四大卒の三年目のOLです。
私も自分の給与や賞与について疑問なので、いろんな方の給与または賞与の金額を教えていただきたいです。
月給は本給が67,450円、加給金が123,260円、地域手当が2,000円で、
合計で192,710円です。
あと社会保険や所得税、住民税など控除されるとだいたい手取りが15~16万円ぐらい。残業代がつくので、もう少し多いときもありますが。
何でこんな内訳なのかというと、おそらく賞与を少なくするためではないかと思います。
ちなみに6月の賞与は約300,000円でした。
今の会社は賞与が少ないということなので、他の方がどれくらいの給与でどれくらいの賞与をもらっているかできれば何ヶ月とかではなくてだいたいの金額で教えて欲しいのです。
また、私は実は給与関係の事務をやっているのですが、同期の女の子(全員事務職。ちなみに一般職です)でも少し金額に差があるのです。
これはどうやらその部署の成績などによってお給料が左右されるようなので、そのせいだと思います。
能力の差だとは思えないのです。なぜなら全員資格を持っているわけでもないし、
割とのんびりしている会社なのでみんな今日は暇で・・・、とか言ってるし、いつも暇でしょうがない、と言っている子(ちなみに仕事内容が一年目とほぼ変わらないらしい。その子はその子なりに悩んでいますが)が実は一番多いのです。一番少ない子との差は3,000円ぐらいだったと思います。
私はそんなに暇ではありません。自分で言うのもなんですが、仕事内容を比べるともしかしてみんなの中で一番大変なんじゃないかとも思います。なので、このような給与の決められ方に不満があります。最近なんだかむなしくなってきて、仕方ありません。でもどの会社でもそうなんでしょうか?こんな私になにかアドバイスをいただけると、うれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 補足をいただきましたので、回答させていただきます。



>目に見えない仕事についてですが、私もしているつもりです
 そんなことは言わなくても分かる人には分かるので、自分の口から言っちゃダメなんですって。
 しかも、間接部門ではどんなに気を遣って仕事していようと、売上げに貢献できないんですよね。売上げ・利益に貢献した人への処遇が厚くなるのは理にかなった話で、いきおい間接部門の評価は低くなるのは当然なのです。
 でも私は、評価(“処遇”という意味で)されたくて仕事していたわけではないので、そんなに気にしませんでした。その代わり、担当プロジェクトの打ち上げ会の場で直属の副社長から「よく頑張ったな」と言われた時は心底うれしかったですね。(でも賞与も昇給もいつもと変わりませんでしたけど)
 人事の仕事はキャストではなくスタッフなのです。つまり、映画監督やカメラマンの仕事なのですから、主役を演じたスターと同じ評価を得ようとすべきでないと私は思っています。

>PTPCE-GSRさんの会社では何人ぐらいの社員を何人の事務職員で給与計算していましたか?
 グループ会社を含め約1100人を、人事課長・50代女性2名・30代男性1名・20代女性3名の計7名でこなしていました。そこでは、一連の給与関連事務(タイムカードの集計・各種控除の処理・銀行へのデータ送信・預り金の納付)と社会保険関連事務を行っていました。
 私自身は、給与チームでなくお隣の採用チームにいたのですが、給与の締め日になると手伝いをさせられたものです。採用業務は副社長直轄なので人事課長は把握していませんでしたし、彼らからは面接の時以外は採用チームはヒマだと思われていたのでしょうね。一方、手伝わされるこちらとしては、普段ヒマしている(ように見える)給与チームの手伝いをさせられることに抵抗を感じていました。
・・・そんなもんです。

>データをまとめる課と離れていることもありなにかと不便
 きっと何か理由が有るのでしょうね。例えば、集計ミスの発見を期待しているとか、不正の防止とか、はたまたいずれアウトソーシング化を考えているか・・・
 でも、rekishiさんが不便に思い、他の良い方法を思いつくなら、改善提案をされてはいかがでしょう。
 先に触れましたが、間接部門は、“売上げ”に貢献することはできません。でも、“利益”に貢献することはできます。業務のムダを排除して費用を削減すれば、それは何倍もの売上げに匹敵します。それこそ正当に評価されるべき実績と言えましょう。
 本当は、間接部門であっても(あるいは直接部門の事務職であっても)常にそういう意識で仕事していかなくちゃいけないんでしょうね。

 頑張って、前向きに仕事に取り組んでいってください。
 (私見ですので、前回の回答と同じく「自信:なし」とさせていただきます。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私ももっと前向きに仕事をしなければいけないと反省しました。
私も給与関連(住民税や源泉税関連も)事務と社会保険関連事務の仕事をしています。
なんというか奥が深いというか、3年目の今でも反省の毎日です。
しかし、難しい分、生活に役立つことばかりなので、この仕事についてよかったと思える点もたくさんあります。
私の会社は一族会社で、風通しが良いような悪いようなところがあるのですが、
自分が仕事に一生懸命取り組んだ結果、何かが変えられたら良いなあと思っています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/29 22:58

こんにちわ。



私の知っているコは4大卒男性5年目・大手商社系子会社のプログラマーでrekishiさんくらいのお給料だそうです(確か198000円かな?)。
その代わり、労組がシッカリしていて、ボーナスは夏冬5倍弱くらいだったと思うから引かれて1回40万円くらい(1回2.5倍程度)。ちなみに親会社の商社と給料・賞与は同じなんですけど、これをどう思います?

一般的な4大卒女子の事務職の給料から考えるとかなりrekishiさんは優遇されていますよ。

隣の芝生が青く見える時期ですよね。「このままじゃいけない」っていう不安、「私はもっとできるのに」っていうオゴリもあるかと思います。だいたいrekishiさんもその周りも同じ同年代もみーんなそう思ってます。だから、スクールに行って何か資格を取らなくちゃ!とかって焦るんです。(「自分探しの旅」っていいます)

でも、同じ職種で他の会社へ行ったらお給料は下がってしまいますよ。現状維持したほうがいいです。
世の中の会社はボーナス1ヶ月って多いですよ。
上を見たらキリがないんですよ。

それと、あまり自分と人を比べていると会社を辞めたくなるのでそれも考えないことです。他人のグチも極力聞かないようにすると足を引っ張られずにすみます。
いつもグチやタイクツを口にしている人は近いうちに辞めてしまいます。rekishiさんは「自分は自分」と割り切っていかないと流されてしまいますよ。

ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私もボーナス一ヶ月という会社を聞いたことがあります。
ですから、今の時代ボーナスがもらえるだけでもありがたいかなあ、と思っています。
私がこの質問をここでしようと思ったきっかけは、ある友人の何気ない一言(どうやらいっぱいお給料もらっていそうな・・・)だったのですが、他の人がどのような仕事でどのくらいの収入なのか、自分より低い人も高い人も知りたいと思ったのです。ですからあえてこの質問をまだ締め切っていません。
先に回答していただいた方の意見を聞くと、かなり優遇されているとはちょっと思えないのですが、でも、残業代も出て賞与も出て、ときっと恵まれていると思えるようになりました。
また、仕事にたいして、というより会社に対して何かと不満があったのですが、みなさんの色々な意見を聞いて、もっと前向きに仕事をしなければと、反省しています。今の仕事を一生懸命やって、少しでも自分の力で何かを変えることができればよいと思っています。

お礼日時:2001/10/29 22:35

 ごめんね! rekishiさんの書き込みをよく読まない小生に問題がありました。



 入社三年目の一般職でしたね…

 しかしながら、回答に変更はありません。
 乱暴な回答ですが、世間並みですとやはり50万円から60万円ですか。
20万円×5ケ月/2=50万円位ですか。rekishiさんの会社に組合があれば、賞与は会社と組合の折衝ごととなり、業界相場・世間相場が大きく影響して決まってくるとおもいますが…(当然、貴社の業績も加味されますが)。
 
 とは言いつつも、昨今の「成果主義」の流れの中、賞与は毎期ごとに組合との交渉で決めるのではなく、組合とあらかじめ取り決めて、ラジカルに業績連動型賞与とする会社も増えてきてます。代表的な例としては、組合員一般職で4ケ月/年を下限とし、上乗せを全社(または部門)業績連動という形が多く見られます。
 
 rekishiさんの賃金をこれに当てはめますと19万×4ケ月/2=38万円がいわゆる下限相場計算となりますか。

>一般職の給与もその部署の成績に左右されてしまうでしょうか?
これもいわゆる組合と会社との決め事なので、是とも非とも言えませんが。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私の会社には組合はないのですが、こういう決めかたがあるのかと
非常に社会勉強になりました。
abichanさんの回答によるとどうやら私の賞与は多いとは言えなさそうですが、
上を見てもきりがないし、他の方からも色々良いことも悪いことも聞けたので、
以前よりふっきれたというか、前向きになれました。
今の仕事や会社に対してもも三年目という時期もあるせいか、不満がふつふつとでてきていたのですが、前向きに頑張れるような気がします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/29 22:46

 もと人事担当者です。



 まず、年収で約290万円についてですが、平均と比較すると少し少ないようですが、それほど驚く額ではないでしょう。
 平成11年度の大卒女子の平均年収(東京都勤労福祉協会調べ)は、
22~24歳…約270万円、25~29歳…約360万円となっています。
(データが古くて申し訳ありませんが、あまり変動していないと思います。)

 むしろ、同期の人と比較して少なめだということが、rekishiさんの不満なんでしょうね。
 ただ、「仕事内容を比べるともしかしてみんなの中で一番大変なんじゃないかとも思います」のくだりはいただけません。自分の仕事の大変さが他の人に分からないのはお互い様だからです。みんな自分が一番大変だと思っているのです。「今日は暇で」「いつも暇でしょうがない」などど言っている人は、実は仕事のスピードが素晴らしく速かったり、手際が良かったりすることもあります。
 「資格を持っているわけでもないし」という言葉も気になります。資格が仕事をするわけではないからです。また、目に見えない仕事、例えば「ムード作り」という仕事もあります。営業の現場で事務している人などは、プライベートで不愉快なことがあったとしても一日「ムスッ」としていては勤まらないのです。
 ですから、同期(=友人)の悪口とも取れる発言はしないほうが良いですよ。

 なお、昇給についての考え方は各社いろいろあるでしょうが、私の勤めていた会社でも同様の差がつくシステムでした。
 社員は部門内で「A・B・C」の評価をつけられるのですが、部門自体が業績で評価されますので、第1部門の「A」評価と第2部門の「B」評価が同じであることもありました。さすがに「A」評価された者と「C」評価された者が同じにならないように調整していましたが、でも同じ「B」評価(事務職はおおかた「B」でした)であっても所属部門によって差がついていました。
 でも、このシステムは頑張った部門を評価する良いインセンティブであったと、私は考えています。事務職であってもその部門の業績に貢献したことは事実でしょうし。

 私も人事ということで、仕事の大変さに比べてあまり評価が良くなかったのですが、それは間接部門の宿命なのだと思います。なにせ売上・利益に貢献していないのですから。
 厳しいことを申し上げましたが、給与関係の事務に携わることができるということに誇りを持っていただき、仕事の質の向上に努めていただけたらと願います。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
確かに友人の悪口ともとらえられる発言をしたことに反省しております。
ただ私としては会社に対しての不満のつもりです。
また、目に見えない仕事についてですが、私もしているつもりです。
というのは、私の課は女性三人で、嘱託社員(正式な役職ではありませんが一応課長と呼んでいます。まだ役職で呼ぶ古い会社なもので・・・)と今年入った新人さんと私です。
女性だけなのでいいことももちろんあるのですが、やはり気を使うこともあり、
誰でも上司に気を使っているとは思いますが、たまに他の同期に「なんか気を使うって分かる気がする・・・・」と言われます。でもとても良い方です。本当に。
でも、現場の人が多い課での事務もおじ様たちのお相手が大変そうだし、
確かにその人の辛さは他の人には分からないですよね。
そこで、PTPCE-GSRさんに新たに教えていただきたいことがあります。
今私たちが担当している社員の人数は約560人ぐらいです。PTPCE-GSRさんの会社では何人ぐらいの社員を何人の事務職員で給与計算していましたか?
また、私の課は人事課とはまた別で(ちなみに業務課といいます)、人事課や総務課から支給や時間外の時間数や控除のデータをもらい、それを入力して計算しているところです。その昔銀行に委託していたような業務をここでやっているようなのです。データをまとめる課と離れていることもありなにかと不便なことがあるのですが、他の会社ではどのようなシステムになっているか知りたいです。
長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/10/27 23:31
    • good
    • 0

 こんにちは、お仕事がんばってるようですネ。



 さて、給与の内訳ですが当然のことながら各企業によって考え方・水準は違いますが、rekishiさんお勤めの会社の場合、地方に本社があり比較的年功序列型賃金体系を使われているようです。年功序列型賃金体系の場合の給与内訳は、一般に「生活保障部分」「保有能力部分」「労務負荷度部分」などに分けて考えることが出来ます。尚、「労務負荷度部分」は当該業務内容に時期などでその差がある場合、基準月額から切り分け識別し「手当給」としている場合も考えられます。

 因みに2001年4大卒初任給は乱暴を承知で申し上げると20万円ですか。それから考えると少々少なめですね…

 >賞与を少なめにするため
 というのは違うと思います。
 どのようなところからそう考えられたのでしょうか?基本的に賞与が主に「本給」のみから算出されるとお考えですか?だとしたら貴社における「本給」の意味合いをお伺いしないと回答不能です。一般的に「本給」は年齢的要素・学識的要素・考課的要素により構成されていると思いますが、仮定でのお話は誤解を招きますので避けましょう。

 大卒4年目6月の賞与ですか…、業界・業種・業績にもよりますが、大胆に申し上げると50万円から60万円でしょうか。

 給与のお仕事をされているのであれば是非rekishiさんのメンター・先輩・上司の方にご質問されるのが良いと思います。rekishiさんご自身も仕事を知ることが出来ますし、社員から質問されたときに自信をもって回答もできるようになりますしね!

 「仕事」は「仕事の出来る人のところに集まります」なぜなら上司にしてみると結果が速いし、正確にこなしていただけるからです。有能な上司なら部下の能力・業務の忙しさ等を判断し、管下社員の仕事の平準化を図りますが上司は他人ですので、rkishiさんからの働きかけでどこまで是正(成長)できるか難しいですね…。
 年功序列型賃金体系制度の会社ですと「仕事の多い社員」「他の人より明らかに高い成果をだす社員」より不満がでることやそれらの社員の仕事に対するモチュベーションが下がることが懸念されます。
 
 本気で仕事(業務ではないですヨ)に取り組まれるようお考えでしたら、「成果型」あるいは「能力型」の人事制度をとっている会社への転職を考えるのも良いです。

 「不満」は成長するチャンスなので是非、rekishiさんのメンターに聞いてくださいね!
 
 この不況下、転職して人事系総合職につくのは結構困難ですよ…

 

この回答への補足

専門的な回答ありがとうございます。
賞与については、本給から賞与や退職金が算出されると思っていたので、
そのために本給が少ないのだと思っていました。
本給の意味合いと言うのもじつのところよく知りません。
ただ、一応年俸制のようで等級号棒があり、そのなかで賞与はいくら、給与はいくら、その給与の中で本給と加給金のパーセンテージが決まっているようです。
また、やはり私の説明不足で誤解されていてはと思い、念のため申し上げると私は三年目の一般職で女性です。
一般職の女性でも賞与は50~60万なんでしょうか?
また、一般職、総合職と別れていても、一般職の給与もその部署の成績に
左右されてしまうのでしょうか?
また回答をよろしくお願いいたします。

補足日時:2001/10/27 20:22
    • good
    • 0

四大卒の2年目です。

総合職で経理をやっています。
初年度は、基本給148,000円。職務手当28,000円。調整手当22,000円で、
合計198,000円でした。
今年はこれに5,500円昇給です。ボーナスはrekishiさんと同じくらいで
1回30万くらいでした。
仕事はめちゃくちゃ忙しいし、残業も毎日のようにあります。
会社にとって基本給を安くするメリットは、ボーナスや退職金を
安く抑えることができるということですね。
にしても・・・。残業代が出るなんて、正直うらやましいです。
うちはぜーんぶサービス残業ですし、一部社員でも「暇」な人が
いるなんて信じられないです。
多くの会社なんてそんなもんじゃないでしょうか?
はっきり言ってrekishiさんの環境はよい方だと思いますよ。
ただ、基本給にあたるのが本給だけだとすると、退職金が心配ですね。
(でもボーナスが30万もあるってことは本給+加給金=基本給?)
いつも暇という人は、それだけ仕事が早いのかもしれませんし、3000円だと
そんなに違わないのかなーとも思います。
すすんでる会社だと、給料は自己採点+上司の採点制っていうとこもありますよね。
rekishiさんも自分の仕事に自信があるなら、会社にそういう提案をしたり
年俸制にしてもらったらどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに残業代がちゃんとでるというのはありがたいと思っています。
総合職で経理ということは男性でしょうか?
もしかして私の説明が足りなくて誤解されていたらと思いまして念のため付け加えると、私は一般職の女性です。
私の会社でも現場で働いている人は残業をカットされています。
私は事務職で残業といっても何十時間とはいかないので
全部つくのかもしれません。

お礼日時:2001/10/27 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与計算時の社会保険料控除について

賞与計算時の
社会保険料控除についてご教示ください。


6月10日が賞与支給日で

6月2日に育児休職をした方は
社会保険料は控除されるでしょうか。
それとも免除となりますでしょうか。

初歩的なご質問で申し訳ございませんが
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮にその社員をAさんと呼びましょう。
当然の前提条件ですが、Aさんに関する育児休業の届出は済んでいますよね。

育児休業期間の社会保険料ですが、ご質問の場合には徴集する必要は御座いません。
理由としては、今更説明するまでも無いのですが・・・育児休業期間として届けられている月の保険料は免除するという基本的なルールだからです。
尚、育児休業期間であると届け出ている月に出勤し、それに対する給料であれば、社会保険料の徴収は必要です。

私も資格者ですが、念の為に、専門家が書いているHPのURLを付けておきます。
http://hoken-tetsuduki.com/index.php?%E8%B3%9E%E4%B8%8E%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

Q賞与と給与の振込日は違うものですか?

パートです。
今勤めてる所から初めて賞与をいただける事を、
三日前に社長からお話いただきました。

その日は給料の支給日で、明細書を頂いたのですが、
7月分の給料明細書と一緒に8月分賞与の明細書が入っており、
てっきり同時に振り込まれてるものだと思い、
銀行に行きましたら給料分だけ振り込まれていました。

そこで明細書を良く見た所、
給料の締め日は30日の次の月5日払いですが、
賞与の締め日は11日締め。とだけ書いてありました。

ということは11日以降に振り込まれるという事でしょうか?

直接賞与の支給日を聞いた方が早いとは思いますが、
少し失礼な感じがして聞けずにいます。。。

また私の会社は少しお金に関して緩いというか、
少し適当な所がありますので、
振り込んだつもりで振り込まれてないのでは?
と気になっています。。。

やはり普通は別の支給日でしょうか?
恐縮ですが、どなたか回答またはアドバイス頂けたらと思います。

Aベストアンサー

今の勤め先は規定に支給日が記載されていて給料日とは違う日ですし、夏と冬でも支給日は違います
(夏は月末、冬は月初)


前の職場も給料日とは別です
(夏・冬月末)


その前はいっしょだったかな
(但し寸志程度…)


締め日が11日ならば、それ以降ですね


ご参考になれば幸いです

Q給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、

給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、
月々の給与から引かれる保険料の保険料を見る表(健康保険厚生年金保険料額表)
からおなじようにみればいいのでしょうか?それとも賞与にかかる社会保険料は
別の計算方法があるのでしょうか?あと配偶者特別控除申告書の必要経費のところに
65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

賞与の健康保険料
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-2shouyo.htm

配偶者特別控除申告書の必要経費のところに
65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか?
>>課税対象額から65万円余分に控除して所得税を下げます。。と言う意味です。

Q退職日が給与・賞与支払日より早いと「保険料」を払う必要がない?

その月の給与や賞与をもらう前に退職してしまうと、最後の給与や賞与からは「保険料は徴収されないので得をする」と思っていました。
それで正しいでしょうか?

Aベストアンサー

退職などにより、被保険者資格を喪失した月分の保険料は、徴収されません。
したがって、例えば退職日が月末以外であれば、その月分の保険料が徴収されないので前月分の保険料をその月の給与から控除することになります。
退職日が月末のときは、資格喪失日が退職月の翌月に属するため、退職月の保険料が徴収されます。
将来の受給のことなどを考えると、「得する」かどうかは、よくわかりませんが。

Q賞与の社会保険料の計算方法

6月にボーナスが支給され、本人負担分を控除しておいたのですが、今月、社会保険事務所から請求書がきたのと照らし合わせてみたのですが、金額があいません。
1円の違いなので、どこかで計算が間違っているのだと思うのですが…。

そこで質問なのですが、
1、賞与は千円未満を切り捨てて、標準賞与額(仮に988,000円)とする。
2、それに、保険料率をかける。(介護該当の健康保険の場合94.5/1,000など)=ここで93,366円の保険料が決定
3、93,366÷2=46,683 で、本人・事業主の負担額46,683円が決定

3で、1円以下の端数が出た場合は、5捨6入だと記憶しているので、そのようにしています。

この私の計算方法に、どこかミスはありますか?
なお、率は、健康保険82/1000、(介護該当者94.5/1000)、厚生年金139.34/1000で計算しています。

Aベストアンサー

端数整理するタイミングの問題ではないでしょうか?専門家ではないので、ちょっと自信ないのですが・・・。

保険料の計算結果に端数が生じた場合、事業主および被保険者の間に端数整理に関する特約がない限り『通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律』の第3条(債務の支払金の端数計算)により取り扱うこととなります。
保険料を源泉控除する場合には、源泉控除した後の給与等の支払いが債務の弁済となることから、この給与の支給時点で端数整理(50銭以上切上げ、50銭未満切捨て)することになります。

上の文は、私の手許資料の受け売りで、今ひとつピンとこないので例題で考えてみると、次のとおりです。

賞与額988,000円、賞与標準額988,000円とします。
 (1) 健康保険料(介護保険料込み)・・・988,000円×94.5/1000=93,366円
  ⇒被保険者負担分 93,366円÷2=46,683円
 (2) 厚生年金保険料・・・988,000円×139.34/1000=137,667.92円
  ⇒被保険者負担分 1367,667.92円÷2=68,833.96円
 (3) 保険料差引後の賞与=988,000円-(46,683円+68,833.96円)=872,483.04円【ここで端数整理!】⇒872,483円
 (4) 被保険者の負担する保険料=988,000円-872,483円=115,517円
 (5) 事業主の負担する保険料=(93,366円+137,667.92円)-115,517円=115,516.92円(ここでは小数点以下切捨)

となります。

この手順で試してみてはいかがでしょうか?

端数整理するタイミングの問題ではないでしょうか?専門家ではないので、ちょっと自信ないのですが・・・。

保険料の計算結果に端数が生じた場合、事業主および被保険者の間に端数整理に関する特約がない限り『通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律』の第3条(債務の支払金の端数計算)により取り扱うこととなります。
保険料を源泉控除する場合には、源泉控除した後の給与等の支払いが債務の弁済となることから、この給与の支給時点で端数整理(50銭以上切上げ、50銭未満切捨て)することになります。

上...続きを読む

Q企業の給与や賞与を知る方法

ある会社の給与や賞与を知る良い方法はありませんでしょうか?
上場企業ですと公表しているのですが、非上場企業ですと知ることができません。
帝国データバンクや東京商工リサーチ等が扱っている調査機関の「会社情報提供サービス」にはこの様な金額は書かれているのでしょうか?

以前、帝国データバンクから取り寄せた資料には書かれておりませんでした。会社によっては記載されているのでしょうか?

Aベストアンサー

春闘華やかなりし頃は、この時期に日経誌(日経産業新聞)に春闘速報として掲載されていましたね。
今はどうなのか、定かではありませんが・・・。

新聞社に問い合わせてみるか、大きな図書館で過去の新聞記事等を探してみてください。

Q賞与の社会保険料を計算ミスしてしまいました

12月賞与の健康保険料のことなのですが
個人負担額掛け率を0.4715%のところを0.4725%で計算してしまった結果謝って36円多く徴収していまいました。

本日、社会保険事務所からの請求書兼受領書を見て金額を確認したところミスに気がつきました。

 (1)この場合36円は1月の給料の中の健康保険料で調整してかまわないでしょうか?
 (2)まったく同じことを17年12月の賞与でもやっていました。
 (3)本人に返金できるものなら、17年度分もお返ししたいのです・・・

社会保険には、(2)正規の金額で自動引落されている。
会社負担はマイナス36円で(福利厚生費)計上している。
3月決算なのですので、17年度はすでに終了しています。

何か方法がありまでしょうか?

Aベストアンサー

OKです。収支に影響が出るほどの金額ではありません。雑費に計上してかまいません。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yanhome/souron_2_8.htm

Q鉄鋼の年末賞与・一時金 110万円

新聞記事では、鉄鋼の年末賞与・一時金が約110万円とあります。業績連動とありますが、仕組みを教えてください。当社はいつも(利益が好調、不調にかかわらず)あまり変化がな為、参考にできればと思います。

Aベストアンサー

参考に

http://www.ccsjp.com/manage/manage201-1.htm
http://www.kankeikyo.org/contents/01_topics/teigen2.htm

Q未払賞与に伴う社会保険料の戻入の時期について

期末決算時、翌期に支給するであろう、未払賞与を計上します。同時に、未払賞与に伴う社会保険料も計上しています。

予算上は、上記の「未払賞与」、「未払賞与に伴う社会保険料」ともに、翌期末で洗替を行うように見込んでいます。

しかし、「未払賞与に伴う社会保険料」は保険料の納付じに、戻しいれするのが正しい処理だと指摘されました。

これって、本当ですか?

もし本当ならば、「未払賞与」は期末毎に洗替するのに、
「未払賞与に伴う社会保険料」は違った処理をする理由があれば、教えていただきたいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どなたに指摘されたのでしょうか?公認会計士ですか?

戻し入れ処理の意味は特別利益、営業外収益などに計上するということなのでしょうか?特別利益や営業外収益に計上している例は私は見たことありませんし、私はそのような指導はしていません。

未払賞与に伴う社会保険料の処理(より正確には表示)に関して、特にはっきりと決まった正しい表示の仕方というものは公式文書としてはどこにも出てこないと思います。

なので、どう処理してもかまわないとは思いますが、通常は洗替処理だと思いますよ。論理的にも洗替処理でしょう。特別な利得ではないですし、営業外の収益でもないですから。

それとも、戻し入れ処理の意味は未払賞与に伴う社会保険料から法定福利費勘定の貸方に振替えるという意味なのでしょうか?そうだとしたら無意味な指摘です。
経理自由の原則から、月次決算など会社の都合によるのでもない限り、どのように処理することも自由だからです。最終的な表示(財務諸表)で正しく処理されていればいいのです。

と言うことで、結論は、「洗替処理で正しい」ので特に変更の必要はありません。

どなたに指摘されたのでしょうか?公認会計士ですか?

戻し入れ処理の意味は特別利益、営業外収益などに計上するということなのでしょうか?特別利益や営業外収益に計上している例は私は見たことありませんし、私はそのような指導はしていません。

未払賞与に伴う社会保険料の処理(より正確には表示)に関して、特にはっきりと決まった正しい表示の仕方というものは公式文書としてはどこにも出てこないと思います。

なので、どう処理してもかまわないとは思いますが、通常は洗替処理だと思いますよ。論...続きを読む

Q賞与で来期給与を先払いする会社。

友達の会社(中小企業)なんですが、今期がことのほか利益がでて、来期がどうも利益がでなさそうな試算らしく、来期給与分を賞与にのせて支給し、翌期の給与を減らすようなのですが。。
これってありですか?
簡単に社員の給与を上げたり下げたりしても良いのでしょうか?
たぶん、翌々期には 給与が今期なみに戻るってことは、
今 期 300,000万
翌 期 250,000万
翌々期 310,000万
という不自然なことになると思うんですが。
友達からの相談で、ことによっては転職も考えなきゃいかんかなぁ。なんて言い出してるので。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

給料を後から貰うのではなく、先に支払うなんて良い会社
じゃないですか。給料貰った社員が来年いるかどうかの補償もないのに。

「来期大変だと思うので、今期の利益をその儘置いて、来期は給料を25万に減額、来期決算後、今期の利益が残っていたら再分配」というケースだってあるわけですから、それに比べれば全然良いと思います。


人気Q&Aランキング