連続使用する為だと思うのですが、小鳥用ヒーターの球が切れてしまうんです。
購入して、10日くらい連続使用で切れてしまいました。
サーモスタットを間に入れているので、1分おきくらいに点いたり消えたりしています・・

29度くらいで切れる設定で、1度くらい下がるとまた点きます。金魚(水温)用のサーモスタットを流用しているのですが、これっていけないでしょうか? センサーの温度は合っているようなんですが。

球交換すればいいのですが、特殊な電球なので結構値段が高いんです。
そこでヒューズを取り付けようと思うのですが、どんな種類、容量のヒューズを付ければいいでしょう?
使用器具は単純な電球ソケットで、電球はAC100V 20Wです。
普通の電球とは違い、明かりはほとんどなく熱を発生させる小さな電球なんです。
説明書きによると室温より、3~4度 温度を上げる効果があるらしいです。
温度調節などはなく、単純なソケット&電球です。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>電気知識は人並み以上はあるかと


ということなので.シーケンス回路の設計ができる程度の知識がある(小学校の理科でリレー回路について学んでいるはずです.コイル電圧・接点電流に基づく部品の選定は可能.PID自動制御定数の決定方法は取扱説明書に記載されていますので.この内容を読んで理解できる程度.圧着工具の使い方は知っている)として答えます。

>ういったサーモスタットって売ってるんでしょうかね。
1.オムロンのサイトを検索してみつけてください。
シーケンス部品の中で.
半固定式の温度自動制御部品が1万円程度だったかと記憶しています。接点電流が2A(記憶があやふや)ですから.パワーリレーは不要ですが.誘導という観点からは.パワーリレーを組み込んだほうが良いでしょう。
たしか.A接点・B接点ともありますから.該当結線が可能です。

ただ
>槽の端に20Wの保温球を鉄製保護カバーに入れてあります
ので.

もう一組の20W電球と鉄製保護カバーを購入して.
直列につなぐ.電球を40Wに変える

方が低価格かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シーケンスの設計などは、専門知識だと思っていました。
edogawaranpoさんのおっしゃる「コンセントの交換やテーブルタップの組み立てをできる程度」が人並みと解釈し、
「ヒーターの作り方」に対して答えたつもりでした。
ひょっとして、小学生以下って事ですかぁ?
なんだかいじめられている気がしてならないです・・ (T_T)
オムロンのサイトを見て来ました。いろんなたくさんの部品を見ていると自作に興味が湧いてきました。
電気知識をたくさん身につけて何か作ってみようと思います。
まずは、シーケンサから・・ ^^;
ほんとにどうもありがとうございました!

お礼日時:2001/10/31 21:45

ひよこ電球に限らず、電球はスイッチON時に定格の3~4倍の


電流が流れます。だから電球って、たいていONした瞬間に切れますね。

さて、この対策ですが、電球と直列に50Ωの抵抗器をいれてみてください。
これで電球に掛かる電圧は1割低下しますが、
スイッチONした瞬間に流れる電流は半減します。
ワット数は計算上は2Wでいけるのですが、
(電流が0.2Aなので、0.2*0.2*50)
ON-OFFが激しい様ですから、10W以上の抵抗器を使う事をお奨めします。
(突入電流を0.6Aとすると、0.6*0.6*50、瞬間値なので定格はこの半分)

火災と感電には充分御注意ください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
スイッチON時は、3~4倍も流れるんですかぁ。。
頻繁にON-OFFがいけない事がよくわかりました。
計算がさっぱりわからないですが、抵抗器つけてみます。
サーモスタットの電源供給部につければいいですよね。

お礼日時:2001/10/30 18:43

まず.ヒーターの条件としては


1温度ヒューズ
2サーモスターット
の2つの過温度防止装置(名称疑問)が必要です。

電気配線一般の条件として.
手の触れる可能性のあるところにかっせん部を出してはならない
湿度が高いところは絶縁された耐水型にすること
電気配線の温度が40度を越える場合には耐熱型の部品を使用すること
が必要です。

温度制御定数の設定方法はご存知とします(簡単な説明というか.制御定数が変化するような方法は2.3.4の方から説明がありましたので省略します)
一般的な比較的成功しやすい制御定数にあわせたものが「水用」「空気用」として販売されています。

まず.金魚のヒーターを使う方法があります。これは.鳥かごの下に希望の温度に設定した金魚鉢(金魚用サーモスタット+ヒーター)を置き.金魚鉢の温度で温度を一定にする方法です。設定温度よりも外気に近い温度にしか設定できません(例.外気温0度.金魚鉢設定温度10度では.金魚鉢の上においてある鳥かごは10度と0度との間になります)。
この場合の注意点は.
金魚鉢の表面積の大きさが大きいほど.鳥かごの温度が金魚鉢の温度に近くなるため.ある程度の大きさの表面積が大きい金魚鉢が必要であること.かごの温度が低いからといって.下手に金魚鉢の温度を上げると.異常高温の原因になることです。
金魚鉢には水が入っています。従って水が蒸発し.かごの中であるいは室内で結露し細菌汚染の原因となりやすい(従って.金魚鉢は小さな穴を残して密封すること)
金魚鉢からは常に少しづつ水が蒸発していますから.時々水を足す必要があること.足すことを忘れると.水がなくなり.金魚鉢が割れ床が燃える(火事になる)殊になります。

次に電球配線に細工をする方法があります。
サーモスタットのON-OFFの周期を測ってください。すると
(電球の消費電力)*(onになっている時間)/(onになってている時間+offになっている時間)
で平均的な必要電力が見当つきます。

電球を2個直列につなぐと.同じ電圧で同じ抵抗では消費電力が1/4になります(実際には冷たい電球の抵抗を計って抵抗から消費電力を見当つけてください)。
この2個の電球の消費電力が.「必要電力」の1/2よりも低い場合に限って.以下の方法が使えます。
今まで

-(電球)-(サーモスタット)-

とつないでいた配線を

-(電球1)-(サーモスタット)--
’’’’’’|’’’’’’’’’|
’’’’’’--(電球2)----

のようにサーモスタットの両端から電線2本を取り出し.これを電球2につなぎます。(’は位置をあわせるために記載したもので.空白と読み替えてください)。
これで.電球1.2では常に1/4の熱を出していて.温度が低くなった時に限って電球1だけに電流が流れ.1の熱が加わります。
2の方が指摘している「電源ON直後の大電流」が流れる原因は.フィラメントの温度が低いためです。この方法は.常に少ない電流を流してフィラメントの温度を上げておく方法です。

消費電力の条件が会わない時には.次の方法となります。
-(電球1)-(電球2)-(サーモスタット)-
と配線します。電球にはそれぞれ50Vの電圧しか加わりません。
電気屋にでかけて.いろいろな白熱電球(蛍光燈不可.省エネルギー型電球不可)を購入して.冷えた状態での抵抗値をはかり.2つの電球の合計の消費電力が20Wになるように組み合わせを求めます。ヒヨコ電球のかわりに低価格の家庭用白熱電球を使う方法です。
電気に詳しいそうなので.蛍光燈不可の理由は分かるでしょう。
省エネルギー型電球は.電球の抵抗値をあげてフィラメントの温度を上げることで消費電力を下げています。従って.電圧を下げても明るくなりやすいので使えません。ソケットの選択には注意してください。

最後に.4の方が指摘したような市販品の改造や私の書いたような市販品の改造は.個人が自己の使用のために作成する限り.法令には抵触しません(電気用品取締法は.販売目的に限って法制限している)。
ただし.事故が発生した場合には.「おそらく改造が原因だったであろう」という推定事項が成立し.設計に間違いがなかったことが示されない限り.事故の原因と判断されやすいのです。
このような改造情報を知らせることは法的制限がありません。ただし.改造を行った本人の責任は残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。
現在飼育している状態を詳しく言いますと、鳥かごではなくプラスチック製の水槽なんです。
(日本では鳥かごで飼うのが一般的なようですが、鳥を詳しく研究されてる方の話しによると、
水槽など外気が直接触れないケージがいいらしいんです)
水槽の端に20Wの保温球を鉄製保護カバーに入れてあります。(明るくて眠れないといけないので、熱だけ出るタイプ)
これだけでは、外気温より3~4度しか上がりませんので、水槽の外からも60Wの遠赤外線電球を当てています。(鳥医さん推奨品^^)
これだと今度は温度が上がり過ぎてしまうんです。
そこで金魚用のサーモスタットで温度調整をしていたところ、球切れが起こってしまいこの質問に至った訳です。。
説明不足ですみませんです・・
現状のままで球切れを起こさない方法としては、「常に少ない電流を流してフィラメントの温度を上げておく」ですよね・・
今のサーモスタットから電源供給されてる限り、それは出来ないと思うのですが・・
サーモスタットのOFF位置に微電流が流れるよう改造すればいいでしょうかね。
でもばらしてみたところで、お手上げになるでしょうが・・ ^^;
そういったサーモスタットって売ってるんでしょうかね。
そもそも鳥を飼う事に神経質すぎるのがいけないんでしょうか(笑)
いろいろと参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/30 18:18

電気の知識は人並み以上ということなので、裏技を教えましょう。


金魚(水温)用のサーモは「ガラス管」に入っていますよね。
これを取り外すと空気用になります。
これだけです。

ただし、電気配線が剥き出しになりますので、サーモ周りの空気の流れを遮断しないように、保護してください。
塩ビのパイプにたくさん穴をあけてかぶせるという方法もあります。
ここで電気の知識を生かして工夫してください。
小鳥が感電死したり、水槽の中が火事になっては元も子もありませんから。

あまり頻繁にON-OFFを繰り返す場合は、ヒーターとサーモの位置関係を改善するとともに、
サーモのON-OFF間の設定を調整する必要があります。
調整機能がついていればよいのですが、ない場合は自分で感熱部分の角度を変えて調節できます。
サーモの構造をよく観察して、調整する部分を見つけてください。

小鳥の飼育容器の取り扱いについても一言。
原則は室温を小鳥の適温にするべきでしょう。
室温が上げられない時は、保温用のフードをかぶせて保温するのも良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

裏技ありがとうございます。
金魚用のサーモって白い筒状の物ですよね?
感電に、火災の恐れありですかぁ・・ ^^;
少し勇気がいりますが、一度試してみようと思います。

サーモのON-OFF間設定というのがついてないんです。
そういう機能がついたのがあるんですね。
センサーの位置が悪いのかもしれません。
平均温度部分に取り付けていたのですが、温度変化の少ない部分に変えてみようと思います。

小鳥を飼うのは2度目なんですが、前の小鳥は早くに死なせてしまいかなりのショックを受けました。
元々、病弱だったせいでもあるのですが。
それがきっかけで、神経質になりつつあるんです。
過保護すぎるのかもしれませんが、めいっぱい小鳥に適切な環境作りや、世話をしてあげたいんです。。
室温を上げるのが一番の方法だと思うのですが、外出中などこれから寒くなるにつれ思うようにいかないですよね。
寒くないか心配で心配でたまらないんです・・
居心地の良い30度をキープしてあげたいんです。

お礼日時:2001/10/30 03:02

>金魚(水温)用のサーモスタットを流用


そもそもの原因は、これでしょう。
水槽内と空気中では、熱の伝導性が違い、サーモスタットの感度が大きく違います。
また、ヒーター(電球)の熱伝導性も違いますので、この組み合わせでは機能しないと申し上げておきます。

空気温度調整用のサーモスタットを使いましょう。
それと、ヒーターとサーモの距離も重要ですので、最適な距離をいろいろ試して見つけてください。
刑法に触れるような違法行為の誘いには乗らないようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、金魚用というのが原因でしょうか・・
空気温度調整用の物を探したのですが、見つからなかったんです。
それでやむなく金魚用を流用する事にしたのです。
空気温度調整用って売ってるんでしょうかね。
あちこち探したのですが・・
またよかったら教えて下さい。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/29 09:02

ヒーターや電球は電源のON時に通常の数倍の電流が流れます。


点滅を頻繁に繰り返すと寿命が極端に短くなります。

解決策ですが、サーモスタットが頻繁にON/OFFするということは小鳥の部屋が熱が逃げやすいからだと思います。
もう少し密閉性を上げて温度を下がらないようにするとか、周りが温度が下がらないような
場所に置くとかするとON/OFFの回数が減ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

温度が下がりにくいよう、水槽内で飼っているのですが、
やはり上部から多少熱が逃げてしまいます。
半分以上はふさいでいるのですが、
完全にふさいでしまうのは、換気の面で心配でなかんか出来ないんです・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/29 08:56

多分ヒヨコ電球を使用しているのでしょう。

これは切れやすかったのを覚えています。

ヒューズという部品は.極端に大きな電気が流れた時に.電線が燃えないように.使う部品です。
電線が燃える前に.ヒューズが切れて.電気が流れなくなり.電線が燃えなくなります。

だから.電球の玉切れ防止には.使い物になりません。

中学校の技術家庭かで学んだ(はずの).コンセントの交換やテーブルタップの組み立てをできる程度の電気の知識がありますか?
もし.あるならば.明かりがつかなくて.消費電力が20W程度の.家庭用電球を使ったヒーターの作り方をお知らせします(火事になったらば自分で責任(刑法・消防法参照)を取ってください)。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
ひよこ電球と言うんですかね・・
名称がわからないのですが、明かりがほとんどないタイプなんです。
おそらく電球内の熱線の温度が上がり過ぎ焼け切れたのではないかと思うんです。
これって切れやすいんですね。
過電流ではないので、温度ヒューズなどで防止できないかなと思っているのですが、どうなんでしょうかね・・
コタツなどに使われてるやつです。
電気知識は人並み以上はあるかと思います。専門的な事はわからないですが・・
宜しければヒーターの作り方お教え頂けませんか?

補足日時:2001/10/29 04:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発光ダイオードの回路にヒューズを入れませんが大丈夫でしょうか?

何時もお世話になります。
家庭の電源から、スイッチングACアダプタ(100V⇒12V)を使って、発光ダイオードを直列につなぎ、直接光らせる予定です。
超初心者で知識が有りませんので、以下の点について教えて下さい。
 (1)発光ダイオードは、ダメに成るとき非接続に成ると聞いております。(つまり、家庭の電球が切れるイメージでおります。)従って、この回路にヒューズを入れませんが大丈夫でしょうか?
 (2)今後のことですが、発光ダイオードの形式と許容電圧・電流表みたいなもの有りますか?(JISみたいに規格化されているのでしょうか?)

Aベストアンサー

ヒューズは無用です。過電流が流れたらヒューズが切れる前に
内部端子が焼き切れてしまうので電気はストップします。

>許容電圧・電流表みたいなもの有りますか
規格一覧冊子のような物はないみたいですね。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1737645.html

Q温度ヒューズと電流ヒューズの違い

お客様が部品メーカーでwebでの説明を掲載する際に専門用語すぎて理解できません。温度ヒューズと電流ヒューズは何が違って、それぞれどんな特徴があるのですか?またW(ワット数)が少ないヒューズはどんな点がいいのですか?

Aベストアンサー

>W(ワット数)が少ないヒューズ
こういうヒューズは無いのです
電流か温度のどちらかで切れるのです

100ボルト500ワットに3アンペアのヒューズを使うと切れますが200ボルト500ワットに3アンペアのヒューズを入れても切れません
電流ヒューズはヒューズを構成する導体が電流による発熱で溶断するのです
電流による温度上昇は導体の太さに反比例するので回路の許容電流を上回るヒューズを使うと危険です
電流ヒューズの規格
120%の電流で切れてはならない
200%の電流で1分以内に切れなければならない
ショートしたときは瞬時に切れなければならない

温度ヒューズの構成導体は電流による発熱はほとんど無く周囲の温度によって溶断するのです
したがって太い(電流の多い)ヒューズを使っても危険はありません
温度ヒューズはその目的上公称温度に対する許容幅は狭く1%以内です)

Q全波整流器におけるダイオード破損

全波整流回路のダイオード破損について質問です。
回路は
入力側に15A即断ヒューズ
ダイオードは400V/30A(TO-247)を4個使いブリッジを組んでいます。
平滑コンデンサは、2000μF/400V品で、320V前後で使用してます。
また出力側には、インバータが繋がっており、三相入力に整流後の「+」
N端子に「-」を接続しています。

この回路でダイオードが破損(セラミックの部分が砕けた状態)し、ヒューズが飛んでません。
このときの故障原因がわからないのですが、分かる方がいましたらご教授お願いします。
また、故障の再現方法も合わせてお願いします。

Aベストアンサー

よくあるダイオードの破損原因は,耐圧オーバーと突入電流です.
ダイオードの耐圧は,ブリッジ整流では入力電圧の4倍にするのが一般的です.
この場合は,800Vですね.
突入電流対策は,電源オンのとき直列に抵抗をいれ,平滑コンデンサが充電されてから抵抗をショートします.
これを突入電流防止回路と言います.
このモジュールを使えば,抵抗ショート用のサイリスタが入ってるから簡単です.
http://www.niec.co.jp/products/pdf/pgh308.pdf

いずれにしろ,電源設計の常識ですから,親しい回路屋さんに見てもらったらどうでしょう?

Q電球ソケットに付いている電球の熱さについて

電球ソケットに付いている電球の熱さについて

トイレに60Wまで・100Vと書いてある電球ソケットがあります。
このソケットには今60W・110Vの裸電球がついているのですが、
この電球が触るとずっと触っていられない位もの凄く熱いです
(そのソケット周りのプラスチック?まで熱い)。これが電球の普通の
熱さなんでしょうか?心配なので質問してみました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電球ソケットの定格で使っていれば問題無いはずです。
電球の光源は中のフィラメントと呼ばれているコイル状の金属に電気を流すことによって生まれる電気抵抗で発熱しそれが光源になっています。

このフィラメントの温度は2000~3000度の温度になるそうです。

それだけの温度で発熱する物ですからず~っと触ってられないのは当然ですよね

Q整流ダイオードについて

乗用車(12V)の15Aヒューズが使用されている回路に使用できるダイオードの仕様を教えてください。

Aベストアンサー

#3です。やりたい事につき了解。

ハロゲン→HIDですね。

コントロールユニット制御だけの為にダイオードを使うのなら、ジャンクから外したダイオードで十分。黒色プラスチックで線が一本くるりと入っているヤツ。

ラジカセやらビデオデッキ等、何でもイイ。100Vコードがつながって居る辺りの基盤に付いているよ。

注意点は「インバーター」の直接制御には使えないって事。

易しく説明しましょう。

ハロゲンを外したソケットに、電球の代わりとしてリレーを付けます。そのリレースイッチでバッテリー直の12Vを入/切して、HIDインバーターの電気を入/切します。

インバーターは点灯時大電流が流れるので、コレを直接制御するのではなく、リレーを制御すれば良い訳です。

リレーへの電流回り込みを防ぐには、上述の通り、ジャンクパーツで十分な訳です。

コレで良いかな。

QLED電球電球型蛍光灯と白熱球の比較

LED電球電球型蛍光灯と白熱球の比較
消費電力はLED、蛍光灯が圧倒的に少ないですが発熱量はやはり消費電力に比例するのでしょうか?
店頭でLED電球を見ましたがいくばくかの熱は出ており蛍光灯型とそれほど変わらないような気もします。
またLEDは紫外線が少ないといいますが蛍光灯や白熱球と比べてどうでしょうか?

Aベストアンサー

発熱量は明るさとは無関係で、消費電力に比例します

紫外線はLEDは非常に少ないので、虫が寄って来にくいです

蛍光灯は、紫外線で蛍光物質を照らして光る仕組みなので、もともと紫外線は多めですが、出にくい工夫があれこれ施されています

白熱電球は、赤外線から紫外線まで広い範囲の光を出していて、紫外線も少しは出ます

Q整流ダイオードの記号について教えて下さい。

整流ダイオードを使用したいのですがどれを使えば良いのか分からず困っております。
まず、記号の意味が分かりません。
一般的に整流ダイオードといったら下記の商品ですよね。
整流ダイオード 1N4007  1000V1A VF:1.1V(1A時)
これって電圧1000Vまで、電流1Aまで耐えれるという意味なのでしょうか。

使用目的は車のヘッドライト配線に使おうと思っています。ヘッドライトのヒューズって15Aなのですが、これでもたまに切れるのに1Aじゃ全然足りないですよね。。。
そういう意味ではないのでしょうか。
意味が分からず困っています。

Aベストアンサー

>1000V1A VF:1.1V(1A時)・・・
1000Vは逆耐圧が1000V迄耐えると言うことです。1Aは1A迄流せると言うことです。
 交流回路を整流すると2√2×Vの逆耐圧が必要になる。
VF(1A時)は1A流したときの電圧ドロップ値です。 
ヘッドライトの回路に何故ダイオードが要るのか分かりませんが。耐圧はもっと低い電圧にし50V程度で電流値のもっと大きい物が必要です。

Qサーモスタットにヒューズのようなもの

ペットの保温用にヒヨコ電球を使っています。(熱だけ出す電球です)
これにサーモスタットを接続してペットが熱中症にならないようにして
いますが、先日ヒヨコ電球が球切れを起こした際、サーモスタットも使
えなくなってしまいました。
パチッと音がしてヒヨコ電球が切れたことが分かったのですが、同時に
サーモスタットも通電しなくなってしまいました。
思うに、球切れの際に過剰な電流が流れてサーモスタットが壊れたので
はないかと・・・。
だとすると、球切れの度に1万円近くするサーモスタットが壊れること
になります。これではたまりません。

過度な電流が流れた際にシャットアウトするような機械(ヒューズ?)
をヒヨコ電球とサーモスタットの間に入れることはできないでしょうか?
そういう予防的な機械はあるのでしょうか?
どうぞご教授下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

延長ケーブルを使ったり、余分なケーブルを束ねていたりしませんか?

>思うに、球切れの際に過剰な電流が流れてサーモスタットが壊れたので
>はないかと・・・。

たぶん、逆です。

球切れにより、流れていた電流がケーブルの末端でいきなり塞き止められて
止まってしまった事により発生したサージ電圧による故障ではないでしょうか。
その場合、電流の塞き止めを強化する対策は効果が無いばかりか逆効果になる可能性があります。

もしも必要以上に長い延長ケーブルを使っていたり、余分なケーブルを束ねていたりする場合、必要最小限度にしましょう。
元から必要最小限のケーブルしか使っていない。という場合、
スナバと呼ばれる保護回路の類をつける方法も有りますが、目的がペットの保温用ですから、
ひよこ電球に並列して容易には切れない小さなニクロム線ヒーターの類を繋いでしまうとか、用途によってはひよこ電球を廃して置き換える等の対策により
電流がいきなり完全に塞き止められる事の無いように工夫する対策の方が容易であると思います。

Q整流ダイオードに詳しい人

先日{自作アンサーバック}を作るために1000v1Aのスイッチングダイオード(整流)を組み込んだ分岐線を作りました。
ドアロックアクチュエータから左右のウインカーに一瞬(開錠)電気を流すものですがウインカーの左右配線をつなげますので分岐の途中で整流ダイオードをつなげないとハザード状態になってしまいます。
そこで、1Aのスイッチングダイオードを繋げて試してみたのですがウインカーの消費電力も分からずつけた為開錠と同時にバチッっという音がしてうんともすんとも言わなくなりました。これはドアロックのヒューズが飛んだと思い調べましたがヒューズは生きてました。安心してもう一度キーレスで開錠してもやはりうんともすんとも言いません
そこで自作のキットをはずすと元に戻りました。
キーレスエントリーも使用できました  そしてそのダイオードに電気を流してみると(テスト)整流ダイオードと呼べるものではありませんでした(ショート?)(両側とも通電可能)
これは、ダイオードが焼けた?ショートしたのでしょうか?
いろいろ調べていると案の定1Aではなく7Aぐらい余裕を持たせたほうがいいみたいです。
ウインカー5wx4個(最低1.6A)くらいいるのかな?
長くなりましたが、質問内容は
ダイオードってショートする?
わずか0.6~7~8Aオーバーでショートしてしまうのかです。
よろしくお願いします

先日{自作アンサーバック}を作るために1000v1Aのスイッチングダイオード(整流)を組み込んだ分岐線を作りました。
ドアロックアクチュエータから左右のウインカーに一瞬(開錠)電気を流すものですがウインカーの左右配線をつなげますので分岐の途中で整流ダイオードをつなげないとハザード状態になってしまいます。
そこで、1Aのスイッチングダイオードを繋げて試してみたのですがウインカーの消費電力も分からずつけた為開錠と同時にバチッっという音がしてうんともすんとも言わなくなりました。これ...続きを読む

Aベストアンサー

半導体は故障した時ショートする時と開放するときの両方があります。
たまにレアショートと言うのもありますが。

ウインカーが5Wなんて、LEDウインカーでしょうか?
通常のウインカーに使われているランプは、フロントで10W~20W、リヤは20W程度が普通です。

それが4つ+サイド+メーター内が点くのです。
ぜんぜん容量が足りません。

通常はリレーを使います。

Q電球のソケットサイズ

17金口のランプを交換しようと,
購入してきました

そうしたら微妙にゆるくて取り付けできません
17金口には
さらに種類があるのでしょうか??

Aベストアンサー

E17の口金の事ですよね。
直径が17mmのネジ式を表しています。ちなみにこのEは電球を発明した、エジソンのイニシャルから来ています。
E17の下のサイズはE12、上のサイズはE26になります。E16やE18は存在しないので、なぜ微妙にゆるいのか疑問ですね。
E17で間違いなければ合うはずです。他に種類はありませんので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報