1996年4~6月にテレビ朝日で放送されたドラマ「イグアナの娘」。最初は何気なく見ていましたが、回を追うごとになぜか引き込まれてしまい、結局最終回まで観てしまいました。ストーリー等ご存知ない方は下記サイトをご参照下さい。

http://www.tv-asahi-channel.com/drama/17.html

当時サラリーマンだった私は、会社で上司にいびられまくっていた自分自身を主人公リカの姿に重ね合わせて共感していたんだと思うんですが、このドラマの本当のテーマは、心理学からみると一体何でしょうか?

カインコンプレックスとも違うと思いますし(妹は母親に溺愛されていた)、エディプスコンプレックスも関係なさそうですし…。

検索エンジンで探した「イグアナの娘~その記憶と記録」(http://www2s.biglobe.ne.jp/~dang/iguana/)はかなり凝った作りのサイトで、その「辞典」には「アダルトチルドレン」と「醜形恐怖」というのがありましたが、普通の人間にはとても美しい母親と可愛い娘にしか見えないのです。

それとも容姿は美しくても同じ様に内面の醜さ(それを象徴するものとしてイグアナという醜い動物の姿を借りた)を持った母娘の葛藤なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

さまざまなテーマを含んでいるように思いますねえ。


例えば母の歪んだ認知(セルフイメージ)、母と長女(溺愛していた次女ではなく)の共依存、それによる歪んだ認知の世代連鎖、etc.・・。
母(川島なお美)は、明らかに、長女(菅野美穂)に依存(+支配)していたのでしょうねえ。
だからこそ、母は長女に対してあれだけの暴言を吐いたりできるのでしょうねえ。
そして、醜い長女が自分と同じように見えることに恐怖を感じつつも、同士として安心感さえ持っているように思えます。そして、長女が美しく成長していくとともに、その安心感が揺らぎ始め、不安定になっている状況が描かれていたように思います。
もっとも、妹(榎本加奈子)は、途中でそれに気づいたようですが。

ただ、長女(菅野美穂)は、ダーリン(岡田義徳)によって、その歪んだセルフイメージによる束縛を解かれ、ありのままの自分を受け入れることができた、というハッピーエンドだったと記憶しています。

要するに、母親から受け継いだ歪んだ価値観に束縛された女性が、解放され、自分を肯定し、自分を尊重して生きていけるようになる過程、というテーマかな、と思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんなに深い部分でドラマを捉えていらした方もいらっしゃることを思い、コメントに対して感銘を受けました。

イグアナ=歪んだセルフイメージの象徴というのは大変分かり易いです。また、そうした心理を絵的に巧みに描写した原作者の観察眼にも、今回改めて感心させられました。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/18 22:55

ドラマの方はあんまりじっくり見てなかったので、原作から考えられることを……。



性格的に甘えベタで不器用な娘と、甘え上手な妹が年子でいます。
親からすると、一つ違いでも下の子の方が常に手が掛かるので、ついついお姉ちゃんには「しっかり」することを求めるわけです。上の子はますます甘えられません。しかも、イグアナの娘は、非常に優秀なので、親はますます「できて当たり前」と思ってしまいます。上の子は聡明であるが故に、甘えることを自分に禁じてしまいます。そういう親子の気持ちの食い違いが原因なのに、イグアナの娘は母親のひょんな言葉から「自分が醜いから」という言い訳を見つけてしまうわけです。子どもには客観的に自分を評価できないのだから、それは刷り込まれてしまいます。

結婚して親の呪縛から離れても、母の愛を求める気持ちは満たされず、母の死という場面で初めて、自分と同じコンプレックスを持つ母の心を悟る、しかし幼い頃からの気持ちは満たされないまま、おそらく少しずつ自分で埋めていくしかないのだ、というラストなのだと思います。

「アダルトチルドレン」というほど虐待されているわけでもない、どこの家にでもよくある親子の誤解のドラマだと思いますが。

あと、どんなに周りから優秀だ、美人だといわれていても不満足な人はいっぱいいます。気の持ちようで、自分から不幸を引き寄せてるような人って割といますね。長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>親子の気持ちの食い違いが原因…母親のひょんな言葉から「自分が醜いから」という言い訳を見つけてしまう

鋭い見方をされている、と、思わず感服致しました。それを言葉で説明するのでなく、ドラマや原作ではイグアナを使って絵的に説明した、というわけですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/16 00:36

>イグアナという醜い動物の姿を借りた)を持った母娘の葛藤なのでしょうか?



私も母親(川島なお美)が自分が醜いイグアナだったことを棚に上げ、イグアナと人間(草刈政雄)のハーフ?の娘(菅野美穂)をいじめるので???
でしたが、
家内によると次第に女らしくなっていく娘を「ライバル視」しているのだわ。
わかるわかる。とのことでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>次第に女らしくなっていく娘を「ライバル視」

女性の場合、母親になって娘ができて、その娘が美しくなると敵愾心を燃やす、という女性の深層心理を描いているというわけですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/16 00:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「イグアナの娘」のエンデイングって?

 人に聞かれたのですが、「イグアナの娘」を見ていなかったので、エンデイング曲のタイトルが分かりません。曲名とタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

エンディングかどうかわからないのですが
主題歌だったらエルトンジョンのユアソングだったと思います。
探してみたところ
以下のようなHPがみつかりましたので参考に見てみてください。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/~dan/iguana/index.html

Qエディプスコンプレックス 母子家庭

エディプスコンプレックスについて質問です。男幼児が異性の親(母親)に性的な感情を抱くようになり、同姓の親(父親)を邪魔な存在だとして恨むようになる。しかし父親には敵わないので、それを乗り越えて、父親を尊敬する精神に変化していき、自我形成がなされていく。 といいますが、これというのは母子家庭で育った子はその父性(男らしさみたいなもの?)を獲得するチャンスがなくなってしまうということですか?色々呼んでみると、この同姓の親というのは必ずしも生物学的な親じゃなくてもよく近所のおじさんとかでもなりえるとかありますが、そのような父親像を演じてくれる男性が全くいない環境で育った男児は、男性像(情熱、厳愛)などを獲得できずに成長してしまうのでしょうか?もしそうだとしたら、もうどうすることもできないのでしょうか?
もしどなたかご意見頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、

エディプス・コンプレックスを余りに枠にはめて考えすぎているようです。

確かに、理論的にはそうですが、現実の家庭は、(世界と歴史を見渡してみると)
千差万別、アラブ圏では、一夫多妻もあり、一夫一婦制の夫婦という制度さえ、
形を成さない国、地域、時代は、いくらでもあります。

こういった理論がある程度ピタッと当てはまる、
「夫婦が仲良くて、子どもが素直に育っている」という家庭は、ごく一部だけです。

では、「他の大部分の家庭には当てはまらない」ということではありません

エディプス・コンプレックスは、ひとつの(一例と言っても良いかもしれません)
基本的な人間の成長過程の課題を示しているのであって、
そのバリエーションのすべてを示している訳でも、示せる訳でもありません。

なので、理論の大元さえつかんでいれば、
必ずしも具体的な母親や父親が居るとか居ないとか、余り関係なく理解が可能です。

さて、父性は、言われるとおりに、現実の父親が居ないことで、
モデルとしての強い獲得は、むつかしくなるかも知れませんが、
(No.1の回答の例のように・・・)替わりに、テレビや小説の中から理想の父親像をつかむかことも出来ます、
また、兄や年上の友だち、先生、近所の男性、母の友人、親戚、多様な男性像の中から
選択し、自分の中で作り上げることも、充分に可能です。

但し、その場合、性的な乗り越えという意図や意味は、薄いかもしれませんが、
これは、元々意識しにくいものですし、フロイトの提唱した性的なエネルギー
との解釈は、余りにも一面的な見方だと思いますし、そしてまた、
性格や環境などによる、エディプス・コンプレックスの個人差はかなり大きなものです。

> もうどうすることもできないのでしょうか?

そんなことは絶対ありません、
色々な選択肢と、環境や性格によって、取る(取れる)べき成長の道があります。そして、
最終的には、父親や母親がどうであれ、自分を育てているのは自分自身だという
自覚を持つことであり。自分の言動に責任を持つのが大人に成るということだと思います。

こんにちは、

エディプス・コンプレックスを余りに枠にはめて考えすぎているようです。

確かに、理論的にはそうですが、現実の家庭は、(世界と歴史を見渡してみると)
千差万別、アラブ圏では、一夫多妻もあり、一夫一婦制の夫婦という制度さえ、
形を成さない国、地域、時代は、いくらでもあります。

こういった理論がある程度ピタッと当てはまる、
「夫婦が仲良くて、子どもが素直に育っている」という家庭は、ごく一部だけです。

では、「他の大部分の家庭には当てはまらない」ということではあ...続きを読む

Qイグアナの娘

菅野美穂さん主演の「イグアナの娘」の最終回はどうなったのか分かる方教えてください。最終回だけ見れなくてずっと気になっています。

Aベストアンサー

こんにちは(^-^)v

良いドラマでしたよねー。
今でも印象に強く残ってます。

参考URLです。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/hagio.html

http://karen.yim-i.net/archives/2005/01/daughter_of_iguana10-11.php#more

Qエディプスコンプレックス

「ブラックジャック」とか「エディプスの恋人」などを
読んで知った言葉ですが、子供が異性の親を好きになって
しまうこと(?)ですよね。これは誰にも当てはまることなんでしょうか
また、これの延長線上にマザコンとかそういったものがあるのでしょうか

Aベストアンサー

子どもは、3~4歳になると、自分の欲求(~したい!)など自我を持つようになります。そして、親のしつけと子どもの自己欲求が対立するようになります(1次反抗期)。このとき、子どもにとって親は、大きな権威という壁になります。言い換えると、親が大きな敵となるわけです。特に父親は権威の象徴になります。ここで、子どもは、自分の自己欲求を押し通すのではなく、親のしつけに対し自分で考え、納得して、受け入れていくことを学びます。特に男の子は、父親という権威に対して、敵対しても無理と分かると、受け入れるだけでなく、父親に近づこうとします。そして、父性から「男らしさ」というものを学んでいきます。この時期、同性の親が、敵対から真似する(近づく)対象へと変化していきます。この親と敵対した段階をギリシャ神話の父を敵とした話からとって、エディプス期とよんでいます。
 これは、誰にでもあることですが、エディプス期に自分で考え親のしつけ(親の権威)を受け入れる過程がうまくいかず、親の権威が敵のままだと、後に影響が出てきます。
 特に青年期に問題が出やすいらしいです。
 一例をあげると、エディプス期の失敗で親のしつけに対して、敵対したまま親に無理やり押しこめられた状態だと、自分で考えて解決していないので、フラストレーションがたまります。しかし、親に押し込められたままなので、解決方法を学んでなく、とりあえず短絡的にすっきりしようとします。そこですっきりするため最も簡単な「他人への攻撃」にはしりやすいそうです。そして、成長し、青年期なった時(特に思春期など)イライラした状態になりやすい状態で、すっきりしようとして、「他人へ攻撃する」という行為にはしりやすくなります。いわゆる、「理由亡なき反抗」になってしまいやすいそうです。
また、親との信頼関係を作れない、父性を正しく身につけない、権威への執着などの問題が出てくることがあります。
 さらに、深刻だと、精神病理の原因になってしまうらしいです。
でも、基本的に誰でもエディプス期があり、キチンと乗り越えます。

 結局、エディプスコンプレックスとは父親(親の権威)に対して敵対することで、誰にでも成長過程にあります。しかし、それをクリアできずに、エディプスコンプレックスを持ったままだと問題が起こりやすいということです。

子どもは、3~4歳になると、自分の欲求(~したい!)など自我を持つようになります。そして、親のしつけと子どもの自己欲求が対立するようになります(1次反抗期)。このとき、子どもにとって親は、大きな権威という壁になります。言い換えると、親が大きな敵となるわけです。特に父親は権威の象徴になります。ここで、子どもは、自分の自己欲求を押し通すのではなく、親のしつけに対し自分で考え、納得して、受け入れていくことを学びます。特に男の子は、父親という権威に対して、敵対しても無理と分かると...続きを読む

Q「イグアナの娘」のテーマを心理学からみると?

1996年4~6月にテレビ朝日で放送されたドラマ「イグアナの娘」。最初は何気なく見ていましたが、回を追うごとになぜか引き込まれてしまい、結局最終回まで観てしまいました。ストーリー等ご存知ない方は下記サイトをご参照下さい。

http://www.tv-asahi-channel.com/drama/17.html

当時サラリーマンだった私は、会社で上司にいびられまくっていた自分自身を主人公リカの姿に重ね合わせて共感していたんだと思うんですが、このドラマの本当のテーマは、心理学からみると一体何でしょうか?

カインコンプレックスとも違うと思いますし(妹は母親に溺愛されていた)、エディプスコンプレックスも関係なさそうですし…。

検索エンジンで探した「イグアナの娘~その記憶と記録」(http://www2s.biglobe.ne.jp/~dang/iguana/)はかなり凝った作りのサイトで、その「辞典」には「アダルトチルドレン」と「醜形恐怖」というのがありましたが、普通の人間にはとても美しい母親と可愛い娘にしか見えないのです。

それとも容姿は美しくても同じ様に内面の醜さ(それを象徴するものとしてイグアナという醜い動物の姿を借りた)を持った母娘の葛藤なのでしょうか?

1996年4~6月にテレビ朝日で放送されたドラマ「イグアナの娘」。最初は何気なく見ていましたが、回を追うごとになぜか引き込まれてしまい、結局最終回まで観てしまいました。ストーリー等ご存知ない方は下記サイトをご参照下さい。

http://www.tv-asahi-channel.com/drama/17.html

当時サラリーマンだった私は、会社で上司にいびられまくっていた自分自身を主人公リカの姿に重ね合わせて共感していたんだと思うんですが、このドラマの本当のテーマは、心理学からみると一体何でしょうか?

カインコンプレ...続きを読む

Aベストアンサー

さまざまなテーマを含んでいるように思いますねえ。
例えば母の歪んだ認知(セルフイメージ)、母と長女(溺愛していた次女ではなく)の共依存、それによる歪んだ認知の世代連鎖、etc.・・。
母(川島なお美)は、明らかに、長女(菅野美穂)に依存(+支配)していたのでしょうねえ。
だからこそ、母は長女に対してあれだけの暴言を吐いたりできるのでしょうねえ。
そして、醜い長女が自分と同じように見えることに恐怖を感じつつも、同士として安心感さえ持っているように思えます。そして、長女が美しく成長していくとともに、その安心感が揺らぎ始め、不安定になっている状況が描かれていたように思います。
もっとも、妹(榎本加奈子)は、途中でそれに気づいたようですが。

ただ、長女(菅野美穂)は、ダーリン(岡田義徳)によって、その歪んだセルフイメージによる束縛を解かれ、ありのままの自分を受け入れることができた、というハッピーエンドだったと記憶しています。

要するに、母親から受け継いだ歪んだ価値観に束縛された女性が、解放され、自分を肯定し、自分を尊重して生きていけるようになる過程、というテーマかな、と思います。

さまざまなテーマを含んでいるように思いますねえ。
例えば母の歪んだ認知(セルフイメージ)、母と長女(溺愛していた次女ではなく)の共依存、それによる歪んだ認知の世代連鎖、etc.・・。
母(川島なお美)は、明らかに、長女(菅野美穂)に依存(+支配)していたのでしょうねえ。
だからこそ、母は長女に対してあれだけの暴言を吐いたりできるのでしょうねえ。
そして、醜い長女が自分と同じように見えることに恐怖を感じつつも、同士として安心感さえ持っているように思えます。そして、長女が美しく成...続きを読む

Qオイディプス(エディプス)の物語の本

母と知らずに母親と結婚し、父と知らずに父親を殺したオイディプス(エディプス)の物語が載っている本の名前を教えてください。

ギリシャ神話だったような気がしますが、もし、後世の作家が、脚色した戯曲や小説で、有名なものがあれば、それも教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

ソポクレスの戯曲(演劇用の台本形式の書物)の「オイディプス王」ですね。
私も所有していますが、岩波文庫で出版されています。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0657.html

Qイグアナの娘で使われていた曲

何年か前のイグアナの娘でつかわれていた、曲名をしりたいのですが、教えて下さい。また、その楽曲の楽譜(ピアノ)が購入できる通販のページなどあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

主題歌はエルトン・ジョンのYour Songですね。サントラも発売されたようです。
ここ
http://member.nifty.ne.jp/~dan/iguana/

http://member.nifty.ne.jp/~dan/iguana/music/index.html
をごらんになってください。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/~dan/iguana/,http://member.nifty.ne.jp/~dan/iguana/music/index.html

Qエディプス・コンプレックスについて

フロイトの「エディプス・コンプレックス」は精神分析の発見の中ででもっとも有名で、重要なものであると習いました。

そこで、エディプス・コンプレックスは精神分析学において、どのように重要なのですか?幼児はこのような母親を確保したいという感情を本当に抱くのでしょうか?

精神分析全般に言えることですが、こう考えれば全てうまく説明できるといったものの言い方で、悪く言えば、屁理屈のようで、いまいち納得できないことが多いです。

だからといって、人間の精神を客観的に証明なんて出来るとは思いませんが。。

Aベストアンサー

専門家でも経験者でもありませんが、感想として少し述べさせていただきたいと思います。

>エディプス・コンプレックスは精神分析学において、どのように重要なのですか?
:コンプレックスというのは直訳すると「錯綜」「複合」とかいう意味になるようです。
たとえばマザコンは、現在の恋人の印象と過去に体験した母親の印象とを錯綜している男性を表現した言葉になるわけです。
無論、本人はそんなことを意識しているわけではありませんが、恋人の女性からすれば母親代償としての役割を求められる(と感じる)わけで戸惑ってしまいます。
そのような男性に対して、自分が庇護すべき女性に、庇護されたい母親像を求めていたことを気が付かせるのが精神分析の手法と言えるように思います。

エデイプス王は赤ん坊のときに、「この国に災厄を招く」という予言を真に受けた父親によって隣国に捨てられるのですが、成長後に隣国でも同じ予言をされます。
怖れをなして自ら隣国(本来の生国)に逃れるのですが、そこで(それとは知らず)実父を殺して実母と結婚することになります。
後に真実を知り、罪過を償うとして自分の目をくり抜いて盲目になり、娘であり孫でもある女性に手を引かれて諸国流浪の旅に出るという世界3大悲劇の主人公です。

この作品は、エディプスが自分の罪過を知らず国内にはびこる不幸や災難の原因を捜し求めているうちに、実はその原因が自分自身にあったことを発見するという構成になっています。
これは分析者が患者自身の気付かぬ心理的病根を分析し解明する手順に酷似している上に、幼児が両親に対する態度が象徴的に描かれた作品であるとしてこのように名づけたようです。

ただ、これはあくまで象徴であって、幼児がこのような性的関心を意識的に抱くと言っているわけではありません。
フロイトの本旨は、男児が父親に対する尊敬と反抗、母親に対する愛着と(近親相姦を)忌避する無意識的心理葛藤を経て精神的な高みに昇華していく、つまり超自我の確立に男性としての人格の確立があると説いたのだと思われます。
父親が尊敬できるような人格を持ち、且つ乗り越えるに価する強い存在であるのが理想であると共に、子供に愛着を感じさせない母親が理想とは言えないことは確かではないかという気がします。

フロイトは当初、ヒステリー患者の治療に当たっているうちに無意識と呼ぶべきものの存在に気付き、そこには性的傾向が強く潜在していることを見抜いて、それをリビドーと名づけたわけです。
パラノイア(偏執狂)という機能障碍には、性的本能だけでは説明ができないとしてリビドーを心理エネルギー全般と定義し直したのがユングでしたが、これは概念を拡大したのであってリビドーにおける性的要素を否定したわけではないと私は理解しています。
「音楽の起源が性にあるのは明白だが、音楽を性欲そのものだというのはおかしい」とユングは述べていますが、それを裏付けていると解釈できるでしょう。

フロイトは勇気ある水先案内人であったために、ある意味では強引に進んだという面はあるでしょう。
反発にせよ分岐にせよ、その切り拓いた道筋を元に多くの優秀な弟子たちが輩出していったわけです。
門外漢なので詳しくは知りませんが、修正すべき点は修正し、新たな視点が加わりもし、精神分析学も変容を遂げてきているのではないかと思います。
フロイトのみに無闇に心酔するのもどうかと思いますが、矢鱈に忌避したり頭から否定するだけなのも、精神や心の問題が未だ解明されていない以上適切な姿勢とは思えません。
心や精神の全てを秩序立てて説明できる学問というものは、私が知らないだけかもしれませんが未だ確立されていないように思います。
いずれ脳科学で全てを説明できると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、心理的仕組み(how)は明らかになっても、その本質(why)まで解明することが可能かどうかはまた別の問題と捉えておくべきでしょう。
心理学を専門にされる方には特に、柔軟な精神こそが求められているような気がしています。
 

専門家でも経験者でもありませんが、感想として少し述べさせていただきたいと思います。

>エディプス・コンプレックスは精神分析学において、どのように重要なのですか?
:コンプレックスというのは直訳すると「錯綜」「複合」とかいう意味になるようです。
たとえばマザコンは、現在の恋人の印象と過去に体験した母親の印象とを錯綜している男性を表現した言葉になるわけです。
無論、本人はそんなことを意識しているわけではありませんが、恋人の女性からすれば母親代償としての役割を求められる(と感...続きを読む

Qイグアナの娘

10年以上は前だと思いますが、菅野美穂が出演していた『イグアナの娘』の挿入曲を知っている方がいましたら教えてください。歌詞はなく、オルゴールの様な静かな綺麗な音楽です。

Aベストアンサー

No.2です
幾多の満月と幾多の溜息
あと 同じ曲ですが こっちの方がそれっぽいかな?

http://www2.j-ken.ne.jp/song.php?category=3&song=102435_100503

Q豹やチータは美しいのにハイエナが醜いのは何故?

テレビのアニマルプラネットを良く見ます。豹やチータはとても美しく優雅に感じますが、ハイエナは醜く感じます。(多分多くの人も同じでは)
人間の祖先からすれば、豹もハイエナも人間を襲う恐ろしい野獣だったはずです。現代人が豹やチータを美しいと感じハイエナを醜いと感じるのは何故でしょうか?不思議でたまりません。

Aベストアンサー

動物は強い子孫を残すために、肉体的な強さが表現した外見の異性を好ましく感じます。
シカだったら角がでかい、クジャクなら尾羽根が立派、とか。

おそらく、人間にとっては長い手足や高い身長はその意味で美しいと感じやすい要素なんだと思います。
実際は人間には文化がありますから、「美」の定義も異性に感じる魅力もそれだけではありませんけどね。


で、人間は他の動物を見るときに自身を投影したりしますから、ヒョウやチーターの身体つきや動作の方がハイエナより好ましいと感じるのではないでしょうか。

それと、機能美ってやつがありますよね。
機械や道具でも機能を追求した結果のデザインに美を感じる気持ち。
それに似た物を特にチーターなんかには感じるのかもしれません。
あれはサバンナで獲物を短距離追いかけて倒すためだけにできあがったデザインですよね。
逆にハイエナは短距離でそこそこのスピードも出せる長距離の追跡も出来れば死肉食いも出来る汎用性に富んだデザインです。
スポーツカーが好きな人がファミリーカーを一段下に見るような感じなのかも。


余談
私はハイエナやバクやアリクイ、センザンコウなんかが好きなんですが、あれを美しいと感じて好きなわけでは無いんですよ。
何を美しいと感じるかとそれが好きかどうかはかならずしも一致するものでは無いようです。

動物は強い子孫を残すために、肉体的な強さが表現した外見の異性を好ましく感じます。
シカだったら角がでかい、クジャクなら尾羽根が立派、とか。

おそらく、人間にとっては長い手足や高い身長はその意味で美しいと感じやすい要素なんだと思います。
実際は人間には文化がありますから、「美」の定義も異性に感じる魅力もそれだけではありませんけどね。


で、人間は他の動物を見るときに自身を投影したりしますから、ヒョウやチーターの身体つきや動作の方がハイエナより好ましいと感じるのではないでしょうか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報