中国史の官吏登用制であった、九品官人法と科挙について
の内容とその制度の目的、またそれらによって引き起こされた問題など詳しく知りたいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

九品官人法に付いては宮崎市定『九品官人法の研究』がスタンダードかつ決定版です。

科挙に付いては同じく宮崎さんの『科挙史』がスタンダードでしょうね。私は科挙に付いては知識が乏しいので九品官人法に付いてだけ述べさせていただきます。

九品制度では官僚を全て九等に分けます。これを官品と言います。そしてある人物が任官する年齢に達すると中正がその人物の周囲からの評判や父や親類の官職などを加味して、その人物が最終的にどの官品まで登るべきかを判定します。これを郷品と言います。そして初めの任官の地位(これを起家と言います。)は郷品の四位下になります。例えば郷品二品なら起家は官品六品になります。

九品官人法は九品中正法とも呼ばれますが、宮崎さんは九品中正法という呼び名は宜しくないと述べておられます。なぜなら中正が実質的な権限を持っていたのは東晋まででそれ以降は中正職は形骸化していたからとしています。

それでは九品官人法の目的。これは後漢から魏に移行するに際して、後漢に使える人物の能力、そして魏に対する忠誠といった項目を中正という役職に判定させるのが目的であったとされています。当初はこの九品官人法はあくまで移行期にのみ使うつもりであったのですが、それが魏晋南北朝時代を通じて採用されるようになってしまったようです。

そして問題点。中正は任官する年齢(通例20歳)になった時点で郷品を定める訳ですが、20歳の若造を見てどれだけの才能があるのかなど分かる訳がありません。ですので概ね父親・祖父の郷品をそのまま引き継ぐようになってしまいました。これにより高位官職はある特定の家柄により独占されるようになりました。このような名門の家を門地二品と言います。門地二品の代表例としては王羲之で有名な王氏、謝霊運で有名な謝氏などがあります。門地二品が固定化されたことで無能な人間でも家が名門なら高位に就いてしまうということは九品官人法の問題と言えると思います。ただし九品官人法の実行された六朝時代の王朝は概ね不安定な政権が多く、強力な力を持つそれら名門の協力を得るという意味で九品官人法は意味があったかとも考えられます。

以上、簡潔に説明しましたが、この分野は非常に議論の盛んであった分野なのでこの回答とは真っ向から反対する意見も学者から出されています。その点ご注意の程を。

ちなみに地方職が蔑まれていたのは間違いありませんが、しかし郷品は地方職のことではありません。悪しからず。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/貴族 (中国)
    • good
    • 1

参考文献の紹介を求められているのであれば、宮崎市定「科挙」(中公新書、現在は中公文庫?)が入門的な内容になっています。

より専門的な内容を求めるなら、同じ著者の著作集が岩波書店から出ていますので図書館などで探してみてください。あと、出版社名、著者名(中国の学者の著作の翻訳です)をど忘れしているのですが、「唐代の科挙と文学」は、科挙に合格するための詩文の学習が唐代の文学の源流になっていることを考証したおもしろい本でした。
    • good
    • 1

では質問の科挙の問題点ですが歴史的諸条件からみてしょうがないことですが「儒学」に偏っていたことでしょう。

いわゆる勉強の出来る出来ないではなく、儒学の素養と作文のセンスが問われるのが科挙です、しかも作文にしてもいわゆる「アンチョコ」が存在したり、模範とされる回答が様式化していました、洋務派の中核、黄遵憲は科挙の合格前の文章は難解なひねくりまわしたような文章ですが、実際に合格し、登用されたあとの文章は極めて平易な文章になっています
    • good
    • 0

少々Kawakawaさんのご解答で気になった部分がありましたので、補足させていただきたいと思います。

まず学校教育うんぬんのくだりですが、科挙以前に「学校教育」というものが存在しなかったであろう以上、科挙がゆがめてしまったような表現は不適当かと・・・あと地方政治で手腕を振るう、うんぬん、の部分は同時代のほとんどの世界の政治形態よりも偏らない人材登用を成し遂げていたと思いますが・・・曲がりなりにも「公平に」門戸が開かれたのは他の文化圏ではもっとずっと後のことですから、さらに言えば諸吏等、地方官は科挙ではいるわけではありませんし
    • good
    • 0

次いで、九品官人法について簡単に解説します;


魏の国ではじめられた人材登用制度で、九品とは今で言う公務員等級のようなものと考えればよいでしょう。中央及び地方に中正の職を配置し、人材発掘を行います。そして、中正が自分の管轄下の優秀人材について9段階評価を行い、1品~9品(1級~9級)として、中央政府に報告します。
中央政府はその『郷品(地方等級)』を基にして人材登用を行い、正式な『官品(中央等級)』を与えます。基本的には、郷品の2級(最高等級)は官品の6級に相当するとされ、地方は中央の4段階下の評価となりました。このあたりは、現在の日本の公務員制度に似ているような気がします‥
こういった人材評価システムと人材登用システムを融合させたのが九品官人法というものです。
この制度ができるまでは、地方での評価は各地の財政状態で異なっていた俸禄(給与)によっており、中央政府では17等級の区分があったのですが、九品官人制により、俸禄+品級という複合評価が行われるようになりました。
このシステムの欠点としては、一人の中正による評価、或いは、その評価の基本となる地方での評判などが、客観性にかけるものであり、中正にうまく取り入ったものが高い評価を得ることができるという点が最大のものといえるでしょうネ。
また、地方と中央の階級格差が大きく、さらに、出世が非常に遅い(地方から中央に登用された人材は1品上がるのに十年~数十年を要した)ということで、その結果、今のどこかの国のように、年功序列型の停滞した人事となったことも挙げることができますネ。
もう一点は、同じ品級であっても、配属先によっての優劣がハッキリしていたことで、その人事査定についても、客観性の乏しいものであったことが問題であったと考えられます。
このような問題を含んでいたため、後に、客観的評価に基づく科挙のシステムが採用されるようになったといえます。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0

まずは、科挙について述べましょう;


589年に陳を滅ぼして中国を統一した隋によって九品人法にかわる登用制度として作られたのが科挙精度ですネ。
隋代と唐代には、秀才・進士・明教・明法・明算・明書という六科があり、それぞれについて科挙が行われました。宋代には、これらの六科は進士科に吸収され、選抜試験は三段階で行われました。一次試験は州試(後の郷試)で、これに合格すると会試、さらに殿試に合格して、初めて進士となれたのです。選抜精度が最も複雑化したのは清代末期で、郷試に合格した挙人は挙人覆試の受験資格ができ、その試験に合格すると、会試を受け、合格した貢士は貢士覆試を受け、合格者は皇帝の面前での面接試験である殿試を受け、合格者した進士は更に、朝考という学力試験を受けなければならないというシステムでした。また、この科挙試験を受けるためには、受験資格が必要とされました。
受験資格を得るために必要とされたのは国立学校の学生であることで、そのために、童試と呼ばれる入試が第一段階の予備試験として定義されることになります。童試には、地方で行われる県試、その合格者が受ける府試、さらに本当の入試となる院試に合格した秀才は成績に応じた学校に配属され、学力試験である歳試を受けて一定成績をあげることで、科挙の受験をすることができました。
先に述べた、科挙試験の各段階の合格者は、合格時点で階級が与えられ、役職につくことができましたが、非常に難関であったことは間違いありません。
合格率はきわめて低く、また、試験そのものも独房形式の受験場で数日間監禁状態で行われるため、受験者に多数の死者がでたといわれています。
学力が優秀で、最終的には皇帝による面接に合格できるほどの優れた人材を登用するという目的達成のために、学校教育を受験目的のものにかえてしまったというのは大きな問題であったでしょう。また、地方政府で手腕をふるうことができたであろうと思われる優秀な人材が科挙精度のために無数に潰されてしまい、大きな人材の損失があったことは容易に想像がつきますネ。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q九品官人法の郷品について

九品官人法について教えて下さい。

九品官人法は、評価された4品下の品からスタートすると聞いたのですが、九品の職種は大体どんなものになるのでしょうか??

また、九品に評価された場合、十三品も下の職種なんてあるのですか?

品による官吏の職種が知りたいです。

また、官吏になった場合、都で仕えるのですか?
それとも、地方官になるのですか??


とにかくあまり詳しい事がわかりませんので、知っている事があればお教え下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 『三国志』でもお読みなのでしょうか。
 手軽に読める本としては、宮崎市定さんの『九品官人法の研究』があると思いますが、時代と国によって必ずしも一定の決まりで官位が定められたわけではないようです。

 九品(くぼん)は、仏教用語で上・中・下と上・中・下の組み合わせで九つの位階を設けるもので、三国時代の位階が四品から成るというのは、この上三つの品に、中正官という役職を加えて四品としたようです。
 概ねこの魏の官位にならったようですが、例えば周の官位は十六品まであったので、お書きのように十三品の官位が出てきます。品による官位は、書き始めると膨大な量になりますから、宮崎さんの書籍をお求め下さい。

 丞相を筆頭に上品三役はもちろん国家公務員ですが、三品官の下に九卿という役職があり、これが現在の大臣のような役割になります。五品は軍隊、六品官以下は地方役人が多いですね。これはかなり大雑把に書いていますから、例外はもちろんあります。

 こんな感じですけど、いかがでしょうか。

Q世界史と日本史について

早速質問なのですが、高3からの選択で世界史を取るか日本史を取るかでかなり悩んでいます。成績はどちらも似たり寄ったりなのであまり決め手になりません。使うのはセンターだけなのです。センターの平均点を見ると世界史の方が高いみたいだし、世界史のほうが楽と聞きました。自分的にはどちらもきらいではありません。どうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私は当時、世界史を専攻していたのですが、受験勉強のみのことを考えると日本史の方がいいのではないでしょうか?
世界史は多数の国の歴史を勉強しないといけませんが、日本史は日本のみの歴史を理解すればいいので。同級生でもそれを理由に、日本史を専攻していた人が多かったように思います。
あとは世界史は覚えなくてはいけない単語がカタカナが多いため、覚えにくかった記憶があります。
社会に出た今、考えてみると、世界史を専攻しておいて良かったと思うのですが・・・。

Q九品官人法の問題点とは・・・・?

中国で昔採用されていた管理人用制度である九品官人法が科挙ほど長年続くことなく終わった要因をみなさんはどのように考えられているのか知りたいです。是非みなさんの考えを聞かせてください。よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

九品官人法 220~583 360年間ほど
十分長いと思います。
科挙にしても、それぞれの時代で位置づけや手法が違います。
隋・唐     ~907 320年間ほど
宋     960~1279年 300年間ほど
元末~明     1644年 300年強
清     1644~1911 270年間ほど
上記くらいにだいたい位置づけが(統治体系が)変わりますので、300年くらいで、官僚採用制度も含めた統治体系が制度疲労をおこして崩壊。
同じ名前で違う制度を呼んだ思えます。

徳川中納言光圀が、江戸時代にいたからと言って、太政官制度が平安時代から江戸幕末まで続いたというようなもののように思えます。

Q日本史&世界史そして、生物&化学

私は、今高1です。進路についてのアドバイスをください。お願いします(>_<)
出来れば、体験談も教えてください。


(1)もし、選択するなら日本史か世界史どちらを選択したほうがいいのでしょう?また、どちらの方が点がとりやすいのでしょうか?
また、どうしてその科目なのか理由もお願いします(・o・)
成績的には、1点2点の差ですが…!!
(2)(1)と同様に、化学か生物の事も、お願いします(>_<)

将来、管理栄養士になりたくて、指定校推薦で行きたいと思っています。そして、大学も決めています(・o・)

どうか、アドバイスをお願いします(>_<)

Aベストアンサー

(1)世界史です。日本史は簡単そうですが、面白くありません。文化史の比重が多く、また重箱の隅をつつくような内容です。世界史の方がダイナミックで、勉強をする意欲がわきます。

(2)栄養士になるなら、両方必要なのでは?理系なら理科二つ取るでしょ。まさか、文科系なんてことはないと思いますし。

No.1の回答者さんに言われるのも無理ないと思います。

Q中国の選挙

九品官人法や科挙など、役人登用に関連する事柄を中心に課題が出たのですが、何かよい文献はないでしょうか?ご存知の方、教えてください

Aベストアンサー

「科挙」については、中公文庫から出ている宮崎市定「科挙」が良いと思います。

Q日本史・世界史の語呂あわせについて・・・

こんにちは。
今、日本史・世界史の年号などを暗記していますが
語呂あわせで覚えたいと思っています。
そういうサイトがもし、あったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろあるようですね。

http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&newwindow=1&c2coff=1&q=%E8%AA%9E%E5%91%82%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9B+%E5%B9%B4%E5%8F%B7&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/hideoyama/_tfWt7bz.html

Q結納会場@東京/日本料理

結納会場@東京/日本料理
都内で結納のできる会場を探しています。条件は以下の通りです。ご存知の会場がありましたら教えてください。

・東京都内
・和食
・費用:問わず
・料理がおいしい店(ミシュランをとっているとか有名シェフがいるとかだと◎)
・昼間

形式については、

・仲人なし、九品無し。結納金及び記念品交換のみ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

新宿の京王プラザホテルの懐石料理「蒼樹庵」で結納をしました。

京王デパートと小田急デパート、高島屋で結納品を探していたのですが、店員さんに会場はどこですか?って聞かれて、京王プラザホテルですって答えたところ、すぐに、あぁ蒼樹庵ですねって返ってきました。結納会場としては有名みたいです。


午後に仲人なしで行いました。
お料理はいろんなコースがあって、私は寿コースにしましたが、美味しかったと記憶しています。
記念写真はもちろん、当日の進行とかも、事前にお願いすればお店の方がお手伝いしてくれました。

参考になれば幸いです。

Q世界史、日本史選択について。

高校の教科選択で世界史Bか日本史Bをとるか
悩んでいます…。
大学では国際方面について学びたいと考えているのですが、やはり国際系にいくのであれば
世界史Bをとるのが賢明でしょうか?

ですが中学の時から日本史の方が得点が取れたし
勉強しやすいです。(私の学校では一年で世界史Aが必修ですがなかなかあたまに入らない気がします。)

様々なサイトを見ていると
世界史:選ぶ人が少ないからオススメ、日本史よりも深く学ばなくてもよい、世界で起きている出来事を平行して覚える必要がある
日本史:より深い知識が必要、日本のことなのでそこそこ分かりやすい、センターで点数が取りやすい
といったような事が書かれていました。
どちらもプラスマイナス0な気がします。
世界を学ぶのなら世界史が必要だと思いますし、必要ならば世界史でもいいと思っています。
ちなみに学校の先生は世界史を選ぶのは地獄の道を選ぶもんだ…と仰っていました…汗
そんなにきついのでしょうか?

蛇足で申し訳ありません。回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

あくまで一個人の考えですが、世界史は日本人の慣れないカタカナ用語が多いからかと思います。
~朝や~帝といった言葉がものすごく出るのは、ご存じかと思います。

日本史は、社会で大体の流れを掴んでいることもあり、理解・習得がしやすいのではと考えます。

しかし、私自身、どちらにせよ簡単ではないと思いますし、案外スッと頭に入るかもしれません。
世界史は、日本観にないことが豊富ですし、それを学ぶことは世界の文化の違いを学べるので、すごく楽しいと思います。なんか、そういう知識のある人ってすごいと私は思います。

日本史はみなさん学ばなくても何となく分かる点があるので、世界史よりもスケールがどうしても狭くなります。

私は選ぶとしたら、世界史ですね。
国際系の大学を希望するとしても、結果多少の知識アリナシ程度だと思います。
なので、あなたが好きな方で良いんじゃないでしょうか?気になったら、少しずつもう片方も楽しみながら知っていけばいいと思いますし。

Q清代の翰林院について

清代における翰林院の役割とは、なんなのでしょうか。
また、清代における翰林院では、どのような仕事をしていたのでしょう。
皇帝の詔勅の起草や、書物の編纂などをしていたということしかわからないので、できれば詳しい情報をお願いいたします。
また、翰林院の官職ですが……

従二品:掌院学士

従四品: 侍読学士、侍講学士

従五品:侍読、侍講

正六品:主事

従六品:修撰

正七品:編修

従七品:検討

従八品:典簿

従九品:待詔、満洲孔目

未入流:漢孔目

以上の官職にそれぞれどのような役割があったか、どのような違いがあったのか、ということも、できる限りでいいので、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば、近代デジタルライブラリーの検索によれば、
年代物の僅かばかりの情報に過ぎませんが、
下記のような内容の記述がある書籍に出会します。

何れも年代物で内容に若干差異があったりもしますので、
どの程度参考になるかは分かりませんが、未読ならば一度目を通してみて下さい、
でも既読ならば笑って許して下さい^^

・『監察制度考察/満洲国監察院編/監察院/康徳2』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278893/41
<41~42/91>(58~61頁)「上編 清朝の諸制度 翰林院」

始め「文館」を設けて政務を統べ、天聡10年これを「内三院」と改称、
内部を「内国史院、内秘書院、内弘文院」に分けたが、
順治2年上記三院に「翰林院」を附設したのを以て始まる。
即ち、史院に属せるを「内翰林国史院」、書院に属するを「内翰林秘書院」、
文院に属するを「内翰林弘文院」と称した。
その後順治15年内三院を「内閣」と改称、順治18年更に内閣を
「内国史院、内秘書院、内弘文書院」と改称、翰林院は廃止された。
その後康煕9年に至り三院を更に旧称の「内閣」に改称するに及んで、
「翰林院」は別に独立新設、翰林院は次の事を掌る。

国史の編修 経書の進講 式文の撰定

〇掌院学士(院長)兼理部侍郎 満漢人各一名 従二品

・侍読学士 満漢人各三名 従四品
・侍講学士 満漢人各三名 従四品
・侍読   満漢人各三名 従五品
・侍講   満漢人各三名 従五品
上記4つは、直隷省の官吏試験、提督学政、磨勘及郷試会試等に参与す
・修撰 定員なし 従六品
・編修 定員なし 従七品
・検討 定員なし 従七品
上記3つは、徴号、冊立冊封等の式文、文武官に賜る碑文祭典文の作製及び各試験に参与
・庶常館教習大臣 満漢人各一名 庶常館の教授を分担す
・小学習翰林官  六人
・庶吉士 定員なし
・典籍庁典籍 満漢人各一名 従八品 文書収発  
・孔目    満漢人各一名 従九品 書籍に関する事項を掌る
・待詔庁待詔 満漢人各一名 従九品 章疎文史を校訂す
・筆帖式   満漢人四十名・漢軍四名 一般の事務処理

庶常館
本館は翰林院に附属、朝考に合格せる者を収容、三ケ年間更に学術を研究するところで、
本館に入館した者には、庶吉士の学位を授与。本館の教授には、本館職員はもちろん
侍読侍講以下学術優秀、品行方正なるもの数名を充てる。
三ケ年の学術研究を了せば、学習大臣より、皇帝に試験の奏請を行う。
皇帝は教館に於いて自ら試験を行う。試験は最初詩を賦せしも後論集に改められる。
皇帝は答案に自ら甲乙を定められ、日を改めて謁見を給い、優秀なる者には直ちに
翰林院の修撰、編修、検討等の職を授けその他は主事、知縣に任命せらる。
なお翰林院には下記の二館を附設。…などなど

他書籍URLは下記のとおり

・『支那政府組織/北支那毎日新聞社編/明治38』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/988181/25
<25~26/75>(15・16頁)

・『清国行政法:臨時台湾旧慣調査会第一部報告.第壹卷上/大正3-4』     
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1874611/154
<154~156/173>(271~274頁)

・『清国通考.第1篇/服部宇之吉著/三省堂/明38.1』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/767027/30
<30~42/92>(50~75頁)


以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

例えば、近代デジタルライブラリーの検索によれば、
年代物の僅かばかりの情報に過ぎませんが、
下記のような内容の記述がある書籍に出会します。

何れも年代物で内容に若干差異があったりもしますので、
どの程度参考になるかは分かりませんが、未読ならば一度目を通してみて下さい、
でも既読ならば笑って許して下さい^^

・『監察制度考察/満洲国監察院編/監察院/康徳2』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278893/41
<41~42/91>(58~61頁)「上編 清朝の諸制度 翰林院」

始め「文館」を設けて政...続きを読む

Q「○○先生 御待史」の「御待史」って……

お医者さん宛の手紙に「○○先生 御待史」という宛名を見つけました。

1.何と読むのですか。
2.「○○様」など尊称の一種という理解でよろしいですか。
3.どういう相手に使うのでしょうか。医師以外に使える相手はどういう職業でしょうか。

Aベストアンサー

1.「侍史」が正しいですね。「身分の高い者に仕える書記」という意味で、
「じし」と読みます。本来、直接手渡すのがはばかられるので、
お付きの秘書を通じて手紙を差し上げたことからきています。

2. そうですが、より格式張った年配の方の言葉遣いです。
このようにお医者さんへの招待状では定番の敬称です。
しかし肝心の本人が読み書きできなかったりして…。

3. 「博士」と肩書きのつく人に使えるでしょう。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~pedantry/pedantry/atena.htm,http://www.yu-ai.net/u_news/20010708/news07/main.html


人気Q&Aランキング