私が好きなのは
・川端康成「掌の小説」
・向田邦子「父の詫び状」
・川上弘美「蛇を踏む」
・小川未明「童話集」
・トマス・ハーディ「短編集」
・天童荒太「あふれた愛」(中篇・・?)
・武田百合子「富士日記」(日記・・?)
・高峰秀子「おいしい人間」(エッセイ・・?)
です。
上の雰囲気に似ている短編集(雰囲気が似てればなんでも可)があれば是非いろいろ教えてください。
ちなみにあまり好きではない作家は
・阿刀田高
・星新一
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#4です。

  

思い出しましたよ~~~!^^

【 宮本輝   『夜桜』 (新潮文庫「幻の光」に収録)
短編。庭の桜が美しい邸宅に住む綾子。息子を亡くし、二十年ぶりに元夫と会った彼女は、夫の浮気を許せず、離婚したことを今更ながら後悔する。「きょうひと晩だけ二階の部屋を貸してもらえませんか」。今日結婚したばかりだという青年は、新妻を連れて来た…。男に身をゆだねられなかった女の哀しみ。散りゆく夜桜が印象的...。 】

 ↑ これですよね☆  (あー すっきりした...(^-^;)

先に挙げさせて頂いた作者の作品を全て読破したわけでなく,
残念ながら 田村俊子さんも未読ですので 断言はできませんが
藤沢周平作品は たぶんどれをお読みになっても お気持ちに沿うような気がします..


それからもうひとつ。

 ● 『 プラテーロと私 』  ファン・ラモン・ヒメネス作

スペインの有名な詩人による散文詩です。
「私」 と ろばのプラテーロの交情を 
その死後まで綴った情緒あふれる作品です。(i_i)

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコという人が
このお話を元に とてもすてきなギター曲を作っています。
岸田今日子さんの朗読,荘村清志さんのギターで語られたのが とても印象的でした。

 もし機会がありましたら ぜひどうぞ...♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーーー、ありがとう!!!didoさん。
「夜桜」!!
そうそう、これこれ。
是枝さんは「幻の光」ではなく「夜桜」を映画化して欲しかったなあ、といつも思うんですよね。
本当にありがとう。
ヒメネスも読んでみます。そういえば岸田今日子の舞台を一番前で見た時は本当に緊張したなあ・・。

お礼日時:2005/08/18 23:09

 北村薫の短編集、「水に眠る」(文春文庫)には女性的なお話が多々あると思います。


 特に「ものがたり」という短編は引き込まれるようなつくりで、女性には共感される方が多いと思いますよ。そういう私も女ですが、衝撃を受けました。義兄に物語を話して聞かせる少女、その物語の裏に隠されているものとは・・・?というようなあらすじです(あまり多くは語れません)。同じ本の他の短編も良いものばかりですので、機会があればぜひ読んでみてください。

この回答への補足

北村さんですね。ありがとうございます。
ただ一つ「衝撃」という言葉が気になりましたので補足させてください。
「多くの女性に共感されるもの=女性的」ということではないと私は思うんですね。(ちなみに僕は男です。)
吉行淳之介さんが言っていたことなんですが、オルガスムスの違いとして男は「将棋」、女は「囲碁」と例えています。一瞬で終わるか、じわりじわりといって絶頂になるかという違いだと思うのですが、その「囲碁」のようなじわりじわりとしたものを私は「女性的」と思うのです。
だから「衝撃」というと「将棋」に近いかな、と思うのですが、どうでしょうか。もちろん一度読んでみて確かめたいと思っておりますが。

補足日時:2005/08/19 22:53
    • good
    • 0

 こんばんは。

No.5です。再度失礼。

 補足(私だけにということではないのでしょうけれど)をいただいたので、ちょっとコメント。

> 作家さんの名前であればなんでもいいのかな?
 
 そう思いますね。短編だと特に。
 文学作品(だけじゃないと思うけど)は、その作品だけで、「完結」はしているんだけど、「閉じ」てはいない、それを創り出した「個性」に向かって開いてる、と思うんですよ(それを敷衍していったら、思潮、とか、時代、とかになっちゃうけど、研究みたいになるから、おいといて)。
 だから、長編ならともかく、短編を紹介する時って、(私は)人の名前で紹介する方が、なんていうかな、自然な気がするんですよ。
 また、「女性的な」より、挙げられた作品を私なりに参考に紹介したつもりではあります。

 でですね、今日、仕事中、あといくつか思いついたんで(給料ドロだね……)書きます。いつの日か、手にとってみてください。

『我が愛する詩人の伝記』室生犀星 中公文庫。
 著者と交流があった作家、詩人の随想的小伝集。朔太郎、藤村、光太郎……。
  
『自伝的女流文壇史』吉屋信子 中公文庫。
 上記の女性作家版。時雨、かの子、芙美子……田村俊子もあります。

『本朝画人伝』村松梢風 全8巻 中公文庫。
 江戸から戦前くらいまでの画家の小伝集。日本画がお好きでなくても、面白く読めると思います。

『近代美人伝』長谷川時雨 全2巻 岩波文庫。
 明治大正の世に名を馳せた女性たちの小伝集。これは抜粋で、本当はこの3倍くらいある。 
 
 小説でなくて、伝記、それも小伝ばかり集めたのは、短編小説みたいに面白いから。

 ご参考になれば。

この回答への補足

仕事中にすみません・・・。
短編に関する見解は私もとてもよくわかります。
好きな作家は書簡から研究本から作家自身が影響を受けたであろうと思われる別の作品まで読まないと気がすまないんですよね。
また、今回紹介していただいた4作品もどれも魅力的でうれしいです。(特に「本朝画人伝」)
時雨も読もう読もうと思って読んでいなかったので、これを機会に読んでみますね。
特に大正という時代が最近気になるんですよね。
大正ロマン。どうして大正とロマンがくっついたのか、非常に気になります。(私の大正ロマンのイメージは鈴木清順の映画になるのですが・・。)

補足日時:2005/08/18 23:25
    • good
    • 0

よしもとばななさんの<TUGUMI>中公文庫が面白いですよ!!賞もとってる作品でそんなに長くなくて


400円ぐらいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

400円と値段まで教えていただいてどうもありがとう・・。
よしもとさんは2,3年くらい前まではほぼ全作品読んでいたのですが最近は読んでないなあ・・。「白河夜船」が一番好きです。TUGUMIが教科書に載るって聞いた時は本当にやったあって叫んだ記憶がある。

お礼日時:2005/08/18 23:24

 こんにちは。



 幸田文さんの短編・小品(『父・こんなこと』とか)。

 広介童話。

 坪田譲治。

 内海隆一郎さんのもの。

 山川方夫さんのもの。

 室生犀星の『犀星王朝小品集』岩波文庫。

 松谷みよ子『あのよからのことづて』ちくま文庫。
  まあ「怪談集」なんでしょうけど、
  怖いよりじんとくる話が多いです。

 坪田譲治編『日本むかしばなし集』全3巻 新潮文庫。

 外文では、

 リルケ『神さまの話』新潮文庫。

 ご参考になれば。

この回答への補足

なるほど。
作家さんの名前であればなんでもいいのかな?
がんばって読んでみよう。
補足すると、田村俊子の「枸杞の実の誘惑」のような雰囲気ですかね。(知っている方がいればいいのですが・・・。)
「女性的」というとわかりづらいと思うのですが、「涙もの」とは違います。
そもそも「女性的」とはなんぞやと言われると、最初の質問で挙げているような本を示すことしかできないのですが・・・。

補足日時:2005/08/17 22:25
    • good
    • 0

 作家名のみ 挙げさせて頂きますね。



● 皆川 博子

● ジャン=フィリップ・トゥーサン

● パスカル・キニャール

● 樋口 一葉

● 藤沢 周平

● 小川 洋子

  
        ...必ずしも 『女性的』 ではありませんが...

(宮本輝さんの 『桜の木のある家に泊る~』 の話は私も好きでした。
 ほんとうに、題名何でしたっけね~...^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

6名も挙げていただいてありがとうございます。
有名な作家たちですが、一度も読んだことのない方たちばかりなので挑戦してみます。
樋口一葉だけはほぼ全作品読んでるかな。
こうなると宮本輝の題名を調べないと気がすまなくなってきた・・・。
知り合いで同じようなことをして、実際に桜のある家に住んでいる夫婦がいるので、その本を教えてあげようと思っているのですが、未だにわからず。

お礼日時:2005/08/17 14:17

 よかったー



 Cong-Liです。すみません、お尋ねのエッセイで「大学受験に失敗した話」も、小説で「桜の木が見える家に一晩だけ止めてもらう若い夫婦の話」も題名知らないんです・・・・。
 エッセイのほうは「二十歳の火影」とか「命の器」とかにあったんですかね。エッセイ集もいいですよね。

 もう一つ謝ります。「女の人の書簡体」は作品名じゃないんです。「 をつけて書いたから勘違いされますよね、申し訳ありません。
 「錦繍」が書簡体の最高傑作といわれているのですが、手紙文のような味の文章はほかにもところどころ出てきます。これが魅力的なんです。これを申し上げたかったのに拙くて・・・・。

 「錦繍」読んでくださることを楽しみにしています。ありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小説の題名ではなかったんですか。
でも「女の人の書簡体」はその名前だけでもいいですね。「錦繍」読んでみます。
あー、でも前述のタイトルがわからない・・・。
後で別口で聞いてみよう。
ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/08/17 09:22

「女性的な」「短編」、どちらも自信がないのですが・・・・



宮本輝の「幻の光」と「錦繍」を一度読んでくださいませんか。

僕は、宮本輝の「女の人の書簡体」にえもいわれぬ魅力を感じます。

参考URL:http://www.terunist.com/teru.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮本輝!
好きです。ありがとう。
「幻の光」と「蛍川」は読んだことありますが、
「錦繍」と「女の人の書簡体」は読んだことないので挑戦してみます。
宮本輝のエッセイで「大学受験に失敗した話」と小説で「桜の木が見える家に一晩だけ止めてもらう若い夫婦の話」が好きなんですがタイトルがずっと思い出せないんですよね。わかりますか???

お礼日時:2005/08/17 02:22

 こんばんは。



 有名どころでは、「モーパッサン」の短編でしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。
昔読んだのですが、青空文庫にあるので早速読返してみます。
でも海外の作家は日本語で読むと非常につまらなく感じちゃうんですよね・・・。
(特に短編は技法が重要なので)
他に国内か英語圏でありますでしょうか。
モーパッサンが簡単な仏語なら読めるかもなあ。

補足日時:2005/08/17 00:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSFで面白い短編集を教えください

国内海外問わず、SFの短編集やアンソロジーで面白い本を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テッド・チャン 『あなたの人生の物語』
ケリー・リンク 『マジック・フォー・ビギナーズ』
『スペシャリストの帽子』
コニー・ウィリス 『マーブル・アーチの風』
『最後のウィネベーゴ』
アーシュラ・K・ル・グィン 『内海の漁師』
テリー・ビッスン 『ふたりジャネット』
マイケル・マーシャル・スミス
『みんな行ってしまう』

Q司馬遼太郎の短編集のタイトルがわからなくなりました

こんにちは。
GWに岡山県に行きました。
備中高松城址を見てきたのですが、たしか司馬遼太郎さんの短編で秀吉による高松城の水攻めを扱ったものがあった気がします。
文庫本で読んだのですが、清水宗治公の切腹の場面が印象的で、もいちど読みたいのですが、タイトルがわかりません。
思い当たる方いらっしゃったら教えてください。
「播磨灘物語」や「新説太閤記」でも水攻めについてはかかれていますが、短編か中篇で、篭城がわの視点からかかれていた気がします。

Aベストアンサー

こんにちは、色々探していたのですが見つかりませんでした。司馬遼太郎作ではないのですが、篭城サイドからの視点で書かれた物を見つけました。
「新釈備中兵乱記」加原耕 作、山陽新聞社 

Q赤川次郎さんの短編集について

僕は赤川次郎さんの短編集を読破しようと思っています
今まで読んだ本で
駆け落ちは死体とともに、ポイズン毒、世界は破滅を待っている、上役のいない日曜日、ホームタウンの事件簿、踊る男、勝手にしゃべる女、湖畔のテラス、怪奇博物館、告別、回想電車、手首の問題、一億円もらったら、散歩道、不幸,買います-一億円もらったらII、拒否する教室、秘密のひととき、日の丸あげて、間奏曲、深夜の見舞い客、記念写真、殺人を呼んだ本、幽霊屋敷の電話番、遅刻して来た幽霊、さびしがり屋の死体、ふしぎな名画座、輪舞-恋と死のゲーム、家族カタログ、昼下がりの恋人たち、素直な狂気、恋占い、さよならをもう一度(計32、順番がばらばらですが)
があります。
赤川さんの短編集は何冊あるのでしょう、まだ読んでない本は何でしょう。
教えてください

Aベストアンサー

・角川文庫

孤独な週末、一日だけの殺し屋、冬の旅人、名探偵はひとりぼっち、本日は悲劇なり、恋愛届を忘れずに、哀しい殺し屋の歌、おとなりも名探偵(三毛猫ホームズ、三姉妹などシリーズ人気キャラ勢揃いの短編集)

・角川ホラー文庫

黒い森の記憶、滅びの庭、恐怖の報酬

・講談社文庫

真夜中のための組曲、二人だけの競奏曲(競作)

・集英社文庫

一番長いデート

・新潮文庫

復讐はワイングラスに浮かぶ、砂のお城の王女たち

・光文社文庫

遅れて来た客、行き止まりの殺意、いつもと違う日、仮面舞踏会

・幽霊はテニスがお好き

古い作品ばかりで申し訳ないんですが。
中には絶版になってしまった本もあるかと思います。

Q江國香織さんの短編集を教えてください。

江國香織さんの『つめたいよるに』を読み、とても気に入りました。
私は長い話を読むのがあまり好きではないので、『つめたいよるに』のような短編集はありがたいです。

そこで、江國さんの他の短編集も読んでみたいと思うのですが、おすすめのものはありますか?
あればぜひ教えてください☆

ちなみに、『ぼくの小鳥ちゃん』は読んだことあります。
内容は可愛らしくて好きなのですが、やはり長さが気になりました。

『つめたいよるに』の収録作品の中では『デューク』『草之丞の話』等が大好きです^^

Aベストアンサー

「すいかの匂い」が良いと思います。
江國さんも、昔と最近ではけっこう雰囲気が変わって来ているので……。
私は短編集では「つめたいよるに」と「すいかの匂い」が好きですね。
初期の頃が独特の雰囲気がいいと思いますよ。

個人的な好みですが……(^-^;
既読でしたら失礼。

Q朗読のボランティアで使用する短編集をさがしています。

高齢者センターなどで、朗読(ボランティア)するのに適した、10分間くらいで読み切れる短編集(本)を探しています。内容はお年寄りに喜んでいただけるような、明るく楽しそうなものを常に選ん朗読していますのでよろしくお願いいたします。題名・著者・出版社などおわかりでしたらお知らせください。
又、幼児・小学生(低~高学年)の「お話し会」向きで、ぜひ子供達に聞かせたいと思われる本(5~10分で読み切れる)がありましたら、お知らせください。

Aベストアンサー

 こんにちは。お年を召した方に向くかは分かりませんが、ジンワリ幸せな気分になれる以下の作品はいかがでしょうか?
●角田光代「PRESENTS」
 まさしく贈り物というキーワードの短篇集です。ウェディングベールや名前など気持ちがやさしくなれる文章が満載です。昔を思い出して懐かしんでいただけるのではないでしょうか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31628144
 じんわりした恋の話「ちいさな幸福」お勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31819459
●重松清「季節風」シリーズ
 中には少し切ない話がありますが、季節ごとがテーマの作品集です。まだ秋は未読なのですが、夏と春は読みました。転校する少年達の友情や親子関係など幸せな情景が浮かんでくるものが多いです。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%BD%C5%BE%BE%A1%A1%B5%A8%C0%E1%C9%F7
●アンデルセン「絵のない絵本」
 詩人と月の会話という詩情あふれる素敵な連作短篇集です。明るく楽しい感じではありませんがうっとりとした感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09271755
●小川未明「小川未明童話集」
 「赤いロウソクと人魚」はあまりお勧めできませんが、「月夜と眼鏡」なんかは楽しい気持ちになります。無論お子様にもお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31150665
●ファージョン「ムギと王さま」
 ファージョンの童話集です。大人でも十分読み応えのある童話ですので、喜んでいただけると思います。屋根裏で本をワクワクしながら本を読んでいる気持ちになります。お子様にもどうぞ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30831454
●奥田英朗「家日和」
 楽しいけどちょっぴりブラックな家をテーマにした短篇集です。ネットオークションなどは分かりにくいかもしれませんが、どれもハッピーエンドというか後味の悪い終りかたをしません。失業して主夫になったり、妻に出て行かれてもインテリアに凝り始めてなんとなくよりが戻ったり、現代の家をテーマに面白く書かれています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31870143
●藤沢周平「たそがれ清兵衛」
 悲しい話があるなかでも、「たそがれ清兵衛」はあまりそんな感じではなかったと思います。偏見かもしれませんがお年を召した方は時代劇がお好きだと思いますのでいかがでしょうか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●アンソロジー「Re‐born はじまりの一歩」
 まさしく再生する話ですので、どの作品も前向きになれる話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32041072
●アンソロジー「ヴィンテージ06」
 ワインがテーマになっている短篇集ですが、ワインの知識がなくても全然OKです。人とワインの素敵な関わりを書いていて、どれも暗くなく明るく爽やかです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31724933

 他にもお子様用に以下の本はいかがでしょうか?
●石井桃子編「イギリスとアイルランドの昔話」
 絵も載っています。不思議な話からとんちの効いた話まで、グリムやアンデルセンと一味違った面白い昔話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01880425
●レアンダー「ふしぎなオルガン」
 心温まる詩的な童話集です。ただし絶版になっていますので図書館などで探してみて下さい。岩波少年文庫か岩波の児童書であると思います。
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jidou/
●ピアス「真夜中のパーティ」
 「トムは真夜中の庭で」で有名なピアスのやはり不思議な短篇集です。大人が読んでも十分面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30690546


 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。お年を召した方に向くかは分かりませんが、ジンワリ幸せな気分になれる以下の作品はいかがでしょうか?
●角田光代「PRESENTS」
 まさしく贈り物というキーワードの短篇集です。ウェディングベールや名前など気持ちがやさしくなれる文章が満載です。昔を思い出して懐かしんでいただけるのではないでしょうか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31628144
 じんわりした恋の話「ちいさな幸福」お勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31819459
●重松清「季節風」シ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報