ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

アクリロニトリルやそのポリマーであるポリアクリロニトリルは、アクリルモノマー、あるいはアクリルポリマーの種類に含まれるかどうかをどなたか教えて頂きたいのです。宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

一応、業界での分類上はポリアクリロニトリルはポリアクリルとなるようです。

ポリアクリルアミドやポリメタクリレートも同様です。参考URLのポリマー分類の所をご覧下さい。
ちなみに、アクリル繊維はポリアクリロニトリルを主成分としているようです。

・・・ニトリルはカルボン酸誘導体として扱われることが多いからでしょうか。

参考URL:http://polymer.nims.go.jp/guide/guide/term_polym …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答頂きまして、ありがとうございました。
よく分かりました。
便利なHPがあるのですね。今後の参考にさせて頂きます。

お礼日時:2005/08/21 15:08

w-palaceさんの参考URL、見させて戴きました。



> 04. Polyacrylics (ポリアクリル)
(中略)
> c.Polyacrylicsに分類されるポリマーは同時にPolyvinylsにも分類される。
(以上、参考URLから抜粋)

この記述からすると、「呼称としての分類」というよりは、「化学構造上の分類」のようですが。
(確かに「ポリアクリル」が「ポリビニル」に含まれる、というのは、化学屋としては当然といえば当然ですね)

しかし、よくこういうHP、見つけられますね。
何かコツがあるんでしたら、後学のため、伺いたいところです(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答頂きまして、ありがとうございました。
よく分かりました。

お礼日時:2005/08/21 15:06

広義的に「アクリル酸誘導体のポリマー」と捉えるなら、ポリアクリロニトリルも「アクリルポリマー」ということになると思うのですが、メーカーのこの紹介の仕方を見る限り(下記参照URLで1・2項目を参照))、一般には「含まない」と考えた方がよさそうです。


(もし「含まれる」という認識がされているなら、「アクリルポリマーには大別して2種あります。このうちエステル系は成型品などに、ニトリル系は繊維に~」といった紹介の仕方をされるのではないか、と)

なので、繊維なら「アクリル繊維」、それ以外の形状では「ポリアクリロニトリルポリマー」と表現した方が、誤解を招かないのではないでしょうか。

参考URL:http://www.mrc.co.jp/knowledge/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答頂きまして、ありがとうございました。
よく分かりました。
DexMachinaさんから紹介して頂きましたHPから
更に詳細な繊維情報が記載されている化学繊維協会HPを
見つけることが出来ました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 15:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリレートとは

アクリレートとはどういったものでしょうか?

その意味を『エネルギー電子線照射により硬化させたもの』との表現を見ましたがすべてのアクリレートがそれに当てはまるのでしょうか?

『ポリアクリレート系の繊維』と書かれてた文章を見たときにイメージ出来なかったので。

Aベストアンサー

ポリアクリレートというのは、アクリル酸エステルやメタクリル酸エステルを付加重合させて作ったものです。いわゆる「アクリル」と同等のものと考えて良いでしょう。

>その意味を『エネルギー電子線照射により・・・がそれに当てはまるのでしょうか?
『 』の部分はポリアクリレートに対して行った加工処理のことであり、素材そのものの話ではないと思います。

アクリレートというのは、化学的には、アクリル酸のエステルまたは塩という意味しかありません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82

Q「PHR」という単位について

 樹脂の配合などにおいて添加剤の添加量を示すのに「PHR」や「phr」という単位を見かけるのですが、正式にはどういう意味なんでしょうか?

 自分としては「%」のつもりで解釈しているのですが、少し不安になってます。

 何かの略称とは思うのですが、それも判別がつきません。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で「重量部」と言います。
樹脂の場合は P= per、H= hundred 、R = resin を表し、ゴムなら最後が R= rubber となります。

主の樹脂やゴムの重量を100として、その他配合、添加する物の重量を数字で表示します。
100分率の%と似ていますが、結果としてはその比率は違いますので、要注意です。

例えば、配合する物の合計が10であれば10÷110=約9%となりますが、仮に副樹脂を40として、
その他を代えなければ、10÷(100+40+10)=約6.6%となり、場合によっては、
大きく性質が変わる可能性があります。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング