エレキギターを初めて1週間ほど経ちます。
現在コードを押さえる練習をしているんですが、
人差し指で1-6弦のバレーをするとき、どうしても3弦を上手く押さえることができません。(Fは押さえれます)
もちろんフレットの側を人差し指の側面で押さえているつもりです。しかし、何度挑戦してもミュートされるばかりです。
何で押さえれないんだろうって考えてたんですが、
指の第2関節が太くなっていることが原因ではないかと思いました。第2関節が太く、そこから第1関節にかけて急激に
細くなっています。高低さが10円玉2枚分くらいの厚さも
あります。この細くなっている部分に3弦がくるので
押さえることができないんだと思います。
人差し指で1-6弦をバレーした状態で、右手で人差し指を強く押してやっても上手くあたりませんでした。自分としては、物理的に無理なんじゃないかあきらめかけています。
何か克服する手段などあるんでしょうか?また、
この先ギターを続けていく上で、1-6弦をバレーするってことは多々あるんでしょうか?

乱文すいませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No4です。


一週間前から練習して、弦は半年前の購入って言うことは、弦を張ってあげてから半年ほうっておいたのかしら?だとしたら.008の弦を買ってきてすぐ張り替えてあげた方が良いかもしれませんね。古い弦が良いか新しい弦が良いかも難しい話しですが、初心者は一月程度で変えたほうがいいと思います。
弦を張ったのも一週間前なら、チョットもったいないかも知れませんね。でも、細い弦の方が弾きやすいでしょうから、換えてみて試してみたらよいと思います。楽器屋さんに行くといろんな弦があります。とりあえず店員さんに初心者なので柔らかめの弾きやすいものをって(同じ太さでも様々なので)相談してみてください。私自身はアーニーボールかダダーリオって云うメーカーの物を使っていますけど。.010の弦をかなり弦高も高くして張っていますので初心者の方には不向きですね。友達に貸すとみんな嫌がります。
さて、スケールですけど、これから上達していって自分で曲に合わせてソロを弾くっていう段階になると、スケールが判らないとヒジョーに辛いです。
スケールについて語り始めるとヒジョーに長くなります。ですが、私がこの場合スケール練習もしてねって書いたのはですね、まずはドレミファソラシドを弾きましょうってコトです。
一日の練習の始まりに、まずチューニングします。チューナーをお使いか音叉をお使いか、はたまた他の楽器(ピアノとかね)を使ってチューニングするかはその人次第ですがまずチューニングします。昨日の練習終了時に音が合っていても、今日は今日でチューニングします。耳の訓練にもなりますしね。
で、チューニング出来たらまずスケール練習。これは体にスケールを覚えこませることと、左手の運指(フィンガリング)と右手のピッキングの訓練になります。出来れば30分くらいはドレミファソラシドとかペンタトニックスケールとかを地道に弾きます。指が疲れても弾きます。飽きても弾きます。その分ウマくなるからです。
初心者ですからおすすめは、
(1)普通に開放弦もつかってドレミファソラシドレミファソラシドって2オクターブ弾いて、ドシラソファミレドシラソファミレドって今度は下降してきます。
(2)これはスケールではないですけど、6弦の開放から順番に6弦1フレット、6弦2フレットと云うように1フレットづつ上昇。6弦4フレットの次は5弦開放にと言うように1弦の4フレットまで半音づつ上がっていくパターン。当然次は下降パターンです。
(3)慣れてきたら((1)が満足いくように弾けるようになったら)開放弦を使わずにドレミ~を弾きます。
20年以上ギター弾いてますが、いつもウォーミングアップとして今でもやります。
ここで注意して欲しいのは、ドレミファ~が弾けたらもう充分と思わないこと。工夫次第でいくらでも難易度を上げて練習できます。例えば全てダウンピッキングで弾く、全てアップで弾く、アップとダウンを交互に弾くとか、メトロノームに合わせてリズムがピッタリになるまで弾くとか、全てヴィブラートさせて弾くとかね。音の粒が揃ってなきゃダメですよ。
本当はこの後ペンタトニックスケールを弾きますが、まだ初心者には不要です。説明も長くなりますし、今回は割愛します。3~4ヶ月たったら改めて質問を立てたら良いでしょう。
ちなみに、私の場合はこの後弾き語り用の譜面でビートルズの曲を(なんだったかなぁ、覚えてないなぁ何しろ昔のことだし)弾いてましたね。たしかバレーコードがない曲を選んで練習していたと思いますけどね。
スケールのサイトについてですが、私がギター初心者の頃はパソコンなんて無かったですからね~。今、サイトで見るとしたらアンプやエフェクターの試聴出来るトコですから、残念ながらオススメできるところを存じませんです。代わりに、雑誌ですがギターマガジンとかを読まれたら如何でしょう。知らない単語とかがいっぱい出てくると思いますが、そのうち解かるようになると(自分はそうでしたから)思いますよ。初心者向けのコーナーとかスケールの話とかも載っていると思います(最近買ってないので断言できませんが)ので、まずは立ち読みでもしてみてください。
長文になってしまい申し訳ありませんが、最後に一つだけ。何しろ諦めずに、そして飽きずに、同じことの繰り返しが多いですが、いずれ肥やしになりますので毎日弾いてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びご返事ありがとうございます。

弦を買ったのは半年前ですが、張り替えたのはつい最近です。もったいないですが、それほど高価なものじゃないので、できるだけすぐ細いのに交換しようと思います。
親切にそれも大変詳しく教えてくださってありがとうございます。これを参考にしながらやっていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/19 23:11

No.4です。


書き忘れていました。
ドレミファ~って書いてますけど、長調だけじゃなくて短調もやった方が良いですよ。
    • good
    • 0

弦は(太さが)いくつの物を使ってますか?


とりあえずは.008に変えてみて様子を見る事をオススメします。
指の形ウンヌンは見てみないと判らないですけど、一週間でセーハが出来るかって言うと練習量や練習方法、個人の適正もありますが、出来なくて当たり前なんじゃないかな。
楽器屋さんでアドバイスしてもらうのはjazzydaysさんが書いていらっしゃるように、チャンと(礼儀正しく)質問すれば答えられる範囲で答えてくれますよ。答えてくれなければあまりいい店ではないってことですから、他の店に行けば宜しいでしょう。その際、弦のワンセットでも買えば気兼ねなく質問できるでしょう。
ちなみに指板のアール、フレットの形状と高さ、弦高によってもその辺のやり易さは変わります。ギター本体を持っていけばその辺の違いも教えてもらえるんじゃないかな。指板やフレットはいきなり換える訳にもいかないでしょうから、弦高の調整を低めにして弦も細い物に換えて後は地道に練習するしかないでしょう。
脅すわけではありませんが、バレーコードが弾けなければかなりツライですよ。でも、6弦側から親指で5・6弦を押さえたり(ネックを左手でにぎりこむような感じ)しますね、上手になれば。初心者のうちはセーハする方法で練習した方が良いですね。
何しろ一週間でしょう?出来なくても諦めてはいけません。コードだけじゃなくてスケール練習も毎日やってますか?ぜひがんばって上手になってください!応援してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。

弦の太さは多分0.09のものを使っていると思います。
なにせ弦を買ったのが半年前くらいで、初心者だから
あまり弦の太さを気にせず買ったので。とりあえず
johnnybluesさんのご指摘の通り0.08で試したいと思います。

正直どんな練習をすればいいのかよくわからないんですが、下記のサイトを見ながら練習しています。
このサイトではスケールについて扱っていないので
スケール練習はしていません(スケールについてもまだ
あまりわかっていませんが^^)。スケール練習するのに参考になるサイトなどございましたらご教授お願いします。

http://hatti-foolish-space.hp.infoseek.co.jp/gtr …

お礼日時:2005/08/18 23:18

関節の状態によって押えにくいと言う状況は、実際にその状況を目で見て確認してみないことにはなんともいえないところはありますね。

とりあえず関節の出っ張りでポケットができない位置を探ってみて、その角度でバレーをするようにしてみるのではいかがでしょうか。
人差し指の完全に側面ではなく、指を少し傾けるようにして掌側だけでなく側面も弦に触れるような形で押えるのが楽かと思いますが、その状態でも関節の出っ張りがポケットを生んで、結果3弦がミュートされてしまうような状態なのでしょうか? もし完全に人差し指の側面だけが弦に触れるような傾け方をしているとしたら、指の傾け方がちょっと極端すぎるのかも知れません。 その傾斜を少し緩めてやって、指の掌側と側面とが半々にあたるような加減にしてみるのが良いと思います。 そのような極端な傾け方をしていないとしたら、手の使い方を少し工夫してやる必要がありそうです(具体的なことは、実際の手の使い方をみてみないとなんともいえませんね…)。

5弦までのバレーは何とかできて、6弦全弦をバレーするのは厳しいと言うのであれば、指の使い方の工夫次第で改善できる余地は残されているように思います。
全弦をバレーするときに、少し大袈裟なくらいに人差し指の先をネックの上端から突き出させるような感じに、バレーをする指を押し込んでみるなども、一つの手ではあるかも知れませんね。
いずれにしてもまだ初めて1週間では、そうそうこなれてくるものでもないと思います。 少し腰をすえて、結果を焦らずにじっくり構えてみる必要がある部分もあると思いますよ。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
バレーをするときは、人差し指の側面で押さえていると
書きましたが正確には側面と腹の間くらいで押さえています。すみません。色々な角度で試しているんですがやはりミュートしてしまいますね。むしろ腹で押さえたときに、ミュートではなくビビった音に変わるので、こっちの方が合っているのかもしれません。コードによって傾けたり傾けなかったりするのもなんか嫌な感じではありますが。

人差し指をネックの上端から大袈裟に突き出す方法も試してみましたが、今度は4、5弦が怪しくなるんですよね(^^
でも、この方法も試していきたいと思います。
いろいろアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/08/18 22:56

#1です。


ぜんぜん問題ないですよ~。
「初心者なんでテンション軽めの弦に交換したいんですけど、おすすめありますか?」
って聞けば、親身にアドバイスしてくれそうですね。
(ついでにギターも持っていけば、親切なとこなら張り替えとチューニングまでやってくれるかもしれないし、いろんなアドバイスももらえるかもしれません)
まあ、「気持ち楽かな?」って程度かもしれないですけど。
試してみる価値はあるかもよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ご返事ありがとうございます。
今、手元には予備の弦がないので
どっちにしろ早く弦を買いに行かないといけないので
店員さんに相談してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/18 22:12

>1-6弦をバレーするってことは多々あるんでしょうか?



多々ありますよ~。
初めて1週間なら、あきらめるのはまだ早い!
と思います。

弦高をギリギリまで低くするという手もありそうだけど、ギターいじるのは大変だから、とりあえずテンション低めの弦(EXTRA LIGHT GAUGE)に張りかえてみてはどう?

あとは根性!
ぐーっと思い切り押し付けてもダメですか?
(慣れないうちは指が擦りむけたり、真っ赤にはれたりするものです。たいてい)

指を見てないから、物理的に無理なのかはわからないけど、意外と根性いるものですよ。最初は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

力いっぱい押し付けても無理でした…
1-5弦のバレーならなんとか押さえれるんですけどね。

もうちょっとがんばってそれでも無理だったら
細い弦に変えてみようかと思います。
あと楽器屋の店員にこのへんのことを相談してもいいんでしょうか?なんだ?こいつって思われてしまいますかね…

お礼日時:2005/08/18 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバレーコードの押さえ方がうまくいきません

何週間かバレーコードを練習しているんですがいっこうにうまく弾けません。力を入れるべき弦に力を入れればいいと、聞いたんですが全然できません。人差指に力を入れるとほかの指がうまく押さえられず、ほかの指に力を入れると人差指に力入りません。できるようになるのか不安です。だれか、バレーコードの押さえ方を教えてください。練習法などでもいいです。お願いします。

Aベストアンサー

バレーコードの際の手先の扱い方については、弦に直接触れる弦だけに注意を傾けるのはあまりお勧めしません。手全体のバランスを良く見直すことをお勧めします。

バレーコードを押さえる時の加減についてですが、人差し指に関してはあまり弦を押し込む力を加えることを意識せず、均等に押さえる弦に触れることを優先するのが良いでしょう。その上では、人差し指の親指側の側面が弦に当たるように少し指を傾け、指自体は弦に対して直線をなす面ができるように意識し、フレットのそばに配置するようにして、まずは目的の弦すべてに均等に触れてきちんとミュートがかけられることを確認するのが良いでしょう。
他の指に関しても、力を込めるのは今は二の次として、的確に目的のポジションを捉えるよう、フォームを整えることを優先するのが良いでしょう。やはり、指先は指板に対して立てるように意識し、フレット付近の位置で指先で弦を捉える、セオリー通りのフォームを作ることを意識してみてください。
なお、バレー以外の指に関しては、弦を押さえようとして指先がピンと伸びるような形にならないようにするのが良いでしょう。弦を押さえる時の加減としては、指で弦をフレットの方に押し出してやろうとするのではなく、指先を手のひらの方に引き込むように、握りこむような具合で動かし、そのついでに弦を指先で捉えてフレットに押さえ込むような意識でやるのがよいと思います。このとき、指は軽く内側に湾曲するような形を保ち、指の付け根から全体を動かすように運ぶのが良いでしょう。
また、指を立てて入れるためには、指の付け根をネックのそばに寄せるのが良いでしょう。各指の付け根が指板の縁ぎりぎりのところに来るような加減でもやりすぎではないでしょう。指の付け根が押さえるポジションに近接している方が、弦を押さえる時の加減は全体的にやりやすくなります。

バレーコードにおいて、弦を押さえる時の力加減については、親指をうまく使うことを考えるのが良いでしょう。他の指は弦に的確な位置取りで触れることを優先して、力をそちらから込めることには執心しない方が良いと思います。弦に直接触れる指のフォームをきれいに整えたら、親指の力を使い、ネックを他の指の方に押し出すような加減を意識して、ネックが他の指に押し付けられるついでに弦が挟まれてフレットに押さえつけられるような感じを意識してみると良いでしょう。言い換えれば、人差し指と親指とでネックを挟む具合を意識すると良いと思います。
その上では、親指を置くポジションについても工夫するのが妥当です。親指については、人差し指の真裏か少し中指よりの位置で、ネック裏の中心線上を押し上げるような具合にするのがやりやすいと思います。
いずれにしても、バレーコードの際には、弦に直接触れる指から力を加えていくのではなく、ネックを保持している親指の側からネックを押すつもりで、親指の力を上手く利用するのが良いでしょう。

参考まで。

バレーコードの際の手先の扱い方については、弦に直接触れる弦だけに注意を傾けるのはあまりお勧めしません。手全体のバランスを良く見直すことをお勧めします。

バレーコードを押さえる時の加減についてですが、人差し指に関してはあまり弦を押し込む力を加えることを意識せず、均等に押さえる弦に触れることを優先するのが良いでしょう。その上では、人差し指の親指側の側面が弦に当たるように少し指を傾け、指自体は弦に対して直線をなす面ができるように意識し、フレットのそばに配置するようにして、まず...続きを読む

QFコード1フレット2弦が鳴らない…

アコギを始めて3ヶ月ぐらいの超初心者です。
Fコードなんですが、1フレット2弦だけがどうしても鳴りません。
1弦から5弦までだけを押さえたときは、2弦も一応鳴るのですが、6弦すべてを押さえようとするとどうしても2弦だけが鳴りません。
人差し指は多少斜めにし、ネックの裏からは親指で・・・などの基本事項は実践しているはずなのですが。
4フレットぐらいの押さえやすいところでセーハーしてもどうしても2弦だけ鳴らないのです。
これでは、弦をエレキのものに変えたりしたところで、2弦は絶対鳴らないでしょう。
人差し指の第一関節と第二間節の間で押さえる弦はどうも鳴らない、もしくは鳴りにくいようです。
とはいってもセーハーする以上この部分は絶対使うと思いますし・・・。
毎日押さえる練習はしてるし、最近指のストレッチも始めました。
一体どうしたら鳴るようになるんでしょうか??
バレーコードが弾けないとなかなか曲の幅も広がらないですし、本当に欝です(っд;`)

Aベストアンサー

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押しても関節が曲がらない側面を使うようにするのが良いでしょう。
手を開いて手のひらを向こうに向けてかざし、人差し指の親指側の側面を見てみると、比較的でこぼこのない線を描くと思います。 その直線に近い部分で弦を捉えるように意識すると良いでしょう。
人差し指を傾ける時には、親指を置く位置を少しブリッジ側(手で言えば中指側)に寄せると、人差し指を傾けてもそれほどきつくないと思います。

あるいは、指の長さに余裕があるのであれば、6弦のところに人差し指の先が来る状態よりももう少し余分に指を伸ばして、人差し指の指紋の辺りがネックの上の縁に来るくらいに多少大袈裟に突き出してみるのも良いかも知れません。 関節の位置が変わることで、改善ができる可能性はあると思います。

いずれにしても、人差し指一本でバレーしている時に一部の弦が鳴らないという状況は、指板と指の間に余裕があって、その隙間のせいで弦がフレットから浮いている状態が原因といえるでしょう。 その隙間をうまく潰すように工夫すれば、問題を解消できるはずです。 弦を押えている指の状況や手のバランス全体を見直してみて、問題のある箇所を洗い出し、工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押して...続きを読む

Qギターに向いていない指?

ギターが全然上達しません。というのも指の形が変なんです。正確にいうと指を横から見た時、指先が鋭角の形をしていて爪よりも指先の肉が下がっている状態です。イメージ的には平らな指です。弦を押さえる時は爪から当たってしまうのでどうしても指が寝てしまいます。それにより隣りの弦がミュート状態になり、きれいな音が出ません。唯一薬指の指先だけが爪よりも上になっているので、薬指は問題ありません。他は全滅です。ギターが下手なのを指の形のせいにするのはただの言い訳みたいですが、長年の悩みです。よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

趣味で30年近くギターを弾いています。 電気なのかアコースティックなのかクラッシクなのか判断できませんが、必ずしも指先を弦に直角にあてフィンガーリングする必要はないと思います。 

練習あるのみです。 

爪は皮膚が変化したものなので練習次第で退化していきます。いずれ指先が平らになると思いますよ。

またコードワークも不思議なもので指の関節が柔らかくなってくると、例えばコードCを押さえるとき、初めは3フレットを人差し指でバレーして、5フレットで2弦3弦4弦をそれぞれ小指、薬指、中指で押さえていましたが、薬指の第一関節が外側(手の甲側)に曲がるようになり、薬指一本だけで5フレットの2弦3弦4弦を押さえられるようになりました。

私は手自体が小さく、ロックンロールでいうリフも苦労して弾いていましたが人差し指と小指が段々と大きく開くようになり今では問題なくなりました。

指が太すぎて苦労している人よりは早く上達するのではないでしょうか。自信を持って練習に励んで下さい。

Qペシペシ、という音が出てしまいギターが弾けません。

お世話になります。
「ギターはどのぐらい練習したら弾けるようになりますか?」
という質問をしました。

頑張れば弾けるようになる、というのが大方の回答でしたので、初めてのギターの演奏をしてみました。
しかし指の腹が太いのか、ネックが細いのか、弦と弦の間が狭いのか、コードを押さえようとすると、隣の弦まで押さえてしまいます。また、何とか目的の弦だけを押さえても、弾くと「ペシペシ」という音になってしまい、余韻が全く残りません。

どうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

この間の質問の方ですね。

始めて間もないころはそんなもんです。
まずは正しいフォームを身につけるところからコツコツとやってみましょう。(いきなりコードはちょっとまだ無理かな?)

もちろん教室に通ったり、経験者にフォームを見てもらいながらやるのが一番良いですが、それが難しければ、写真や映像(DVD)が付いている教本などで
ギターの構え方、左手、右手の正しいフォームを始めのうちにしっかりしておきましょう。それが上達への早道です。
(YouTube などで、”ギター 初心者 左手フォーム”などのワードで検索しても、結構参考になる映像が見れます)

先に回答があるとおり、文字では伝えきれないですが、


・親指はネック裏側中心線辺りに
・人差し指~小指はネックと水平に
・手首を”ぐっと前に突き出す様にして人差し指~小指を力を入れずに自然に曲げたとき、それぞれの指が弦に直角に当たる

ストラップや足を乗せる台などを使って、ネックを体に近づけると楽に出来ます。
また、ギターは寝かさない様に、ギターの表面板は床に対して直角に近い方が良いです。指を見ようとするとどうしてもギターが寝てしまいますが、そうすると左手の指が寝てしまいます。
直角に指を当てるということは、指先の本当の先端部分で押さえることになるので、爪が長いとフレットに爪が当たってうまく押さえられません。

このフォームで、まずは、人差し指一本で弦をフレットとフレットの調度真ん中より、やや高音側フレット寄りで押さえて(フレットの真上ではありません)、弦を弾いてみてください。これが開放弦と同じ様に綺麗に響くようになれば、それが正しい位置ということになります。

指がしっかり立っていれば、押さえている弦の隣の弦(開放で良い)を弾いても、ペシとはならないはずなので、もしペシとなるならば指が寝ているということになり、左手のフォームがどこか狂っているということになります。

例えば、
1弦 開放 2弦 1フレットを人差し指で押さえる 3弦開放で、1,2,3弦を順番に弾く
これが出来たら、これに4弦 2フレットを中指で押さえる
更に、5弦 3フレット を薬指で押さえる
6弦を開放のまま、1~6弦を弾く (⇒これがCコードの基本の形です)

などで、少しずつ押さえる指を増やしていくといいかも知れません。
ただし、これも単音で綺麗に音が出る様になってからです。最初はこれすらもうまく音は出ないと思いますが、正しいフォームになるまであきらめずに続けてください。


また、最初の頃は左手の指もまだぷにぷになので、まだまだ綺麗には音は出ないか、必要以上に力がかかりますが、これはひたすら練習していけば、だんだん力を要れずに押弦できる様になります。

指先の皮が一皮二皮剥けるまでは辛抱ですね。

この間の質問の方ですね。

始めて間もないころはそんなもんです。
まずは正しいフォームを身につけるところからコツコツとやってみましょう。(いきなりコードはちょっとまだ無理かな?)

もちろん教室に通ったり、経験者にフォームを見てもらいながらやるのが一番良いですが、それが難しければ、写真や映像(DVD)が付いている教本などで
ギターの構え方、左手、右手の正しいフォームを始めのうちにしっかりしておきましょう。それが上達への早道です。
(YouTube などで、”ギター 初心者 左手フ...続きを読む

Qエレアコとアコギどっちにすべきか?

 エレアコとアコギどっちにすべきか迷っています。
 とりあえずアコギが欲しいのですが、エレキのアンプを持っているので、どうせ買うならアンプに繋げられるエレアコの方が得かな~という気持ちです。

 どうでしょうか?。
 わざわざエレアコを買う必要があるでしょうか?。
 そもそもアンプに繋げる以外の点でアコギとエレアコの違いってありますか?。
 

Aベストアンサー

エレアコの範囲が明確でないのでわかりませんが、

アンプで増幅するのを前提に作られている場合は ハウリング対策などがとられている ボディー構造だったりします。生音の鳴りがや その周波数帯が調整されています。

アンプで増幅しない前提なら、そういう鳴りの構造です。

No.1,4さんが 言われているように 「違う音」なのです。

実際に 楽器屋や友達のを弾き較べて 音の違いがわかりませんか?
違いがわからなければ 「どうせ アンプにつなげられるエレアコ」でしょう。

でも エレキ用のアンプと エレアコ用のアンプも 全然音違いますよ。
(って言っちゃうと アンプも ギターも 全部 違う音がするんですが・・。マッチレスの音って言っても 同じ型で ロットによって 音が違うし・・。)

Q曲のキーの判断の仕方とそのキーで使われるコードについて

主旋律の最初の出だしの音=キーと考えてしまっていいのでしょうか
またそのキーでよく使われるコードが一覧で見られるようなサイトやそのコードを知る方法もありましたら教えてください
お願いします

Aベストアンサー

こんにちは!


>主旋律の最初の出だしの音=キーと考えてしまっていいのでしょうか


必ずしもそうではありません。
キーがCの曲がいつも「ド」から始まるわけではないですよね。

「ミ」だったり「ソ」だったり、「レ」だったり
「ファ」だったり「ラ♭」だったり・・・といくらでも可能性があります。
ですので、最初の音というのは「たまたま合っていることがある」というくらいで
キーの判別には全く当てになりません。


それとは別に「もし最初のコードがCだったら、キーもC?」
という疑問が出てくるかも知れませんが
こちらもキーの判別には、当てになりません。

キーがCの曲でもFやG、Dm等(その他色々…)から始まることも少なくありません。


キーでよく使われるコードについて詳しくお知りになりたい場合は
「ダイアトニックコード」というものについて調べてみてください。


これは簡単に言えば、一つのキーでよく使われる基本となるコードをまとめたものの事です。
その基本のコードを変形させたりして、色々なコードが生まれます。

理論的に理解したい場合は
ダイアトニックコードについて調べてみてください。

ちなみに、キーがCの場合は
ピアノやキーボードの鍵盤で言うドミソ、レファラ、ミソシ、ファラド・・・シレファまで(コードで言うとC、Dm、Em、F・・・Bm-5まで)
というような3和音を元にしたコードのことです。



ちなみに、音楽教室などで初心者向けに教えられている簡単なキーの判別の仕方として
曲の最後のコードを見るという方法があります。

例えば「曲の最後のコードがGで終わっていたら、その曲のキーはG」
「D♭で終わっていたら、キーはD♭」という感じの見方です。


ある意味、理論に一応沿っているわかりやすい判別方法ですが
主に、クラシック、童謡などに有効な判別方法で
最近のポップスは、サビはもちろん、Bメロ、エンディング等でも転調していたり
ダイアトニックコード外のコードで締めくくっていたりする場合も多いですので
この判別方法は必ずしも通用しません。


作曲をする際に曲のキー着目するのは大切なことですが
曲によっては「一時転調」といって、一つフレーズ中で別のキーに転調することもよくあります。

その部分は、実は個人の解釈次第という部分も大きくあって
それも考えると曲のキーにあまりこだわりすぎるのも
作曲や楽曲分析の障害になってしまう可能性があります。


まずは、本やサイトなどで
ダイアトニックコードの仕組みを理解されると良いと思います。

「ダイアトニックコード」等で検索されると
解説されているサイトがたくさん出てくると思います。

ギター向けのものが多いように思いますので
キーワードに「ピアノ」「キーボード」などを加えて検索されると
希望のサイトにたどり着きやすいと思います。


焦らずに少しずつ色々な既存の曲に当たりながら
理論の方もかじりつつ、色々なパターンがあることになれていってみて下さい。

こんにちは!


>主旋律の最初の出だしの音=キーと考えてしまっていいのでしょうか


必ずしもそうではありません。
キーがCの曲がいつも「ド」から始まるわけではないですよね。

「ミ」だったり「ソ」だったり、「レ」だったり
「ファ」だったり「ラ♭」だったり・・・といくらでも可能性があります。
ですので、最初の音というのは「たまたま合っていることがある」というくらいで
キーの判別には全く当てになりません。


それとは別に「もし最初のコードがCだったら、キーもC?」
という疑...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qアコギのフィンガーストロークの正しい方法

私は、ピックを使わないでストロークも全て指(爪)で弾いているのですが、どの指で弾くかや、爪の当てる角度とかに正しい方法などあるんでしょうか?

その日その日の気分で、人差し指だけだったり、中指も加えたり、薬指も加えて3本指でダウンストロークしたりしてます。爪の角度はアルペジオの時と同じような、出来るだけ弦に対して爪のてっぺんを垂直にして弾いてます。
ただ、ダウンストロークはその弾き方でも弾けるのですが、アップストロークの時は親指以外の爪が引っかかってしまうので、アップは親指の爪で行っています。爪の角度はダウン時と同様に、爪のてっぺんですが、爪の左端で弾いてます。(親指の爪は、右端周辺に比べて、左端周辺だけすり減って短くなってます)

ネットなどで調べると、ダウンストロークの際に爪のてっぺんをヘッド側に向けて、爪の左端で弾く方法もある様ですが、自分が弾きやすいと思った方法でやれば良いでしょうか?
又、アップストロークを親指以外で弾く方法もあるのでしょうか?
自分の場合は、親指以外でアップストロークすると、良く爪を引っ掛けてしまって、爪を割ったり、最悪剥がしそうで怖いです。

詳しい方がおられましたら、教えて頂けませんでしょうか?

私は、ピックを使わないでストロークも全て指(爪)で弾いているのですが、どの指で弾くかや、爪の当てる角度とかに正しい方法などあるんでしょうか?

その日その日の気分で、人差し指だけだったり、中指も加えたり、薬指も加えて3本指でダウンストロークしたりしてます。爪の角度はアルペジオの時と同じような、出来るだけ弦に対して爪のてっぺんを垂直にして弾いてます。
ただ、ダウンストロークはその弾き方でも弾けるのですが、アップストロークの時は親指以外の爪が引っかかってしまうので、アップは親指の...続きを読む

Aベストアンサー

知ってたらごめんなさい。

http://www.youtube.com/watch?v=WtGxx4asWy8

Qアコギとフォークギターのちがいって??

ギターを始めたいのですが、アコースティックギターが買いたいのですが、買うときに(ネット通信)フォークとか、アコースティックギターか書いてないためどっちがどっちなんだか分からないで困っています。。簡単に見分ける方法って分かりますか??
後、何をポイントに抑えて買えばいいですか??
予算は、かなり少ないので、、、、でも、初心だしいいいですよね^^

Aベストアンサー

アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦(ガット弦)を使うギター(クラシックギター・フラメンコギターなど)と、金属弦を使うギター(フォークギターなど)とがあります。
アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意識したものであれば、フォークギターなどとクラシックギターとを分ける一番の特徴は、上記の通り弦の材質になります。 他にも、ギターの作りが異なりますので、見た目で見分けることも難しくはないでしょう。 なお、一般的な通称として、金属弦を使うアコースティックギターのことを、フォークギターないしアコースティックギターと称することも多いようです(逆にクラシックギターは、特にクラシックギターと称されることの方が多くあると思います)。

何をポイントにして買えばいいのかについては、自分の気に入った特徴を持つものを選ぶのが良いと思います。 ただ、何もわからないうちからネット通販で買うのは、ちょっと不利が大きいようにも感じます。 買い急がずに、ギターのことについて少し知識を付けてから、具体的な購入計画を立てる方が良いと思いますよ。
楽器店が身近にあるのであれば、そこに出向いて店員と相談したり、色々な現物を眺めてきたりするのが良いと思います。 それが難しい場合は、ギターの教則本やギター雑誌などに目を通して、そこから色々と情報を仕入れてみるのが良いでしょう。 それさえおぼつかないのであれば、ネット上で色々な情報を探してみるのも良いかもしれません。 とにかく、知識を付けてから購入の計画を立てることを強くお勧めします。

なお、個人的な意見を付け加えるなら、初めの一本は楽器店で購入した方が何かと便利だと思いますよ。 普通の店であれば購入時の相談にも乗ってくれますし、購入後もアフターケアなどで相談できる相手がある方が、安心して取り組めるでしょう。 また、ギターには弦などの消耗品などもありますから、安心して入れる楽器店があった方が、不便を囲わずにすむと思います。
あと、ギターは自分で調律をしないといけない楽器ですので、その基準を取れるアクセサリは必須です。 チューナーや音叉、ピッチパイプなどが、調弦する時に基準を取るためのアクセサリになりますが、できればチューナーを購入するのが良いと思います。 そのあたりの費用も、予算に織り込んでおくと良いでしょう。

とりあえず、参考まで。

アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦(ガット弦)を使うギター(クラシックギター・フラメンコギターなど)と、金属弦を使うギター(フォークギターなど)とがあります。
アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意...続きを読む

Q親指ミュートが出来ないのはカッティングで致命的?

ギターでカッティングの練習をしています。
「全部の弦を鳴らすが、鳴らしたくない弦はミュートしろ」と教則本にあり、「低音弦は親指でミュート」とも書いてあったのですが、僕の場合問題がありました。

教則本によれば親指の腹で6弦と5弦をミュートするらしいのですが、僕の親指は間接があまり曲がらないために6弦のミュートが精一杯で、5弦のミュートが出来ないんです。これはカッティング奏法において結構痛い問題なのでしょうか?あるいはなにか他の解決策はありますでしょうか?

皆様の知恵をお貸しください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何の問題もないです。
解決策はまず、5,6弦のほうを弾かないようにすることです。
もうひとつは、親指で6弦をミュート、4弦を押さえている指先を5弦に触れてミュート。
4弦を押さえてない場合(Dなど)は、余っている指を伸ばして5弦をミュート、で問題ないと思いますが・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報