くらいのものです。
ある説では、藤原氏の娘に「子」が多いから、その習慣ではということを書いた資料もありますけど、この光明子などは、本名は安宿媛と言いましたから、「子」という文字に何かの意味があれば、藤原氏の習慣というのもちょっと信じがたい。

http://www.marutoku.jp/roots/Kfujihokke2.html

↑藤原北家の系図ですけど、女性は全て「子」ですね。

他氏族ですと768年の女官の位階表(柏木ゆげひ氏の資料)
 无位 文屋布登吉[ふみやのふとき] 
 正四位上 吉備由利[きびのゆり] 
 従五位下 平群真継[へぐりのまつぐ] 
 无位 藤原浄子[ふじわらのきよこ]  
 従三位 藤原百能[ふじわらのももの] 
 正四位下 藤原家子[ふじわらのやかこ] 
 従四位上 大野仲智[おおののなかち]  
 従五位下 久米若女[くめのわかめ]  
 无位 多治比古奈弥[たじひのこなみ]  
 従五位上 桑田弟虫売[くわたのおとむしめ] 
 従六位下 朝妻綿売[あさづまのわため] 

他氏に比べ、藤原氏に「子」が多いですけど、藤原麻呂(京家)の娘の藤原百能は「子」が付かない。


平安時代からは「子」が流行して、「子」が付く女性が増えてきますが、本当のところ「子」を付けたかどうか不明な面もあります。
例えばお馴染みの藤原明子ですけど「あきらけいこ」、藤原高子は「たかきこ」と読むかと思えば、文徳天皇の母親など、藤原多賀幾子(たかいこ)と読みます。
ここまで来ると、暴走族の「夜露死苦」のように、読みが先行して、それに漢字を当てたということも考えられ、一部では定子が「ていし」なのか「さだこ」なのか不明ということです。
いずれにせよ、嵯峨天皇の時代には定着し、皇女は全て「子」が付き、外部から入った女性も「子」をつけるようになりました。
例えば、明治天皇の皇后は一条美子といいますけど、結婚前は寿栄君と名乗っておられました。
ここまで来ると、最早伝統でしょうね。
たまたま、美智子、雅子、紀子という「子」が付く方が民間より入られましたが、中には秩父宮勢津子さまのように、本名の「節子」から、大正天皇皇后の九条節子と同名を憚って改名されていますし、今後、悠仁親王の妻が「子」が付かない方ですと、あゆみなら「鮎子」、かをりなら「香子」と改名される可能性はありますね。

奈良時代は皇族でも「子」を付ける方は稀で、藤原不比等の娘で、文武天皇の夫人になった宮子、それから臣民から初めて皇后となった光明子くらいのものです。
ある説では、藤原氏の娘に「子」が多いから、その習慣ではということを書いた資料もありますけど、この光明子などは、本名は安宿媛と言いましたから、「子」という文字に何かの意味があれば、藤原氏の習慣というのもちょっと信じがたい。

http://www.marutoku.jp/roots/Kfujihokke2.html

↑藤原北家の系図ですけど、女性は全て「子」ですね。

他...続きを読む

Q江戸時代の女性の名前

江戸時代の女性の名前について質問させていただきます。
よく名前の前に「お」をつけた名前が女性の場合多いのですが、それは愛称だと聞きましたが、それ以外に「お」をつける理由はあるのでしょうか?

また、江戸時代に女の子に名前をつける場合、どういう付け方をしていたのでしょうか?現代ですと名前をつける時、本で姓名判断をしたり流行の名前をつけたり等の選択肢がありますが、江戸時代の人たちはどういった経緯で名前を考えて命名していたのでしょうか?

どなたかご存知の方がおられましたら、御回答の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 おっしゃる通り、江戸時代に「お○○」という女性の名前はよく見かけます。
 しかし、本当の名前に全部が全部「お」がついていたのかどうか、疑わしいところがあります。
 他人が呼ぶ場合に、丁寧、尊敬の接頭辞の「お」、あるいは質問者さんがおっしゃる愛称的な「お」がついている場合が多く、書き残された史料で見る「お○○」さんの本当の名前は、単に「○○」の場合と「お○○」の場合の両方があると見た方がよろしいでしょう。
 下のURLには明治生まれの女性名前が出ています。江戸時代風の名前も多くあります。この方達には「お」はついていませんが、お互いに呼び合うときには「おとくさん」のように「お」をつけて呼んでいたことが多いと思われます。また明治生まれの人で、実際に戸籍上「お○○」の人もいました。
http://www.vill.miho.lg.jp/pr/back/2001/10/000.htm
 江戸時代に姓名判断が流行ったということについては存じません。
 また名前に流行があったかどうかも不明です(明治の末頃から「○○子」という名前が流行りはじめましたが)。
 親は子供の長寿や幸福を願って「ツル」、「カメ」、「ふく」、「まつ」、「たけ」、「うめ」など縁起のいい名前や、生まれ年の干支「トラ」、「タツ」、「トリ」など、その他誰かにあやかるとか、いろいろあったと思います。
 まあ、現代人のように、名付けに凝るということは、あまりなかったような感じがしますね。
 

 おっしゃる通り、江戸時代に「お○○」という女性の名前はよく見かけます。
 しかし、本当の名前に全部が全部「お」がついていたのかどうか、疑わしいところがあります。
 他人が呼ぶ場合に、丁寧、尊敬の接頭辞の「お」、あるいは質問者さんがおっしゃる愛称的な「お」がついている場合が多く、書き残された史料で見る「お○○」さんの本当の名前は、単に「○○」の場合と「お○○」の場合の両方があると見た方がよろしいでしょう。
 下のURLには明治生まれの女性名前が出ています。江戸時代風の名前も多くあ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q明治の女性名はなぜ二文字のカタカナなのですか

明治の女性名はなぜ二文字のカタカナなのですか
明治の女性の名前を見ると、セツとかトセとかコノとかチカとか、カタカタ二文字の名前が多いですが、
何か意味があってカタカナ二文字なのでしょうか。
明治時代に漢字の名前だった女性もいると思いますが、例えばどんな名前でしょうか。

Aベストアンサー

江戸時代から続いた男尊女卑の影響と漢字の読み書きが出来なかった事情があったと思います。
江戸時代の武家は、篤子や雪子のように女の子に漢字を使ってましたが、民百姓(一般人)に苗字はなく、漢字の読み書きすら教育されてませんので、カタカナぐらいしか読み書き出来なかったのです。
男の子には〇左衛門や〇之助のような漢字を苦心して名付けたようですが、女の子の名に漢字は恐れ多いと思う一般人が多かったのだと考えられます。
キンさんギンさんのような名前は、おキンさんやおギンさんのような呼ばれ方をしてました。
しかし、江戸時代に武家に育った親は漢字の読み書きが出来たので、節子や竹子のような名前を付けてました。
医師でもあり文豪でも有名な森鴎外は、長女に茉莉(まり)次女は杏奴(あんぬ)と名付けてます。

Q女児に歴史上の人物のような名前を

知人にもうすぐ、女の子が生まれるということで、
歴史上の人物やお姫様のような昔風の名前を付けたいそうです。
例えば、「ねね」とか。
単に古風な名前でも、かまいません。
いいアドバイスを、もしくは、参考になるサイト等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

友達でいいなあと思った名前は、

綾乃、菊乃、絹子、玲子、静音、鈴花、美琴

お姫様は子がついていると公家の出だったので、
子をつけてみるのもいいかも。
最近はつける人も少ないし。

コノハナサクヤヒメの咲耶もきれいかも。

Q「ら」と読める女の子向けの人名漢字

6月に2人目の子供が生まれます。
女の子であることは既にわかっており、「さら」という名前を候補の一つに挙げていますが、「ら」と読む適当な漢字が「良」くらいしか思いつきません。
なお、「さ」は「紗」にしようと思っています。
あまりにも当て字すぎるものや、人名としてふさわしくないもの以外で何か候補はありますでしょうか?

Aベストアンサー

6月が楽しみですね!
おめでとうございます!

私は蘭か良がいいかとおもいます。
・蘭(花言葉)優雅な人

可憐で淑やかに振る舞うもの。
華やかに光り輝くさま。
清々しく爽やかなさま。
明快な気質を現すもの。
器量よく風流な趣きを現すもの。
人とよく仲睦まじくするもの。

その人がいるとみんなが仲良くすごせてまわりを明るくするような感じでいいかと思います。

・良
優雅な人
技量よく巧みに事を成し得るもの。天性のすぐれた才能を持つもの。上品に富んだ気質を持つもの。
利巧で出来栄えよく事を成し得るもの。
天運よくめでたい事柄を得るもの。
温厚な気質を現し、人とよく和み合うさま。
篤実善行な好人物。
賢く物事の真偽を見極めるさま。

紗良、漢字がやわらかくてやさしいイメージでこれも凄くいいと思います。

なお咲蘭にした場合
咲という字は、花が開く。笑う。笑の古字らしいので
いつもにこにこしている女の子って感じでいいのでは?

参考URL:http://www.ht-net21.ne.jp/~natural/imi_betu.htm

6月が楽しみですね!
おめでとうございます!

私は蘭か良がいいかとおもいます。
・蘭(花言葉)優雅な人

可憐で淑やかに振る舞うもの。
華やかに光り輝くさま。
清々しく爽やかなさま。
明快な気質を現すもの。
器量よく風流な趣きを現すもの。
人とよく仲睦まじくするもの。

その人がいるとみんなが仲良くすごせてまわりを明るくするような感じでいいかと思います。

・良
優雅な人
技量よく巧みに事を成し得るもの。天性のすぐれた才能を持つもの。上品に富んだ気質を持つもの。
利巧で出...続きを読む

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q『よく生協(coop)は共産党系である』という話を聞きます。どういう理

『よく生協(coop)は共産党系である』という話を聞きます。どういう理由で共産党系だといわれるのでしょうか?
また、同じような意味合い、理由で共産党系のものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

生協は正式名称を『日本生活協同組合連合会』と言います。共産主義は、生産手段の社会化による搾取と階級の廃絶を、究極の目標とするものです。ですから、労働組合には多く党員・共産主義系の人が見られるのもそ一つです。ですから労働組合である「生協」にも党員が多いのもまた事実です。しかし正式には「共産党系」とはなっていない様です。共産主義は階級を無くすと言いながら現実に階級があるのですから、矛盾した思想を持ち、しかも独自の憲法を持っている極めて「危険な」主義・政党なんです。ですから日本共産党の言う事を真に受けてはなりません。共産主義のシンボル色は「赤」です。それで戦前・戦後は「アカ狩り」が盛んに行われ、共産党は目の敵にされました。宮本顕治、徳田球一、伊藤律、野坂参三は日本共産党を代表する活動家達です。この輩は仲間を裏切る行為に対しては、徹底的に制裁を加えます。宮本顕治は実際、同志をリンチで殺害してますし、野坂参三も戦中にソ連のスパイだったとして日本共産党名誉議長を解任され、その後中央委員会総会において除名処分が決定されてます。99歳の老人に対しこうゆう処分を平気で下す、そうゆう危険極まりない、情け容赦のない党なんです。戦後日本を占領下に置いたアメリカのマッカーサー元帥が徹底的に、台頭してきた共産主義者を一掃し「日本の共産主義化」を抑えてくれたお陰で日本は共産主義国家にならずに済んだのです。現在でも世界では共産主義国家は5国しか存在しません。中国・北朝鮮・ラオス・ベトナム・キューバです。しかしどの国も政情は不安定です。一見して平和に見える中国も「内モンゴル自治区」との闘争に決着が付いてません。


最後に共産党系の団体を網羅したリンクを貼り付けておきます。

http://www2.odn.ne.jp/~caq10260/kyosantoukei.htm

生協は正式名称を『日本生活協同組合連合会』と言います。共産主義は、生産手段の社会化による搾取と階級の廃絶を、究極の目標とするものです。ですから、労働組合には多く党員・共産主義系の人が見られるのもそ一つです。ですから労働組合である「生協」にも党員が多いのもまた事実です。しかし正式には「共産党系」とはなっていない様です。共産主義は階級を無くすと言いながら現実に階級があるのですから、矛盾した思想を持ち、しかも独自の憲法を持っている極めて「危険な」主義・政党なんです。ですから日本...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較