『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

先日知人の家にいった時に見たのですが、知人のお父さま(故人)に対しての「勲五等瑞宝章」の「勲記」(天皇名で大日本国璽が押されたもの)と、「正六位に叙する」と総理大臣名で発せられた「位記」が掲げられていました。
お父さまは国家公務員をされていたそうで、勲記や位記の日付は、お亡くなりになった日とのことでした。

質問は、栄典制度で公になっている勲章はともかく、「正六位」という「位」についてです。
律令制の昔にはじまり、いまではとうに存在しないものと思っていた「位階制度」がなんと現在も生きていたなんて驚きでした。
「正六位」があるんだから、当然「従五位」や「正三位」、「従ニ位」などもあるのだと思いますが、この「位」には現在どのような意味があるのでしょうか?
また、どんな基準で叙されるものなのでしょうか?

A 回答 (2件)

位階は、位階令に基づいて授与されます。

位階令は、大正時代に制定された勅令ですが、現在でも有効です。

位階は宮中における席次なので、宮中の公式行事に参加する場合に意味がありますが、対象者が故人に限られている現在、名誉以上の意味はありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

「位階令」という勅令が現在も生きているとは驚きです。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/18 16:54

正一位から従八位まであります。


与えられるのはなくなった人のみです。
詳細は参考URLで。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8D%E9%9A%8E# …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
戦後も故人に限って復活していたのですね。

お礼日時:2005/08/16 19:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q位記について

位記に書かれていることの意味がわかりません どなたか教えて下さい 位記には次のように書かれています 但しXXは氏名、日付ですが伏字にさせていただきましたのでよろしくお願いします ”故従七位XXXXX 特旨を以て位五級追陞せられる 平成XX年XX月XX日 内閣”

Aベストアンサー

私も親戚の叙位しか経験がないので、詳細はわかりかねますが、正副二通あるというような話は聞いたことがありません。
ただ、死亡時の叙位の申請には、死亡診断書が複数枚必要だと聞いたことはあります。元の職場で、この死亡診断書に、推薦事由を添えて、中央へ申請することで、死亡時の叙位が実施されるという仕組みで、推薦団体の控えと実際の位記の発行官庁の控え分でしょう。
ですから、質問者様の「枚数二枚」は、元々そこに入っていた死亡診断書の枚数か、あるいは忘れないようにメモしたものかではないでしょうか。

また、本当の位記なら、いくら慌ただしい葬儀の最中とは言え、預けたままにしておくということは考えにくいと思います。
あくまで推測ですが、死亡直後に叙位の申請をしたものの、葬儀に間に合わなかったが、経歴的には叙位が確実であったため、仮に職場などがご遺族の気持ちを考えて体裁を似せたものを発行したのではないでしょうか。
それはご遺族も知っていたので、葬儀が終わればこれは用済みなので「適当に処分して下さい」と預けていかれた、というのが、順当なところのように思います。

実際に葬儀の際に位記を飾っていて、その位記がなくなっていれば、あとから大騒ぎになって、質問者様のところへもお問い合わせがあったでしょうから、覚えているはずです。そのようなことがなかったということや、文書の体裁がおかしいことなど、あくまで状況証拠ですが、それらしき雰囲気はうかがえます。
ですから、このままお忘れになってしまっても、いいのではないでしょうか。

あくまで気になるということでしたら、「位記はご位牌といっしょに飾っていらっしゃいますか?一度拝見したいのですが」などとご連絡してみて、反応を見てみてはいかがでしょうか。

私も親戚の叙位しか経験がないので、詳細はわかりかねますが、正副二通あるというような話は聞いたことがありません。
ただ、死亡時の叙位の申請には、死亡診断書が複数枚必要だと聞いたことはあります。元の職場で、この死亡診断書に、推薦事由を添えて、中央へ申請することで、死亡時の叙位が実施されるという仕組みで、推薦団体の控えと実際の位記の発行官庁の控え分でしょう。
ですから、質問者様の「枚数二枚」は、元々そこに入っていた死亡診断書の枚数か、あるいは忘れないようにメモしたものかではない...続きを読む

Q叙位について

 叙位について教えてください。叙位叙勲と言ったほうがよく耳にしますが、叙勲は大勲位から勲八等(現在は勲八等停止)まで、公益に貢献したことを表彰するために勲章とともに、その証である勲記が下賜されます。
 しかしちょっと分からないのが叙位なんです。正一位から下がちょっと忘れましたが、とにかく位を与えられ、それを証明する位記が下賜されたと思います。
 確か叙位叙勲等の栄典には、いかなる特権も伴わないと法律に書いてあったと思いますが、叙位もそうなのでしょうか?
 死亡者叙勲でよく従五位とか正六位とかをよく目にします。勲章は勲記とともに形で残りますが、叙位って位記だけなのでしょうか?勲記はこの目で見たときがあるのですが、位記は見たことが無く、ことさら不思議なもので質問させていただきました。

Aベストアンサー

 単に格付けだけだと思われます。「~に叙する」と書かれています。具体的には、戦後も、廃止されたはずの「公式令(明治40年勅令第6号)」に準拠された位記の形式がそのまま踏襲されています。すなわち、一位の位記には天皇陛下の親署、御璽を押し、総理大臣が年月日を記入して副署しています。二位以下(従)四位以上の位記には御璽をおし、総理大臣が年月日を記入しています。従四位までは東京に集められ、皇居で渡されます。五位以下の位記には総理大臣の印を押して、総理大臣が年月日を記入しています。公式令の宮内大臣が総理大臣に置き換えただけです。
(公式令)
http://duplex.tripod.co.jp/rei/rm40-6.htm

Q勲記「おさせる」の文法

私の義父が春の叙勲の栄に浴しましたが、その勲記に次のようにあり
その文法的意味がわかりかねましたので、教えてください。
勲記「日本国天皇は(個人名)に
  (勲 章 名) を授与する
   皇居において璽をおさせる」
 この勲記の『おさせる』の文法的意味がわかりかねます。私の考えでは「おさせらる」とあるべきというものです。つまり「おさせる」の「せ」は使役の助動詞であって尊敬の意味はなくて「不敬」ではないかと思いました。

Aベストアンサー

勲記のような公文書においては、天皇の行為に敬語を付けません。
例えば日本国憲法第六条には次のように書かれています。

「天皇は、国会の指名に基づいて、内閣総理大臣を任命する」

お分かりでしょうか、「任命あらせられる」でも「任命される」でもありません。つまりこれと同じ理屈です。その点は大日本帝国憲法においてもまったく変わりません。
<例>
第五条
「天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ」

ちなみに、勲二等以下の勲記は国璽が押印されるだけですが、勲一等以上では天皇の署名が入ります。その文面を見ると、「おさせる」が使役であることは一目瞭然です。

「日本国天皇は○○○○を大勲位に叙し菊花大綬章を授ける 年号○年○月○日皇居においてみずから名を署し璽をおさせる」
(Wikipediaによると、2003年の法改正でこの文面は多少変更されたようです)

これを見ると分かる通り、御名は当然天皇自らが書くので「署し」で、国璽の押捺は他の人に命じるので「おさせる」になるわけです ( ^^

Q叙勲の受章資格について教えて下さい。

消防職として41年勤務し定年退官している知人から相談を受けております。。先ごろ、この知人が前勤務先関係者から「危険業務従事者叙勲と言うのがあって貴方は在職中の懲戒歴も無く、職務経歴や功績等の観点からは受章推薦者に該当するが、審査中に交通違反等の処分が露呈すると対象外となり無駄になるので何か心当たりは無いか?」と言うお尋ねが有り知人は、「逮捕されたようなことはもちろん有りませんが、唯一の心当たりは7年前の通勤途上で、通学時間帯のみ進入禁止箇所に誤って進入し、反則金支払いました。」
と告げたところ「交通違反なので受章対象外ですね。」との回答だったそうです。知人は、赤切符の違反は当然ながら前科のつく刑事処分で有ることは理解できるが反則でも対象外になるのかと疑問が解けず私に相談されたのですが私の知識では明快な回答が出せずこまっておりますどなたか教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 7,8年前、高速で50キロ以上オーバーにより罰金12万円(ゴールド免許で若干割引)を科せられました。オービスの証拠なので争う理由もなく、裁判所にも出向きませんでした。罰金刑なので、懲役や禁固刑と同等であり、本籍地の市役所に前科の記録があるはずです。

 数年前、昔風にいうと勲3等の勲章を頂戴しました。当然、賞勲局の前歴調査が行われたはずです。以下WIKIの引用。

「叙勲は、「勲章の授与基準」(2003年(平成15年)5月20日閣議決定)[6]に基づいて行われる。叙勲候補者には年齢満70歳以上であることなどの形式的要件のほか、「国家又は公共に対する功労」の内容や賞罰歴などの調査が行なわれる。この調査は徹底しており、刑罰の有無(道路交通法違反、自動車の保管場所の確保等に関する法律違反による罰金刑を含む。)はもちろん、破産宣告、破産手続開始決定の有無なども市町村長に照会され、選考の資料とされる[12]。」
 
 交通違反による罰金刑の場合は、悪質でなければ3年で受勲資格を回復するようです。ただし、反則金は刑事罰ではないので前科にはなりません。

 なお、受勲資格調書提出以後の違反歴は、こちらから申し出ない限り確認できないようです。そのため、推薦団体から刑事罰をうけていないかどうか確認の問い合わせがありました。

 7,8年前、高速で50キロ以上オーバーにより罰金12万円(ゴールド免許で若干割引)を科せられました。オービスの証拠なので争う理由もなく、裁判所にも出向きませんでした。罰金刑なので、懲役や禁固刑と同等であり、本籍地の市役所に前科の記録があるはずです。

 数年前、昔風にいうと勲3等の勲章を頂戴しました。当然、賞勲局の前歴調査が行われたはずです。以下WIKIの引用。

「叙勲は、「勲章の授与基準」(2003年(平成15年)5月20日閣議決定)[6]に基づいて行われる。叙勲候補者には年齢満70歳以上であ...続きを読む

Q「看護士」?「看護師」?

「看護婦」を「かんごし」と呼ぶようになりましたが、漢字で書く場合は「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか?
私はこれまで、「看護婦」と呼んでいた時代に、男性看護職の方を「看護士」とするものだと思っていましたが、最近、男性、女性に限らず看護職の方を「看護士」としている表現を多く目にします。
正しいのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

看護婦(女性)、看護士(男性)と言う名称は廃止され、看護師(男女)と言う名称に統一されました。

したがって看護師(と言うのが正しい呼び方です。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/kangoshi/kangoshi.html

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q現在の死亡後叙位叙勲

生前叙勲は現在でも春と秋に行われ内閣府から発表されています。

http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/24haru.html

それに対して死亡後の叙位と叙勲は官報に小さく見かけるくらいです。
http://kanpoo.jp/page.cgi/20120830/h05875/0009.pdf?q=%E5%8F%99%E4%BD%8D%E3%83%BB%E5%8F%99%E5%8B%B2

歴代の叙位叙勲者がリストアップされたサイトはありますか。

Aベストアンサー

ご覧になった公表されているもの以外、無いと思います。
叙勲手続きは、その殆どがそれぞれの省庁を経由して行われますから、総括的な資料は内閣府でしか情報集約出来ません。
また、死亡叙勲は閣議毎のタイミングで決定され、また生前叙勲者は死亡時に叙位されますから、その情報といちいち突き合わせしなければならないと言う面倒な作業もあります。

今から20年ほど前になりますか、生前叙勲を受けた方々に対して個別に名簿掲載を謳った出版業者のセールスがあり、名簿商法としてちょっとした問題になっていました。
このような背景もあり、また個人情報の扱いが厳しくなってきている昨今ですから、あなたの望むようなものはこれからも無いと思います。

Q郵便「不足分受取人払い」

お詳しい方、よろしくお願いします。

普通郵便で『不足分受取人払い』というゴム印が押されてくる場合があります。

仕事柄、返信封書でのやり取りが多いのですが、先方からの送付物の量が不明
なため、返信用封筒へは基本料金分の切手を貼付しております。

以前は『不足分受取人払い』と書かれた封書とともに
「不足分の切手を貼付して投函してください」と書かれたハガキが入っていたんですが
今回はそれがありませんでした。

今日は郵便局へ行く用事があるため、窓口で支払うことができますが、普段は
事務所に私は一人のためなかなか外出できません。

ハガキが入っていない場合は、窓口で直接支払わなければならないのでしょうか?
また、ハガキがある場合とない場合の理由がわかる方いましたら、今後の参考の
ために教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは

>以前は『不足分受取人払い』と書かれた封書とともに
「不足分の切手を貼付して投函してください」と書かれたハガキが入っていたんですが
今回はそれがありませんでした。


多分、忘れただけではないでしょうか?
郵便物が手元にあるようでしたら、そちらを持っていけば不足は支払できると思います。
切手などを買う窓口ですね。

でもそれは忘れたという郵便配達の方の怠慢です。
次に配達の人が来て逢ったら言ってみるのが一番いいですが。

ご参考になれば幸いです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1346498033

http://www.post.japanpost.jp/navi/mame_faq.html


人気Q&Aランキング