aとbは±1、0でない実数とする。x、yがsinx/siny=a、cosx/cosy=bを満たしているとする。
1、tan^2y(tan二乗y)をa、bを用いて表せ。
2、点(a,b)の存在する範囲をab平面に図示せよ。(これはaとbの関係式を教えてください)

解いたところ、1番はtanxがある式ですがいいと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1.ですが、このような場合はx, yが残らない式が要求されていると解釈するのが普通です。

従ってtan xが入っている式もまだ不十分ということになります。特にこの問題の場合、次の設問でa, bの取りうる範囲を図示させようとしているわけですからx, yが残ったままだと困ってしまいます。

1. 多少強引にでもx, yを含まない式にしてしまいます。
与えられたa, bについての関係式をsin x, cos xの形に書き直し、自乗和=1の式を作ると
a^2 sin^2 y+b^2 cos^2 y=1  (1)
を得ます。これを
tan^2 y=sin^2 y/cos^2 y  (2)
に代入します。(もちろん、 sin^2 y+cos^2 y=1を使います)
すると
tan^2 y=(b^2-1)/(1-a^2)  (3)
となります。(a=bあるいはa=-bとなる場合を除く。これは、(3)を求める過程で(a-b)(a+b)で割る部分があるため)
ではa=bあるいはa=-bの場合はどうか?
これは(1)を考察することで除かれます。もしa=bなら(1)でsin^2 y+cos^2 y=1/a^2となりますのでa=b=±1が要求されますが、これは問題で与えられた条件で除外されていますからa=bは起こり得ません。a=-bでも同様です。
従ってtan^2 yの値は、結局(3)でよいことになります。

2. 正接(tan)はsinやcosと違って変域が制限されていません。しかし(3)のように書いた場合、tan^2 yですから(3)が負の値をとってしまうとそのようなyは存在しないことになります。(必要条件)
そのためには(b^2-1), (1-a^2)の双方が同時に正、または双方が同時に負であることが必要十分です。図示すると下のようになります。(■が含まれる領域、□が含まれない領域)

□□■■□□
□□■■□□b=1
■■□□■■
■■□□■■b=-1
□□■■□□
□□■■□□
  -1 1 →a

境界は含まない(a,bは±1を取らないため)

これは必要条件だけですので、今度は■の領域であれば題意を満たすx, yが存在するかどうか考えてみます。(十分条件の検討)
1+tan^2 y=1/cos^2 y
は常に成り立ちますので、非負の値tan^2 yが存在すればcos^2 yの値も存在することになります。(同時にsin^2 yの存在も保証される) 従って■の領域ならcos y, sin yの値は存在することになります。
次にsin xやcos xも存在するかどうか調べます。sin^2 y+con^2 y=1をxの式に書き直すと
sin^2 x=a^2(b^2-1)/(b^2-a^2)  (4)
と求まります。(4)の値が0以上1以下ならそのようなsin xは確かに存在します。
|a|と|b|の大小に気を付けて不等式を解くと、
|a|<|b|のとき |a|≦1ならば(4)≦1  (5a)
|a|>|b|のとき |a|≧1ならば(4)≦1  (5b)
となります。上の図を注意深く見ると、■の領域であれば(5a)(5b)を満たしていることが分かります。

従って、上の図で■で表示した部分が解ということになります。

*計算を間違えているかも知れません、途中の式などチェックしながら読んで頂ければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サインとコサインの関係式にたどり着けなくて悩んでいました。
サインY、コサインYから出そうとしてしまったようです・・・。
図も丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2001/10/27 15:12

ぎゃー三角比が逆になってしまいました!御免なさい。

。。
AC/AB=a, BH/CH=b/a となります。AB=m, AC=am, BH=bn, CH=anとなり、
途中の垂線について立式したのはそのまま使えて、
(tany)^2 = (h/an)^2です。答えはwogotaさんの通りです。。。
    • good
    • 0

1番だけを、中学生的に答えだけ出してみます。



△ABCでAからBCにおろした垂線の足をHとする。角B=x, 角C=yとする。条件式から
(AB/AH)/(AC/AH)=aよりAB/AC=a。よってAB=am, AC=mとおける。
(AB/BH)/(AC/CH)=bと上の式よりCH/BH=b/a。よってBH=an, CH=bnとおける。
ここでAH=hとすると、(am)^2-(an)^2=m^2-(bn)^2=h^2

ここまでで、とりあえずsin,cosは直角三角形の辺の比だから、x,yの角度を持つ直角三角形を作るという発想から垂線をおろしてみました。決して無理な発想ではないはずですが。。。自分が高校生のときには絶対思いつかなかった発想でもあります。(^^;)とりあえずごりごり式変形しようとしていたはず。。。

で、ここからは式の計算の問題。いま未知数m,n,hに対して等式2つ。求めるのは(h/bn)^2だから、nとhのそれぞれをaとbを用いて表す、そのためにmを消すという発想が出てくるはずですから、その方針でmを消すとa^2(b^2-1)n^2 = (a^2-1)h^2という式が導けます。よって、
(tan y)^2 = (h/bn)^2 = {a^2(b^2-1)} / {b^2(a^2-1)}

ここで、xまたはyが鈍角のとき、すなわちbが負のときの議論ですが、これはxかyのどちらかが鈍角であるが故に、Hは辺BCを外分する位置に来ることと対応します。どちらにせよ2乗の値を議論するので、大して問題にならないと思いますが。(aは必ず正の値をとるので、議論の必要性なし)

ちなみに、tanxを含む式が出てる場合、そこまで来てるのならばあとは条件式2つを辺々割ると、tanx/tany=a/bが出るので、それからtanxを消去してtanyをa,bだけで表すことができると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図から考えるという方法は確かに良いかもしれません。
一つ良い勉強になりました。

お礼日時:2001/10/27 15:15

1.についてのみ答えてみます。



tan^2 y=(sin^2 y)/(cos^2 y)=1/(cos^2 y) - 1

また、sin x= a sin y, cos x= b cos y なので、
sin^2 x + cos^2 x = a^2 sin^2 y + b^2 cos^2 y として、
1 = a^2 + (b^2 - a^2)cos^2 y と変形できます。

これを変形して、1/(cos^2 y) = (b^2 - a^2)/(1 - a^2) になります。

よって、 tan^2 y = (b^2 - 1)/(1- a^2) となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔な回答ありがとうございます。
回答2行目の様に変形をすればよかったのですが、私はどうも残す方を主体に考えすぎていました。

お礼日時:2001/10/27 15:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qa(b二乗−c二乗)+b(c二乗−a二乗)+c(a二乗−b二乗) の、因数分解を教えてください

a(b二乗−c二乗)+b(c二乗−a二乗)+c(a二乗−b二乗)
の、因数分解を教えてください

Aベストアンサー

因数分解せよ。ということは暗に「因数分解できる」と言っている。
★折角、web標準のUTF-8の掲示板なので、・・

a(b² - c²) + b(c² - a²) + c(a² - b²)

とかける。
 とりあえず展開して、文字順次数順に整理しておく。
 = ab² - ac² + bc² - a²b + a²c - b²c
 = - a²b + a²c + ab² - ac² + bc² - b²c
 = (c - b)a² + a(b² - c²) + bc² - b²c 後で役立つ

は簡単な因数で割れるはず。
a = b とすると
a(b² - c²) + b(c² - a²) + c(a² - b²)
= a(a² - c²) + a(c² - a²) + c(a² - a²)
= a³ - ac² + ac² - a³ + a²c - a²c
= a³ - a³ - ac² + ac² + a²c - a²c
  ̄ ̄ ̄=0  ̄ ̄ ̄=0  ̄ ̄ ̄=0
= 0
 よって、(a - b)は因数
同様に、
b = c とすると
a(b² - b²) + b(b² - a²) + b(a² - b²)
  ̄ ̄ ̄=0  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=0
= 0
 よって、(b - c)も因数
同様に
a=c
a(b² - c²) + b(c² - a²) + c(a² - b²)
= a(b² - a²) + b(a² - a²) + a(a² - b²)
= ab² - a³ + a²b - a²b + a³ - ab²
= ab² - ab² + a³ - a³ + a²b - a²b
= 0
 よって、(a - c)も因数
わかっている因数をすべて掛け合わせると
(a - b)(b - c)(a - c)
展開すると、
 = (ab - ac - b² + bc)(a - c)
 = a²b - abc - a²c + ac² - ab² + b²c + abc - bc²
 = - a²c + a²b + abc - abc + ac² - ab² + b²c - bc²
 = - a²c + a²b + ac² - ab² + b²c - bc²
 = (b - c)a² + (c² - b²)a + b²c - bc² (1)
これは、正負が変わるだけで
先の
 (c - b)a² + a(b² - c²) + bc² - b²c
と同じ
 なのでこれ以上因数はない。あれば、(1)の式で割ればでてくる

因数分解せよ。ということは暗に「因数分解できる」と言っている。
★折角、web標準のUTF-8の掲示板なので、・・

a(b² - c²) + b(c² - a²) + c(a² - b²)

とかける。
 とりあえず展開して、文字順次数順に整理しておく。
 = ab² - ac² + bc² - a²b + a²c - b²c
 = - a²b + a²c + ab² - ac² + bc² - b²c
 = (c - b)a² + a(b² - c²) + bc² - b²c 後で役立つ

は簡単な因数で割れるはず。
a = b とすると
a(b² - c²) + b(c² - a²) + c(a² - b²)
= a(a² - c²) + a(c² - a²) + c(a² - a²)
= a³ - ac² + ac² - a³...続きを読む

Qy=xとy=cosx,y=tanxのグラフの交点

y=xとy=cosx、y=tanxのグラフの交点の求め方を考えています
y=cosxとy=xグラフに適当に描いてみると、どうやら0~π/2の途中に交点があるように見えます
また、tanxにいたっては多分、無限に交点が有ると思います。ですが、交点にどのような関係性があるかなどが全く見えてきません。
色々とやってみましたが、回答までもっていけません。

求め方など分かる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交点座標の数値計算なら、不動点へ逐次的に収束させる一法があります。

tan のほうは無限個ある。一例だけでも。

[例] π/2 と 2π/3 の範囲
 tan(x0) = y0 → x1 = atan(yo) + pi()
 tan(x1) = y1 → x2 = atan(y1) + pi()
 ……
という勘定を繰り返すだけ。
ただし、pi() はπの値。

スプレッドシートで試算してみると、x0 = 0 からスタートして、12 回ほどで収束しました。
  

Q材料力学(数学)の問題です。 0<x<bでy=ax、b<x<2bでy=ab、2b<x<3bでy=-a

材料力学(数学)の問題です。

0<x<bでy=ax、b<x<2bでy=ab、2b<x<3bでy=-ax+3abである関数のグラフを描け。a、bは正の定数とする。
この問題の解き方を教えて下さい。わかりやすく解説してくだされば有難いです。

Aベストアンサー

0<x<bでy=ax
これは単なる比例です。aが正の定数なので、0を通る右上がりの直線ですね。

b<x<2bでy=ab
a,bが定数なので、abも定数です。
x=bの時「y=ax」=「y=ab」であるので、
y=axのx=bにおけるyから横一直線ですね。

2b<x<3bでy=-ax+3ab
これは最初の比例のグラフと傾きが正負逆になっていますね。
x=2bの時y=-2ab+3ab=ab、
x=3bの時y=-3ab+3ab=0
となる右下がりの直線ですね。

x=0,b,2b,3bは範囲外となります。
グラフを描く時に境界部分で○とするか●とするか間違わないように。

Qa³±b³=(a±b)(a²∓ab+b²)の指導

 mister_moonlight 先生の触発を受けて質問させていただきます。
 a³±b³=(a±b)(a²∓ab+b²)の形の因数分解公式についてですが,教科書では暗記させようとしかしておりません。次のように指導すべきだと思いますがいかがでしょうか。
a³+b³=a³+3a²b+3ab²+b³-3a²b-3ab²=(a+b)³-3ab(a+b)=(a+b){(a+b)²-3ab}=(a+b)(a²-ab+b²)
a³-b³=a³-3a²b+3ab²-b³+3a²b-3ab²=(a-b)³+3ab(a-b)=(a-b){(a-b)²+3ab}=(a-b)(a²+ab+b²)

Aベストアンサー

>mister_moonlight 先生の触発を受けて

私は、先生と言われる立場のものではありません。普通の社会人に過ぎません。
それは、ともかくとして。。。。。。

その因数分解は(私が高校生だったのは、20年近く前ですが。。。。w)確か、“パスカルの三角形”から教えられた記憶があります。
授業で教えられたか、当時使っていた参考書(=黒大数)か、記憶は定かではありませんが。
もちろん、証明なんてわかりませんでしたが、その内容にびっくりした記憶があります。
と、同時に、数学に興味をもった発端だったように思います。
もっとも、私は最終的には、文系に進みましたが。

パスカルの三角形は、いろいろと有効ですし、数学の奥の深さを知る一端にもなるように思います。
知的好奇心を沸かせるものですが、全ての高校生にbetterとは思いませんが、そんな方法もどうでしょうか?

Q2直線 x/a+y/b=1, x/a+y/b=2(a>0, b>0)の

2直線 x/a+y/b=1, x/a+y/b=2(a>0, b>0)の間の距離を求めよ。

という問題の解説に、

2直線は平行だから、第一の直線上の点(1、0)を通る。よって、ここからbx+ay=2abまでの距離を求める

と、ありました。

なぜ(1,0)を通るのですか?

Aベストアンサー

誤記なんてレベルでは済まないですよ。
 A.2直線は平行である。
 B.第一の直線が点(1,0)を通る。or B'.第一の直線上のどこかの点を第二の直線が通る。
 C.AがB(またはB')の根拠になっている。
このうち正しいのはAだけです。

第一の直線は点(a,0)を通る。
また、2直線は平行だから、点(a,0)から第二の直線までの距離を求めればよい。
とでも書くのなら良いのですが、論理が滅茶苦茶ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報