こんにちは

ご存知の方、教えてください。

アトピーで皮膚科に通っています。
皮膚科の先生から「ビタミンCとビタミンEを取るように
したらいいですよ」といわれました。

そのときは市販のビタミン剤をたくさんもっていたので、
「市販のビタミン剤をもっています」と話をしたら、
「市販でいいですよ。必要なら処方もします。」と
おっしゃっていただきました。

・・・処方されるビタミン剤と市販のビタミン剤は違いが
あるのでしょうか。効き目があるのはどちらなので
しょうか。処方されるビタミン剤の価格は市販に比べて
高いのでしょうか?

先生や薬剤師のかたにお伺いすればよいのですが、
半年以上の話で、なかなかタイミングがありません。

ご存知の方、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

市販のサプリメントを使うのはサプリの法律ができてからのほうが良いと思いますよ。

現段階では市販サプリは単なる食品なのでカスみたいな品質のものが平気で売られていますから。

一応処方のほうならデータが出ていると思うのでそっちのほうが安心はできると思います。

ちなみにお医者さんは栄養学の勉強はしてませんのでよろしく。
市販のものの品質の違いも、個人的な興味がある人でなければたぶん医者に聞いても知りません。畑が違うので。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆さんの回答を読ませていただいて、処方箋のビタミン剤を使おうと思いました!!
なかなか処方をお願いしづらかったのですが、お願いするきっかけとなりました。

薬剤師さんからの回答はNO.1の方へのお礼をご覧ください。

お礼日時:2005/08/16 01:01

医療用のビタミンも、市販のビタミンも、国内の一流製薬会社のものであれば、中身は同じです。



多くの原料の品質は薬局方に適合しています。

ただ、サプリメントの場合は、規制がゆるいですから、医療用より高品質のものもあるでしょうし、品質の劣ったものもありえます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆さんの回答を読ませていただいて、処方箋のビタミン剤を使おうと思いました!!
なかなか処方をお願いしづらかったのですが、お願いするきっかけとなりました。

薬剤師さんからの回答はNO.1の方のお礼をご覧ください。

お礼日時:2005/08/16 00:59

ビタミンCもEも時間と共に酸化して分解していきます。

この酸化を防ぐために粒にコーティングしたりカプセルに入れたりされています。

市販のものはどうしても1瓶を長期間にわたり使用しますが、処方された物は処方期間で使い切りますし、1回分を密閉袋に封入されていますので分解程度が少なくなると思います。

また処方品は治療であれば3割負担で済むのに比べ、市販品は容器や流通経路の費用が嵩み割高になるはずです。

ちなみに、レモンや野菜等に含まれるビタミンはわずかの日数で分解し激減してしまいます。またビタミンC等は加熱で完全に分解してしまいます。

アトピー治療のためのビタミンC、E摂取が目的なら、処方されたものを用いるのが良いのではありませんか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆さんの回答を読ませていただいて、処方箋のビタミン剤を使おうと思いました!!
なかなか処方をお願いしづらかったのですが、お願いするきっかけとなりました。

薬剤師さんからの回答はNO.1の方のお礼をご覧ください。

お礼日時:2005/08/16 00:59

詳しくはないですけど、多分、含有量とかの違いではないでしょうか?


もちろん、処方箋の方が含有量は多いと思います。

単純な例として、風邪薬があると思います。
市販されている風邪薬はあっても、皆、病院に行って
薬を処方してもらいますよね。

関係ないかもしれませんが、アトピーには
ルイボスティーというお茶が効くそうです。
このお茶は、ビタミン類が豊富で、味は人それぞれの好みですが、
薬屋やスーパーなどでも市販されていますので、
ご参考までに。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皆さんの回答を読ませていただいて、処方箋のビタミン剤を使おうと思いました!!

夜、皮膚科に行って、ビタミン剤を処方していただきました。
それとなく、薬剤師さんにきいてみたところ、はっきりとした答えではなかったのですが、「処方のビタミン剤のほうが、質がよく、吸収率が高いのでは」とおっしゃっていました。
値段は他の薬といっしょだったので、よくわからないのですが、かなり安いと思います。

ご回答ありがとうございました。なかなか処方をお願いしづらかったのですが、お願いするきっかけとなりました。

お礼日時:2005/08/16 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビタミン剤、サプリメントの効果

ビタミン剤、サプリメントなどはまったく必要ない、またはたいして効果がない、という意見があります。

サプリメントやビタミン剤を摂取するよりも、栄養やビタミンを食品からとるほうが正しい効果があるのはあたりまえだと思いますが、病院でカルシウム、鉄などのビタミン剤が処方されたり、薬局で口内炎、肌荒れなどにビタミンBの錠剤等を薦められます。必ず効果がある、という確固たる科学的根拠がないにしても、多少の効果を期待しているからでしょうか。

ひどい貧血の場合、食事療法だけでなく、鉄剤を摂取すれば貧血は緩和される、とか、
骨粗しょう症の人は、食事療法とは別にカルシウム剤を摂取しないと骨がどんどん劣化する、とか・・・。

実際にはどの程度の効果が期待できるのでしょう。

Aベストアンサー

「医薬品」を作る為には、効果に関して試験が行われ厚生労働省に認められなければ「医薬品」として認められません。
「サプリメント」は補助食品なので効果をあげて販売してはいけません。

医師が処方する場合は患者さんの治療に対して必要な物と考えて処方しています。
また、例えば鉄分欠乏貧血の場合の鉄剤ですが、医師の処方による「鉄剤」と、ドラッグストアの「鉄サプリメント」は全く別物です。

成分も違いますが、簡単に言えば含有量が違います。
処方薬の場合「1日100~200mg」を投与します。
対してサプリメントは「1日に12mg程度」に抑えてあります。

医薬品ですので、副作用も考え医師の診察の下、適切に投与しなければなりません。

ビタミンB12もサプリメントとして使われるのはシアノコバラミン(生体内で補酵素型になります)ですが、処方薬だとメコバラミン(補酵素)が使われています。

他にもいくつかありますが、同じ栄養素名でもサプリメントと医薬品は必ずしも同じものではありません。

Q市販のビタミン剤と処方箋のビタミン剤の値段

現在ビタミンCを病院で処方してもらって飲んでいます。
病院で処方してもらうのと、ドラッグストア等で購入するのでは値段に違いはありますか?

Aベストアンサー

ビタミンCはビタミンの中でもいちばん身近なもので、美白、しみ、ソバカス、風邪予防のもくてきで多くのサプリメントが発売されています。
また多くの食品にも添加されていますね。

実は、ビタミンCはサプリメントだけでなく医師が処方箋で、治療の一環とし使用することもあります。
処方箋で出されるくらいだから、医薬品のビタミンCはサプリメントよりも強力なのでしょうか?

処方箋でよく使用されるビタミンCの代表的なものとして、シナール配合錠とシナール配合顆粒があります。

含有成分は
1錠中または1g中に
 アスコルビン酸200mg
 パントテン酸カルシウム3mg

このアスコルビン酸がいわゆるビタミンCのことです。
処方箋でのよく使う使い方は、1回1錠(1g)を毎食後に服用なので、1日3錠を服用します。
つまり、1日アスコルビン酸600mgになります。

この量は多いのでしょうか?

サプリメントでよく見る摂取帯は、1日1000mg~1500mgだから、600mgだとこれに比べるとずいぶん少ない量になります。

ビタミンCは、美白目的や風邪の予防を期待するのであれば、2000mgくらいの積極的な摂取が必要とされています。
たとえば、シナール配合錠と同じ、塩野義製薬が発売している市販用のシナール(シナールEX)があります。
同じ塩野義製薬が出しているのに、1日量が2000mgとたくさん入っています。
「病院のビタミンCの方は、量が多くてよく効くし、保険が効くから安い」なんて思っている方は多いが、実はそんなことないんです。
シナールだけだとなんだからもう一種類有名な処方箋薬として、ハイシー顆粒というメジャーな処方薬があります。

■ハイシー顆粒
1g中に、アスコルビン酸 250mg
これも毎食後に1包ずつってのがよく見る使い方だから、1日750mgだ。ちなみに、ハイシー顆粒は、医薬品添付文書に1日0.2~8gと記載されているので、最高で、ビタミンCを2000mgまで服用できます。

医師が1日量を決定して処方してくれるので、積極的に摂取したい人は、8gでお願いするといいでしょう。
ちなみに、病院で薬をもらうときはふつうは保険が適用になりますが、美白目的で使用するときは、病気で使用するわけではないので、自費での処方になる診察代と薬の処方代を考えると、決して安くありません。
しかし、保険でビタミンCを治療目的で使用することもあります。
皮膚科でよく使う目的としては、炎症後の色素沈着の予防です。
怪我をしたり掻き壊した皮膚は、傷が治るにつれて色素沈着っていって、皮膚が黒ずむことがあります。

これの予防(治療)には保険が適用されるので、受診してビタミンCをもらうのもいいかもしれないですね。
これなら市販薬を買うよりも安くつくでしょう。

なので、基本的に処方箋の方が、分量が少ないのです。
相対して安いということですね。

ビタミンCはビタミンの中でもいちばん身近なもので、美白、しみ、ソバカス、風邪予防のもくてきで多くのサプリメントが発売されています。
また多くの食品にも添加されていますね。

実は、ビタミンCはサプリメントだけでなく医師が処方箋で、治療の一環とし使用することもあります。
処方箋で出されるくらいだから、医薬品のビタミンCはサプリメントよりも強力なのでしょうか?

処方箋でよく使用されるビタミンCの代表的なものとして、シナール配合錠とシナール配合顆粒があります。

含有成分は
1錠中また...続きを読む

QビタミンB12の過剰摂取は癌になる?

これ
http://supplementmanual.blog33.fc2.com/blog-entry-73.html

ビタミンB12過剰摂取で癌になるってマジすか?
現在、眼科からメコバラミンと言う薬をもらって飲んでいます。
ビタミン剤ですよね?タバコも吸ってますし癌になりやすくなるんですか?
ビタミンB1も摂取したくてファンケルのビタミンB群のサプリも買おうと思ったんですが。
ファンケル
http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=5222a

やめておいた方がいいですか?

Aベストアンサー

1日2錠飲んでも過剰摂取にはなりません,1日100錠飲んだら過剰摂取です

Q皮膚科でビタミン剤がもらえない

ビタミンCなどの薬が欲しいのもあり、赤ら顔と吹き出物等で皮膚科に行ったのですが、先生に

「病気で無いからビタミン類は出せない。市販のサプリでも同じだからCとB(B6だかなんだかは忘れました)を飲んだらいいよ」と言われました。
そして
「顔の赤い所にはキンダベート軟膏っを塗りなさい。」と処方されました。
でも、ステロイドは過去にすごい事になったので、その事を話したのですが「これは赤ちゃん用だから大丈夫」と言ってました。

そこで質問なんですが

1:赤ちゃん用のステロイドなら大丈夫な物なんですか?
2:病気で無いとビタミン類は処方してもらえない物なんですか?
2:どうしたらビタミン類を処方されますか?

Aベストアンサー

ソフトなステロイドということで処方されました.先生を信じましょう.
ビタミン剤は,例えば,V.Aなら目が乾くとか夜見え難い,VEなら手足がしびれるが,B1は神経痛,筋肉痛,関節痛,眼精疲労,B2なら口内炎ができ易い,肌あれする,B6は湿疹,皮膚炎,肌あれ,手足がしびれる,VCならしみ,そばかす,日焼け,歯茎から出血する,等々の症状を訴えます.先生が認めれば出してくれます.

Qネイチャーメイド等のビタミン剤と薬局に売っている医薬品のビタミン剤の効果は違うのでしょうか??

ネイチャーメイド等のビタミン剤と薬局に売っている医薬品のビタミン剤の効果は違うのでしょうか??ネイチャーメイドはサプリメント、薬局で売っているのは活性型ビタミン、どの様な違いがあるのでしょうか??

Aベストアンサー

私はそんなに詳しくないので、正しい解答じゃないかもしれませんが…

やっぱりネイチャーメイドのビタミン剤などは薬局のと違って、体にいいもののほうが圧倒的に多く入っています。
薬局には大量生産のためどうしても保存料や他の体にあまり必要ないもの(よくわかりませんが)が入ってしまいます。
ネイチャーメイドはそういう不純物が比較的少ないと思われますし、有効成分が薬局のに比べて多い場合が多いです。

それに、ネイチャーのほうが聞こえもいいですしね。
会社の宣伝文句の1つでもあります。
ちなみに私はネイチャー派ですが、中にはいうだけ言って対してそうでもないものも多いですので購入するときはよく注意して購入してくださいね。

Q総合ビタミン剤で一番いいのは?

ネイチャー○イドやポポ○Sなど色んな総合ビタミン剤がありますが
どれが一番いいのでしょうか?

Aベストアンサー

ビタミン剤を買うなら医薬品のを買いましょう.医薬品は入っている量をきちんと保証しています.安全性や有効性が証明されていますから安心です.医薬品は品質の問題ありものは絶対市場には無いのが普通です.厚生省がしっかり見張っています.ですから安くても医薬品メーカー品なら何処でも同じです.

サプリ関係は中味の保証は何らありません.製造時はいれてはありますというだけで,本当に入っているのか,分解してしまっているかも知れません.含量の保証は何らしていません.添加物もいろんなものが使われています.健康被害が多くでているのはこうした健康食品です.

  http://hfnet.nih.go.jp/
 

Qビタミン剤

私はにきび対策の為、現在2種類のサプリメント(ビタミン剤)摂っています。
私は自黒なんですが、最近「肌が黄色くなった」と良く言われる様になったんです。
ビタミン剤で肌が黄色くなる事ってあるのでしょうか?
それとも肝臓に異常でもあるのでしょうか?
目に黄疸はできてないんですが・・・。
彼氏もいるので最近すっぴんになるのがすごく嫌です。
ニキビと黄色い肌をどうにかしたいです!!

Aベストアンサー

どのようなビタミンを
摂取しているかによりますけど…。

もし本当にそのビタミン剤で
肌が黄色くなってしまったのだとすれば
そのビタミン剤の摂取を直ちにやめてください。

ちなみにビタミンB,C以外は
サプリの過剰摂取による、不調、病気もあるので
気をつけてください。
ビタミンCも摂りすぎると下痢になることもあります。

また、ニキビそのものの改善であるならば
ビタミンB群、
ニキビ跡の改善であるならば
ビタミンCの摂取をお薦めします。

Q病院での漢方薬の処方(疲労回復)

疲労回復の漢方薬を病院で処方してもらいたいと思っているのですが,診察のときに「疲れているので疲労回復の漢方薬を処方してください」と言えばいいのでしょうか?
漢方薬を処方してくれる病院に行くのが初めてということと,漢方薬の処方はある病気に対して出されるものだと思っていましたので,質問させていただきました.

ご存知の方,回答よろしくお願いします.加えて,疲労回復に効く漢方薬を教えていただけると助かります.

Aベストアンサー

一般病院で漢方薬をもらうよりも専門の漢方クリニック、診療所などのほうが詳しいと思いますけど。
もちろん、保険利きます。一般病院のドクターよりも漢方には経験豊富です。
漢方薬と一般医薬品との大きな違いは、その人だけしか飲めません。
体質(症)で薬がきまります。
疲れやすい人には、実症なら補中益気湯(ほちゅうえききとう)が適合。虚症のひとは強すぎます。
大きなお世話ですが、サプリメントのほうがよい。高いですけど。
疲れやすいのはなにが原因であるか明白にしてから次のステップに進んだほうがいいと思いますけど。

Q「単位あたり含有量を増加させる」という表現

「単位あたり含有量を増加させる」という表現は正しいでしょうか?

つまり、例えば、菓子の成分表などをみると、

「このお菓子の100gあたり(100g中の)タンパク質含有量 2g」とか、

「このお菓子の50gあたり(50g中の)タンパク質含有量 1g」とか、書いてあります。

このように「100gあたり(100g中の)含有量」とか「50gあたり(50g中の)含有量」という具体的数値を含む
「100gあたり(100g中の)含有量を増加させる」とか「50gあたり(50g中の)含有量を増加させる」という表現は当然に正しいと思います。

これに対して、具体的な数字を全く書かないで、「単位あたり含有量を増加させる」という表現は正しいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

#1です。

要はこのカテは物理であって、文学や国語ではありません。

厳密な議論、誤解の余地のない表現ができればよいわけです。

「単位重量あたりの含有量を増加させる。」という言い方をする場合にはそれまでの文脈によって単位重

量が何(kgw,N,gwなどのうちどれか)で、含有量が何で単位は何か(g,ppm,mol,ccなどのどれか)が明

らかになっていればよいということです。

QビタミンC内服錠剤でシミに効果があった方いらっしゃいますか?

顔の薄いシミを消したくて、ハイチオールC・システィナC・レーベルホワイトなど合わせて8ヶ月ほど飲み続けていますが、全く効果が現れません。(ちなみに、種類を変えたり、長期間飲み続けることについては全く問題ないと店頭で薬剤師さんに言われました)
問題はなくてもこのまま飲み続けて効果がないなら中止しようと思うのですが、これらの錠剤で効果があった方はいらっしゃいますか?
その場合、何ヶ月目にどれくらいの効果がありましたか?
あまりにも効果がなさすぎて悲しひです・・・。

あと、もともとシミだったところがホクロになってしまった箇所がいくつかあります。これを消す方法ってもうレーザーしかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
聞いた話なので根拠が示せませんが、肌に対しての効果を期待するのなら、最低でも1000mgは摂取しなければダメだそうです。

理由は#2の方がおっしゃっている通り、体内で生命維持に必要な箇所から、優先的にビタミンが消費されているため、よほど大量に摂取しなければ、肌にまでその効力が回らないためです。
確実に効果を出すためには、摂取限度、つまりお腹を下さないギリギリの量をとらなければならないそうです。
ちなみに現在成人の摂取限度として定められているのは2000mgなので、この範囲で調整してみてはどうでしょうか。

ほくろに関してはどうしても分かりませんので、他の方の回答をご参照ください。
ご参考になれば幸いです。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報