泥棒というと唐草模様の風呂敷、頬かむり、泥棒ひげ、地下足袋、ピンクパンサーのBGMに忍び足というイメージがありますが、このイメージはどこから生まれていつ定着したのでしょうか?

昔の泥棒は正直にこのような格好をしていたのでしょうか?

A 回答 (2件)

すごくマジメに考察したのですが、結果としては?です。


江戸時代の浮世絵を多数調べてみましたが、この姿は見つかりませんでした。(歌舞伎役者扮する盗賊は顔をほとんど隠していない!当時のアイドルですから当然ですよね)
しかし、昭和になってサザエさんにはこの姿の泥棒が出ています。のらくろやフクちゃんのような大衆マンガか講談社が昭和初期に発売した文庫本などの挿絵にはあるのかも知れません。
これ、本気になれば一本論文書けるテーマですよ。
もっと詳しい方いないかな・・・

補足:時代劇で千両箱を抱えて屋根の上を逃げる盗賊ってよく登場しますけど、千両箱って単純計算しても15Kg~20Kgの重量はあったハズで、4つ持って走るとすればバケモノですね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと調べていただき痛み入ります。
サザエさんの頃には既に出ていたとなると、少なくとも50年ほどはさかのぼることになりそうですね。
スタイルから推測すると江戸時代だと勝手に思っているのですが・・・。

あぁ、頭の中で泥棒のテーマがリフレインしています。

>補足
千両箱ってそんなに重たいのですか!
4箱で人間を1人背負っているようなものですね。
昔の盗賊は相当な力持ちだったのかも・・・?

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/25 14:45

なぜ泥棒が唐草模様の風呂敷を使っているかについては、恐らく唐草風呂敷が荷物や家財を包むのに適していたからだと思われます。


風呂敷にはいくつかの種類がありますが、その中でも唐草模様の風呂敷は大きく作られており、たくさんの物を詰め込めるので、実際に昔の泥棒が使っていたのでしょう。
頬かむりは面が割れるのを避けるためだと思います。
昔の泥棒が皆そうとは限りませんが、似たような格好はしていたと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、昔の泥棒はまさに「泥棒ルック」をしていたのですね。

街灯もセキュリティも今とは事情が違いますから、現在の「いかに目立たず気づかれず迅速に行動するか」よりも、とにかく「面が割れず、効率的に物を運ぶ」ということを最優先にしていたのですね。

大変参考になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/23 10:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私が友達を家に呼ぶことを妹が嫌がるのです。

私が友達を家に呼ぶことを妹が嫌がるのです。

27才の兄である私と、24才の妹とで、一時的に同居生活を始めました。 
妹はアルバイトをしており、正社員就職先が見つかり次第、出て行く予定です。
部屋の間取は2Dで、お互いの部屋はフスマで仕切られています。
生活費家賃等はお互いに割り勘です。
そういう状況なのですが、私が「今度家に友達を呼ぶから。もちろんそっちの部屋には絶対に入らない」と言うと、妹は「知らない人が家にくるのは絶対に嫌だ」と頑として譲りません。
何度か言葉を交わすうち、私はついかっとなってしまい、「家族に気を使って友達を家に呼べないなんて、おかしいやろ。お前も子供じゃないんだから、それくらい我慢してくれよ」と怒った口調で言い、それに対しては「家族が嫌だっていってんだから、我慢してよ」と、互いに喧嘩のような状態になってしまいました。
同居するのだから、それぞれ我慢しなければならないこともあると思います。
「友達を家に呼びたいけど、妹が嫌がるからやめておこう」
というのは我慢すべきことなのでしょうか。
実家の両親はあまり友人を家に連れてくることがなく、他人が家にくる事がほとんどない環境ではありました。
にしても、私としては、家族が友達を連れてくるのを我慢するくらいは普通の事だと思うのです。
私がデリカシー無いのでしょうか?

私が友達を家に呼ぶことを妹が嫌がるのです。

27才の兄である私と、24才の妹とで、一時的に同居生活を始めました。 
妹はアルバイトをしており、正社員就職先が見つかり次第、出て行く予定です。
部屋の間取は2Dで、お互いの部屋はフスマで仕切られています。
生活費家賃等はお互いに割り勘です。
そういう状況なのですが、私が「今度家に友達を呼ぶから。もちろんそっちの部屋には絶対に入らない」と言うと、妹は「知らない人が家にくるのは絶対に嫌だ」と頑として譲りません。
何度か言葉を交わすうち、私はつ...続きを読む

Aベストアンサー

貴男のお友達ということは 当然 男性ですよね。

24歳のお年頃の妹さんとしては 嫌だと思いますよ~。

>正社員就職先が見つかり次第、出て行く予定です。

1年も、2年も先、、ということでもないでしょうから、

貴男のほうが 妹さんが出て行かれるまで 待ってあげられたら

どうでしょうか?

男臭い お兄ちゃんの友達が 家にきたら 正直言って トイレの水流すのだって

気を使うものですから。

何か どうしてもその部屋に貴男のお友達を

呼ばなくてはならない理由があるのでしょうか?

いくら妹さんの部屋には 入らない、、、とはいっても

お友達がいる間は ゴロッと寝ころぶ訳にもいかないでしょうし。

気をつかいますよ、知らない男が隣にいたら。

Q伊賀忍びの掟と半蔵との関係

初めて質問させていただきます。
戦国末期から江戸初期あたりの時代小説には、伊賀忍者がよく出てきますね。
で、「主取りをしない」というのが伊賀者の鉄の掟で、この掟に背くと暗殺の対象になることもある、なんて記述をよく見かけます。でも、大抵同じ本の中で、「服部半蔵は出世頭で伊賀の英雄」みたいな記述も出てきます。なんでですか?
伊賀者でありながら徳川の家臣となったのに、なぜ裏切り者とはならないのですか?
宜しくお願いします。カテゴリ違いならご指摘ください。

Aベストアンサー

身も蓋もない話をすれば、それが「小説」だからです。
フィクションですから。

この場合、歴史的事実から言えば「鉄の掟」は無かったということになります。

他の国では土豪レベル、国衆から国レベルでの支配者が育ちました。
尾張の織田や北近江における浅井氏などですね。
伊賀では、その地形のためか、他国に傭兵的にいくものが多かったようです。
隣国の甲賀の出身ですが、滝川一益などはその例です。

Q親が友達が家にくるのを嫌がる

わたしの母は、私が友達を家に呼びたいというと反射的に嫌がります。

掃除が嫌とか家を散らかされるのが嫌とか今そんな暇な時期じゃないとか、色々理由をあげられますが、母は専業主婦で私はもう高3なので自分で掃除くらいでき、友達も小さな子供ではないのですから、やることはせいぜいお菓子の片付けくらいです。


そして、前回家に友達を読んだのは中3の時なのです
家に呼んでいい?ときくといつも否定され、なんでよ!としつこくきくといつも今忙しいからその話は今度ね、と言われます。全く忙しくないのに。

今日久しぶりにきいてみたら、大して仲良くない子を呼ぶ必要がないじゃんと言われました。
確かに今回呼びたいメンバーはそこまで親しいわけではないですが、半年前に私の親友を呼びたいと言ったときも頭ごなしに否定されました。

母はどういう心理なのでしょうか?
家は普通の一軒家で決して狭くはないし、母はパートはしてますが大して忙しくないのです

考えられるのは
他人を家に入れて日常の殻を破られることが嫌なのと、家族が楽しむのが気に食わない、です

母はあまり積極的に交際する人ではなく、その結果気の置けない友人がいないため家族が全てです。だからか、父がバイク仲間とツーリングに行くのも、姉が遊びに行くのもとても嫌がります。私がたまに遊びにいっただけで遊びすぎじゃないー?などと言ってきます。(勉強をしろという気持ちからではなくただ嫌なようです)

でも、私が友達を家によぶ提案をするのも毎年あるかないかくらいですし、母に拒否されてきたので3年も呼んでないのです
なので今日強く反論したら
お母さんも色々悩みがあるんだからごちゃごちゃ言うなと言われました
でも毎回のことなのです。
今とくに家族に処理すべき問題もないので母は極めて不健全だと思います。
そもそも少しメンヘラの気があるとは思っていたのですが最近は眠り病で通院しているようです。

母はどういうつもりなのでしょうか。
ここまで拒否するのは少し異常ではないでしょうか。
私が親ならいくら散らかるのが嫌でも子供がどうしてもというのなら一年に一回くらいは我慢できる範囲だと思うのですが…
そもそも友達を呼ぶなんてそんな大げさなことではないと思うのです。
普段は優しい母ですがちょっと理解できません。
母と同じ気持ちになったことがある方教えて下さい。

わたしの母は、私が友達を家に呼びたいというと反射的に嫌がります。

掃除が嫌とか家を散らかされるのが嫌とか今そんな暇な時期じゃないとか、色々理由をあげられますが、母は専業主婦で私はもう高3なので自分で掃除くらいでき、友達も小さな子供ではないのですから、やることはせいぜいお菓子の片付けくらいです。


そして、前回家に友達を読んだのは中3の時なのです
家に呼んでいい?ときくといつも否定され、なんでよ!としつこくきくといつも今忙しいからその話は今度ね、と言われます。全く忙しく...続きを読む

Aベストアンサー

なぜお友達を家に呼びたいのでしょう?
お母さんが嫌がるのなら、従うべきかと思います。
職を持ち、一人暮らしをするようになって、お友達を呼べばいいのではないでしょうか?

お母さんの年齢が分かりませんが、更年期障害の前兆が出ているのかもしれません。
眠り病となっていますが、ナルコレプシーでしょうか?
甲状腺機能低下症やうつ病も眠くなります。
病気のつらさは、なった人にしか分かりません。

家事と育児とパートをされているんですよね。
暇ではないと思いますが…

普段優しいお母さんなら、あなたも高校3年生なら、もう少し慮ってあげてください。
母親の大変さを分かりなさいとは思いません。
あなたが結婚し、子供を産み、育てている中で分かってきます。

今は、何故かたくなに嫌がるのかな?にとどめ、不健全だとか異常だとかは言わないで欲しいなと思います。

Q願掛け宗教の定着理由と否定実験の可能性

宗教には、多かれ少なかれ、願掛け的要素というものがあり、それが種となるか付随的かは宗教によると思います。
日本的な宗教(仏教神道)は、かなり、この要素が強いものだと思われます。あと、エジプトのピラミッド建設などもこの精神です。

このような信仰の定着は、
「もし、その願掛けをやめてしまったら、今よりわるい事態になるかもしれない。だから、公開しないために、この行いを続けよう」
という精神が多少ともあるのではないでしょうか。本当は、めんどくさい、でも、それによって物事が好転しなければ、むしろ悪化しては、たまらないから続けると。

もしも、宗教を排除しようという政治勢力があって、こういう政権が
「以後何年か何十年か、いままでの宗教行事を一切禁じる」
という触れを出し、その結果それが守られ、それ以後、本当に願掛けをしなくてもまったく事態は変わらないということが人々に納得されたとすれば、宗教というものは衰退したのでしょうか?

Aベストアンサー

衰退しない。

願掛けが効果がないことは、逐次的にしか否定されない。
願1 から 願N までに関しては願掛けの効果が無いことが証明され納得されても、願N+1 に関しては未否定である。

願いは言い方を変えると、欲望でありたとえば、月しか知らなかったときには 月に行きたい!という欲望しかなかったが、惑星が発見されれば、その惑星に行きたい!という別種の欲望が新たに発生する。

たぶん欲望は人間の本能なので社会体制ではなくせない。

よって願掛けは不死鳥のように復活する。

Q突然家に来ることを嫌がるのは好きではないという事?

彼がいきなり家に来ることは私は嫌がります。
理由は、ご飯の用意が間に合わない、や
部屋が散らかってるときにいきなり来てほしくないからです。

でも彼にその理由を言うと、
「そんなんじゃ結婚できない、いつでも俺がこれる状態にしておかなくちゃだめ」
といいます。

それでよくけんかになるのですが
私が悪いのでしょうか?

ご飯の用意や部屋が汚い状態でも
突然来る彼を家に入れたほうがいいですか?
部屋が汚くて嫌われたくありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

彼に、来る1時間前に連絡をするとかの約束をしてもらうことは出来ないでしょうか?
突然の時は1時間時間をつぶしてから来てもらうとか
その間に部屋をかたずける。(普段はその時間でかたずけられないほどの散らかし方はしない)
ご飯に関しては、用意は出来ていなくてもかまわないと思いますよ。
結婚していれば、毎日要るのが分かりますが、いつ来るのか分からないのに準備しないですもの
(まあ、「いつ来てもいいよセット」を1人前冷凍しておくってのもありますが…)
一人分の用意しかしてない時にもう一人分増えるとなると、買い物からってなる時も有りますし。

彼の家へ突然行った時はいつでもOKなのですか?
その時の彼の部屋の散らかり程度片付いてれば良いのでは。

Q清少納言は泥棒に入られたのですか

「せめて恐ろしきもの
夜鳴る神。近き隣に盗人の入りたる。わが住む所に入りたるは、ものもおぼえねば、なにとも知らず。近き火、また恐ろし。」
(『枕草子』第249段 石田穣二訳注 角川文庫 下112,113ページ)

「あからさまにこわいもの
夜の雷鳴。
すぐ隣に泥棒が入ったの。(自分の住むところに来たのには、ボー然としちゃうから、なんとも感じないんだ)
近くの火事 ― やっぱりこわい。」
(『桃尻語訳 枕草子』第246段 橋本治訳 河出文庫 下146ページ)

清少納言の家には泥棒が入つたことがあるのですか。

Aベストアンサー

こんばんは
某TVのクイズ番組か何かで聞いたことがあります。
泥棒ではなくもっと悪質な連中だったらしい。
「男はみんなブッ殺す」というので危険を感じた彼女は着物の裾をまくり”女である証拠”を見せて難を逃れたとか。

netを探してみたらありましたね。下のリンクを見てください。終わりのあたりです。
鎌倉時代に書かれた説話集『古事談(こじだん)』にある話だそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/long17530/40896033.html

Qシングルファザーです。彼女の家で同棲するため、子供を転校させました。子供が学校を嫌がる。

29歳シングルファザーです。妻が他界し8歳の長男を男手で育てていました。最近21歳の彼女が出来ました。彼女側の強い希望で、彼女の家に僕と僕の長男が入る形で同居しています。彼女は妊娠しました。長男は可愛そうでしたが転校させました。

前の学校では長男は楽しくやっていましたが、どうも転校先で上手く馴染めなくて登校する時は毎日大泣きです。最初は僕も彼女もなだめて何とか学校へ登校させていましたが、最近彼女は「毎日毎日愚図られて、一体何なのよ!」と感情をあらわにしています。初妊娠で不安定になっているかもしれません。

元の住居に戻ろうとしましたが彼女が「お腹の子供と長男、どっちを取るの?元の住居に戻ったら長男を取ることになるんだよ。長男を甘やかすんだ。へぇ。お腹の子供が可愛そう!!長男はこれから人生で辛いことたくさんあるのに、こんなんで躓いていたらロクデナシになるよ!」と言います。子供は今日もギャン泣きしながら登校しました。どうしたらいいですか。

Aベストアンサー

出来ることなら元の学校に戻って小学校だけでも卒業させてあげたら
どうでしょうか?
彼女のおなかにいる赤ちゃんはまだ生まれていないし
どこで生まれても構わないと思います。
彼女がどう言おうとお子さん第一に考えてあげて下さい。

Q月や太陽、地球が「天体」であるという知識はいつ頃定着したのでしょうか。

月や太陽、地球が「天体」であるという知識はいつ頃定着したのでしょうか。
竹取物語でかぐや姫が帰る月の世界は、他の天体というよりも、天国や神の国のような別世界として描かれているような気がします。
いった日本人が地球や月、星、太陽などを天体として把握したのはいつ頃のことなのでしょうか。
知識人や天文学の専門家で常識となった時期と、一般大衆で定着した時期、それぞれについて教えてください

Aベストアンサー

町人学者の山片幡桃が18世紀末頃、庶民への啓蒙書「夢の城」を著わしました。
天文の章に太陽を中心に、水星、金星、地球、火星、木星、土星が回る図が書かれ、地動説を解説しています。   地球を回る月も。
このころから西洋の天文知識が庶民に広まって行きました。

Qδ関数(デルタ関数)を数学の専門家が嫌がるのは何故?

α(x)=x+[x]([ ]はガウス記号)
∫[1..3]e^xdα(x)=∫[1..3]e^xd(x+[x])
=∫[1..3]e^xdx+∫[1..3]e^xd[x](∵Riemann-Stieltjesの性質)
=e^3-e^1+∫[1..3]e^xd(I(x-1)+I(x-2)+I(x-3))(但し,I(x-t)は単位ステップ関数I(x-t):=1(x≧tの時),0(x<tの時))
=e^3-e^1+∫[1..3]e^x(δ(x-1)+δ(x-2)+δ(x-3))dx
=e^3-e^1+∫[1..3]e^xδ(x-1)dx+∫[1..3]e^xδ(x-2)dx+∫[1..3]e^xδ(x-3)dx
=e^3-e^1+e+e^2+e^3(∵δ関数の性質∫[a..b]f(x)δ(x-t)dx=f(t)(但しa<t≦b))
=2e^3+e^2

となろうかと思います。
この問題で数学の専門家はδ関数(δ(0)=∞,δ(x)=0(但しx≠0),∫[-∞,+∞]δ(x)dx=1)
を使うのを嫌がると小耳に挟んだのですがそれは何故なのでしょうか?

α(x)=x+[x]([ ]はガウス記号)
∫[1..3]e^xdα(x)=∫[1..3]e^xd(x+[x])
=∫[1..3]e^xdx+∫[1..3]e^xd[x](∵Riemann-Stieltjesの性質)
=e^3-e^1+∫[1..3]e^xd(I(x-1)+I(x-2)+I(x-3))(但し,I(x-t)は単位ステップ関数I(x-t):=1(x≧tの時),0(x<tの時))
=e^3-e^1+∫[1..3]e^x(δ(x-1)+δ(x-2)+δ(x-3))dx
=e^3-e^1+∫[1..3]e^xδ(x-1)dx+∫[1..3]e^xδ(x-2)dx+∫[1..3]e^xδ(x-3)dx
=e^3-e^1+e+e^2+e^3(∵δ関数の性質∫[a..b]f(x)δ(x-t)dx=f(t)(但しa<t≦b))
=2e^3+e^2

となろうかと思います。
この問題で数学の専門家はδ関数(δ(0)...続きを読む

Aベストアンサー

はっきりいえばδ関数は数学では関数ではないからです。
0以外で値が0であれば、0での値が何であろうと積分すれば0になります。
つまり
δ(0)=∞,δ(x)=0(但しx≠0),∫[-∞,+∞]δ(x)dx=1
をδ関数の定義にはできません。これは便宜上のもので数学的に正確なモノではないのです。
数学ではδ関数は distribution(シュワルツの超関数ともいう) として定義されていて、distribution としてあつかって計算していれば、誰も文句を言いません。
distribution の定義をここで正確に述べるのは無理ですが、あなたが
δ関数の性質∫[a..b]f(x)δ(x-t)dx=f(t)
と書かれていたものの方が、δ関数の定義(積分ではなく distribution として解釈する必要があるが)になるわけです。

Q赤ひげ、あるいは赤毛で有名な歴史人物を教えてください

今思いつくのは
赤毛のエリック(バイキング)
フリードリヒ1世(赤ひげ王?)
南北戦争のユニオン側の将軍(名前は忘れました)
ユダ
だけです。他に有名な赤毛、あるいは赤ひげの人物はいますか?

Aベストアンサー

ハイレッディン・レイス
「バルバロッサ(赤ヒゲ)」というあだ名を持つ海賊
地中海を荒らしまくった


人気Q&Aランキング

おすすめ情報