霊験あらたか(効果が明らか)で東京都内にある、キリスト教の教会に通いたいと考えている者です。(ただし「エホバの商人」や「統一教会」のような異端の団体を除いて)

観念的部分だけでなく、その教会に通って、実際に精神的にでも物質的にでも救われた経験のあるかた、是非ご連絡下さい。

また、霊的なエネルギーの強い教会をご存知の方もご連絡下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

教会の聖書的な意味は救われた人々の集まりです。

すなわち、教会というのは建物ではなく、救われて無い人々の集まりでも無いということです。私が知っている限り、イエスキリストについて、一番よく書かれてある字は<聖書から人生を考えよう「信仰と救いについて」>という題目で書かれてある字です。OCNのウェブから探すことが出来ます。
    • good
    • 0

信仰など無意味です、正直に生き真面目に働き、程ほどに遊び生きていれば信仰心や帰依の心がなくとも自ずと心穏やかに死を迎え入れることが出来ます、神がいたとしても永遠は約束されるでしょう。

祈る時間があれば祖先を祭り今、貴方がそこにいることを感謝しお父様、お母様と笑顔で語らい子供を抱きしめてあげて下さい、貴方がそこに生きるのは貴方をお生み育てられた方々と祖先、血を分けた血族と共に歩んだ日本(日本民族であればですが)の同胞です、神に捧げるお金があれば、それらの方々と楽しく過ごしてください、奇跡や加護が欲しいと言うならば手をつねって下さい、神はそんな事も止められません、信じられるのは、貴方と貴方を愛し育てた人です。正月くらいは皇祖に感謝し地元の土地神様に自然な気持ちで祈ればいいのです。救いは貴方の生き方なのです、死が訪れる時に神を信じ祈ればいいのです。不安ならばなお更です。
    • good
    • 0

東京都江東区大島にあるアーバンチャーチ教会を紹介します。



http://www.kyoukai.org

賛美で霊験ある教会だと思います。
日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団です。

参考URL:http://www.kyoukai.org
    • good
    • 0

霊験あらたか なんていう教会はありません。


なぜならすべての人は罪びとにありますから

信じるものだけが救われるのです

あなたが信じるならどこの教会に行こうとも神様はあなたを祝福しますよ。
あなたの感じるのは教会がではなく、あなたの信仰がそのように感じるのだと思います。
よいと思われるなら その教会で勉強されることを薦めます。
平安がありますように
    • good
    • 0

ninniさんが日本で一番伸びている教会といってますが、傲慢ではないでしょうか。

一番と言い切れるんですか?
霊的なエネルギーってなんやねんです
そういうものに価値を置くのでしょうか。霊的体験を求めているのでしょうか。キリストを求めるのでなくて霊的な体験を求めるのでしょうか。大変危険な考えだと思います。救いを求めるのは良いとも思いますけど、とりあえず、異端と思われるものには関わらないほうが良いでしょう ていうか放置ですか?
    • good
    • 0

まず、かなり厳しいことをお話することをお断りしておきます。


まず、何でキリスト教が「霊験あらたか」と判断し、「エホバ」「統一教会」を「異端」と呼ぶのか、よく分かりません。
キリスト教には色々な宗派がありますが、私が所属している「カトリック」のことをお話し致します。
カトリックは歴史が古く、(日本に最初に伝わったのもカトリックです)その為、教会には日本も含め旧式のものが多く、一般の人が見たイメージでは「荘厳」な感じがすると思います。しかしそれはただ、建物が古くて大きいだけで、そこに通うだけで「霊的なエネルギー」(何の事かわかりませんが)がもらえるわけではありません。あなたが行った2つの教会がどんなところか分かりませんが、「霊的な良いかんじのするエネルギーをもらえたような気がするのです」というのは、ただ雰囲気に飲まれただけだと思います。
少なくともカトリックにおいては、「物質的に救われる」ために神を信じろとは教えていません。(他の多くのまともな宗教も同様だと思います)むしろ神の為、人の為に自分を犠牲にしろと教えています。その結果がアウシュビッツで身代わりになって自らガス室に入っていったコルベ神父等を産んでいるのです。
また、10数年前ある教会の神父が物取りと思われる人物に殺されました。その追悼のミサ(キリスト教の儀式)で挨拶した人は「我々は犯人を許さなければなりません。それがキリストの教えだからです」と言いました。
貴方がキリスト教会に興味を持って下さるのはありがたいのですが、信じて通っている人たちはそのような気持ちでいる事を忘れないでください。
かなりきつい言い方でしたが、ご参考にして頂けたら幸いに思います。
    • good
    • 0

 私はキリストの罪の赦しを信じて救われたものです。

それでも東京に住んでいないので、私の通っている教会ではありませんが、「主の十字架クリスチャンセンター」の教会を推薦します。インターネットでは「tlccc」か「kumoniji」で検索し、そこで教会の案内を調べてください。この教会の群れはここ数年日本で一番教会数が伸びている教会で、いろいろな奇跡(当時キリストが行った霊的現象)の起こっている教会です。それでもキリストの行った奇跡は、お金や修行等では買えないということは肝に銘じていてください。すべて神様のあわれみからくるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ところで、差し支えなければあなたのお証しを教えてください。

お礼日時:2002/02/02 14:23

えっと、キリスト教に霊験とか、効果を求めるのはどうかと思うんですよ。


イエスがこんなことを聖書に言っているわけで。
「今の時代の人は、しるしを求めるが、ヨナのしるし以外にはしるしは与えられない」
そんなこともありまして、利き目や霊験があるからキリスト教を信じるというのはちょっと違うのです。
むしろ逆で、信じるから魂が救済されるのではないでしょうか。
最初に効果があるかないかで判断してしまうというのは、現世利益と同じですから、キリスト教のように、死後の救済を考える宗教にはそぐわない考え方であると思います。
現世利益というのは、生きている間にいいことがあればいい、というやつで、そういう価値観を持った日本人は結構多いです。ですから、無宗教の人も多いですし、宗教に入っていても勘違いしてしまう人も多いのです。

霊的なエネルギーは、自分が信仰することによって生じるのですから、教会ではなく、むしろ自分自身の中にあるのではないでしょうか。

もちろん、他人の体験を問うのも、しるしを求めることになりますから、何かおかしいですよね。こういうことは、自分で体験してみないとわからないものです。

しかし、とりあえず、伝統を重んじれば、カトリックでしょうか。それがakimono3さんに合うかどうかは話が別ですが。
少しきついことを言ってしまったかもしれませんが、大体こういうことです。
ご理解いただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すでに2つの教会に行ってみたのですが、気のせいでしょうか?いずれの教会でも霊的な良いかんじのするエネルギーをもらえたような気がするのです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 23:23

 実際に、私と同じ信仰をしている或る信者の話ですが、


 「私は、5年前にこの信心につきましたが、信心を始める以前の私は、邪宗謗法の害毒により、分裂感情症という精神病を患っておりました。
 分裂感情症とは、いわゆる精神分裂症と、躁鬱病の、両方の症状をもつ精神病であります。
 この病気は、そもそも、私が十代の頃、キリスト教の洗礼を受けてしまった時から兆候が現われ始めました。まず
、性格的な悪い面が増長していき、享楽的、刹那的な生き方になり、法律に触れるようなことも、ずいぶんといたしました。
 やがて、対人関係でも異常をきたし、ついに、ひどい発作に見舞われました。微熱と不眠症が続いた後、突然、身体が硬直し、呼吸が停止してしまったのです。この時は、自力で心臓マッサージをして、救急車で病院に運ばれて事なきを得ました。
 それ以来、悩みと苦しみの中に沈む日々となった私は、救いを求めて、あろうことか、神慈秀明会という邪宗に入信してしまいました。
 ところが、その直後から、今度はひどい妄想と幻聴に襲われ、あたかも自分が異相空間を飛び交っているかのような錯覚に陥って、精神病棟に入院することとなってしまったのです。
 しかし、頭破七分という業病は医者では完治するハズがなく、やがて、退院はしたものの、私は、ひとつの仕事を続けることもできず、職を移り変わっていきました。
 その後は、同じことを繰り返しながら、事態はどんどん悪化するばかりでした。
 たとえば、邪宗・統一教会に関与し、数ヶ月に及ぶ洗脳教育と詰め込みの合宿に参加した結果、重度の分裂状態になってしまい、二度三度と入退院を繰り返すに至りました。毎晩、寝る前に、強い幻覚や幻聴に襲われ、自分の手でハサミを腹に突き立てたり、この場で申し上げるのもはばかられるような行動にも及びました。薬を飲んで、一時は小康状態を取り戻しても、完治しないばかりか、今度は強い薬の副作用で苦しんだりと、本当に今、思い返しても、苦しく恐ろしい日々でした。
 そんな状態にあった平成元年十一月、私は、御本尊様のお導きとしか思えぬ不思議な縁で、入信することができました。
 それ以来、初信の功徳によって感激し、折伏もするようになっていったところ、あれほどひどかった病状が、徐々に良くなり始めました。
 ところが、私は、いつしか信仰の目的を違え、道を踏み外していってしまい、先輩から御指導や注意を受け、また講頭より指導をいただいても、それを改められなくなってしまいました。
 やがて、信心することすら苦しくなり、朝の勤行を途中で投げ出してしまったその日、病状が悪化して、再び入院することとなってしまったのです。奇しくも、入信一年目にあたる平成二年十一月のことでありました。
 今から思えば、あれは煩悩魔によって信心を踏み違えたものであり、本当に信心の目的を違えてはいけない、また仏法の道理に基づいて示される指導には身を随えていかなければいけないと、深く反省をしております。(中略)
 病状においては、二歩前進しては一歩退がるということを重ねながら、発作や幻覚も次第になくなり、勤行の時に手が震えて止まらない、などという事もなくなりました。
 そして、これまで手離せなかった、精神安定剤、幻覚・幻聴を消す薬、睡眠薬等も、現在においては、まったく必要としなくなるまでに至りました。
 仕事面では、当初、短時間のアルバイトでさえ続けられなかったものが、昨年八月、現在の会社に入社することによって社会復帰を果たし、最近では、他社から引き抜きの声が掛かったり、大きな成果に結びつくような状況が開けてまいりました。
 こうして、重度の精神病を完治するという大功徳をいただく中、私の折伏に臨む姿勢も自ずから変わることができました。
 今、あらためて思うのは、謗法の果報が恐ろしい、ということと、いかなる重い不幸であっても、この御本尊様の御力によって、時間は掛かっても必ず治していただける、ということであり、また、本当にこの御本尊様によってしか幸せになる道はないんだ、ということであります。(以下略)」
 
 邪宗謗法の恐ろしさを痛感致します。簡単に信心することの恐ろしさをご存じないようですね。
 如何ですか? 
    • good
    • 0

akimono3様。



>物質的にでも救われた経験のあるかた
このような質問は、とても危険だと思いますし、心配です。
「信じれば、物質的にも救われる」
このように言う宗教や教会があるとしたら、あまり信用なさらない方がよいのではないでしょうか…。
「物質的な救い」とはすなわち、「お金持ちになる」「貧乏から脱する」という意味でしょうか?それならば、宗教が救うことはできないように思います。
ファイナンシャル・プランナーに相談したり、またキャリアを身に付けて仕事で稼ぎ、貯蓄に励んだりした方がよいでしょう。
宗教が果たせる役割は、物質的に貧しく苦しい時、それをどう乗り越えるかを教えることです。
●どんなに素晴らしい信者でも、貧しく、悲惨に死んでいった人はたくさんいます。たとえばローマ・ヴァチカンの教皇によって1981年、「聖人」に列せられた、マキシミリアン・コルベ神父という人がいます。彼は、すさまじい貧乏生活を送っています。そして第二次世界大戦中、アウシュビッツのユダヤ人強制収容所で、一人の男性の身代わりとなり、「餓死」という処刑によって、その激烈な生涯を閉じました。コルベ神父は、もしキリスト教徒でなければ、こんな苦しみの死を迎えることはなかったかもしれません。しかしキリスト教は、
「この世の財産よりも、天国での財産(善行)を築きなさい」と教えています。キリスト教徒になることによって、試練を受けることもあるかもしれません。ただ誤解なさらないでいただきたいのですが、「キリスト教徒になると不幸になる」と言っているのではありません。コルベ神父は、たくさんの試練を受けましたが、決して不幸ではなかったと思います。
●ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサは、「この世で一番大きな苦しみは、だれからも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです」と言いました。彼女は、そんな人たちのために、自らのすべてを投げ打ち、インド・カルカッタのスラム街で人々に尽くしました。このようにキリスト教とは、「求める」のではなく、「与える」ことがテーマなのです。
●また、キリスト教の大きなテーマに
「人はみな罪人である」というものがあります。
多くの人は、自分が犯している小さな罪に気付くことができませんが、
キリスト教を勉強していると、
「自分はなんと罪深い人間だったのだろうか」ということを知らされ、
苦しむことがあります。
●宗教への対し方は、人によって様々です。以上のことは、私という個人の一つの意見に過ぎません。
教会を探す前に、もう少しキリスト教について勉強なさってみてはいかがでしょうか。そして、時が来れば自然と、良い教会と出会えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ところで、あなたはクリスチャンの方でしょうか?

お礼日時:2002/02/02 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教会でのお葬式

教会でのお葬式に参列するのですが、服装は一般的なお葬式に着ていく服と同じでよいでしょうか?
また小学生も礼服の方がよいでしょうか?大人のリクルートスーツが着用できますが、合っていないように見えます。

Aベストアンサー

>服装は一般的なお葬式に着ていく服と同じでよいでしょうか?

はい、普通のお葬式に着る服です。

>小学生も礼服の方がよいでしょうか?

小学生なら、あれば制服。
なかったら黒、紺、グレーなどの色で、きちんとした服装。
白いシャツに地味な色のズボン、ブレザーとかジャケット、上着も小物もできるだけ地味に。
ひらひらのブラウスや赤や原色の派手な模様も避けましょう。

Q《教会》は 心の内なる教会として捉えるのがよい。建物と集まりとしての教会は要らない。

1. 《主の家(キュリアコン > キルへ;チャーチ)》は 言わば――《主》が普遍神
であるなら――全世界を言っている。そしてことさらそう言う(唱える)こともない。

2. なぜなら 主なる神を――自由に自然に人間的に――こばむ人たちもいるのだから。

3. 言わば《無い神》をいだき この経験世界については 神という言葉をとおして認識
したくないと言う。これを認めずばなるまいゆえ。

4. 《民会(エクレシア > エグリーズ;イグレシア;キエーザ)》は そのまま《世
界たるチャーチ(または 〈無いチャーチ〉)》の支所である。一般に自治体のことである。
そのまた分室である。

5. 《教会》は 要らない。――表現の自由また結社の自由のもとに存続したとしても。

6. 《教会》とは おのおのわが心の深くそなわった庭である。それをとおして互いに通
い合うのでなければ おかしい。(普遍神をいだくことにはならない)。

7. 教会は要らない。一般のコミュニティーセンターだけでよい。(図書館・文化センタ
ーをもつけて)。

どんなもんでしょう?

1. 《主の家(キュリアコン > キルへ;チャーチ)》は 言わば――《主》が普遍神
であるなら――全世界を言っている。そしてことさらそう言う(唱える)こともない。

2. なぜなら 主なる神を――自由に自然に人間的に――こばむ人たちもいるのだから。

3. 言わば《無い神》をいだき この経験世界については 神という言葉をとおして認識
したくないと言う。これを認めずばなるまいゆえ。

4. 《民会(エクレシア > エグリーズ;イグレシア;キエーザ)》は そのまま《世
界たるチャーチ...続きを読む

Aベストアンサー

「心の内なる教会として捉えるのがよい。建物と集まりとしての教会は要らない」
→もちろん、その通りです。
でも、心を通わせる場所として、雨風をしのぐ建物が必要です。

Q葬式 教会 牧師 お礼

祖父が、クリスチャンで本人の希望もあってお葬式を教会式で行いました。牧師さんに献金・お礼をどのくらいお渡ししたら良いのか詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

もし渡して断れば礼拝に聞きに行き感謝献金として白地の封筒に名前を書いて入れてください。まあ無理せず気持ちよく出せる範囲です。将来困ると思えば5万ぐらい教会使用なら10万~30万前後、感謝の気持ちであって基本は金額に左右されません。むしろ選ばれてお葬式を勤められたと言う気持ちのほうが大きいので「御代は結構です」と言う場合もあります。その時は日曜礼拝に出て献金してください。神様に出すなら断る事は出来ません。

Qエホバの証人はなぜエホバと呼ぶようになったのか

エホバは神のことで、ヘブライ語で子音のみで書かれていたのだが読む便宜のため母音記号がつけられて、アドナイと読まれるようになった。では jehovah はいつどういう経緯でそう呼ばれるようになったのでしょうか。

(歴史か哲学どちらかのカテゴリーで質問しようと判断しました。宗教も哲学の範疇に入りますよね?)

Aベストアンサー

検索したらこんなサイトを見つけました
http://www.jwic.com/forum00/100600a.htm

参考URL:http://www.jwic.com/forum00/100600a.htm

Q相続税の葬式費用

相続税の集計で葬式費用を集計しています。通夜・告別式にかかった参列者に出した食事代は葬式費用に含め、49日にかかった参列者への食事代は含めないでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>通夜・告別式にかかった参列者に出した食事代は葬式費用に含め、49日にかかった参列者への食事代は含めないでよいのでしょうか?
お見込みのとおりです。

参考(国税庁HP)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4129.htm

Q盤珪禅師の不生禅は時折、異端と見聞きするのですが、どの当たりが異端なのでしょうか?

盤珪は時折、異端と耳にしますが、どの当たりが異端なのでしょうか?

Aベストアンサー

参考までに
盤珪禅師の不生禅を読むと、老荘思想としか見えないですね。老荘思想は仏教とは違うものですから、慧能の頓悟禅を仏教にいれたとしても不生禅は更に外れてますね。そういう意味で異端なんでしょうね。
ただ、竜樹の「八不」中道の一つ「不生」は入ってるので完全には外れてないので仏教禅といってるんでしょうね。「仏陀曰く、なま悟りほど怖いものはない。」でしょうね。

Q葬式とかってどのくらい費用かかるんですか?。

 自分の親の葬式が面倒なんで、葬式はしない予定(まだ二人とも健在)なんですが、葬式にかかる費用ってどうなんですか?。香典についてもどのくらいか知りたいんです。

Aベストアンサー

どんなに貴方が面倒でやりたくないと言っても周囲がそれを許さない可能性も高いのですが。
どうしても嫌ならご両親にそれぞれ「葬式は不要、執り行わないように」とはっきり明記した遺書を書いてもらうべきでしょう。
これで「故人の遺志で」と言う大義名分が出来ますので。

葬儀費用は規模にもよりますが、他にも「葬儀費用 相場」等で検索をすれば沢山でてくるかと思います。
http://www.osoushiki-plaza.com/library/data/hiyou-sougi1.html
http://ww3.et.tiki.ne.jp/~takadas/hiyou.html

Q西方教会と東方教会の違い

復活祭について調べているのですが、その中で西方教会と東方教会という項目が出てきました。

西方教会と東方教会の違いって何でしょう。

Aベストアンサー

西方はカトリックとプロテスタントの地域。東方はギリシャ、ロシア、グルジアなどの東方正教会を意味することが多いが、異端とされる単性論のアルメニア教会などを含めることもある。

西方はローマ帝国の東西分裂後、早い段階で国が滅びてしまい、宗教だけが残った。後に、ドイツ諸侯の緩やかな連合を作り、交互に皇帝の座を持ち回りするという「神聖ローマ帝国」を作り、名目上だけは、教会と国家の統一を復活させた。他方、東方ではコンスタンチノープル(現トルコ領イスタンブール)を首都とし、政治と宗教が密接な関係を持つ体制をとり、長期にわたって存続を続けた。

西方ではローマの言葉であるラテン語を使う。他方、東ローマ帝国は、巨大国家ローマのスタート地点であるイタリアの小都市ローマの領域外であり、ギリシャ語に公用語がきり変わるなど、ギリシャ化が進む。

西方ではクリスマスを本来の1月から12月にうつし、土着的な太陽神信仰に歩み寄る形でも勢力拡大を目指した。東方では今でも、クリスマスは1月。

西方では昔から使われてきたユリウス暦の欠点を修正したグレゴリオス暦が採用された。東方国家も現在ではほとんどグレゴリオス暦を受容しているが、歴史的誇りの強いギリシャ人だけは、独自にギリシャ暦を作っている。

西方ではギリシャ時代をはじめとする古代の高度な文明を忘れてしまい、後になってルネサンスで古代文明を再発見する。その結果、理想の美と、身体の解剖学的正確性に基づく絵画が発達する。他方、東方では、昔ながらの文明が生き続け、様式化の傾向が強いイコン(宗教絵画)や、作成に手間のかかるモザイク画などが発達する。

教会の建築様式が全く違う。西方では、ゴシックと呼ばれる、上へと伸びていく形の教会が多い。東方では、典型的には丸屋根のドームがついているが、グルジア、アルメニアなどでは円錐状のとがったドームであり、ロシアでは、いわゆるタマネギ頭のドームを発達させる。

西方はカトリックとプロテスタントの地域。東方はギリシャ、ロシア、グルジアなどの東方正教会を意味することが多いが、異端とされる単性論のアルメニア教会などを含めることもある。

西方はローマ帝国の東西分裂後、早い段階で国が滅びてしまい、宗教だけが残った。後に、ドイツ諸侯の緩やかな連合を作り、交互に皇帝の座を持ち回りするという「神聖ローマ帝国」を作り、名目上だけは、教会と国家の統一を復活させた。他方、東方ではコンスタンチノープル(現トルコ領イスタンブール)を首都とし、政治と宗教...続きを読む

Q葬式費用

葬式費用について質問がございます。
父が病気のため、現実的問題として葬式等のことを実際に考えなければいけない時期が来ました。家族で話し合った結果、特に親戚もいないため家族だけで静かに済ませようということになりました。また規模も内容も最低限の大きさでやろうということになりました。父は重い病気のためかなりの入院費用がかかっています。そのため葬式にはあまりお金はかけられません。こんなことを考えてせこいと思われるかもしれませんが、葬式費用はある程度お支払いして残りを分割払いとかできるのでしょうか?場所は町の葬儀場を考えております。

Aベストアンサー

お父様がご病気とのこと、肉体的にも精神的にもご苦労が絶えないことと存じます。
さて、ご質問の件ですが宗教は仏教と考えてよろしいのでしょうか?
もし、仏教で、すでに菩提寺(自分のご先祖様が祀られているお寺)をお持ちでしたら、
そのお寺で葬式を挙げられるのが一番だと思います。
お寺の本堂を葬儀場として用いる方法で、身内だけでの葬儀などでよく用いられます。
費用も一般の葬儀場より格段に安いです。
最低限の準備(棺・霊柩車など)だけ葬儀屋さんに手配してもらって、後はお寺さんとのやりとりですませます。
心配されている葬儀費用も菩提寺でしたらお布施を分割払いしてもらえるはずです。
もし菩提寺をお持ちでないのでしたら、色々とお寺を回られて親身に対応して下さるお寺に入壇されておかれると良いと思います。

Q正教徒がプロテスタントの教会へ通うことについて

最近、在住先の海外(正教の国)の教会にて、キリスト教の洗礼を受けました。
これから暫く日本へ帰国することになりそうなのですが、近くに正教の教会がありません。
日本にいた頃に通っていたプロテスタントの教会へ通っても構わないのでしょうか?

Aベストアンサー

行ったらダメということは無いと思いますよ。

「プロテスタント」と言ってもNo.4さん言うような状況ですが、
私の知るあるプロテスタント教会では共に正餐にあずかれると考えて
いました(つまり正教会の洗礼を有効とみなす)。プロテスタントと
正教会(そしてローマ・カトリック教会)は二ケア信条、カルケドン信条
などの5世紀までにたてらえた重要な信条(三位一体論とキリスト論)
においては基本的に一致しているからです。

少し別な例ですが、プロテスタント教会がローマ・カトリック教会から
分離した宗教改革のときに、プロテスタント教会の主流派は
分離する前のカトリック時代に自分たちが受けた洗礼を無効だとは
考えませんでした(再び洗礼を受けたりはしなかった)。これは、
プロテスタントの立場からするとカトリックは分離しなければならない
ほどの違い・問題があるけれども、まったく教会と呼ぶに値しないとは
見なさなかったことを意味しています。私も宗教改革者たちの見解に
賛成します。かつてはひとつの教会であった正教会についても同じ
ように考えることができると思いますので、sjkirofaさんが行かれる
教会で暖かく受け入れられることを願うばかりです。

行ったらダメということは無いと思いますよ。

「プロテスタント」と言ってもNo.4さん言うような状況ですが、
私の知るあるプロテスタント教会では共に正餐にあずかれると考えて
いました(つまり正教会の洗礼を有効とみなす)。プロテスタントと
正教会(そしてローマ・カトリック教会)は二ケア信条、カルケドン信条
などの5世紀までにたてらえた重要な信条(三位一体論とキリスト論)
においては基本的に一致しているからです。

少し別な例ですが、プロテスタント教会がローマ・カトリック教会か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報