『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

私は来月からHOTヨガを始めます。
某HPで夏になってヨガをしてるとウエアもマットも汗で臭くて耐えられない。と言っていました。
何故、ヨガでかく汗は臭いのですか?
そうなると、普段かく汗も臭くなりますか?
ホットヨガの場合、季節問わず、暑い部屋でヨガをしますが、何年もやっていると体臭が臭くなっていかないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ヨガと汗のくさいのは直接関係がないと思います。


狭いところで皆さんが汗をかき、
夜間も冷えないため、臭いが残っていくのです。
古い冷蔵庫の中がくさくなったり、
駅のトイレがいやにくさいところがありますがそれと同じです。
体臭そのものがくさいのではなく、
その教室に入ったものがくさくなるのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨガをすると眠れなくなるのですが…

去年からヨガ教室に通っています。
軽いストレッチのような初心者クラスです。
気持ちよいので、毎日寝る前に15~30分程するようにしたところ、
3日連続してヨガをした後は、体調が悪くなることに気がつきました。
熱が出たり、体が重くなったり、咳が止まらなくなったり。
教室の先生に聞いた所、小首をかしげていましたが、呼吸法とリラックスをちゃんとするようにアドバイスされました。
以来、それに気をつけて、ペースも落としているので、
熱が出たりすることはありませんが、
ヨガをした日は必ず寝つきが悪くなります。
目覚めもすっきりしません。
ヨガをしなかった日はコテンと眠れます。
ヨガをするとリラックスして熟睡するというイメージがあったので、自分のヨガのやり方に疑問を持っています。
ヨガをしてだるくなったり、重くなったり、眠れなくなったりすることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

素人考えで悪いのですが
kuronecoさんは普段運動をされますか?
と言うのは、私の場合運動をしてないでたまにジムなど行って体を動かしたときなどは、体が興奮して寝付きが悪くなります。

ヨガがどれほどの効果があるかわかりませんが

>軽いストレッチのような初心者クラスです。

軽いストレッチでも寝る前に行えば、血の循環は良くなるだろうし寝ると言うよりは体を起こす方向になると思うんですが?

試しに夜ではなく、朝、昼、夕方等にやってみては如何でしょうか?

素人考えでスミマセン

Qホットヨガで毛穴はどうなりますか?

代謝が悪いのでホットヨガを始めようか検討中なのですが、
頬の毛穴が非常に目立つのが悩みですので、ホットヨガをすると余計に毛穴が開くことにならないか心配です。
北国の女性より南国の女性のほうが毛穴は大きいと言うくらいですので
暑い中でヨガをすると毛穴もやっぱり開いてしまうのでしょうか・・。
ホットヨガをして肌がこうなった、とか、できれば毛穴で悩んでいる方で経験談をお聞かせ頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、ホットヨガへ週2くらいで通っている毛穴女子(30歳)です。
質問者さんが心配されているような毛穴広がりはナイと思います。
むしろ一度開いて汗や何やら老廃物が流れるのでオススメしたいですよ。
即効性があるとまで言えませんが、全身から汗をかいて気持ちいいのでマメに汗を拭いてドンドン汚れを出してる気分です。

レッスン後は温泉あがりみたいなツルツル(私はしばらく汗がひかずホカホカキープです)。
シャワーを浴びてから汗が落ち着いたら、引き締め効果のある化粧水などを使うと良いと思います。よく冷やしたり。
ホットヨガの体験レッスンなどでゼヒ試してみてはいかがでしょうか。毛穴レス・タマゴ肌を目指したいですね。

Qヨガで性格が変わる??

私の知人でヨガを始めてから、自分の性格が変わったという人がいます。
その知人曰く
「体が柔らかくなったら、心も柔らかくなった。心が開けてきた感じがする」
そうです。
前は、他人の意見が自分と違うと、すぐに不信感を抱いたり、
他人の粗捜しばかりしていたそうです。
ヨガをやっている仲間から、
「最初のころとちがうよね」
ともいわれたそうです。
私はその知人がヨガをやる前を知らないので、
その真意はわからないですが、
そういったことはよくあるのでしょうか?
経験者の方教えてください。

Aベストアンサー

私がしばらく前教わっていたヨガの先生の話です。
ヨガによるさまざまなポーズ(アーサナ)は、それ自体が目的ではなく、
(勿論インナーマッスル鍛錬や柔軟性などの効果はありますが)
後で行う瞑想のためにコンディションを整えるものなのだそうです。
従って、論旨はヨガの体操から、瞑想などへと移ります。

その先生は次のような形で瞑想をするとよいと言っていました。
・正座かあぐら、蓮華座など、適宜座る。
・背筋を伸ばす
・腹式呼吸。下腹の下の方に空気を入れ、吸うのを短く、吐くのは数倍かける
・目を閉じるか半眼
・湧いてきた雑念の内容を客観的に確認したら流す。それをくりかえしていく。

しばらくあとで、認知行動療法(物事に対する認識と、それを受けての行動にフォーカスした心理療法)
のうち新世代のものである「マインドフルネス認知療法」が
瞑想や坐禅の考え方を採り入れているのを知ったのですが、

自己評価メソッド(クリストフ・アンドレ)
25章「没頭すること、自分の心を見つめること、謙虚になること」

の中の、
「自分の心を見つめることとそのための実践法」
にあるやりかたが、上記の瞑想とそっくりでした。

これにより、
・今の自分の状態に意識を向ける=心を見つめること
になり、
・ネガティブな感情を抑えられる。精神状態を安定できる
・自分が漠然と感じていることをはっきりと理解できるようになる
・できごとを判断することなく受け入れることが出来るようになる
・自分の心の状態をただ素直に観照することで自分に関する雑念から自由になる=自分を忘れる
・この手法による内面的成長により、意識や行動が変わるのは勿論、脳機能にも変化がある
ということです。

きちんと?瞑想まで行うヨガをやっていたとしたら、このようなことで説明できると思います。

私がしばらく前教わっていたヨガの先生の話です。
ヨガによるさまざまなポーズ(アーサナ)は、それ自体が目的ではなく、
(勿論インナーマッスル鍛錬や柔軟性などの効果はありますが)
後で行う瞑想のためにコンディションを整えるものなのだそうです。
従って、論旨はヨガの体操から、瞑想などへと移ります。

その先生は次のような形で瞑想をするとよいと言っていました。
・正座かあぐら、蓮華座など、適宜座る。
・背筋を伸ばす
・腹式呼吸。下腹の下の方に空気を入れ、吸うのを短く、吐くのは数倍...続きを読む


人気Q&Aランキング