このカテゴリでよいのか分からないのですが、
科学的な回答が欲しいのでここで質問します。

よく古事記などに人が目の前から忽然と消えたり、
軍隊が忽然と消失したりなど。神隠しまがいな事が
書かれています。
実際このような現象は発生するのでしょうか?
又、発生する場合は科学的にどのような解明ができるのでしょうか?
尚、消えて人は何処に行くのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

A#1追加



物に対しては一時的に見つからないなどで盲点が考えられます。(以下URLの視覚野の欠損みたいな感じ)
http://www2d.biglobe.ne.jp/~aquila/medical/p6/m9 …

とか。また、小人が物を隠して、違うところに置き、いくら探しても出てこないが、あとから意外なところで見つかるとかありますが、これって、一時的な記憶喪失とも考えられます。ほら、良くあるじゃないですか、酔ってもいないのに通勤(通学)途中、つい今しがた通ってきた場所の情報が欠損しているとか(これは、体が通過点を記憶していて無意識下で移動している場合もありますが。条件反射で交差点を曲がっているとか)考えられますから難しいですね、この問題は・・・。ちなみに酔ってて記憶が無くても朝に布団で寝てた何てこともありますが、あれもアルコールによる記憶喪失なんでしょうね。

A#3の方の後半が面白いですね。存在を末梢して神隠しのせいにするみたいな・・・。今の時代でもどこかでやってそうな気もします。あと、拉致して人身売買とかも・・・。神隠しという非科学的表現よりも現実味があって怖いですけど。別な意味で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/30 20:02

可能性としては.



1.湿地帯で人がおぼれた(火山性ガス中毒で死亡した)
2.人が道に迷った
3.台風などで集落全体が滅んだ
4.馬に乗っていてどこかに出かけた

等が考えられます。又.一部地域では
略奪婚で適当に人を誘拐してきた場合
間引き等で殺した(村から追い出した)ことを「神隠し」と称した
事が考えられます。
特に古事記等天皇関係の文書は.天皇の支配を強めるために.天皇が変な力を持っているかのごとき内容が宣伝されますから.稗田阿礼のつくった空想の世界として解釈しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/30 20:02

 超常現象というとらえかたとは少しずれてしまうのですが、こういう考え方はいかがでしょう。



「神」という言葉には「お上」、つまり自分たちにはどうにもならない圧倒的な権力者を指している気もします。
 無理矢理に時の権力者に連れていかれて、目撃者はそれを決して口外してはならないとされた場合。。
「神隠し」→「御上によって連れ去られた」とは解釈できますまいか。
 ちょっと夢のない解釈ですみません。
 でもこの場合、その人たちは連れ去られたのですからどこかで人知れず存在していることになりますね。
 返してもらえない、口外が許されない、そういうことを考えるとロクな目に遇ってない可能性をどうしても想像してしまいますが、、

 わたし個人としては、不可思議な「場」のエネルギーがたまたま溜まったところに生物がなんらかのスイッチの役目を果たして、どこか別の時空に移動する……という希望的な見方もしています。
 ただ、こういう考え方では意図的な移動でないために移動先が選べないので、そこが未来か過去か地球上か宇宙空間かはたまた虚数空間か……生存可能なところになっている可能性はあまり高くないかな~とか考えたりします。

 意図的に「飛ばされた」「呼ばれた」場合だったら、もう少し夢のある世界になるのかもしれません。
 まだまだ世間的に知られている科学力では、人を呼んだり飛ばしたりするには普通の物理学に頼る方が簡単かつ省エネのようですが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/30 20:02

 オカルトを題材にしたTVのバラエティショーなどで取り上げられるこのての話は、科学的に説明できる場合が多い、と思います。

たまたま、手元にある講談社ブルーバックス「会談の科学part2」に筆者の謎解きの一つが紹介されています。また同じくブルーバックス「超常現象をなぜ信じるのか」に、それが広まっていく過程がわかりやすく解説されています。

 国史に現れる神隠しは、全くの私見で、全部がそうだといえないのかもしれませんが、そのようなオカルト的「事実」を進んで受け入れようとする、癒しを求める心が、大衆の中に充満する局面が歴史上なんどかあらわれたのだ思います。それが後生に伝わったときの姿が、あのような形で残っているのでしょう。

 また、政治的にもこういうことにしておこう、そうすれば都合がいい、といいようなことがあったのかもしれません。7世紀まで、日本語は文字を持ちませんでした。それまでは、口承によって「歴史」が記録されてきたのでしょうが、いわば大規模な伝言ゲームを行ってきたわけで、そのときどきの政治的影響が排除されたとは思えませんし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/30 20:01

以前研究所の上司がよく言っていた言葉を思い出しました。



皆さん、置き忘れ、ということを時々経験されると思います。
こういうとき「○○が無くなった」と言いますよね。
その上司は、この言い方が大嫌いで、

「物質が消滅するときには、どれだけのエネルギーを放出すると思っているんだ」
「どんなに小さなものでも、完全に消滅させるためには核爆発並のエネルギーを供給する必要があるのだぞ」

真顔でよく言われたものです。

物体を消滅させるためには、ブラックホール並の超高圧力空間で押しつぶすか、巨大なエネルギーを供給して発散させるしかないのでしょう。

置き忘れたものは「無くなったではなく、見つからないと言いなさい」
上司の教えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/30 20:01

ワームホールとか考えられませんかね?


ワームホールの両端は違う時代に繋がっているという噂もありますし、違う次元に繋がっているという話もあります。それらの移動に関して移動する本人の時間に流れが無いみたいなことも誰か言っていたような?

参考URL:http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%a5%ef%a1% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/10/30 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会科学部とは 社会科学部の定義or社会科学とは

社会科学部とはなんでしょうか?

日本国内ではどこにありますか?
他、世界各国ではこのような名称はあるのでしょうか?

また、社会科学とはなんなのでしょうか?
法学や社会学とはどう違うのですか?

地理や歴史を主に学ぶと聞きましたが本当でしょうか?

Aベストアンサー

他の質問からして受験生のようですね。

私は早稲田大学社会科学部3年の者です。

社会科学=政治経済法律社会経営歴史などの社会の趨勢を学問対象とするものです。

したがって社会科学部ではこれらを学びます。

例えば以下早稲田社学の公式サイトですが、
学べる学問の対象はかなり幅広いものとなっています
そもそも大学のたかが4年間で専門知識を持ってる人、かなり少ないです。
そういう現状からして、もっと一般的にいろいろなことを学べる学部、
それが社会科学部なのです。

社会科学部:http://jbbs.livedoor.jp/school/21722/


また、以下にもありますが、受験生だとしたら、
社会学と社会科学とを混同しないようにしましょう。

社会科学の中に社会学があります。

社会科学について(志望校選びに注意)
https://sites.google.com/site/wasedasocs/

参考URL:https://sites.google.com/site/wasedasocs/

Q交流電源発生装置において、コイルには誘導起電力が発生する辺と発生しない辺があります。どうして特定の

交流電源発生装置において、コイルには誘導起電力が発生する辺と発生しない辺があります。
どうして特定の辺には発生しないんでしょう?

写真の図99の左の絵の辺ウイとエアです。
教科書の本文にある「磁場を横切らずに回転するため…」の件の詳しい説明を求めています。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

真上から(磁石のS極側から)、導線の横切る「面積」を見てみましょう。

 「アイ」や「ウエ」の導体は、「真横」になったときから、180°回転する間に「導線の長さ × 回転の直径」に相当する面積の「磁束」を通過することが分かりますよね。

 では「イウ」や「エア」の部分はというと、この部分が回転してできる「線」の部分しか「磁束」を通過しません。「線」では「面積」はゼロなのです。つまり、「磁束」を横切ってはいないのです。

 つまり、「アイ」や「ウエ」は磁束を横切っていますが、「イウ」や「エア」の部分は、磁束を横切っていないということなのです。

 もう一度、真上からよく見てみてください。

Q科学と非科学

私は最近科学と非科学についての違いがわからなくて困っています。
そもそも科学というのはどういう事を言うのでしょうか?科学技術が進歩していることでしょうか?
先日土着の民族の事を読んだのですが、そこには土着の民族というのは非科学である。なぜなら、非科学というのは本や参考書があるわけではなく、見て経験をして学ぶものだと書かれていました。
非科学というのは、いわゆるこういう事を言うのでしょうか??

私の説明はおそらく皆さんに伝わらないと思いますが、もし理解できなければこれを無視して、皆様の意見を聞かせてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

piyoco123さんの回答は、イギリス系思想家の考え方を、非常に分かりやすく的確に表現したものです。すばらしすぎる。ただの「一般人」とは思えませんね。

さて、カール・ポパー(piyoco123さんご指摘のような議論の代表者)から、ぼろくそに言われまくれ、全体主義者とまで勘違いされているドイツ系弁証法家としても、これは何か発言しないわけにはいかないでしょう。

ドイツ系思想家の特徴として、体系的整合性を重視する傾向があります。体系的な方法論で作り出された学問だけが学問的、もしくは、科学的(wissenschaftlich)だという風に考える傾向が主流にあり(ヘーゲル、マルクスなど)、イギリス人の経験論のように、物事をいくつもの構成要素に分解したり、それぞれの事象がカバーするポイントを列挙したりする思考様式は、学問的なものではないとして、嫌われます。そういう物事の捉え方だと、複雑なシステムの有機的運動は説明できなくなる、というのが弁証法家の発想なのです。(本来、アナログに出来ているものを、無理やりデジタルに理解するようなものですからね)なお、先ほどから体系的という言葉を使っていますが、体系とは原語ではズィステーム、つまり、英語のシステムです。

また、ドイツ系哲学では、他人の書いた著作を読んで、その本の著者の思考の流れを追体験することをも経験と呼びます。ただし、ヘーゲルの場合は厳密に、現実社会で生きているなかでの体験と、他人の著作を読んで思考過程を追体験する経験を、ErfahrungとEmpirieという別の単語で使い分けます。他人の思考の追体験と同様に重視されるのは、一人の心の中で二つの意見が動いている場合で、これは他人と議論をしているのと同等だと考えます。真理とは一般に、概念と現実が一致している状態とされ、概念はひとつの哲学体系の中で自らの位置を占め、学問全体の一部であるとされます。非科学的なものとは一般に、物事のあるべき自然の姿(=現実)が概念に一致していないことを意味します。ここには、自然法思想の最後の残滓があるのです。(うーむ、いかにもアドルノ的な文章だ)

この傾向はマルクスにおいても同じなのですが、弁証法家の中には、他人の思考を追体験するという要素を引き継いで、それを実存主義的にまとめあげたキルケゴールのような人もいます。この人が他の実存主義者とまったく異なる点は、まさにこの、他人の思考の追体験という要素です。「君は、今、幸せ者かもしれない。でも、どんな幸せ者でも、不幸者に転落してしまう可能性があるんだ。それを、いまから僕がみせてあげよう」という感じの人です。この人の指摘がずばり当てはまってしまうような思考様式の人は、まさに概念と現実が一致している不幸者への転落者なのです。

さらには、キルケゴール研究からスタートしたアドルノにいたると、体系的であることは逆に批判の対象となり、それでも他人の思考の追体験という原理は変わらず、彼の文章を読むときは、イギリス式のように、物事を要素に分解したり、物事の要素を列挙したりする思考様式は完全に捨て去る必要があることには変わりません。ヘーゲルの場合は、過去の哲学史や当時の自然科学の全てを飲み込むような巨大体系を作ろうとした傾向が強かったのに対し、自然科学の発達や大学での学問の細分化に伴い、ヘーゲル的な巨大体系は、時代にフィットしなくなっていきます。それでも、アドルノの文章は、結構ワンパターンで、完成された巨大体系こそ作らないものの、せつな的な体系化の要素が概念の絡み合いの中で生まれて消える姿を見ることができます。こういう説明をすると、なんのことかさっぱり分からないと言われそうだし、弁証法は難しいとか詭弁だとかいう人もいるのですが、慣れてしまえばなんでもなく、ダンスを踊っている程度のものです。

文字や本を持たない土着民族についてですが、レベルは低くとも学問への入り口に立っていたり、学問的な要素を多少は持っているというのが、弁証法的な考え方です。たとえば、どんなに文明のレベルが低くても、人間であれば、火を使うことはするでしょう。そうすると、「火」は「暖かさ」と結びつけられる現象であり、火をおこすには、ほかの「可燃物」から火を移すとか、「火打ち石」を使うとかする必要がある、くらいのことは知っているでしょう。すると、ここにはすでに学問の芽があり、火と暖かさと可燃物と火打ち石の関係が理解されており、これをいつでも必要に応じて実行に移せる人間においては、概念と事実が一致しているので、そこには何がしかの真理があります。これは決っして非科学的な現象ではありません。

また、弁証法家は、宗教や美術もまた科学の一形態であって、内容的には哲学と同じものであり、表現形式が違うに過ぎないと考える傾向があるため、過去の時代的制約による過ちを含んだものであっても、それがきっかけとなって人間が何かを考えさせられるのであれば、それもまた、学問の一部である、と考えます。

一般的な哲学史を言えば、マルクスが共産主義理論を作った際に、ヘーゲル研究からスタートしたため、イギリス人から見ると、ヘーゲルはマルクスの先行者にして全体主義者に見えるのです。しかし、これは正しいヘーゲル理解とは言いがたく、ヘーゲルとマルクスの間には、越えられない断絶があります。一番大きな違いは、ヘーゲルが伝統的な自然法思想を完成させ、人間本性と自然は同じものであるとする思想の最後を飾っているのに対し、マルクスの世代になると自然法のような虚構性の高い思想は忘れられ、社会哲学の分野も実証主義的傾向が強くなっていることだと思います。ヘーゲルが生き返ってマルクスの本を読んだら仰天し、「ギリシャのイデア論から現代に至るまでの最も重要な哲学・法学原理である自然法を理解していないとは、到底、法学部卒業とは思えない」と言うことでしょう。

piyoco123さんの回答は、イギリス系思想家の考え方を、非常に分かりやすく的確に表現したものです。すばらしすぎる。ただの「一般人」とは思えませんね。

さて、カール・ポパー(piyoco123さんご指摘のような議論の代表者)から、ぼろくそに言われまくれ、全体主義者とまで勘違いされているドイツ系弁証法家としても、これは何か発言しないわけにはいかないでしょう。

ドイツ系思想家の特徴として、体系的整合性を重視する傾向があります。体系的な方法論で作り出された学問だけが学問的、もしくは、科学的(...続きを読む

Q皆さんの好きな科学者または嫌いな科学者について

 私は、理科基礎の夏休みの宿題として好きな科学者または嫌いな科学者についての感想文を書くように命じられましたが、私には今のところそのような科学者はいません。誰も思い浮かばないのでは何も書くことができないので、特定の科学者に着眼する一つのきっかけとして、皆さんの好きな科学者または嫌いな科学者についてうかがいたいと思います。もし、可能ならばその理由についても簡単で結構ですので書いていただければ幸いです。

Aベストアンサー

例ですけど、参考までに。

キュリー夫人は女性が差別されていた時代にがんばった女性ですね。

野口英世は日本では美談の人として有名ですね。
シュバイツアー博士も同じように人気があります。

私は量子力学のハイゼンベルクが好きで、著書や伝記をいろいろ読んでいました。ナチスの時代のドイツの科学者で、ナチスに反対だったのに、ドイツに残ったため、戦後、誤解を受けた科学者です。彼の行動は賛否両論あり、許せない、と言う人もいます。

Q大阪大学人間科学部と生命機能研究科の脳科学

私は脳の仕組みや行動学や生理学などの脳科学を学びたいと考えています。

阪大人間科学部ではそのようなアプローチは可能でしょうか?パンフレットを見ると可能そうに思えたのですが、教授陣を検索した限りでは、阪大の人間科学部が教育・社会学系を軸にしてできたことからもあり、あまり見つかりませんでした。

将来は阪大大学院の生命機能研究科に進みたいと考えています。
阪大生の方またこれらに詳しい方、それ以外の方でも回答お願いします。

Aベストアンサー

大阪大学の人間科学部で脳科学に関連する研究をしているのは以下の2つの研究室しかありません。

・心と脳の科学研究領域(苧阪満里子)
http://osaka.hus.osaka-u.ac.jp/
・行動生理学研究領域(志村剛・八十島安伸) 
http://kosei4.hus.osaka-u.ac.jp/

人間科学部は文系を中心とした編成になっており、授業科目も理系の科目はほとんどありません。
生命機能研究科への進学を目標にするなら、阪大であれば基礎工学部が最も有利です。
その他、理学部、薬学部、医学部、歯学部、工学部といった理系学部が有利です。

もちろん人間科学部から生命機能研究科に進学する学生もいるので、人間科学部からの進学が不可能というわけではありません。
http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/jp/admission/cat29/15-21/
ただし、人間科学部には院試に役立つ授業はほとんどないので、院試対策は独学でやる必要があるでしょう。

結論として、生命機能研究科を目指すなら人間科学部ではなく、基礎工学部にするべきです。

大阪大学の人間科学部で脳科学に関連する研究をしているのは以下の2つの研究室しかありません。

・心と脳の科学研究領域(苧阪満里子)
http://osaka.hus.osaka-u.ac.jp/
・行動生理学研究領域(志村剛・八十島安伸) 
http://kosei4.hus.osaka-u.ac.jp/

人間科学部は文系を中心とした編成になっており、授業科目も理系の科目はほとんどありません。
生命機能研究科への進学を目標にするなら、阪大であれば基礎工学部が最も有利です。
その他、理学部、薬学部、医学部、歯学部、工学部といった理系学...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報