9月の半ば頃に右に1つ、左に2つピアスを開けました。1週間ほど前にセカンドピアスへの交換を試みたのですがファーストピアスをはずしてみるとピアスホールから膿みのようなものがしみ出してきたので交換をやめて消毒をしてまたファーストピアス(チタン)をつけています。
ピアスを開けてからずっと問題はなかったのですが交換を試みた1週間ほど前から消毒をしたコットンに膿みのようなものがつくようになりました。これは金属アレルギーなのでしょうか?かゆみや痛み、腫れなどはないのですが、時々血も混じっていることがあります。このままピアスホールが落ち着かないんじゃないかと心配です。どうすればいいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

チタンですからあまり金属アレルギーの心配はないと思いますが、下の方が書かれている通り、ファーストピアスは金の方が良いですよ。


18金か、心配なら24金を使用してください。

交換してから膿んでしまった…というのは、恐らく傷が開いたのでしょうね。
しばらく消毒をし、ひどくなるようなら病院で化膿止めをもらってください。
9月の半ばに開けてたということですが、人によってはまだまだピアスホールが落ち着かない時期です。
今年いっぱいはファーストピアスでいくくらいの、のんびりとした気持ちで構えて下さいね。
私も2~3カ月はファーストピアスのままでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お応えいただいて安心しました。早く付け替えたくてあせってしまったのがだめだったんですね。これ以上ひどくなるのもいやなので今度は気長に待ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/27 11:53

ピアスホールの感染症で、ピアスをそのままに抗菌剤による内服、外用を併行してそのまま問題のなかった人もいますが、医学的には絶対にお勧めはできません。


ピアスは異物であり、感染の病巣内に異物を放置することは絶対にいけないことなんです。感染が起こったら、一旦ピアスを外して感染を治療、再度開け直すのがセオリーです。
しかしあえてされるなら、ターニングポイントを見誤らないように医師の監督下で行われるのがせめてもの安心材料です。最悪の場合、耳垂(みみたぶ)が腐って落ちます。
    • good
    • 0

簡単に済ませないで下さいね。


現在最も大きな問題となっている症状の一つです。
放っておくと、耳たぶが現在の倍以上になりかねません。
ケロイド症状まで発展する事もありますし、直ちに病院へ行くべきです。
また、ピアスは直ちにはずして下さい。
私の友人は全く同じ症状から始まり医院へ行くことをためらっている内に、症状が悪化し担当医からかなりきついお叱りを受けたことを覚えています。
同時に腫れが始まりある程度のところまで行くと症状が固定してもどらなくなります。
気を付けて下さい。
    • good
    • 0

ファーストピアスでチタンは良くないように思うのですが・・・。

!18金などが一番膿みにくいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報