AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

先日は九官鳥の質問に考えさせられる多くのためになるお答えを頂きありがとうございました。
 あれからネットで調べたり、お店に九官鳥を見に行ったりしていますが、いざ購入しようと思うとこの子の一生を背負う自信がなくて
躊躇しています。とことん考えてから購入したいのです
うちには犬もいますし、オカメやセキセイも飼ったことがあるのですが、九官鳥まで大きくなると飼育に関して不安もあります。

今日うかがいたいのは鳥から人間にうつる病気についてです、
昨今鳥インフルエンザの問題もあり、その点も心配しています

また九官鳥は輸入ということで近くの鳥専門の獣医さんもさがしてありますので、細菌の検査した方がいいと思っていますが、やはり細菌はいるとはおもうのですが、人間への影響のある感染症ってあるのでしょうか
今までは抗生剤で除去できた細菌ばかりだったのですが、安心できる方から譲られた鳥ばかりだったので、ショップからの購入は初めてでそれも
教えていただけたら有難いです

A 回答 (1件)

質問に対する回答にならないかも知れませんが、「人獣共通感染症」か「鳥類の感染症」というキーワードで、検索されたら如何でしょうか。

質問された感染症・病原体などを知ることができると思います。
鳥類からヒトに感染する病原体としては多くのものが知られています。しかし、実際にヒトに感染するか否かと質問されると正確に回答できないと思います。例えば、インフルエンザに感染した鶏を飼育している従事者が全員感染するかと言えばそうともいえません。もしかりに感染したヒトの場合でも、臨床症状は様々です。
動物を飼育する際は、「動物はヒトに病気を起こす病原体を保有している」可能性があるということを前提にして、接することが大切です。例えば糞便の処理に気をつける、口移しで餌をやらない、動物を触った後は手を洗うなど、基本的なことを守れば感染する可能性は低いと思います。
高病原性のウイルス感染の場合ですと、ペットショップの全動物に感染する可能性があります。しかし、そのようなことは、実際には起こっていないと思います。過度に警戒する必要もありませんが、動物は可愛い反面、病原体を保有している可能性があるということを忘れないで下さい。
最近、色々な動物が輸入されています。予想もしないような病原体も入っている可能性は否定できません。一般の人は、狂犬病は犬しか感染しないと考えていますが、狂犬病ウイルスはほ乳類全体に感染します。ワクチンによる予防接種が徹底したため、日本では淘汰されていますが、輸入動物が多い現在ではいつ何時に発生するか判りません。
ご質問に対する回答としては的が外れたかも知れませんが、「人獣共通感染症」、「鳥類の感染症」などを調べて下さい。結核、オーム病などは、聞かれたことがあるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変細かく説明をしてくださいましてありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2005/08/21 11:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング