出産前後の痔にはご注意!

もし既出だったらすみません・・・。
即興で作曲したり、アドリブで演奏する方は、
コードやスケール等の理論を熟知した上で演奏しているのでしょうか?
それとも、結構感覚的なもので演奏しているのでしょうか?
両方??かもしれませんが、
目の前で演奏している姿を見ると指が勝手に演奏しているようですごいなぁと感心するばかりです。

私はピアノを小1~6年までしか習っていないので、
もう辞めてから10年以上経っていますが、
(その間キーボード等で好きな曲を弾いたりはしています)
こんな私でも、また習ったり自分で勉強していけば、
結構そういったことができるようになるのでしょうか?
回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

アドリブ楽しいですよねー!僕もCD聞きながらギターや鍵盤でよく勝手にソロ作って弾いたりしています。

アドバイスというかすぐできる技みたいなものを少し。まず、ピアノならハノンでさんざんやったかと思いますが、どの鍵盤からでもドレミファソラシドのスケールをいろんな早さリズムで弾けるようにしておくこと。ハ長調はもちろんめをつぶってでもできると思いますが、それを半音ずつ上げたりしてとにかくどっからでもいけるよにしておくのです。次は短調。
そして次がミソなんですが、ハ長調の「ドレミファソラシド」のファとシを弾かずに「ドレミソラド」と弾いて練習してみてください。演歌っぽいですよね。これもどっからでもいけるように練習です。
さあ、いよいよクラシック→演歌→ロックと進んでいきます。さっきのミソです。演歌の「ドレミソラド」にミ♭とソ#を入れて弾いてみてください。書くとかえってわかりにくいんですが「ドレミ♭ミソソ#ラド」となります。ほら、ロックっぽい(笑)弾くのになれたら、「レミ♭ミソ・ソソ#ラド」と右手で凄く速く弾く練習してみましょう。上り下りでもやってみましょう。ピアノ経験者なら楽勝ですよね。
そして、仕上げです。ちょっと不協な和音。さっきの「レミ♭ミソ」と「ソソ#ラド」をそれぞれいっぺんに弾いてみます。なんか使えそうじゃないですか?(笑)なんか汚いので親指や中指を外して弾いてみたりします。どうです?ますます使えそう・・(笑)
あとはもうどの調でもできるように研究&練習です。以上、難しい音楽用語を一切省いて書いてみました。長くなってしまいすみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
>どの鍵盤からでもドレミファソラシドのスケールをいろんな早さリズムで弾けるようにしておく
って結構簡単そうで難しいんですよね。。
黒鍵が多くなるとあせります(笑)
難しい音楽用語を省いて細やかなご指導に感謝です!
naokeymさんに教わりたいですね~。

お礼日時:2005/08/17 08:27

アドリブって、実はそんなにたいした技術ではないので、ピアノ自体がちょっと弾ける人なら、半年もしないうちに、普通に弾けるようになります。



理論は勉強した方がもちろんいいですが、それよりは、曲をたくさん聴く&コピーするほうが重要です。理論は、それで行き詰ったときでいいです。
そして、最も重要なのは、とにかく人前でたくさん弾いて恥をかくことです。アドリブの上達は、恥をかいた量に比例すると思っていいです。人知れず一人で練習してうまくなって周りを驚かすっていう道はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
以前バンドやユニットで人前に出たことがあるので、
恥はたくさんかいてます(苦笑)
でも、だからこそまたチャレンジしたくなるんですよね。
実践あるのみ・・・ですね。頑張ります!

お礼日時:2005/08/16 08:25

全くの無理論ということは実はありえません。

たぶん。
たとえば#1の方なんかすごいなー、と私も思いますけど、それでも弾き方を習った時点で多少とも過去からの音楽の歴史を受け継いでしまっているわけです。
また鍵盤楽器というものは、通常ミスタッチはあっても音痴にはなれない楽器です。自然にひく、ということ自体が西洋音楽の歴史と理論をひきずっています。
そういう意味では理論から完全に離れることは難しいと思います。

あと、ソロならまあ何やってもそういうものだ、といえばすむことですが、セッションで他人とあわせるときは無理論だとしばしば問題がおきます。相手がなにをやってくるのか、ということを言葉で知る必要は必ずしもありませんが、こうきたからこういく、といった理合いというものは(感覚的なものであれ)あります。たとえば、ツー・ファイブだね、っていわれてわからないとちょっとモダン以降のジャズやるにはきつい。

まあそんなこともあるので、和声進行の理論など(実際に音をたしかめながら)かじってみるのが実は早道かもしれません。理論というと敬遠しがちですが、経験で、あるいは才能だけで同じレベルまでいくほうが、たいていの人にとっては大変です。最低でもここ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E5%A3%B0
のポピュラー和声の項目くらいのことは知っていたほうが自分が何をやっているか、またやりたいかわかっていいと思います。
ちなみに私はこのシリーズで勉強しましたが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
(このページの「新・実践コードワーク」という3冊のシリーズ)今なら「
実践コードワークComplete」の二冊ですかね。高いけど一度はこういうのやっておくといきづまりにくいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こういったことって、なかなか習う機会がないので、
とても参考になりました。
やはりわかってないよりはわかっていた方が良いですからね。当たり前ですけど。。
理論も少しずつかじっていきたいと思います。

お礼日時:2005/08/16 08:21

私は4歳から15歳までピアノを習っていて、楽典と言われるコードやスケール等の理論も勉強していました。

確かにNO.2の方のおっしゃるように私にも手ぐせのようなものがあります。自分の好きなコード進行が決まっているので、即興の時には最初にモチーフを浮かべて、その後はそのコードに従ってメロディーを弾いています。メロディーは勝手に頭に流れてきます。もちろん、曲の最中には、ここでこんな風に飾りを入れてみようか?とか、ここで1オクターブ上げてみようか?とか、転調してみようか?とか、きちんと頭で考える部分もあります。

作曲ではタブーなこともいろいろとあります。例えば、VI度からV度に移ってはいけないとか(最近やってないので間違っていたらごめんなさい!!)同じモチーフを音を下げたり上げたりしながら、立て続けに弾いていくのは3回までが限度とか(意味が分かりにくいですよね、ごめんなさい)・・・。もし先生について習われるんでしたらこういったルールも習っていかれることになると思います。即興は訓練すれば出来るようになります。ですから、先生につかれれば、きちんとした作曲だって出来るようになると思いますよ。

でも、こういった細かいルールを気にしないのであれば、独学でも十分だとも私は思います。洗濯物や食器洗い、お風呂場などで鼻歌をしませんか?それは必ずしも誰かの作ったものではなく、なんとなく自分で作ったメロディーではないでしょうか?そのメロディーを基にして楽しい即興をしてみたらどうでしょうか?応援してます☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
キチンと理論を勉強されているんですね。
私も即興ではなくて普通に作曲をしてみたりはするのですが、
Aメロもサビもコード進行が一緒になってしまったり、
単調なものばかりです(苦笑)
鼻歌で色々できるように頑張ってみます^^

お礼日時:2005/08/15 16:57

こんにちは。


即興演奏は音楽をやる上で大きな楽しみの一つですね。
他のプレイヤーと掛け合いするときなどは本当に楽しいものです。

即興といっても人により考え方は違うと思いますが、一般的にいわれているアドリブや即興演奏は、ある程度のスケールやコードの知識と練習が必要になってきます。

コードに対してどの音を当てるのか、どんなフレーズを弾くのかを練習する必要がありますね。

多くのミュージシャンには「手グセ」があって得意なフレーズを持っています。それらを組み合わせたりして弾くわけです。その速さが指が勝手に演奏しているように見えるんですね。

さて練習方法ですが、一番手っ取り早いのは、あなたの好きなミュージシャンが弾いているフレーズをたくさんコピーすることです。そして、それをスムーズに弾くことができるようになったなら、他の曲の同じコードやコード進行の上でそのフレーズを弾いてみてください。

そこからがあなたの即興のスタートです。そのフレーズをちょっとアレンジしたり、崩したりしてあなたのフレーズを作ってみてください。

きっと新しい楽しさが感じられると思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
やはりスケールやコードの知識や練習は必要ですね。
今少しずつですが、練習しています。
なかなか覚えるのは苦手なのですが、
quinquinさんの回答を読んでいたら、練習が楽しくなりそうな気がしてきました。
頑張ります^^

お礼日時:2005/08/15 12:11

私の場合ですが、即興やアドリブは、その名のとおり、即興、アドリブです。


ピアノでも何でも、自分の扱える楽器に向かえば、勝手に自然に飽きるまで、手などが動きます。
特に何も考えずに湧いてきます。
勉強も習うのもいらないと思います。私はそのようなことはほとんどしていません。ピアノを幼稚園から小2まで習って終わりです。
でも即興は、小1くらいから自然にやってました。
凄いといわれがちですが、やってる本人は、無意識に近い状態なんで何がどう凄いのか分からないし、普通のことなんです。
だから、したくてしているという感じでもないんですけどね。
既存の曲を練習しようとして楽器に向かったのについ、即興タイムに入ってしまって練習が出来ない、など日常茶飯事で、困ります。
というわけで、誰でも自然に出来るはずだと思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やってる本人は無意識に近い状態という回答に
なんだか納得させられてしまいました。
お困りになることもあるようですが、
既存の曲を練習するので精一杯な私にとっては羨ましい限りです。
誰でも自然に・・・肩肘張らずに赴くままに色々弾いてみようと思います^^

お礼日時:2005/08/15 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q即興でピアノを弾く

ジャズでもそうでなくても良いのですが、即興でピアノを弾くことが出来るようになるにはコード進行というものを勉強すればよいものなのでしょうか。
例えば誰かがある歌を口ずさんだとき、その曲を自分が知っていた場合に伴奏をつけて弾いてみたりするようになりたいのです。
クラシックならかなり自信のあるレベルまで習ったのですが、
コードとかイ短調とか、そういったものは一切勉強せず
楽譜を見てピアノを弾く、ということしか知りません。
長年習っておきながら恥ずかしいです。

やはりコードというものを勉強していけばよいのでしょうか。
どなたかご存知の方教えて下さい。
また、そういったサイトがあった教えてください。

Aベストアンサー

例えば、↓このような↓コード本を買って、辞書風に使いつつ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4810871916/249-0328406-1613154?v=glance&n=465392

お好きなポップスの楽譜を1つ買って練習します。
しかし、原曲から誰かがアレンジしたものなので、気に入らないこともあるかもしれません。
そのときに、自分風にアレンジするのがポップスのピアノの醍醐味です。そのときに役立つのがコードですね。
また、最初から楽譜を買わずにCDからコード進行を耳コピーして自分で演奏を考えてしまう人もいます。楽譜を読めない人が楽器をやる際はこのようにして覚えるようです。

歌に伴奏をつけたいならナウでヤングな曲から覚えていったほうがいいかもしれませんね。
http://www.at-elise.com/index.html
こんなサイト使うのもいいと思います。

実は私も昔クラシックをやってたんですが、先生に怒られるパターンが調号忘れで、それが独学の今でもなおらないので自分的に考えたのが、音階を理解してないってことでした。

例えば、ハ長調(Cメジャー)なら調号なし、ト長調(G)なら♯1つ(ファ)、ニ長調(D)なら♯2つ(ファ、ド)、イ長調(A)は♯3つ(ファ、ド、ソ)というように。お気づきかと思いますが、調号がいくつかでなんの音についてるかがわかるんです。ちなみにフラットは、シミラレソドファ、シャープは逆です。鍵盤の位置で覚えると速攻暗記できます。もし、ご存知だったらごめんなさいね。

そしてある調に対してどんなコードが出てくるのかというのも決まっています。覚え方としては曲の楽譜に書いてるコードを自分でコード本を見つつノートに書いて弾いていくことです。

また、だいたいの一番大きなコツ?は↓ここ↓で対話形式で楽しく紹介してるので参考にしてくださいね。
http://valse.lolipop.jp/mr-bear-crash/music/theory-lite.html

他にも色々ありますが、今日はこの辺で。

例えば、↓このような↓コード本を買って、辞書風に使いつつ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4810871916/249-0328406-1613154?v=glance&n=465392

お好きなポップスの楽譜を1つ買って練習します。
しかし、原曲から誰かがアレンジしたものなので、気に入らないこともあるかもしれません。
そのときに、自分風にアレンジするのがポップスのピアノの醍醐味です。そのときに役立つのがコードですね。
また、最初から楽譜を買わずにCDからコード進行を耳コピーして自分で演奏を考えてしまう人もいます。楽譜...続きを読む

Qジャズピアノのアドリブ学ぶのにいいメニュー

ジャズピアノを独学で習おうとしているものです。
ピアノ自体はクラシックをやっておりました。
音感はいい方ではないと思います。。
スケール、理論、リック、耳コピ、コード、リズム色々学ぶべきことが多すぎて
なかなか思い通りに行きません。

そこで質問ですが、
ジャズピアノを学ぶのに一番の近道で効率のいいメニューはなんでしょうか。
よろしければ皆さまがアドリブ出来るようになるまでの練習メニューを教えていただけませんか。

Aベストアンサー

質問者がジャズ研の学生なら「とにかく耳コピーしろ」で終わり。
(時間があるなら、これに勝る方法はない)

社会人だとすると、さすがにちょっと厳しいでしょうから。
まず、最初は、バッキングの基本形を覚えて下さい。ソロよりも、バッキングのほうが先です。

バッキングの基本は、3度+7度(or5度)+テンション1個、です。
非常によくやる2-5-1のバッキングとして、
Dm7 - G7 - C なら
・ファドミ → ファシミ → ミラレ
・ラドソ → ラレソ → ラミソ
ていうのがあります。これを12調どこでもできるようにしてください。
これが頭に叩き込まれて無意識にできるようになると、とりあえずは、簡単なジャズ風のアドリブっぽいソロも自動的にできるようになると思います。
(バッキングを分散和音で弾くだけ)

次は、もうちょっとジャズっぽいソロにするために、2-5のところに、もっと高度なテンションを入れていきます。(よくある、臨時記号がたくさんついているフレーズで、弾いてみるとジャズっぽくてカッコいい、みたいなやつ)
そのために、スケールを覚えます。
で、本にはいろんなスケールが載っていますが、最初に覚えるべきスケールは、コンディミ(Combination of Diminish Scale)一択です。他のは、後でいいです。(コンディミを知らないと絶対にジャズっ「ぽい」アドリブはできません。それに対して、他のスケールは使い方で「個性」が出せる、といった感じです)
最初は、コンディミを単純に下降形で使います。
具体的には、例えば、Dm7 → G7 → C だったら、
Dm7(ドシ♭ラソ)→ G7(ファ♯ミミ♭レ♭)→C(ド)
です。これを12調どこでもできるようにしてください。もしくは、ここまで、スケール全部じゃなくても、後半の「ファ♯ミミ♭レ♭ド」の部分だけでもかまいません。
とにかく、目標の音に向かって、全音→半音→全音→半音で降りてくる、っていうのが、何も意識しないでも自然にできるようにしてください。

実は、ここまでで、すでに、何も知らない素人相手なら「ジャズっぽくてカッコいい!!」とか言われるアドリブがすでにできるようになってます。
(ピアノ自体は普通に弾けて、コード記号の意味を一応は知っている人なら、真面目にやれば、2週間もかからないかも)

ここから後は、もう、決まった道筋はないんでご自由にどうぞ。
耳コピーはやっぱりやったほうがいいですよ。

質問者がジャズ研の学生なら「とにかく耳コピーしろ」で終わり。
(時間があるなら、これに勝る方法はない)

社会人だとすると、さすがにちょっと厳しいでしょうから。
まず、最初は、バッキングの基本形を覚えて下さい。ソロよりも、バッキングのほうが先です。

バッキングの基本は、3度+7度(or5度)+テンション1個、です。
非常によくやる2-5-1のバッキングとして、
Dm7 - G7 - C なら
・ファドミ → ファシミ → ミラレ
・ラドソ → ラレソ → ラミソ
ていうのがあります。これを12調どこでもでき...続きを読む

Q自宅で音楽教室を開くには資格がいるのですか

管楽器や弦楽器、ピアノなどを自宅で教えている先生方は何か資格が必要なのでしょうか?
もちろん「○○音大卒業」「○○先生に師事」「音楽留学」などうたい文句があって生徒さんが集まっているのだと思いますが、特に音大を卒業していなくても、楽器さえ上手だったら教えている人もいるのでしょうか?

たとえば、長年楽器を習っていて上手な人などや、地元の(プロではない)社会人バンドやオーケストラなどに所属している人など・・・

私は音大卒ではありませんし、楽器を始めたのも大人になってからですが、すごく楽しくて、このままずーーっと歳を取るまで上達していって、教本などもすべて制覇していったら、ちいさな子どもさんで初心者の方などで趣味でやると割り切っている人になら格安のお月謝で教えれたりするのかなあとぼんやり思ったのですが・・・

定年退職後は時間ができるので大好きな楽器ばかり弾くつもりです。そんなとき、1人で弾くだけじゃなくて教えられたらすごく幸せだなあとふと思ったのですが。

教室などよりも安いし、音大めざしているわけじゃないから、ということで習ってくれる人いるのかなあと・・・

そんなに甘くないでしょうか・・・
真剣に教えていらっしゃる個人教室の先生には失礼な質問だったかもしれませんすみません・・・

管楽器や弦楽器、ピアノなどを自宅で教えている先生方は何か資格が必要なのでしょうか?
もちろん「○○音大卒業」「○○先生に師事」「音楽留学」などうたい文句があって生徒さんが集まっているのだと思いますが、特に音大を卒業していなくても、楽器さえ上手だったら教えている人もいるのでしょうか?

たとえば、長年楽器を習っていて上手な人などや、地元の(プロではない)社会人バンドやオーケストラなどに所属している人など・・・

私は音大卒ではありませんし、楽器を始めたのも大人になってからですが...続きを読む

Aベストアンサー

音楽教室を開くのに公的な資格は必要ありません。
私は音大卒ですが、卒業証書と教員免許以外に取得した資格はありません。音大卒でなく人に教えている友人も何人かおります。

ただ、小額であってもお金をとって教えるのであれば、それなりの責任が生じることを覚悟する必要があるでしょう。これはどんな職業でも同じだと思いますが。

ご質問の文章を拝読してちょっと気になったのは、「子供や初心者なら」という部分です。
もし初心者に教えることがやさしいとお考えなら、それは違います。
「できる」ことと「教えられる」ことは違います。ましてや、子供や初心者を教えるには高い教育技術が必要とされ、大きな責任を背負うこととなります。

夢を実現させるためには、どうか演奏技術だけでなく「教えること」についても考え、学んでいかれることをお勧めします。

最後に、我が師の言葉を記させてください。
「音楽の教師が最低限やらなければならない仕事は、生徒を音楽嫌いにしないこと」。

Qギター、ピアノのフレーズの引き出しを増やすには。

当方ギターをやっています。
ギター、ピアノなどをやっている方にお聞きしたいと思います。

コピーばかりやっていれば自分もフレーズも増えるだろうと、思い気づけば何も覚えていなかったので(汗)
ここ1~2年は積極的に覚えてフレーズを使うようにして、体に落としています。
アドリブの練習などで覚えたフレーズを積極的に使用しインプットアウ
トプットの繰り返しで、そのフレーズをやっとものに出来るのだろうと
は思いますが、私は新しいフレーズを覚えれば次第に古いものから忘れ
ていきます。。
長年覚えているものもありますが、アドリブセッションなどが開かれる
時は、前日にCDを聴きあさり気に入ったフレーズをなるべく覚えていく
などして悪あがきしているのですが、あまりにも情けないなと思う次第
です。
結局セッションでは7割が手癖、残り自分のフレーズ+その場で出来た
もの。という状態です。

忘れるようであれば気に入ったものを譜面に書いて、メモするなどした
ほうがいいでしょうか。
自分は譜面がかけないので音源として残してまとめています。
よくそれを確認したりしています。

フレーズという形のないものってものすごく覚え辛いんですよね。汗

フレーズの引き出しって記憶力があるほ方が有利だなあと思う今日この頃です。

皆さんはメモを取ったりなどはしているのでしょうか?

当方ギターをやっています。
ギター、ピアノなどをやっている方にお聞きしたいと思います。

コピーばかりやっていれば自分もフレーズも増えるだろうと、思い気づけば何も覚えていなかったので(汗)
ここ1~2年は積極的に覚えてフレーズを使うようにして、体に落としています。
アドリブの練習などで覚えたフレーズを積極的に使用しインプットアウ
トプットの繰り返しで、そのフレーズをやっとものに出来るのだろうと
は思いますが、私は新しいフレーズを覚えれば次第に古いものから忘れ
ていきます。。
...続きを読む

Aベストアンサー

>コピーばかりやっていれば自分もフレーズも増えるだろうと・・・

質問者さんの言われる「コピー」がどのような作業を指すのか不明ですが、たとえば市販のTAB譜を買ってきて、あるいはwebで拾って知っている曲のフレーズに当ててみる、という程度なら、それはとても「コピーした」とは言えません。それだけならギター買って1月の初心者でもできます。

なぜ、アドリブの引き出しが増えないのか?
ちゃんと本来のコピーをやっていないからです。コピーしたフレーズを理論的に体系的に整理して身につけていないからです。単にTABに合わせて弾いてそれでコピーしたと思っているから、覚えたものもすぐに忘れてしまうのです。

それではどうすればよいのか、本当のコピーってどうするのか?
まずは、コピーしたいと思うCDや音源、動画を用意する(当たり前ですね)
そして弾きたいと思うフレーズ、バッキングを全て五線譜に書き取る。質問者さんは譜面の読み書きができないとありますが、それができないで引き出しが増えるはずがありません。引き出しは記憶力の問題ではなく、どれだけ体系的・理論的に整理して頭に入れておくかが問題なのです。ですから今日から五線譜の読み書き、楽典の基礎を勉強して下さい、これができなければ話になりません。英語の理解には単語力だけでなく最低限の構文知識がなければどうしようもありません。数学の理解には、お約束の公理公式があって、これを知らなければいくらアタマの良い生徒でも問題を解くことはできません。
音楽も全く同じです。音楽は言葉で説明する代わりに楽譜という伝達手段を用いますから、この専門言語を読み書きできなければ前へ進めません。

さて、音源を五線譜に書き取ったら(TAB譜が必要ならここで作成しておきましょう)、それにコード進行を同様に聞き取って書いていきます。そしてフレーズ毎にどんなスケール、モードが使用されているか細かく書き込んでいきます。その上で、例えばコード進行がII-V-IVのときにモードは○○だったとか○○が使えるぞとか、気付いたことをどんどんメモしていきます。
ここまでやって初めて「耳コピーした」と言えるのです。わかりますか?

こういう地道な作業を繰り返していくうちに、アーティスト毎のコード進行のクセやスケールの用い方にも特徴があることが分かってきます。やがて自分で曲を書いたりギターソロを考える時にもそれらの蓄積が役に立ちます。最初は物真似でもいいのです、何十曲と書いていくうちに自分のスタイルも見つかってくるはずです。

私はいつも小さい五線譜を持ち歩いていて、ふと思いついたフレーズをメモするようにしています。ケータイに鼻歌で録音すると言う人もいますがそれでも良いと思います。メロディーって突然思いついたりすることが多いのに、後で全然思い出せない、再現できないなんてこともよくあります。忘れないうちに記録しておくことも大切ですのでコピーに慣れてきたら、このようなフレーズのヒントをたくさん書き留めておくこともお勧めします。回答長くなりましたがご参考まで。

>コピーばかりやっていれば自分もフレーズも増えるだろうと・・・

質問者さんの言われる「コピー」がどのような作業を指すのか不明ですが、たとえば市販のTAB譜を買ってきて、あるいはwebで拾って知っている曲のフレーズに当ててみる、という程度なら、それはとても「コピーした」とは言えません。それだけならギター買って1月の初心者でもできます。

なぜ、アドリブの引き出しが増えないのか?
ちゃんと本来のコピーをやっていないからです。コピーしたフレーズを理論的に体系的に整理して身につけてい...続きを読む

Qピアノ演奏、間違える、間違えない、その差

ピアノ演奏を間違えないで弾く人と、間違える人があります。
単なる練習量や、難易度と関係なくです。
私は、自分のレベルより下の曲を、かなり練習しても、なかなかノーミスで弾くのが難しいです。
これは、何が原因だと思われますか?
上がる、というのはあるでしょうが、家で一人で弾いても間違えます。
集中力でしょうか。
頭の良い、悪いと関係があると思いますか?
ピアノを教えておられる方、どうですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問内容の解釈に違いがあったらごめんなさい。

ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

何を以て頭が良い.悪い.というのかは分かりかねますが ピアノを単に間違える間違えない…という意味合いでの頭の良し悪しを言えば『間違える原因を分析する能力があるか ないか』という事になるかな…と思います。
原因を分析する能力は 人によってきちんとした教育(ピアノ.音楽に関して)を受けたから…という方もいらっしゃるでしょうし ご自分で研究して能力を持たれた方もいらっしゃると思います。

ミスする原因をここで全部挙げるのは困難なので 比較的多いと思われる事を挙げます。

*メロディを音で覚えていない(指の感覚だけで覚えようとする・例えは悪いですが絵本の絵だけ見て雰囲気だけ覚えて、文章は読まないので本当の内容はしっかり把握できていない…みたいな感じ。もっと言えば楽譜をほとんど見ない人もいて、目をつぶって絵を描くようなものだ…と生徒には説明します。)

*リズムが理解できていない(拍子を確認しない.拍を取らない.など)

*和声感覚に乏しい(和音変化に意識が持てない.など)
この3点が音楽の3要素 リズム・メロディ・ハーモニーといわれているもので音楽の基礎です。 *リズムは拍(拍子)と密接な関係があり 普段から拍を意識しないで弾いていると自分が何拍目を弾いているかも分からない事があります。
*メロディはフレーズという文章で言う句読点のようなまとまりがあって 文章を一文字ずつバラバラに読まないのと同じく メロディもまとまって感じます。*ハーモニーは進行に一定の法則性がある場合が多く この法則に慣れると次にくる和音の種類が予測できたりします。

このような音楽の基礎的な部分が理解出来ているか いないかで ミスの度合いが違ってくる場合が多いと思います。

質問者さまのような疑問を持たれる方は結構多くて 自分にとって低いレベルなのに間違える…又は長く弾いていると崩れて来てしまうとか弾けた曲が弾けなくなった…という相談を私も幾度となく受けてきましたが 『弾く』という行為に関しては簡単に感じていらしても 本当に理解できているかどうかは 上記に挙げた事がポイントになりますので チェックするべき事は山積みです。

☆単純に運指が間違っている事もあります。

☆もちろん集中力もありますが 基礎を積み上げて行く事で集中力もある程度ついてくるものだと思います
☆テクニックで。メロディや和音を繋いで弾いているつもりでも 本当に繋げられない人も多いと感じます。音楽の横の流れが指でも把握できないと感覚的にも分かり難く それが間違える原因になる場合が多い…という私の持論なんですが。
このテクニックを文章でご説明するのは 非常に困難なんですが 言葉にすると『指で歌う。指が歌いながら這うように弾く。』とか『寄りかかって弾く』とか。。。ん~。難しいですね(汗)

もちろん 這うように弾く時ばかりでもないし 寄りかかって弾く時ばかりでもないし。ただ手(指)が鍵盤から離れても感覚は常に繋がっている…ですかね。

☆指がつくれていない。
単純にテクニック的な事です。
指が鍛えられていないと 脳で判断した事を瞬時に指に伝えても 指が反応できません。

原因はまだまだあると思いますが…

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。
ご質問内容の解釈に違いがあったらごめんなさい。

ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

何を以て頭が良い.悪い.というのかは分かりかねますが ピアノを単に間違える間違えない…という意味合いでの頭の良し悪しを言えば『間違える原因を分析する能力があるか ないか』という事になるかな…と思います。
原因を分析する能力は 人によってきちんとした教育(ピアノ.音楽に関して)を受けたから…という方もいらっしゃるでしょうし ご自分で研...続きを読む

Qピアノのコード奏法を練習中なのですが、自分が間違った練習法をしているの

ピアノのコード奏法を練習中なのですが、自分が間違った練習法をしているのではないかと不安になります。

とりあえず、簡単なコード理論を勉強して、ポップスで使われるようなコードの成り立ちはある程度理解しました。

曲に合わせて瞬時にコードチェンジ出来るようにメトロノームに合わせて、例えばCのコードなら、右手でC、左手でC+オクターブ上のC、という風に両手で同じコードを弾いています。

そこで疑問に思ったのが、セブンスなどの指を4本使うコードで、左手のコードを押さえる時、小指で1度、中指で3度、人差し指で5度、親指で7度を押さえてるのですが、やはり薬指で3度を押さえて、親指で8度の音も弾いたほうがいいのか?ということです。
それともベース音の伴奏だけ弾く感じで、左手は1、3、5、8でもおかしくないでしょうか?

よろしくお願い致します。。。。

Aベストアンサー

>自分が間違った練習法をしているのではないかと不安になります。

かなり間違っていると思います。

コードネームを見ながらピアノ伴奏をする場合は、基本的な方法があります。

左手は、コードネームに書かれている大文字の音(ルート)と完全五度上(完全四度下)の音を交互に弾きます。KeyCでCコードの場合で言えば「ド」と「ソ」を交互に鳴らす。
オクターブで鳴らしても良いのですが、どうしても鳴らす必要はありません。

三度、七度などは左手で弾いてはいけません。ルートと五度を同時に弾くこともしません。

右手は、コードネームのサフィックス部分を弾きます。
サフィックスと言うのはルートの後の小文字部分です。

ただし、右手で弾く音には約束があります。
必須はルートから数えて第三音の「ミ」。
その他の数字があれば、それも必須。C7なら「シ♭」
省略しても良い音は、まずルートから数えて第五音「ソ」
次いでルート音の「ド」です。

すなわち、右手はCコードの場合、「ド」と「ミ」だけを弾けば十分です。
C7コードなら、右手は「ミ」と「シ♭」だけでよい。余裕があれば「ド」も弾く。

省略と重複の基本
Cコード(メジャーコード)のとき
重複して鳴らしてもよい音(もちろんオクターブ違いです)
第五音「ソ」次いで、ルートの「ド」、これらはいくつ重複してもよい
重複してはいけない音
第三音「ミ」の音 バーンと厚い和音を鳴らすときでも「ミ」は1ヶで十分

省略しても良い音
第五音「ソ」、右手の「ド」
省略してはいけない音
第三音「ミ」。この音を省くと、明るいのか暗いのかが解りません。
C7の場合は、「シ♭」。この音を省くとセブンスコードになりません。
特にセヴンスコードのときには、第三音は決して重複させてはいけません。

以上のとおりです。いたずらに和音を厚くしてはいけません。上手な人ほど右手の移動を控え、軽い和音で済ませます。

>セブンスなどの指を4本使うコードで、左手のコードを押さえる時、小指で1度、中指で3度、人差し指で5度、親指で7度を押さえてるのですが、やはり薬指で3度を押さえて、親指で8度の音も弾いたほうがいいのか?ということです。

右手でメロディーを弾くピアノソロの話ですね。
その場合は、セヴンスコードでは五度と八度は不要です。 1―3―♭7の三音でOKです。
ベース音を交互に弾く場合は、「1―3―♭7」と「5―3―♭7」を交互に弾くことになります。

>それともベース音の伴奏だけ弾く感じで、左手は1、3、5、8でもおかしくないでしょうか? 
おかしいです。♭7を省くとセヴンスコードになりません。省略するのであれば8を、次いで5です。

>自分が間違った練習法をしているのではないかと不安になります。

かなり間違っていると思います。

コードネームを見ながらピアノ伴奏をする場合は、基本的な方法があります。

左手は、コードネームに書かれている大文字の音(ルート)と完全五度上(完全四度下)の音を交互に弾きます。KeyCでCコードの場合で言えば「ド」と「ソ」を交互に鳴らす。
オクターブで鳴らしても良いのですが、どうしても鳴らす必要はありません。

三度、七度などは左手で弾いてはいけません。ルートと五度を同時に弾くこともしま...続きを読む

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q音楽の才能って?

最近とても疑問に思っていることがあります。それは「音楽の才能」ってなんなんだろう?ということです。私はこれまで何年か声楽とピアノを習ってきました。その先生方にも、また音楽をやっている友人にも、「才能は2の次で、やはり1番は努力(練習)することだ。」と言われてきました。
そういう風にずっと考えてきましたが、最近芸大に通っている知人の何人かと話したところ、「音楽はやはり才能です!」ときっぱりと言われました。その人達は当然、今まで相当量の練習を積んできているわけで、十分な努力をされてきたはずです。音楽は努力が99%だと思ってきた私にとっては驚きました。レベルが違いすぎて、その人たちの言う「才能」というものがどういうものなのか、全く見当が付かないのです。
皆さんは「才能」ってどういうものだと思いますか?また、その才能がないのなら、音楽を辞めたほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

para12さんが思っている通り、「音楽は努力が99%だと思ってきた」で正解だと思います。

これは、音楽に限らずどんな道でも同じですよ。トーマスエジソンも「天才とは99%の努力と1%のひらめきだ」と言っています。

ただ、この言葉は、二通りに解釈できます。

一つ目が、言葉通り、「どんな天才でも、努力なくして成功は有り得ない。」

二つ目としては、「どんなに努力しても、その僅か1%のひらめき(才能や運)が無ければ、無駄である。」と。

お知り合いの方々は後者で解釈されているようですね。これも、もっともだと思います。芸大のようにその道を極めようとしている人ばかりが集まった所では、努力の差というのは殆ど有りません。しかし、比べれば差は必ず有るのです。このような環境下においては、「才能が全て」と言う結論も無理からぬことですね。

しかしながら、僕は、実際には違うと思います。やはり、努力がものを言うと思います。何故ならば、物事を成し遂げるには時間と付き合わねばならないからです。どんな道でも評価される為には何度も関門をくぐり抜けなければいけません。たった一度の偶然や幸運では誰も評価しないのです。今評価されている方々は、音楽家に限らず、努力を惜しみません。それは、彼らの目標が常に自分よりも上に置いているからです。

彼らは、常に目標や課題を持っています。そして、それがクリア出来たら、また次の目標を設定します。だから、彼らは常に努力の人なのです。

そして、彼らのインタビューなどに共通していることは、自分を信じていることです。必ず、目標や課題に到達できると信じています。つまり、彼らに有る「才能」とは、自分を疑わずに信じきる力だと言っても過言ではないと思います。

従って、「才能」が有るか無いか、決めるのは他の誰でも無い『自分』だということです。

para12さんが思っている通り、「音楽は努力が99%だと思ってきた」で正解だと思います。

これは、音楽に限らずどんな道でも同じですよ。トーマスエジソンも「天才とは99%の努力と1%のひらめきだ」と言っています。

ただ、この言葉は、二通りに解釈できます。

一つ目が、言葉通り、「どんな天才でも、努力なくして成功は有り得ない。」

二つ目としては、「どんなに努力しても、その僅か1%のひらめき(才能や運)が無ければ、無駄である。」と。

お知り合いの方々は後者で解釈されているよう...続きを読む

Q即興演奏者になる為の練習方法

自分は今、バンドでギターをやっていて、大した腕ではないのですが、いずれ即興演奏者(インプロビゼィション)になりたいと思っております。どんなジャンルの音楽が流れてきても、それに対してギター1本で即セッションできるようになりたいです。テレビを見ながらの訓練だとか、簡単なスケールとかはある程度頭に入れておいたつもりですが、自由自在に・・・というのが中々難しい物です。決められた答えなんて無いと思いますが、実際、ジャムセッションを中心に活動している方たちは、どんな練習をされておられるのでしょうか?

Aベストアンサー

わたしは#1さんの書いたようなことを身に付け、
「コード進行を見ただけ」でもアドリブができます

ですがセッションの場では「コード進行を含めた曲の流れを聴くことができなければ」なんの役にも立ちません

これを鍛えるにはじつは、音楽理論を何にも知らずに初めて楽器を触った子供のように、メロディを探り弾き(探り吹き)することがかなり有効な手段でもあります

ギターの場合ですと、TVを見ているときなどもギターを持ち、流れてくるBGMのメロディを手探りで弾いてみてください

コピーという作業をプロのみんなが勧めるのは、この作業の延長線にある「耳を鍛える練習」なのです

スケール練習や完全コピーは辛い作業ですが、
それだけが必要なことなのではなく、
楽器を初めて触ったときの喜びをいつまでも持ち続けるためにも、
そうゆう楽しめる作業もちゃんと役に立つのだという意味であえてアドバイスしました

エンジョイミュージック♪

Qジャズギターをやりたいが…

ジャズギターをやってみたいと、なんとなく思っている者です。
ジャズギターを知っている方にいくつか教えていただきたいと思います。

ジャズというと、ピアノ、ベース、ドラム、サックスというイメージがあります。ジャズギターは、ウェスモンゴメリー、ジョーパスくらいしか知らないのですが、ジャズの世界では、ギターはあまり重視されていないのでしょうか??

ジャズギターは、指で弾くものですか?ピックですか?どちらがメインなのでしょうか?

ロックギターを弾けても、ジャズギターは弾けませんか?

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ギターはあまり重視されていないのでしょうか??

管楽器ほど音圧がない、ピアノのように自由なコードワークができない、和音を弾きながらメロディを弾くことが困難等、他の楽器と比べるとビハインドがありますので、ロックのように花形とはいきませんね。ピアノが居る場合、ほとんどバッキングも入れられないので非常にポジション的に難しいです。
ビジュアル面でもピアノの方が華々しいので、いわゆる「営業」のオシシゴトもなかなか回ってこないため、プロで喰って行くことを考えても大変です(笑


>ジャズギターは、指で弾くものですか?ピックですか?どちらがメインなのでしょうか?

ケースバイケースです。ピックしか使わない人はほとんどいません。

>ロックギターを弾けても、ジャズギターは弾けませんか?

弾けませんね。最近のメタル系のギタリストのテクニックの高さは目を見張る物がありますが、仮にそういう系統のトッププロの演奏を所謂「完コピ」できるロックギターの上級者が、ジャズの入門用に採り上げられるような曲を演奏できるのか、といったら不可能です。
一般的なジャズ演奏においてはテーマと呼ばれる主題以外は全てアドリブであることが前提です。
多くのロックやポップスのように「キーが分かればそのキーのトニックメジャー、マイナー、ペンタトニックスケール一発で一曲まるまる弾ききる」アプローチは使えません。(1さんも仰ってるように、題材に選ばれる曲の大部分は頻繁な転調が施されているうえ、コード感を出すことが必要です)
他にも違いは膨大にありますが、このように語法的な部分のアプローチも全く違う上、奏法そのものも全く違うし、ロックと比較すると覚えなければならないことが膨大にあるため、ロックとの両立もなかなか困難です。まずどちらかに絞らないと上達しないでしょう。

奏法の違いや必要な奏法を大雑把に書くと
・ピッキングする際は手をブリッジから浮かす場合がほとんど。多くの場合、ロックのように強くはピッキングしない。
・指で弾くケースも増える。ボサノバも守備範囲だし、上のメロディを弾きながら下声部でコードをカウンターライン的に入れる等に必要。後述のハーモナイズドベースラインの時、ベースラインを弾きながら合間に和音を挟む際等にも使う
・コードネームだけを見て初見でアドリブができる。テンションもその都度任意で変える。コード進行も随時ハーモナイズされる。Gm7|C7|F| | F~ としか書いてなくても
Gm7 |Gb7 |Am7 D7 |Gm7 C7|F、のようにリハーモナイズしたりする能力が必要

バッキングを入れるタイミング等も他のメンバーの様子を見ながら随時変わる
・ベースラインを弾く。場合によっては2~3声にハーモナイズしたベースラインを弾く。当然これまたすべて即興で行う
・コードソロ。単音のメロディではなく和音を用いてソロを執る
例を挙げればきりがありませんが、膨大に覚えることがあります。

質問者さんの現段階でのご様子だと特にジャズに惚れた故に始めよう、というわけではなく漠然とやってみたい、ってところですね。
だったらもう少しいろいろ聞き込んでみて、本腰を入れてやっていくほど惚れ込んでから始めるのもいいんじゃないでしょうか。
アドリブはできなくても構わない、数曲ソロギター等、ジャズギターの真似事ができればいいというのなら十分片手間でもできますし、この限りではありませんが。

>ギターはあまり重視されていないのでしょうか??

管楽器ほど音圧がない、ピアノのように自由なコードワークができない、和音を弾きながらメロディを弾くことが困難等、他の楽器と比べるとビハインドがありますので、ロックのように花形とはいきませんね。ピアノが居る場合、ほとんどバッキングも入れられないので非常にポジション的に難しいです。
ビジュアル面でもピアノの方が華々しいので、いわゆる「営業」のオシシゴトもなかなか回ってこないため、プロで喰って行くことを考えても大変です(笑


>...続きを読む


人気Q&Aランキング