第1級陸上特殊無線技士と第1級陸上無線技術士って同じものですよね?
なんかバカな質問ですいません。
私が通っている学校で取れる資格では「特殊」が入っているのですが、希望する職業の採用案内では後者の呼び方をしているのです。
「特殊」という言葉が入っているかどうかで、資格そのものが違うのか…?という疑問がわいてしまいました。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大阪電気通信大学のHPによると、


〇第1級陸上特殊無線技士

陸上の無線局(空中線電力500W以下)の多重無線設備( 多重通信を行うことができる無線設備で、テレビジョンとして 使用するものを含む)で30MHz以上の周波数の電波を 使用するものの技術操作ができる資格です。

〇第1級陸上無線技術士

無線通信の技術操作の中で最高の資格である
となっております。
出典:大阪電気通信大学のHPより
詳しくは同大学の下記URLをご覧ください

参考URL:http://www.osakac.ac.jp/dept/f/shikaku.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!聞いてよかったです!

お礼日時:2001/10/29 13:31

両方持っていますから、やっぱり別物です。

(笑)

第一級陸上特殊無線技士は、昔、特殊無線技士-多重無線設備 と呼ばれてた
資格で、もともとはNTTの多重無線回線用、そして、放送用など、中継波の
オペレーター資格です。(外部のスイッチを扱うだけ)
このオペレート内容によって、いくつかに区分されています。

一方、第一級陸上無線技士は、昔の第一級無線技術士で、
すべての無線技術を扱える資格です。
唯一、電信の通信操作ができません。
(電話の通信操作は現実には存在しないので.....)
機械をどういじろうと、どの周波数のどの電波形式だろうと
まったく制約がありません。(無線局免許の制約はありますが)

ちなみに、第一級総合無線通信士は第2級陸上無線技士とほぼ同等の
技術操作をすることができます。これは出力にのみ制限があります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありごとうございます!聞いてよかったです!
また何かありましたらよろしくお願いします!

お礼日時:2001/10/29 13:34

第一級陸上無線技術士と第一級陸上特殊無線技士は名前は似ていますが、まったくの別物です。



前者は陸上での勤務(放送局、通信所など)での操作の最高資格で、大学から大学院レベルの電気の専門課程程度の学力が要求されます。
操作範囲を見比べても第一級陸上無線技術士が「無線設備の技術操作」と無制限なのに対し、後者は空中線電力や周波数範囲などで操作できる無線設備に制約があります。

ただしオールマイティな第一級陸上無線技術士といっても、「通信操作」はできません。こちらの最高資格は第一級総合無線通信士です。
第一級陸上無線技術士と第一級総合無線通信士が無線界の最高資格で、両方を持っていると大変尊敬されます。

下記のページも参考になると思います。併せてお読み下さい。

資格別の試験の程度、操作範囲、試験内容など
http://www2.biglobe.ne.jp/~jh5qla/Radioman/

資格一覧(総務省)
http://www.tele.soumu.go.jp/j/operator/type.htm

参考URL:http://www2.biglobe.ne.jp/~jh5qla/Radioman/, http://www.tele.soumu.go.jp/j/operator/type.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます!早速見てみたいとおもいます!

お礼日時:2001/10/29 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸上特殊無線技士の問題

2級と3級の陸上特殊無線技士の受験を予定しています。

ここ最近(今年と去年)の過去問を探しているのですが、

どこか公開しているサイトはありますでしょうか?

無線従事者国家試験過去問題集というホームページは回覧したのですが、

最近の問題は載ってないようなので・・・

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直言えば、「無線従事者国家試験過去問題集 特技」が完璧に理解
出来ていれば、最近の問題に関わらず、満点近い点で第二級も第三級
も合格できます。要は毎回、無線工学・法規ともに同じような問題が
出ているという事です。ただ、どうしても最近のモノが手に入れたい
のならば受験誌の「電波受験界」のバックナンバーを問題集と同じ振
興会か大手書店で購入するのが確実です。サイトには無断転載になる
ので、そのまま全部を基本的に載せている方はいないはずですが・・
(直近のものならば、日本無線協会のHPにも解説付きで載っていま
す)

参考URL:http://www.nichimu.or.jp/

Q第一級陸上特殊無線技士

テレビジョン映像信号の符号化について教えてください。

我が国の地上波によるアナログ標準テレビジョン放送の映像信号の周波数帯幅は、約 [A] 〔MHz〕であり、直線PCM符号化方式により量子化する場合、標本化周波数として普通は [B] が選ばれる。各標本点の信号レベルをデジタル信号で表現するための量子化ビット数を8ビットとすると、伝送速度はISDN等で用いられる電話1チャネルの伝送速度の、約 [C] に相当する。
A= 4
B= 9~10〔MHz〕以上
C= 1,100 倍以上
---------------
仮に標本化周波数を9MHzとして、8bitですから、72Mbps。
一方、ISDNは、64Kbpsですから、[C]は、72Mbps/64Kbps=1120と計算しました。
周波数帯幅は、約4MHzというのは、考える必要はないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1、No.2です。

> 95.75-91.25=4.5MHz
これが、問題文の「アナログ標準テレビジョン放送の映像信号の周波数帯幅は、約 4MHz」に対応するのでしょうか?
標準テレビの映像信号は4MHZです。これを振幅変調すると帯域8MHZになります。
原理的にはSSBにすれば4MHZで済むのですがテレビは音声と違って直流成分(例えば画面真っ白)を含むので
SSBは困難です。
そこで片側の側波帯の一部(1.25MHZ)を残した残留側波帯方式を使います。
さらに音声を加えて6MHZが1チャンネル分の帯域幅です。
なお色信号は巧妙なやり方で映像信号に重ねています。

> 理解の仕方としては、音声を例にとって、
> 人間の声は、大体4KHzまで、従って、サンプリングは2倍の8Kzとして、8bit分解能とする。
音声は3KHZとしています。

> 映像は、とにかく4MHzまで必要。従って、サンプリングは、2倍の9MHz(少なくとも)として、分解能は8bitとする。
> こういうことになるのでしょうか?
それで結構です。

No.1、No.2です。

> 95.75-91.25=4.5MHz
これが、問題文の「アナログ標準テレビジョン放送の映像信号の周波数帯幅は、約 4MHz」に対応するのでしょうか?
標準テレビの映像信号は4MHZです。これを振幅変調すると帯域8MHZになります。
原理的にはSSBにすれば4MHZで済むのですがテレビは音声と違って直流成分(例えば画面真っ白)を含むので
SSBは困難です。
そこで片側の側波帯の一部(1.25MHZ)を残した残留側波帯方式を使います。
さらに音声を加えて6MHZが1チャンネル分...続きを読む

Q6月期第一級陸上特殊無線技士の解答速報

先日行われました平成19年度6月期第一級陸上特殊無線技士の解答速報の情報をお持ちの方、教えてください。

Aベストアンサー

既に、御存知だとは思いますが、日本無線協会のHP上において、確認することが可能となっています。

http://www.nichimu.or.jp/kshiken/siken.html

※先に行われた試験の問題及び解答の掲載に関しては、もう少し時間が掛かるかと思います。

Q2級ボイラー技士について

お世話になっております。

先日、2級ボイラー技士試験の受講資格を得るためにボイラー実技講習会を受けてきました。
参加者の半分は、60歳前後の方でした。

定年後にも2級ボイラー技士の資格は活かせるものなのでしょうか?
具体的にどういう風に活かせるのかを教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

2級ボイラーはお書きのように、受験要件のある技能資格なので「特
技」と言い換えられるでしょう。少なくとも体が元気なうちは、その
資格を有することにより人材募集に申込できますし(逆に、資格がな
ければ応募すらできません)60歳前後ならまだまだ現役でいけるワ
イ(笑)という定年者が多いと思います。確かに実務経験の有無は大
切ですが、誰しも最初は未経験者だった筈なので、実践で覚えていけ
ば何ら問題はないと思います。(即戦力や代替要員を求めている場合
はちょっと苦しいでしょうが)
就職先は大型冷暖房装置のあるデパートやホテル、病院などが主力。
また、電気関係の資格も取ってビルメンテナンス会社に就職すると
いう方法もあります。

Q4級アマ無線と第2級陸上特殊無線技士の受験テキストについて

4級アマ無線と第2級陸上特殊無線技士を受験しようと思っています。テキスト・問題集はどういうものがいいでしょうか。

Aベストアンサー

4 アマは、CQ 出版社

http://www.cqpub.co.jp/
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/11/11061.htm
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/14/14511.htm

第2級陸上特殊無線技士は、電気通信振興会

http://www.dsk.or.jp/
http://www.dsk.or.jp/shuppan/shikakubetu/shikakubetu7.html

が出しているのが良いと思いますが。

Qホームヘルパー2級の資格を

通信講座で取得したいと考えてたのですが、現在は土日休みで昼夜2交代の仕事をしてるため、自宅で出来る学習は毎日出来るかと思いますが、実習?詳しくは分かりませんが、そうゆう実技研修など必ず出席しなきゃいけない行事に出席するとなると土日のいずれかしか無いのですが、それでも取得可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘルパー2級は、
20日間の、教室でのテキストを使った午前9時から午後5時までの授業と、
5日間の、実技講習(車いすの安全な操作法、正しい止血のやり方といった応急救護法、ベッドメーキングなど)と、
4日間の、施設での校外実習に行ってくれば取得出来ます。
ヘルパー2級取得のための筆記試験や実技試験は、一切ありません。

※厚生労働省は、ヘルパー2級取得のための授業内容・実技講習内容を、細かく規定しています。
この規定に沿っていない場合は、ヘルパー2級講座の開催許可がおりません。
そのため、ヘルパー2級講座は、日本全国で、同じ授業が行われています。

※20日間の、教室でのテキストを使った授業を行わずに、
テキストでの自宅学習+レポートという通信併用形式で行う学校もあります。
もちろん、5日間の実技講習や、4日間の校外実習を通信で行うことは不可能ですので、
これら9日間は、学校や実習先施設へ通わなければなりません。

・土曜日または日曜日のみの週1回完全通学コースなら、半年くらい。
・平日5日間集中コースなら、3か月くらい。
・完全通学制なら、8~10万円くらい。
・通信併用制なら、5~7万円くらい。
※テキスト代・教材費込みの価格です。

で、ヘルパー2級を取得出来ます。

※5日間の実技講習は、各学校で実施します。
そのため、学校によっては、
指定された日に出席できない場合には、

・他の日に補習を行う
・次回の開催コースで、休んだ分を受ける

・・・といった振り替え制度を行っている場合もあります。

詳しいことは、各学校へ電話などでお尋ね下さい。

※ただし、ヘルパー2級の取得には、

・社会福祉施設で2日間
・訪問介護事業所で1日
・デイサービスセンターで1日

・・・という、実際に介護の仕事を体験する、4日間の校外実習があります。

この実習は、実習先の施設が、都合の良い実習日時を指定します。
実習生が、希望の日を指定することは出来ません。
そのため、
「実習の日と、仕事のある日が重なったので、実習を他の日に変えてほしいんですが・・・」
といった、実習生個人の希望はほとんど通りませんので、ご注意下さい。

※実習先施設には、「必ず実習生を受け入れなくてはいけない」といった義務は一切ありません。
あくまでも、「実習先施設のご好意で、実習させて頂く」ということです。
そのため、実習生個人の希望というかワガママは通りません。

実習先の施設によっては、土日や祝日はお休みというところもあるので、
校外実習は、ほぼ平日になるとお考え下さい。

→基本的に校外実習は、授業と実技講習が全て終わってからの実施となります。
それに加えて、実習先施設の都合が最優先となりますので、
実習日時が、1~2カ月先になるといったことも起こります。
そのため、ヘルパー2級取得には時間がかかります。

ヘルパー2級は、
20日間の、教室でのテキストを使った午前9時から午後5時までの授業と、
5日間の、実技講習(車いすの安全な操作法、正しい止血のやり方といった応急救護法、ベッドメーキングなど)と、
4日間の、施設での校外実習に行ってくれば取得出来ます。
ヘルパー2級取得のための筆記試験や実技試験は、一切ありません。

※厚生労働省は、ヘルパー2級取得のための授業内容・実技講習内容を、細かく規定しています。
この規定に沿っていない場合は、ヘルパー2級講座の開催許可がおりません。
そのため、ヘル...続きを読む

Q第1級陸上特殊無線技士の解答

今日第1級陸上特殊無線技士の試験を受けに行ったのですが(名古屋で午後の部)合否が気になります。
過去問の問題集を見て自己解答をしてもいいと思ったのですが1陸特はアマチュアなどの試験に比べてややこしい問題が多いので自分で解答するのはどうにも間違えそうで心配です。
そこでインターネットで解答を見たいと思いまして、速報でアップしてくれるHPはどこですかね?
また試験日から何日後ぐらいにアップされるか教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。
専門学校系のサイト(リーガルマインド??)に速報があったかもしれませんが、失念しました(^^;)

「名古屋工学院専門学校」は「日本最速」だそうですが、どうでしょう...????

結局、私のときは最終的に無線協会で確認したように思います。

2ちゃんねるの無線(趣味)板で試験スレッドが立ってるようです。
だれかが速報晒して(書いて)くれるかも...

参考URL:http://www.denpa.ac.jp/exam/index.html,http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/radio/1086361154/l50

Q知的財産管理技能検定3級の受験資格について

知的財産管理技能検定の3級の受験を考えております。
その検定のHPには、受験資格として
「知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者」
という記載があります。
私はそういう仕事に従事しておりませんし、従事しようともしていないのですが、受験は可能なのでしょうか。
お教え頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

ご覧になられたHPの通り、受験資格は
3級 学科試験/実技試験 管理業務
知的財産に関する業務に【従事しようとしている者】
ですから、受験申込の際に、実務経験等の証明がなくとも受験できるということです。

あえていうならば
知的財産に関する業務に【従事しようとしている者】であって、
知的財産に関する業務に【従事しようとしていたことを取り止めた者】
として受検するということですね。
http://www.kentei-info-ip-edu.org/exam_shikaku

http://www.kentei-info-ip-edu.org/taikeizu

http://www.kentei-info-ip-edu.org/entry

Q第1級陸上特殊無線技士

第1級陸上特殊無線技士の資格を取りたいと思います。
攻略方法、関連インターネットサイトや書籍、資料を集めている所です。
何かいいアドバイスをお願いします。

独学なので知ってる方、何でも教えて下さい。

Aベストアンサー

アマチュア無線などである程度電気や無線を知っていれば,既出問題が理解できればOKです。
しかし,アマチュア無線とはやや問題が異なり,衛星通信や多重通信の資格なので,その分野が多く出題されます。

書店等で問題集が販売されていますので,(電気通信振興会)それを利用するのがベーターと思います。特に巻末の解説が頼りになります。

勉強方法は人それぞれの方法があると思いますが,私は出来るだけ数多くの問題をあたるようにしました。

しかし,試験勉強の時間は余りなかったので,効率よく?勉強したつもりです。
工学24問中15問正解でOKです。したがって9問まで間違えても合格します。ですから捨てる問題があってもいいと思います。
何も満点取る必要はありません。

あとは問題を解いていくうちに出題傾向もだんだんわかってくるので,出題傾向にあった効率のよい勉強をしていけばいいと思います。

出題パターンを見れば,ある種のパターンがありそうでなさそうです。
その辺は感を働かしてヤマ張りも一つのテクニックでしょうか?
ご健闘をお祈りします。がんばってください。

アマチュア無線などである程度電気や無線を知っていれば,既出問題が理解できればOKです。
しかし,アマチュア無線とはやや問題が異なり,衛星通信や多重通信の資格なので,その分野が多く出題されます。

書店等で問題集が販売されていますので,(電気通信振興会)それを利用するのがベーターと思います。特に巻末の解説が頼りになります。

勉強方法は人それぞれの方法があると思いますが,私は出来るだけ数多くの問題をあたるようにしました。

しかし,試験勉強の時間は余りなかったので,効率よく...続きを読む

Q☆2級ボイラー資格について!

お世話になります
2級ボイラー資格についてお聞きします
ボイラー2級の受験資格を得るために講習があるそうですが
現在、小型ボイラーの資格があるのですがやはり2級ボイラー資格の
為の講習は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

小型ボイラの資格というのは、ボイラー取扱技能講習のことでしょうか?
それならば、技能講習修了後、4ヶ月以上の小規模ボイラーの取扱経験があれば受験資格があります。
小規模ボイラとは、温水ボイラなら伝熱面積8~14平方メートル、
蒸気ボイラなら伝熱面積1~3平方メートルなどです。

それより小さいボイラでは経験として認められません。

もし、ボイラ取扱特別教育しか受けれられていないようでしたら、
それで取り扱いできるボイラでは経験での受験は不可です。

その場合はボイラ取扱実技講習を受講して受験資格を得ます。
ボイラ協会の各県支部で年1回程度講習を行っていますので、チャンスを逃さないように受講してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報