SR400です。
クラッチかたいと友達に言われ、他のバイクをいろいろ握ってみると明らかに自分のより軽いです。改めて自分のクラッチを握ってみると、これが鬼のようにかたいです。握力を鍛える器具と同じくらいです。自分は握力強いのでいつからなのか気が付きませんでした。レバーを新品に交換してからのような気がします。原因はどんなことが考えられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

SRのクラッチはもともと重いほうに属しています。


トルクの変動が大きいからなのでしょうか、SRXも重いと思いました。

原因は、No1の回答に加えて、レバーの角度にも問題が考えられます。
ハンドルのパイプの芯に対する回転角と、レバーの初期状態の位置角度です。

対策を簡単にお答えしておきましょう。
レバーの角度は、ステップに直立した状態からシートに「ストッン」と座ります。
その姿勢で、ハンドルに手を伸ばしグリップを親指と人差し指で挟んだときに、親指以外の4本の指が、自然とレバーにかかっている状態になるように調整します。
手首を無理に曲げたり、そらしたりするようではレバーの取り付け位置が不適当です。
レバーの位置角度は、この状態で4本の指がレバーを引き寄せるのに十分にレバーにかかっていることが重要です。
手を前にずらさないと指がかからないようでは、レバーが前方に飛び出しすぎと言えるでしょう。
パワーレバーを取り付けると、この調整をしっかりしないと返って重く感じることがあります。

No1さんのお答えに、対策が無かったので、ここで追加しておきます。
ワイヤー内部の錆びは、レバー側のワイヤーをはずして鉛の「玉」を剥き出しにします。
バイクパーツショップに売っている「ワイヤー注油器」を使って、スプレー潤滑剤を圧入する。
潤滑剤が入りにくい時は、ワイヤーを前後に動かしながらやると良い。
使用する潤滑材は、始めに粘度の低いもの、次に粘度の高いものと言う具合に分けて作業する。

ワイヤーの取り回しは、上記の作業をするときに、クラッチケースからの取り回しを一旦はずします。
上記の作業後に、ワイヤーについた傷とフレーム側のキズ部分に注意しながら、
ワイヤーに無理な曲がりがつかないような部分を探してとりまわします。
傷を探すわけは、ハンドルを左右に振る際に、こすれているところだからです。
ワイヤーの取り回しが終了したら、レバーに取り付ける前に、もう一度ハンドルを左右にいっぱいまで振って、ワイヤーの動きを確認してください。

最後に、
ワイヤーが折れてチューブにクラックが入っていませんか、こうなるとそこから水が入って錆びやすくなります。
やはり、一度はワイヤーを車体からはずして単体で確認したほうが、確実に確認できるでしょう。

BOTTやTSOSでシングルレースに参戦し続けたものです。
SRやSRXのことで困ったことがあればいつでもどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ワイヤーもたまには交換するべきでしょうか?とりあえずはずして確認してみます。

お礼日時:2001/10/29 09:46

おはこんばんにちは、


 1)クラッチワイヤーが中で錆びついている。
 2)ワイヤーの取り回しが悪く折れたような所がある
      他にもあるでしょうが、まずこの辺りからかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確認してみます。

お礼日時:2001/10/29 09:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報