来週一人旅に出るので、文庫本を持って行こうと思います。

こんな私にお勧めの「邦人作品の文庫本」がありましたら、ご紹介下さい。

・好きな作家は佐藤賢一、阿刀田高(ミステリー除く)、藤水名子、藤本ひとみ、茅田砂胡、須賀しのぶ
・歴史もの好き
・クラシック音楽もの好き
・ホラーは苦手
・推理もの苦手
・BL苦手
・シリーズもの可
・図書館で借りるので、最新で順番待ちになってしまいそうなものは不可

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは。



 ひとりたびですか、わたしもよくしました。いいですね。

 『バッハの思い出』アンナ・マグダレーナ・バッハ 講談社学術文庫。
 バッハ夫人の回想録を装った偽書なんですが、よく調べてあるし、資料的価値は折り紙つきらしいです。なにより、面白いし。

 『梵雲庵雑話』淡島寒月 岩波文庫
 『江戸団扇』大庭柯公 中公文庫
 明治人の回想録。歴史ものがお好きなら楽しく読めると思います。世相や風物などの記述がいい。

 『世界を見てしまった男たち』春名徹(あきら) ちくま文庫
 『にっぽん音吉漂流記』春名徹 中公文庫
 江戸時代、難破・漂流して外国船に拾われた漁民たちの物語。小説じゃなく歴史的ドキュメントです。漂流しながら漂流ものを読むなんてのも乙でしょう。

 『津軽三味線ひとり旅』高橋竹山 中公文庫
 津軽三味線の大御所の自伝。日本のクラシック音楽……。

 みんなそんなに厚くないです。身軽なのが一番!

 体に気をつけて、ボン・ボヤージュ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい記述をありがとうございました。
図書館で文庫本が所蔵されていたもの、全部借りて来ました。
読むのが楽しみです。

お礼日時:2005/08/21 13:25

NO.1さんもあげていらっしゃいますが、


塩野七生さん。最初の一冊としてのおすすめは
「チェーザレ ボルジアあるいは優雅なる冷酷」
「ルネサンスの女たち」
ちょっと代わった短編集の「サロメの乳母の話」

あと、辻邦生さんはいかがでしょうか?
人物画、風景画からの連想を短編にした連作「風の琴」。ローマ時代が舞台の「背教者ユリアヌス」など。

日本が舞台でもよければ
有吉佐和子「出雲の阿国」「華岡青洲の妻」
宮尾登美子「一弦の琴」藤沢周平「蝉しぐれ」など。ちょっと地味かな(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「サロメの乳母の話」は借りてみました。
オスカー・ワイルドの例の戯曲と比べるのが楽しみです。
その他、面白そうな情報をありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 13:27

 


● 逢坂 剛
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/ …
スペイン現代史やフラメンコギターをからめた作品が多いです。

● 浅田 次郎
http://www6.plala.or.jp/doracafe/page092.html
『王妃の館』 や 『蒼穹の昴』 などいかが?^^

● 宮城谷 昌光
http://www.shirakami.or.jp/~kappei/miyagitani/mi …
古代中国史の宝庫です!

● 陳 舜臣
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%92%C2%8Fw%9 …
あ。 邦人ではありませんでしたね..。^^; でも中国物がお好きでしたら。

● 塩野 七生
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
イタリアルネッサンスといえば この人! もうお読みではありませんか..?


                      取りあえず,この辺で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

塩野さん以外の著作は読んだことがなかったので、今回浅田さんの本を借りてみました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 13:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q茅田砂胡さんの作品で

茅田砂胡さんの作品で暁の天使シリーズの続編が出ると聞いたのですが、
いつ、どのようなタイトルで出るか教えてください。

Aベストアンサー

11月25日販売予定
「クラッシュ・ブレイズ 嘆きのサイレン」
http://www.chuko.co.jp/cnovels/

参考URL:http://www.chuko.co.jp/cnovels/

Q茅田 砂胡さんという作家について

乱読するのでジャンルを問わず、結構読んでいたのですが、
この方は知りませんでした。

この程、文庫の「デルフィニア戦記」というのを手にとったら、面白い!!
検索してさっそく調べたら、沢山執筆されているようですで、
順に読んでみようと楽しみにしています。

ところで、検索したら同人誌関係がいっぱい出てきました。
女性の方が参加されているサークルばかりです。

この作家の方は、女性でしょうか?てっきり名前の漢字のイメージから男性だとばかり思っていました。文庫の表紙も「マンガちっく」ではなく、中世イギリスを
思わせるデザインでしたので、てっきり男性と思い込んで読んでいました。

同人誌からデビューされた作家の方としては「麻城ゆう」さんしか知りませんでしたが、茅田さんはどのような活動をされて小説家になられたのでしょうか。
現在も同人誌は参加されているのでしょうか?

茅田砂胡さんの作品は現在はどこに連載などされていのか等、
プロフィールなどと併せて、教えてください。

Aベストアンサー

友人に薦められた同人誌時代から読んでいる人間です。
友人からの情報と、既刊本などで知っていることだけお答えします。

>この作家の方は、女性でしょうか?

女性だと思います。同人誌などで描かれていた実録マンガでは女性でした。

>茅田さんはどのような活動をされて小説家になられたのでしょうか。


最初はパロディ同人誌の活動。その次にデルフィニア戦記を同人誌で出しました。(厳密にいうと、これもパロディになるのかもしれませんが)
それがかなり好評なシリーズとなりました。
ただ、現在、市販されている版とは、キャラクターや筋がだいぶ違います。
(わたしは、個人的に「炎の色」という、女戦士が主人公のお話が大好きですが)
その後、いまはなき「大陸書房」から、「デルフィニア戦記」シリーズが刊行されました。
が、「大陸書房」がなくなってしまい、続刊はどうなるのと心配してたところ、いまの中央公論からのノベルズで、新しいシリーズとして刊行されました。こちらの内容も、「大陸書房」版とはまた違っています。キャラクターはだいぶかぶりますが。


>現在も同人誌は参加されているのでしょうか?

してないと思います。


>茅田砂胡さんの作品は現在はどこに連載などされていのか等、 プロフィールなどと併せて、教えてください。

ほとんど書き下ろしで、連載はしてなかったと思いますが・・・。

友人に薦められた同人誌時代から読んでいる人間です。
友人からの情報と、既刊本などで知っていることだけお答えします。

>この作家の方は、女性でしょうか?

女性だと思います。同人誌などで描かれていた実録マンガでは女性でした。

>茅田さんはどのような活動をされて小説家になられたのでしょうか。


最初はパロディ同人誌の活動。その次にデルフィニア戦記を同人誌で出しました。(厳密にいうと、これもパロディになるのかもしれませんが)
それがかなり好評なシリーズとなりました。
ただ、...続きを読む

Q藤本ひとみ、コバルト文庫。マリナについての質問

久しぶりに藤本ひとみのコバルト文庫を読み返してます。『愛する君のために』のあとがきに、
マリナと火狩が過去付き合っていたことがある、、という文を見つけたのですが、
これは回想だったりでほんのちょっと出てくる程度なのでしょうか?
『朝までラブソング』というマリナの姉ユリナシリーズに出てくるそうです。
古い話ですが、わかるかたいらした詳しく教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
マリナシリーズ懐かしいです。
「朝までラブソング」でユリナの婚約話の時に、マリナが少し付き合っていたと話しているだけです。この本で付き合っていた当時の話は出てきてなかったと思います。

Qオススメの文庫本。and文庫本で出版されていますか?

本を読むのが大好きです!
そこで、いろんな本を読んでみたいと思っています。
好きな小説家は乙一さんや山田悠介さん、矢口敦子さんなどです。
けれど、多ジャンルをせめてみたいと思っています。
最近手を出したのは星新一さんの『ボッコちゃん』です。

ジャンルは問いません!
とにかく「面白い!」とオススメできる、文庫本を紹介していただきたいです。もちろんメジャーな小説でも構いません。

それから、以下の小説は文庫本で出ていないでしょうか?
森絵都『ラン』
季東将司『かわいいカノン』
重松清『その日の前に』
もし出ている場合は出版社を教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

つい先日、要望多数で復刊されたばかりの「マイナス・ゼロ」はどうでしょうか?
日本の時間物SFの最高傑作と呼ばれている作品で、間違いなくお勧めです。

マイナス・ゼロ 広瀬 正
定価:800円(税込)  ISBN:978-4-08-746324-8 解説:星 新一  

http://bunko.shueisha.co.jp/newbook/index.html#11
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=12860
http://www.hontai.jp/history/fukkan2008.html

Qダ・ヴィンチ・コード文庫本とハードカバー

こんにちは。

ダ・ヴィンチ・コードの購入を考えているのですが、本屋まで車で2時間近くかかりますためネットでの購入を考えております。
そこで気になるのが文庫本とハードカバーの違いです。

中身は全く一緒なのでしょうか?
それとも微妙に中身が変わってきていますか?
読み比べたことのある方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ハ-ドカバ-は上・下巻なのに対して文庫本は上・中・下巻とあります。
だけども、軽いのは文庫本ですね。
そして、ハ-ドカバ-よりも、文庫本の方が安いのでお徳です。
文庫本の方には、ダヴィンチの絵が写真で載っています。

内容はまったく一緒なので、どちらでも楽しめますよ^^


人気Q&Aランキング

おすすめ情報