プリン骨格のにはどんな物質があるのか、どんな生理作用があるかを教えてください!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プリン骨格を持つ物質としては、わたしが知っているものとして、DNA塩基のうちの、アデニンとグアニンがあります。

アデニン、グアニンはそれぞれチミン、シトシンと水素結合をしています。
 ちなみにチミン、シトシンはピリミジン塩基です。
プリン骨格をもつ、プリン体はDNA合成に必要な物質です。
このプリン体の終末産物が尿酸です。そしてこの尿酸過多の状態が痛風を招きます。
あまり詳しくありませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました!

お礼日時:2001/11/05 08:29

薬学系のレポートでしょうか・・・・?



ネットで「プリン」等とのキーワードで沢山Hitしますが・・・???
さらに、化学大辞典等は調べられましたか・・・?

関連キーワードの一つとして「プリン代謝」・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

辞典に載ってました。詳しく書かなくてすいませんでした。

補足日時:2001/11/05 08:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 08:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。

危険物取扱者の問題の中に
還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 とありました。いまいちピンときません!
 ご教授のほどをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前も確か回答したはずです。
★酸化と還元は必ずペアで起きます。
 物質A + 物質B → 酸化されたA + 還元されたB
  ↑   ↑
  |    相手(A)を酸化するので酸化剤
  相手を還元するので還元剤

>還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
一酸化炭素をのぞくと
>還元剤とは、他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 ではなくて
◎ 他の物質に作用して、他の物質を還元する場合は酸化剤という
 です。
一酸化炭素中でマグネシウムを燃焼させると
 CO + Mg → MgO + C
となって、マグネシウムを酸化して炭素に還元されます。この反応の場合は一酸化炭素は酸化剤として働いています。

 酸化剤であるか、還元剤であるかはその時の反応による物です。

>還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 とありました。いまいちピンときません!
>問題が出たら、一酸化炭素は還元剤と覚えます。
 ピンとこないのが正解で、私もおかしいと思います。それは誤りである可能性が捨て切れません。このような引っ掛け問題がたくさん出てきます。より正しい文章がないか念入りにチェックしましょう。
 もしなければ、出題自体が誤まっている可能性があるので、そこは目をつぶって○にする。

以前も確か回答したはずです。
★酸化と還元は必ずペアで起きます。
 物質A + 物質B → 酸化されたA + 還元されたB
  ↑   ↑
  |    相手(A)を酸化するので酸化剤
  相手を還元するので還元剤

>還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
一酸化炭素をのぞくと
>還元剤とは、他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 ではなくて
◎ 他の物質に作用して、他の物質を還元する場合は酸化剤という
 です。
一酸化炭素中でマグネシウムを燃焼させると
 ...続きを読む

Q核爆弾のウラン分裂後の物質にどんな物質ができるのですか

素人の質問ですみません。

以前核兵器に関しての本を読んだのですが、ウラン型の核爆弾はウラン235に中性子をぶつけて不安定になり分裂する時にウラン235が2つになって高いエネルギーを発生させて飛び散ると書いてありました。

 このウラン分裂後の2つの(元ウラン235)物質はランダムで違う物質ができると書いてあったのですが、何になるのかというのは規則性はあるのでしょうか?例えば金ができるとかっていうことはないのでしょうか。

幼稚な質問ですみませんが誰か教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

それについて書いてある文献を捜したことがありました。
予算申請の時に、どんな元素を念頭に置いたらいいのか分らなかったので、結構探し回りましたが、昔の知識の元文献が見つかりませんでした。原子力工学の本が手に入らなかったのが致命的でしたね。
旧い知識によりますと「遅い中性子」(原子力発電に使う)の場合、質量が半分の元素が最も出来やすくそれを中心に重い方も軽い方も同じ分布で少なくなっていきます。
http://www.remnet.jp/lecture/words2003/02024.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Fission_product
http://en.wikipedia.org/wiki/Fission_products_%28by_element%29
「速い中性子」(核爆弾や高速増殖炉で使われる)の方もこれに近いのでしょう。

Qミトコンドリアに作用する化学物質

細胞内のミトコンドリアに作用する毒にはどんなものがありますか?

Aベストアンサー

シアン化物や一酸化炭素などもヘム鉄があれば付きますから毒でしょう。
生物のカテで聞くともっと「生物毒」らしいお答えが得られると思います。
m(_ _)m

Qβラクタム系抗生物質の作用機構とβラクタマーゼについて

薬学部のものです。βラクタム系抗生物質は4員環が開環することにより作用すると習いました。
一方βラクタム耐性のうちβラクタマーゼはCN結合を加水分解して4員環を開環させることによりβラクタム剤を不活性化させるということなのですが、これでは作用するときと同じことをしているので耐性にならない気がします。なぜこれで耐性になるのかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

susej65535さんがおっしゃっているのはトランスペプチダーゼの一部をアシル化する過程のことですね。

その前に,[beta]ラクタム系抗生物質にあるL-Cys-D-Valの構造が,#1さんのおっしゃるようにD-Ala-D-Alaに立体的に類似しているために,L-Cys-D-Valの部分がトランスペプチダーゼの活性部位に結合するというところが肝要なのです。

すなわち,[beta]ラクタム環が開環してペニシラン酸になってしまうと,酵素に結合できないために,活性がないということなのです。

ちなみに,蛇足ですが,ネット上でギリシア文字は文字化けすることがあるので(機種依存文字)使用しないほうがベターだと思いますよ。

では,今後もお勉強頑張ってください。

Q次亜塩素酸の漂白作用と殺菌作用

こんにちは。高校化学1分野の質問です。以下は参考書の記述です。

塩素を水に溶かすと塩素水の一部が塩化水素(HCl)と次亜塩素酸(HClO)になり、この次亜塩素酸が分解する時強い酸化作用を示すため、漂白作用や殺菌作用がある。

この記載によると、強い酸化作用によて表白作用と殺菌作用があるそうですが、具体的には何がどうなるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色というのは電子の分布状態で決まります
だから電子の分布が狂うと色が変わります
多くの場合可視領域から外れるんです

電子を奪ったり与えたりすると電子の分布は
当然変わるわけで
いずれも酸化的漂白,還元的漂白などと呼ばれています

殺菌については,
単細胞生物の場合,
細胞膜が壊れるとそれだけで致命傷になります
細胞膜が酸化されるということは
細胞膜から電子が奪われると言うことで
細胞膜のタンパク質などの物質が壊れることを意味するのです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報