特にアメリカのアクション物の映画での爆破・炎上シーンでよく感じるのですが、撮影の為に本当に大量の火災や噴煙が発生しております。このような撮影も環境破壊にかなりの影響を与えると思うのですが、実際は何か規制のようなものはないのでしょうか?野放し状態なのでしょうか?こういうことに温暖化への心配をすることはナンセンスでしょうか?このようなシーンを見るにつけ、「やめてくれ~!撮影が終わったらすぐに消火しているんだろうな!!」と思ってしまうのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

規制は(日本では?)最近は厳しいみたいですよ。

「西部警察」(ご存知ですか?)並みの爆破シーンはもう日本では無理でしょうね。映画ではCGも使っていると思います。

でもdeagleさんのおっしゃるとおりです。爆破シーンの炎は大きいですが、持続時間も短いので燃えている燃料の量としてはそれほどないはずです。大規模な爆破シーンの撮影なんて一年に何回あるかないかでしょう。その撮影で何千万という人を楽しませることができるんですから。それより自動車を規制してほしいですね(boxerfighterさんは、車に乗りませんか?)。私は「ニセモノ」の映像であるCG化が進むほうがいやです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
日本では環境に配慮して厳しくなったのでしょうか。爆発だけならまだしも燃料をふんだんに使った炎上シーンは持続時間もそう短くないと思うのです。そんな簡単に鎮火できるならどこかの化学工場火災とかもすぐに鎮火できるはずだからです。映画なので消防車やそういった設備は準備してあるとは思うので多少は鎮火時間は早いでしょうが。京都議定書から離脱するなら自浄努力をしてほしい。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/30 09:26

 温暖化とは、地球の熱量が直接的に増えることではないんです(^_^;


 映画の撮影程度で温暖化が現状ほどにも進んだのだというのであれば、今すぐごみ処理施設と発電施設と、全世界の家庭用ヒーターを全部取り壊さなければ、地球は10日で駄目になってしまうでしょう。
 映画の撮影のための噴煙など微々たるものです。

 温暖化は、自動車の排気ガス、ごみ処理施設から出る無処理ガス、石油を燃やしたことで発生する二酸化炭素、フロン、その他さまざまな「保温効果の高い物質」が地球に蔓延することで、結果として地球が持つ放熱効果が追いつかなくなってしまう現象です。

 この解決のためには、まずは排ガスや二酸化炭素などの物質を少しでも減らすことの方が先決で、映画に使われる爆発の噴煙を何とかするなんて言ってる場合ではないのです。事態はもっともっと深刻です。

 むしろ、映画の噴煙が問題になる状況だった方が1億倍も幸せだったでしょうね(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
微々たるものとは分かるのですが、それでももうもうと空を覆う火柱と煙には心を痛めてしまうのです。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/30 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境破壊や生態系の破壊

いつも大変お世話になってます!

環境破壊とか生態系の破壊ってどういう意味なのでしょうか。
本来の意味から考えるとちょっと理解しにくいので、どなたか教えてください。
環境とは何の環境なのでしょうか?
生態系という、生物と非生物が存在する系という概念が破壊されるというのもよく分かりません。

Aベストアンサー

どちらかというと、「破壊」という言葉のほうの問題だと思います。

ちょっと前に、「価格破壊」という言葉がはやったことがあります。でも、これってべつに「価格」というものがなくなるわけではなくて、既存の流通システムの一部を変えて、価格が大きく影響されることを言うんですね。「価格破壊」と聞いて、「ものにねだんがなくなっちゃうんだ、たいへんだぁ」と言った人がどの程度いるか、自分はよく知りませんが、自分の周りにはひとりもいません。

他に、「オゾン層破壊物質」だって、フロンガスが、オゾン層を完全になくしてしまうわけではありません。だからといって、「フロンはオゾン層破壊物質ではない」なんていう人もいません。

たしかに、「破壊」という言葉が、「壊滅させる」という意味で取ってしまうと、おかしな言葉と思われるかもしれませんが、自分は、特に「生態系」や、「地球環境」といったものに「大きな影響を及ぼす」ことを、「破壊する」と表現することは、あまり違和感はありません。
「破壊」とは、辞書で引くと「壊すこと」と出ていますが、「壊す」こととは、「もとの形を崩す」ということも入っています。単に壊滅させることだけでなく、やや程度の大きな影響を与えることも、「破壊」といって差し支えないと思います。(いわゆる「生態系の破壊」や、「環境破壊」が、「生態系」や「環境」に、大して影響を与えていないとお考えであれば、それはまた違う議論になるでしょう。)

また、これらの影響が、「人間にとってのみ」影響のあることであれば、たしかにまた問題を感じることもあるかもしれません。でも、オゾン層の破壊や、温暖化の進行は、人間に限らず、地球上に住む多くの生物たちにとって、全体としては悪い影響だという、少なくとも認識があるわけで、それをもって、「破壊」と考えることに、それほどおかしなことは無いのではないかと思います。

結論として、「破壊」という言葉を吟味すれば、それほどおかしなことは無いと思います。

どちらかというと、「破壊」という言葉のほうの問題だと思います。

ちょっと前に、「価格破壊」という言葉がはやったことがあります。でも、これってべつに「価格」というものがなくなるわけではなくて、既存の流通システムの一部を変えて、価格が大きく影響されることを言うんですね。「価格破壊」と聞いて、「ものにねだんがなくなっちゃうんだ、たいへんだぁ」と言った人がどの程度いるか、自分はよく知りませんが、自分の周りにはひとりもいません。

他に、「オゾン層破壊物質」だって、フロンガスが、...続きを読む

Q地球温暖化はどのように対策をとってるんですか? 今は環境問題として地球温暖化が問題となっていま

地球温暖化はどのように対策をとってるんですか?

今は環境問題として地球温暖化が問題となっていますが、各国、各地域ではどのような対策をとっているんですか?我が家族や自分の区域(足立区)ではクーラーの設定温度制限、電気の使用料、車のアイドリング禁止?を決めております。それぞれ地球温暖化にはどのような対策をとっているのか教えてください!

Aベストアンサー

自転車

Qハロン消火設備に関わる法律は?

コンピューター室などの火災に適した消火設備として、
ボンベからハロンを放出させて消火する設備がありますが、
このボンベは高圧ガス保安法の適用対象になるのでしょうか。
もし、なるとすれば、どのような規制、義務などがありますか。
また、ハロンはオゾン層保護のため製造が禁止されている
そうですが、ハロン消火設備のユーザーに課せられる法律
にはどのようなものがありますか?。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、ハロン消火装置は製造されていません。
ただし代替フロン(HFC)を使った消火器は販売されて
います。
高圧ガス関係は疎いのでハッキリ判りません。(すいません)
課せられる法律と言えば、消防法がありますね。

QISO14001法的要求事項/消火器、消火設備

こんにちは。

質問の趣旨は消火器及び消火設備をISO14001の法的及びその他の要求事項の対象としているか?ということです。

私の勤務先では消火器及び消火設備については環境マネジメントシステムの「法的及びその他の要求事項」では取り上げていません。
理由としてはそれらの設備は環境に影響を与えるものではないということからです。
で、現在これらは安全面での管理をしているのですが、皆さんの勤務先では(ISO14001の認証を取得していて)
どのように扱っていますか?

Aベストアンサー

僕は直接関係者ではないですが、Googleで「ISO14001 消火設備」というで検索しました。

そうしたら、環境に影響を与えるものについて、手順書を設置している会社もあるようです。
(学研のISO14001の環境マネジメントでは、そのように表明してます)

また、これに関係してくるものとしての「ハロゲン消火設備」が特に関係しているようで、
総務省消防庁予防課の見解も出ているようです。

PDFの書類で掲示している会社等ありますので、
とりあえずは、検索エンジンでISO14001取得している会社の動向を調べてみることを勧めます。

Q温暖化って?

温暖化についてなんでもいいので教えてください^0^

Aベストアンサー

私がそのような立場に立つというわけではないのですが、地球温暖化という現象については今でも根強い否定派があります。その動機は、経済活動を抑制されたくないという、実利的な理由が多そうですが、それでもそれなりの根拠を持っています。

確かに、二酸化炭素の排出はいかにも悪そうだし、メカニズムもデータも説明されると納得してしまいます。しかし、実はデータ・メカニズムともにまだ不十分な部分が多いのです。

例えば、データに関して。地球の平均気温というのは一体どうやって測るのか。観測ポイントは現実には先進国の都市に集中しています(ここで注意すべきはヒートアイランド現象と地球温暖化は別の現象であることです)。さらに、温暖化傾向が認められるといっても、ここ数十年のことです。そして、それ以前はむしろ寒冷化が指摘されていました(二酸化炭素排出の増大は数百年前からです)。

また、メカニズムについても、逆に寒冷化を引き起こすエアロゾル(これも公害物質)の存在が指摘されています。さらに、むしろ太陽活動の影響のほうが断然大きいのではないかという推測も成り立ちます(推計ですが、有史以来、数度程度の気候変動は何度もあり、実際、17世紀にはテムズ川が凍るほどの寒冷化が進行し経済も停滞、危機の17世紀として知られています)。

まあ、状況証拠は圧倒的に温暖化に有利ですし、メカニズムがハッキリしないからといって手遅れになるのを待っていいということはないのですが、こういう立場もあります。

都立大の三上岳彦教授なんかがこんな感じのことをいっていたかと思います。

私がそのような立場に立つというわけではないのですが、地球温暖化という現象については今でも根強い否定派があります。その動機は、経済活動を抑制されたくないという、実利的な理由が多そうですが、それでもそれなりの根拠を持っています。

確かに、二酸化炭素の排出はいかにも悪そうだし、メカニズムもデータも説明されると納得してしまいます。しかし、実はデータ・メカニズムともにまだ不十分な部分が多いのです。

例えば、データに関して。地球の平均気温というのは一体どうやって測るのか。観測ポイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報