自己破産して免責も確定した人は社会的信用を取り戻すまで何年くらいかかるのでしょうか?
たとえば、住宅ローン、携帯電話、クレジットカード、
車のローン等・・・・。
ご存知の方は教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>社会的信用を取り戻すまで何年くらいかかるのでしょうか?



ifumiさんの問いは、団体における基準を知りたいと思います。住宅ローン、携帯電話、クレジットカード、 車のローン等はそれぞれの会社で基準を設けていると思われますので、それぞれは、それぞれの専門の方におまかせする(公表はしていないと考えますが)として、私は私の意見を申し上げておきます。
自己破産は法律上の「借金の踏み倒し方」にすぎません。H8年から動産の差押を禁止してから不動産など所有していない者の自己破産は同時廃止によって短期間で免責決定がされているのが実状です。私は、そのような者に法律を乱用しているとまで考えています。私なら、自己破産した者は永久に信用しません。借金したお金を返さなくてよい方法を自ら申立てることができる現行法に疑問を持っている1人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/29 20:42

カード、借入関係は最低10年はだめですね。


あと、免責を受けて復権しないかぎりつけない職業もあります。
とれない資格もありますのでその点注意がいります
携帯電話はプリペイド式であればそう気にする事はないでしょう
というか、携帯電話は信用情報機関には加入してないので、過去に
踏み倒してないかぎりは関係ないです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/29 20:41

TOPページで「自己破産」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。



ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産 免責決定後に・・・・。

自己破産 免責決定後に・・・・。

詳しい方教えてください。

身内が経営している会社の保証人となり(父、兄弟3人が働いていたため断りきれず)負債額が多く、5年前自己破産をし、所有の財産、家族を失い、精神的にも肉体的にもぼろぼろになり、3ヶ月の精神病院生活、職場では退職も勧告されました。

自己破産 免責決定後に会社の債務の保証人の一部が明るみとなり、(調べた範囲以外の債務があった。社長は自転車創業的にお金を借りていたのでどれが返済しているかもわからず)このたび
支払いが滞っていると打診があり簡易裁判になりました。

このような場合、意図的にはずしていたわけではなく申請を行っていなかったのですが債権者にはこの旨を伝えお願いをしましたが、このような事態となりました。

当時、お世話になった司法書士さんからは意図的にはずしていたわけではないので有効になるだろう。と言われましたがどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、免責の効果は全ての債権者に主張できますから、免責の効果が及ばない債権というものは存在しません。
 ただし、債務者がわざと債権者一覧表に搭載しなかった債権は非免責債権になります。ただし、この場合も債権者が破産について悪意なら別です。

 故意にのっけなかった場合は当然、非免責債権の可能性が高く、無過失でのっけなかった場合は非免責債権になることはありませんが、過失がある場合は下級審で解釈が分かれていたと記憶しています。

 極めて難しい問題で、弁護士会が出しているマニュアルすら専門家でも謝った解釈をしているものが出やすい論点だとしています。したがって、詳しい専門家に裁判自体を依頼した方がいいと思います。

Q自己破産の免責を取り消したい時

自己破産した人がいますがその人には昨年免責が下りました。しかし免責不許可事由にあたる事をしているのですが下りた免責を取り消す事が出来ますか?
自己破産の理由はその人の浪費(自宅以外にマンションを借りていた。女を作って遊び歩いていた。欲しい物は車であろうと何であろうと買い続けた。)以外の何物でもなく、自己破産を申し出る前に特定の消費者金融にだけお金を返しています。(友人が保証人になっているので迷惑をかけたくないと言う理由から)自己破産の理由についてはどうも親の借金を返済する為と偽って嘘八百を並び立てたようです。その様な場合免責は取り消す事が出来ますでしょうか?出来るとしたらどの様にしたら出来るのでしょうか?どなたか教えて頂けたらと思います。

Aベストアンサー

旧破産法366条ノ5によると(新法でも同じですが)、免責許可が取消されるのは、

(1)詐欺破産罪として刑事事件の有罪が確定した場合で、債権者が申立てた場合
(2)「破産者ノ不正ノ方法ニ因リテ得ラレタル場合」で、債権者が確定後1年以内に申立てた場合

のいずれかです。お尋ねのような件では、詐欺破産罪(旧破産法374条)の要件は満たしませんので、(2)となります。

ただ、免責決定も一つの裁判であり、それなりの既判力を持って確定するものですから、原則的に申立ては認められません。

債権者名簿に載っている債権者には免責確定前に異議申し立ての機会があります。そのときに異議を言わないで、後から蒸し返して、免責許可の取消を求めるのですから、なぜそのときに言わなかった(言えなかった)のかということについて、合理的な理由が説明できないと難しいでしょう。

Q自己破産した人の土地を免責間近に・・・

仮定の話でお願いします。
AとBとCは縁故関係があります。
AはBの土地に建てられたCの所有する事務所を借りて業務を行っています。
Bは数年前死亡していますが、土地の名義変更等は一切なされていません。
Cが自己破産をしたと突然いってきました。Cは破産宣告はすでに受けており、一ヵ月後に免責の可否がわかります。
Aは事務所の今後が気になります。
CはAの会社に対して債務があります。もともとはその債務と相殺する形でCの所有する建物をAの所有とする手筈でした。しかしCが何の相談もなく突然自己破産をしたためまずいことになってしまいました。
というのも、免責不許可事由の中に、
「既に返済不能であるのに、特定の債権者だけに特別に担保を提供したり返済する」
というものがあるからです。もしもAがCの建物を手に入れれば、それはすなはちCの免責が下りなくなくなるのではないかと気になりました。
実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

「手筈でした」というのはどういうことでしょうか。代物弁済契約や、所有権移転登記は完了しているのですか?

支払い不能後の代物弁済契約などは、破産管財人による否認(取消)権行使の対象になります。破産申し立て時点で、所有権移転登記が完了していないのであれば、いまからAがCの建物を手に入れる(代物弁済を受ける)というのは困難です。

「もしもAがCの建物を手に入れれば」とありますが、Cの破産開始が決定した以上、AがCの建物を手に入れることはできないと思うのですが・・・

それとも、建物について、Cの財産として裁判所に届け出ていない(隠している)ということですか??

よく事情がわかりません。

Q自己破産 免責確定後の携帯電話の未払いについて。

自己破産をし、1年前に免責が確定いたしました。

ですが、破産手続きの時に、携帯電話の未払いも
債権者のリストに入るという事を何気に見てたサイトで
本日知り焦っています。。

弁護士さんに手続きのお願いをした際に債権者に携帯電話の未払いが
含まれると自分自身思っていませんでしたし、弁護士さんからも
説明はありませんでした。
(それ以前に、携帯電話の料金未払いの事を何気に見たサイトを見るまで忘れていました。。)

半年前に結婚をしているのですが、
5年以上前の携帯電話使用料の未払いですが申請漏れという事で
再度また申請し免責審尋などをするのでしょうか?

もう何年も請求が来ていないのですが今後、携帯電話会社から請求がきた場合どういった対応をすれば良いでしょうか?
(結婚後住所や本籍が違うので請求は契約時に記入した実家にとどくのでしょうか?)

分かりにくい文章で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そのサイトにどのようなことが書いてあったのかわかりませんが…
携帯電話使用料金の債権者である電話会社も破産債権者となっていた(債権者表に記載されていた)ならば、先の破産手続において電話料金は免責されたのだと思うのですが。

もし電話会社が破産債権者としての届出をしておらず、債権者表に載っていなかったとしても、破産手続が終了した後は破産者に対してその債権を請求することはできないはずです。

要するに、私の見解では、このままで大丈夫だと思います。
当時の弁護士さんに一応相談してみるといいと思います。

Q自己破産免責をする場合、弁護士と司法書士では?

病気とリストラで貧困になり消費者金融(法外な利息を取るヤミ金はありません)から500万を借りて病気、無職で返せない状態でやむおえず自己破産免責を考えて弁護士さんに相談にいきました。

費用は60万円弱だそうです。

ただ小耳にはさんだのが司法書士さんで自己破産免責をすると費用が半額くらいとききましたが、そうなんでしょうか?

また弁護士さんか司法書士さんに依頼したときのそれぞれのメリットとデメリットはなんでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自己破産は御自分でも出来ます、約3万ほどですよ。
 
 http://www.jikohasan.cc/pages/cost.htm

手続きの仕方
 http://www.jikohasan.cc/pages/step.htm

弁護士・司法書士を使った方が、悪質な取立て等から直ぐに守ってくれます、そして、専門家に以来すると取り立て・返済はストップします。
これが法的手段を使用できる人の特権です。

悪質な取り立て・命が脅かされている等な事が無ければ弁護士まで必要はないでしょう。

参考にどうぞ、
 http://www.jikohasan.cc/
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報