今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

第1級陸上特殊無線技士と第1級陸上無線技術士って同じものですよね?
なんかバカな質問ですいません。
私が通っている学校で取れる資格では「特殊」が入っているのですが、希望する職業の採用案内では後者の呼び方をしているのです。
「特殊」という言葉が入っているかどうかで、資格そのものが違うのか…?という疑問がわいてしまいました。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大阪電気通信大学のHPによると、


〇第1級陸上特殊無線技士

陸上の無線局(空中線電力500W以下)の多重無線設備( 多重通信を行うことができる無線設備で、テレビジョンとして 使用するものを含む)で30MHz以上の周波数の電波を 使用するものの技術操作ができる資格です。

〇第1級陸上無線技術士

無線通信の技術操作の中で最高の資格である
となっております。
出典:大阪電気通信大学のHPより
詳しくは同大学の下記URLをご覧ください

参考URL:http://www.osakac.ac.jp/dept/f/shikaku.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!聞いてよかったです!

お礼日時:2001/10/29 13:31

両方持っていますから、やっぱり別物です。

(笑)

第一級陸上特殊無線技士は、昔、特殊無線技士-多重無線設備 と呼ばれてた
資格で、もともとはNTTの多重無線回線用、そして、放送用など、中継波の
オペレーター資格です。(外部のスイッチを扱うだけ)
このオペレート内容によって、いくつかに区分されています。

一方、第一級陸上無線技士は、昔の第一級無線技術士で、
すべての無線技術を扱える資格です。
唯一、電信の通信操作ができません。
(電話の通信操作は現実には存在しないので.....)
機械をどういじろうと、どの周波数のどの電波形式だろうと
まったく制約がありません。(無線局免許の制約はありますが)

ちなみに、第一級総合無線通信士は第2級陸上無線技士とほぼ同等の
技術操作をすることができます。これは出力にのみ制限があります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありごとうございます!聞いてよかったです!
また何かありましたらよろしくお願いします!

お礼日時:2001/10/29 13:34

第一級陸上無線技術士と第一級陸上特殊無線技士は名前は似ていますが、まったくの別物です。



前者は陸上での勤務(放送局、通信所など)での操作の最高資格で、大学から大学院レベルの電気の専門課程程度の学力が要求されます。
操作範囲を見比べても第一級陸上無線技術士が「無線設備の技術操作」と無制限なのに対し、後者は空中線電力や周波数範囲などで操作できる無線設備に制約があります。

ただしオールマイティな第一級陸上無線技術士といっても、「通信操作」はできません。こちらの最高資格は第一級総合無線通信士です。
第一級陸上無線技術士と第一級総合無線通信士が無線界の最高資格で、両方を持っていると大変尊敬されます。

下記のページも参考になると思います。併せてお読み下さい。

資格別の試験の程度、操作範囲、試験内容など
http://www2.biglobe.ne.jp/~jh5qla/Radioman/

資格一覧(総務省)
http://www.tele.soumu.go.jp/j/operator/type.htm

参考URL:http://www2.biglobe.ne.jp/~jh5qla/Radioman/, http://www.tele.soumu.go.jp/j/operator/type.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます!早速見てみたいとおもいます!

お礼日時:2001/10/29 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一級陸上無線技術士の取得者は、どんな会社のどんな業務で必要とされているのか?

皆さん初めまして。
私は通信建設業界の末端に身を置く者です。
仕事で第一級陸上無線技術士のことを知りました。
今勤めている会社では、実際の業務において必要がないため、取る必要の無い資格です。
しかし、ちょっと興味が湧いたので調べてみたところ、さまざまな無線技術士の資格のなかでも、かなり難易度の高いものであること、全ての無線局の無線設備の技術操作が行えることが分かりました。

今回皆さんに教えていただきたいことは、この資格の取得者がどんな会社で必要とされているのかということと、またそれらの会社での具体的な仕事内容についてです。
考えに合えば、資格を取得して転職することを考えている次第です。
この資格を取得されていて、各界で活躍されている方からのご回答があれば幸いに存じます。
皆さんどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

勤務先としてはテレビ局や大手通信会社が主だと思います。
ただし実務が行えるか?は全く別物になりますので具体的には
免許がないと業務的になりたたない会社が必要とするだけだと思います。具体的には送信所や中継局保守が業務です。

資格取得には工業高校、高専卒、理系学部卒など基礎があり
あなたのように通信業界に身を置いているのであれば2~3回受け
ればなんとかなる(最低でも目安はつく)と思います。

通信系が得意な人は無線工学Bでつまづき、無線系が得意な人は
無線工学Aで何度もつまづくなどハマリ度も高いですので長い目で
チャレンジするのも良いと思います。

私の勤務する会社だと1万円手当てがもらえます。役得はそれぐらい
でしょうか?(笑)

Q第一級陸上特殊無線技士の将来性は

息子が東北地方の私立工業大学に通学しておりますが、そこでは単位取得により取得できる資格に第一級陸上特殊無線技士があります。
現実には、求人、需要のある資格なのでしょうか。また、将来性のある資格なのでしょうか。
この業界に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 自分は第一級陸上無線技術士を持っていますが、最初の入り口が
特殊無線技士(多重無線設備)でした。この特殊無線技士(多重
無線設備)が今の第一級陸上特殊無線技士です。要するにマイクロ波
無線を保守するための入り口の資格です。
 従事できる仕事は、操作範囲令で確認できますが、実体的には
1.タクシー無線や各種保安(鉄道・ガス・電力)無線の運用保守
2.マイクロ波無線の運用保守
このような感じです。使える範囲は結構ありますが、工業高校程度
でも合格できますので、資格だけでOKになるかどうか難しいでしょう。
 自分の希望では、在学中にこの資格を実力で取得し、その上の
資格を狙って欲しいと思います。

Q無線工学の勉強方法について

今、第一級陸上無線技術士をめざして勉強している途中ですが、無線工学を理解するベースとなる参考書を探しています。
高卒の知識しかなく理解に悩みます。以前、質問させて頂き高周波の基礎とか紹介してもらいましたが少し難しいです。
ちなみに無線工学Bで参考書としてコロナ社から出版されているアンテナ・電波伝搬という本は理解しやすいですか?
ご存知のかたよろしければ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の知識しかないということは、20dBmが何ミリワットかはピンとこないとか、インピーダンスと抵抗値の違いがよくわからないとかそのくらいですよね?
そのレベルで、現物の無線機も触ったことないと陸技の参考書を理解するのはかなり困難だと思います。またそのレベルで一陸技が要求される職場に行っても仕事ができるかどうか疑問です。
最低でも工学部1年生くらいの数学知識は必要です。
複素平面や偏微分方程式が何のことを言っているかわかるとかくらいね。

ただし一陸技は基礎、B問題についていえば問題数が少ないので丸暗記すればいいし、A問題は電波受験界あたりを読んでいれば雰囲気はわかると思います。

コンピュータネットワークや電力について十分な知識をお持ちなら、裏技で資格間の単位互換で試験を回避する手段もあります。
理解すること、資格を取ることどちらが重要ですか?

Q第一級陸上無線技術士と併せて持つと便利な資格

一陸技と併せて持っていると便利な資格を教えてください。

Aベストアンサー

100%業務によりますが…。
施工系のエンジニアだったら自動車免許(場合によっては大型特殊)、場合によっては電気工事士1種がほしくなるでしょう。
ハンター同行とか、ヘリで搬入とかもありますが、そのときは専門の人を頼むので資格は関係ないです。

監視系のエンジニア(放送局のマスター監視者など)だと、陸上主任者講習受けといたほうがいい(これは2年間しか有効期限がないから、「資格」じゃないけど)

放送局では大体一技のほかに電気主任と危険物乙4種を持っていると若干手当てがつきますが、全員必要な資格ではありません。

Q将来警察官を目指しています。無線従事者資格について質問です。

将来警察官を目指しています。無線従事者資格について質問です。
警察学校に入校すると強制的に第三級陸上特殊無線技士の免許を取らされるそうですが、第二級陸上無線技術士を所持している場合、学校では特殊無線技士の資格を取らなくていいのでしょうか?

Aベストアンサー

第二級陸上無線技術士には
第一級陸上特殊無線技士とレーダー級海上特殊無線技士の
操作範囲が含まれていますので取得する必要はありません

第三級陸上特殊無線技士は第一級陸上特殊無線技士の下位資格ですので
上位の資格を持っていることになります


http://www.nichimu.or.jp/denpa/05-01shikaku.html#08
上記のところに書かれていますので見てください


人気Q&Aランキング