グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

初めての海外旅行を考えています。
予約しようと思っている格安旅行券の備考に、手数料が必要だけれども、規定マイル内の都市に途中降機1回のみ可能の旨がが書かれてました。
これを利用して、行きたい場所があるのですが、途中降機をした場合の、そこから帰る手続きとかがよくわかりません。途中降機について、全般気をつける点など教えてください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

まず、チケットを購入するときに、希望のルートを予約します。

途中降機したい都市も含めて。その旅程が確定した航空券を受け取る、ということになります。日本~A国A都市~B都市(B国でも可)~日本という旅程ですね。

日本~A国のA都市往復の航空券で、帰りにいきなりB都市に行っていい、というわけではありませんので、ご注意ください。

実際の行動としては、目的都市と同様、2都市目の空港で降り、またそこでチェックインして帰ってくればいいのです。
    • good
    • 1

ごめんなさい、補足。



>ターミナル番号、搭乗口番号、搭乗開始時間は当日も重ねて確認したほうが良いです。

と書きましたが、「当日空港で」という意味です。
小さい空港だとどうだか分かりませんが、大きい空港だとたいていテレビみたいなモニターや案内掲示などで、発着時間や搭乗口番号を案内しています。
    • good
    • 0

こんにちは。



まず、途中降機(ストップオーバー)を利用する場合は、チケットを買うときにあらかじめ旅行会社に言ってください。
実際にやるとなった場合、例として、

成田発
 ↓
ロンドン 2泊
 ↓
ヘルシンキ(フィンランド)4泊
 ↓
ロンドンでそのまま乗り継ぎ(空港外へ出ず)
成田着

という場合で考えてみます。というか自分がやったことあるルートなんですけど(^^

ロンドンの空港で飛行機を降りて、通常の入国審査を受ければOKです。
ロンドン滞在が終わったら、自分で空港まで行って、出国・チェックインなど通常どおりに手続きして飛行機に乗ります。

帰りはヘルシンキから飛行機に乗って、ロンドンの空港の中で乗り継ぎ手続きして、飛行機を乗り換えて成田まで。
これは逆に、行き(往路)はただ乗り換えをして、帰り(復路)にストップオーバーするのでも構いません。
お好きなほうで。

気をつける点は、立ち寄り滞在・そのあと空港に行ってまた飛行機に乗るなどは、全部自分でやるということです。
ヒースローみたいにターミナルがいくつかある大きい空港の場合だと、次の目的地へ行く飛行機に乗るためのターミナルを確認しなくてはなりません。
(私は現地ではたと気づき、現地で調べました・・・)

ターミナル番号、搭乗口番号、搭乗開始時間は当日も重ねて確認したほうが良いです。
これは空港外へ出ない乗り継ぎでも同じでして、当日になってから何か変更になる場合もあります。

他の注意点は、
・立ち寄りたい国のビザ要・不要
・パスポートの必要残存期間

などでしょうか。。。
国によって出入国のルールが異なりますので、そのへんは前持って調べておく必要があります。
各国の出入国・査証情報は、外務省の海外安全ホームページ、各国政府観光局ホームページ、市販のガイドブック等で調べられます。

あっ、あと、No.1の方がお書きになっている預け荷物の扱いがあります。
初めての海外旅行ということなのでこれも一応書いておきます。
ストップオーバーは荷物を持って出るでしょうから問題ないでしょうが、乗り継ぎのときは、荷物がどうなるのか、空港で荷物を預ける時にでも確認してください(成田空港だとたいがい日本語でちゃんと説明してくれますが)。
スルー(出発地から最終目的地まで荷物を自動的に積み替えてもらえる)なのか、乗り継ぎ地で本人によるピックアップ+預けなおしが必要なのか。

例にはヨーロッパ方面を挙げましたが、荷物をどうするかとか入国をどこでやるかとか、細かい部分は旅行する方面によって違ってきます。
でも基本的な注意点はどこの地域でも同じです。

いろいろ書きましたが、大まかに言い換えれば、
その国に入れる有効なパスポート(ビザが必要ならビザ)を持ち、自力で市内~空港を移動して、チェックインして、予約してあるヒコーキに乗れればOKです。
    • good
    • 1

こんにちは


とりあえず、その旅行会社に、「この航空券でこの都市に途中降機出来ますか?」と聞いてみて下さい。
就航都市だの乗り継ぎだの、利用可能便の規定だの色々決まりがあり、どこでも行ける訳ではないですから。
(列車の途中下車と違いますので、格安航空券の場合は、予め全旅程を出発前に決めて予約しておかねばならず、現地でルートの変更は出来ないものとお考え下さい。また、日付の変更不可の航空券なら、途中降機を止めたり、移動や帰国の日付を変えたりも出来ませんし、途中の旅程を捨てたり乗らなかったりすることも一切出来ません)
    • good
    • 0

<手数料が必要だけれども、規定マイル内の都市に途中降機1回のみ可能>の意味は、料金を支払ってA地点からB地点の途中の都市に24時間以上の滞在が出来る、ということです。


途中降機(ストップオーバー)とは24時間以上の滞在をさしますから、No1さんの香港10時間などの例は、途中降機に含まれません。

わかりやすく言えば、TYO⇒LAX⇒TYOで、LAX行き往復航空運賃に途中降機料金(ストップオーバーチャージ)を支払うと、TYO⇒LAX⇒HNL⇒TYOのように、1都市余分に1泊(以上)できる、と言うことになります。
ヨーロッパ方面でよく目にする、「プラス1都市」なども同じ考え方です。

普通運賃(ノーマル)であれば、航空会社は問いませんが、PEX、ITなどの特別運賃(「格安」もこれです)の場合は、通常全区間同じ航空会社で揃える必要があります。
規定マイルがありますので、極端な回り道は出来ません(更に料金を払うことになります)。
途中降機する都市が別の国であれば、その都市(国)に必要な出入国手続きが生じます。

もし、数時間滞在するだけであればストップオーバーにはなりませんが、「格安」の場合には手数料が生じるかもしれませんね。
この場合、荷物はスルーで預けると思いますので、手荷物だけで降りて再チェックインまでの間短時間滞在することになります。
空港の立地や出入国検査の有無にもよりますが、8~10時間ぐらい余裕がないと降りる意味はないでしょう。
    • good
    • 0

チケットを購入した代理店でご相談ください。


チケットの種類や条件が格安航空券によって異なりますので。ノーマルチケットまたは、正規の割引航空券でしたら、いくらか払えばOKでしょう。
    • good
    • 0

通常は、A→C(A→B→Cの場合もあります)といちどに行く旅程を、A-B、そして翌日あるいは数日後にB-Cと移動する行程のことをストップオ-バーといいます。



格安チケットでしたら、出発前に全行程の予約が必要です。
チケットもA-BのものとB-Cのもの2枚になります。
    • good
    • 0

先月、旅行した際に途中降機というかトランジット先で


一度入国して観光し、また他の国へと行きましたが
そんなに難しくはありませんでしたよ。

ストップオーバーとかいろんな専門用語がありますが
わたしは詳しくないので、そこらの説明はどなたかが
してくださるでしょうから省きますが、プロセスと
しては、日本からC国の目的地へ行く前にAという国
または、C国の最終目的地以外のほかの都市などで
一度飛行機から降りて、入国して観光したいのでしたら
ビザが必要かどうかは別として、普通に入国手続きを
して入国すればいいだけだと思います。
出国も同じです、もし一カ国内での途中降機でしたら
国内線に乗るのと同じと思ってよいのではないでしょうか?
その場合の滞在時間は購入されたチケットの種類に
よって異なると思います。

ひとつの例として、わたしはヨーロッパへ行く途中に
香港で乗換えがありました。その時10時間あまり
乗り継ぎ時間があったので、一旦香港へ入国して
観光し、また香港から出国して最終目的地のヨーロッパ
へ行きました。この時は荷物は預けたままで大丈夫
でした。

質問者様の場合はチケットの種類や途中降機の際の
制限(条件)などがよく分からないので受託荷物の
管理法(飛行機から降りたら荷物もピックアップ
しなければならないのかとか)
など、その他モロモロの事は予約なさる旅行会社
または航空会社にきちんとお聞きになる方が確実だと
思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外旅行の飛行機の乗り換え(トランスファー)の荷物の扱いについて

海外旅行の飛行機の乗り換え(トランスファー)の荷物の扱いについて

今度、カンボジアへの旅行を考えていて、
日本からの直行便が無いので乗り換えをします。

格安航空券で調べたら、待ち時間が数時間から
翌日早朝まで待たなければいけない便がありました
後者のほうが価格は安いです。

数時間の待ち時間である前者の場合、
当然荷物は航空会社が積み替えてくれると思います。

後者は出発を翌日まで待つわけですが、
十数時間先の便に乗る場合、荷物の扱いは
どうなるのでしょうか

長い待ち時間ですし、一度入国して休憩をとりたいと思っていますが
そもそも入国自体可能なのでしょうか。
そして入国に荷物を持っていけるのでしょうか?

あまり海外経験が無いため、乗り換えの仕組みがよくわかりません
上記以外にも乗り換えで気をつけなければいけない点がありましたら
お教えいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
No.2で回答したbayu-bayuです。

補足をいただいた内容に対して、ご回答申し上げます。
詳細な情報を補足いただきましたので、より分かりやすくご回答できるかと思います。


> 今まで海外旅行はついて行くだけで、手続内容などよくわかっていなかったこと、反省しています。

反省することなんてありませんよ(笑)
誰でも最初はそうなんです。少しずつ経験しながら慣れていけばいいことです!

> ・荷物はカンボジアまで運んでもらえるようチェックイン時に確認

その通りです。
日本出発時にカンボジアまでのすべての区間をチェックインして搭乗券の発行を受けた場合、途中経由する国に入国するか否かは、航空会社は関知しませんので、荷物だけが最終目的地まで届くかどうかだけ確認すれば大丈夫です(乗り継ぎ時間が長くなると、荷物が次の飛行機に積み忘れられるというリスクはありますが・・・)。

> ・台北もしくはホーチミンで24時間以内の乗り継ぎ

台北経由の場合は中華航空、ホーチミン経由の場合はベトナム航空、それぞれ日本発とカンボジア着の2便が同じ航空会社になりますので、24時間以内の乗り継ぎであれば原則荷物はスルーチェックイン(直行)できます。但し、チェックイン時に航空会社のカウンターでの確認はお忘れなく。
稀に、経由地の空港のセキュリティ(紛失が多発している等)の都合で、日を跨いでの荷物預けができない場合がありますので。

> ・乗り継ぎ地にて身一つで一時入国、観光

台湾、ベトナムともに問題ありません。
入国時には、経由国(台湾またはベトナム)から別の国に出国するための航空券の提示を求められる場合がありますが、その場合は日本でチェックインした際に受け取った搭乗券を示して、乗り継ぎのための短時間観光だと言えば、ほとんどの場合問題なく入国することができます。

> 日本発のチェックイン時に、乗り継ぎ便も含めてチェックインをしてしまえば
> 乗り継ぎ地で一時的に入国した後、出国時にチェックインは不要で
> そのまま 出国ゲート→出国審査 と進めると考えていました。

日本で全区間チェックインしている場合は、再度経由国でチェックインする必要はありません。
ただし、経由国から出発する際には、日本で受け取った搭乗券に搭乗口番号が書かれていない場合が多いので、チェックインカウンター等で確認するといいでしょう。
入国・出国ともに、必要なものはパスポートと航空券(入国時はEチケットも可、出国時は搭乗券)ですので、その両方揃っていれば荷物のあるなしは関係ありません。


> 乗り継ぎ地で一時出国するつもりなら、日本でのチェックイン時点に、
> 乗り継ぎ地までのみのチェックインとするということでしょうか?

それも可能ですが、乗り継ぎ地までのチェックインの場合は、荷物も一度引き取る必要があります。
手ぶらで短時間の観光ということであれば、日本からカンボジアまで全区間チェックインをして、荷物は受け取らないという方法で問題ないと思います。
但し、航空会社または航空券の規定によって、24時間以内を乗り継ぎと見なすか、24時間未満でも1泊すれば乗り継ぎと見なさないか異なりますので、航空券購入時に確認してみてください。

> カンボジアまでのチェックインを日本で済ませてしまうと
> 乗り換え地で一時入国ができないのでしょうか?

前述の通り、チェックイン(航空会社の仕事)と入国(国家政府の仕事)には関係がありません。
チェックインをしていても一時観光だけであれば、経由国の入国は問題ないでしょう。
私も何度もやっていますので。


複雑な説明になってしまったので、簡単にポイントだけ押さえておくと・・・

1. 航空券購入時に、経由国で24時間以内の一時入国が可能かどうかを確認すること
(※特に1泊する場合は、ストップオーバー=一時宿泊にならないかどうかを確認)

2. 日本出発時のチェックインの際には、荷物が最終目的地まで直行するか確認すること
(※経由国では一切引き取ることができません)

3. 経由国で一時入国する際は、乗り継ぎ時間だけの短時間観光だと申請すること
(※入国審査官によっては第三国行きの航空券の提示を求められるので、その場合は搭乗券を見せる)

以上の3点を押さえておけば大丈夫だと思います。

航空券は安くなれば安くなるほど厳しいルールがあるので、旅行会社などで購入する際にはよく確認をされた方がいいです。一部の航空券は、経由国での24時間以上の滞在、24時間以内でも1泊する場合、ストップオーバーとして追加料金を課す場合がありますから、ご注意ください。

カンボジアはいいところですから、旅行楽しんできて下さい!
どうぞお気を付けて!!

こんにちは。
No.2で回答したbayu-bayuです。

補足をいただいた内容に対して、ご回答申し上げます。
詳細な情報を補足いただきましたので、より分かりやすくご回答できるかと思います。


> 今まで海外旅行はついて行くだけで、手続内容などよくわかっていなかったこと、反省しています。

反省することなんてありませんよ(笑)
誰でも最初はそうなんです。少しずつ経験しながら慣れていけばいいことです!

> ・荷物はカンボジアまで運んでもらえるようチェックイン時に確認

その通りです。
日本出発時にカンボ...続きを読む


人気Q&Aランキング