あの頃ギターを片手に長髪にしていた男性も、
ベルボトムのジーンズでピアノの弾き語りをしていた女性も、ぜひ思い出してください。
あの頃一番好きだったフォークシンガーは誰でした?
今でもその人の曲を聞きますか?
お差し支えなかったら、その頃の年代(中学生とか)と性別もお願いいたします。

ちなみにおばちゃんは吉田拓郎です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私は男ですがフォーク台頭期世代。


あなたも、おばちゃんなんて、まだまだ。
女盛りが何を言ってるんですか。HN変えなさい。
吉田拓郎を知っているなら十分「お姉さん」。

私も拓郎でしたね。広島フォーク村の時から気に入ってました。

「旅の宿」は永遠の名曲。
「おきざりにした悲しみは」「夏休み」なんかも味がある。
「マーク2」も良く弾き語りした。
ツーフィンガー、スリーファインガーと必死で覚えたものですが、今はもう無理。

歌手として特に好きと言うわけではないが、
かぐや姫の「神田川」だけは、今でもじーんと来ますね。
イルカの「なごり雪」
山本コータローの「岬めぐり」
なども好きです。

ここいらへんを一緒くたにしたものを通販で購入し、時々今でも聞いています。
男ですが、年は言わぬが花?・・・じゃなく蜂(?)とでもしときます。

あの頃は、精神的自由の絶頂期と呼べるかもしれませんね。
彼女と行った山陰の海辺。夜に泳いだ海。
飛び込みで泊まった民宿でのお風呂。
湯べりの窓に名前の知らない真っ赤な花が咲いていた・・・。
すみません。感傷に浸っちゃいましたね。ありがとう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
最近TVCMで「夏休み」が流れていますよね。
息子(高1)がこれいい曲だなあと言うので、
「旅の宿」を聞かせてやりました。
恋愛事がまだ現実でなかったあの頃、
この曲の男心を相手に自分がヒロインを演じていたのを思い出しました。
いい曲は世代を超えるのを実感しています。

お礼日時:2005/08/20 01:43

かぐや姫に関しては、旧かぐや姫(南高節、森進一郎、大島三平)からのファンでした。

新かぐや姫からは、私も正ヤンのファンでした。よく覚えてもらいました。そのほかは、六文銭が大好きで、特に吉田拓郎の最初の妻、四角佳子さんは、フォークの世界ではとっても洗練されている、おしゃれで可愛く格好いい女性で、憧れでした。あのころは、全体的に、フォーク歌手はファンと友達みたいに和気あいあいとしていて、すごい近い存在でした。みんな仕事場に電車で移動してたし…(関係ないですね)。だからますます応援したくなるのです。初期のガロ(「学生街の喫茶店」を出す前)も大好きで、今TVのCMで「地球はメリーゴーランド」が流れてますが、本当にいい曲でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
拓郎ファンだったので四角圭子さんは、
私もあこがれていました。
浴衣の君と言わしめた女性のようになりたいと
中学生のガキが思っていました。
あの頃はデパートの屋上などでちょっとしたコンサートがあったりして、
終わって帰る彼らを取り囲んで雑談なんてこともありましたね。

お礼日時:2005/08/23 23:23

こんにちは! わたくしも参加させて下さい!


あの頃に一番好きだったのは個人でなくグループで
“ウッディ・ウー”と言う男性3人組のフォーク・グループで後にアリスも歌っていた『今はもう誰も』のオリジナル・グループです。アリスもロック・キャンディーズの頃が好きでした。あと渋いところで“ディランII”とか“五つの赤い風船”。まだまだいるのですが止められなくなりそうなのでこのあたりで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
止らなくてよいので続けてほしかったのに!
ウッディ・ウー知りませんでした。
けっこう聞きまくっていたつもりだったので、
ショックです。
今でも聞いていらっしゃるのですね。

お礼日時:2005/08/22 19:21

私は30代前半ですが、フォークも聴きます。


泉谷しげるさん
加川良さん
三上寛さん
かぐや姫

など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
別件で稲葉さんの回答をしていらっしましたね。
B’zのときと違って稲葉さんがソロのとき、すごくフォークソングっぽいなと思いませんか?
あのアコギとブルースハープにドキッとしてしまいます。

お礼日時:2005/08/21 22:38

こんなアンケートを待っていたような気がします。


拓郎さんに始まって、風、かぐや姫、陽水、、、
高校生でしたね。
認めたくないから、女盛りのお姉さんです。

最近年下仲間とカラオケに行くと、フォークなんです。
嬉しいけれど、私が歌うのはユーミンとかキャンディーズ。

でも片想いの彼から、こうせつのCDを借りて、今聞いています。
「駅」、歌詞がいいです。
あの頃も今も、歌詞が心に語りかけるのが好き。
「22歳の別れ」は、ふと口ずさむ、大好きな曲です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私も年下仲間とカラオケ行きます。
なぜか古い曲知ってる子も多く、ハモッてあげると喜びます。
ユーミンの物まねをすると受けます。
ちなみにその子達からはおばちゃんでなく、姉さんと呼ばれてます。

お礼日時:2005/08/21 00:38

40代後半年女のオバちゃんです。



かぐや姫・風・・というより伊勢正三さんです。
高校から大学にかけての年代ですね。
ベスト版をツタヤで見つけたので借りようと思ってます。

ちょっと違うのですが北山修さんに中学生の頃はまりました。歌というか、彼の詩が好きでした・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私も北山修さんは大好きでした。
中学生の頃は曲よりも詩に心を動かされることが多く、
あの頃きれいな言葉に沢山出合っていて良かったと思います。

お礼日時:2005/08/20 15:31

どちらかというとニューミュージック世代なんですが。


(だと思っている40代男です)

小学校低学年の時に従兄弟の家で井上陽水を聞いて衝撃を受けました。
それをきっかけに、色んな方にはまりましたね。

80年代になって就職し、お金が自由になるようになって中古レコードを買いに奔走しました。
当時はCDで復刻したりしてないから質の良いレコードを探すのも大変でした。

いまでもカラオケに行ったりすると、フォークやニューミュージックしか歌えません。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
井上陽水は異色でしたね。
歌詞に色気がなくて最初はびっくりしました。
「帰れない二人」は今でもカラオケで歌っています。

お礼日時:2005/08/20 15:26

こんにちわ、男です。



中3のときに叔父から、ぼろぼろのクラシックギターをもらったのをきっかけにフォークにはまりました。

ラジカセもまだ高価で自分で録音できる機材、媒体を持っておりませんでした。ホントにたまにEPやLPを買える程度です。

●別格 岡林・・「友よ」「みつるさん」(題名は違うかな)
●一位 甲乙つけがたく、拓郎と陽水。・・「春だったね」(好きなフレーズは『僕が思い出になる頃、君を思い出にできない』)「闇夜の国から」

今でも唄うのは(唄えるのは?)あがた森魚の「赤色エレジー」

当時のフォーク誌「GUTS]や「ヤングギター」を全て処分してしまったことをうんと悔やんでおります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
懐かしいですね!赤色エレジー!
(当時の女の子の間ではかなり不評でしたが)
ヤングギターとGUTS両方買えたなんて、
うらやましいです。
あの頃は少ないお小遣いを
雑誌・レコード・コンサート・おしゃれと配分に苦労していました。
今なら金に糸目はつけなかったかも?

お礼日時:2005/08/20 15:20

おっさんはちょっと遅れた世代(フォーライフ結成が高校)ですが、泉谷しげるさん(知りあいなので敬称付き)ですね。


レコード、CDやレコードはエレック時代のLPやシングルも含め、すべて持っています。
曲は今でも聞きますし、コンサートもあれば知らせてくれるので、行きます。

その後、知り合う機会があり、薄いですが、おつきあいさせていただいています。また、その関係で、結構大物の方(拓郎さんや岡林さんなど)と何度かご一緒させていただきました。

あとは、ちょっとずれるけど、東京ワッショイ時代のエンケン(遠藤賢司)ですかね、カレーライスの頃はそうでもなかったけど、このころはかっこよかった。

フォークの思い出というと、ユースホステルで狂ったように「落陽」や「遠い世界に」を歌ったのも良い思い出だし、CDの普及し始めた頃、中古レコードが一気に値崩れしたことがあり、そのときにURCのオリジナルを信じられないような安値で買いそろえられたのも懐かしいです。
文化祭では、「僕の好きな先生」を歌いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
泉谷さんは「唄の市」に出ていた頃、
よく聞きに行きました。
女の子数人で野次った記憶があります。
RCも大好きでした。
TVなどに出る人たちではないと思っていたので、
皆さんの活躍に驚いていました。

お礼日時:2005/08/20 15:13

女性です、私も基本的にはhakobuluさんと同じですね。


ただ、特にファンだったということではありませんが、岡林信康(漢字は正しいかしら?)の「チューリップのアップリケ」は今でも印象に残っています。小学校か中学校くらいだったと思いますが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
岡林信康(あってます)は小学生の時でした。
すごい!とは思ったのですが、
なにせこれを理解するにはガキ過ぎました。
今聞くと深いものがあります。
もっと感受性の強いときに出会っていれば・・・とも思いました。

お礼日時:2005/08/20 01:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカのカントリー・シンガー

アメリカのカントリー・シンガーって日本でいう演歌歌手みたいなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

決定的違いはやはり年齢の層と地域性でしょうね。 特に年齢層は幼児からお年寄りまであると言う事でしょう。

「演歌歌手みたいなもの」と言われてもどう意味なのかちょっと分からないのですが、どんなミュージック(クラシックからハードロックまで楽しむ私にとって演歌は好きですよ。 

昔ならでは「女性のイメージ」は演歌もカントリーも良く似たところがありますね。 男性の「虚像」を支えているのかもしれませんね。<g>

また、大きな違いは歌手にしてもBilly Gillmanのように氷川きよしよりもっと若い歌手がたくさんいると言う事もそうでしょう。 若くてもThat's My Girlのように分かりやすい「恋の気持ち」なども親しみやすいのではないでしょうか。

また、特に南部の多くの地域などでは市・町の大きさに関係なくカントリーに慕っていると言う感じもあります。 つまり、日本全体より大きな地域を占める面積の中でミュージックと言えばカントリーと言うほどの住民すべてがカントリーに慕っているようなところがあることは演歌とは違う点ですね。

また、その地域性といっても別に日本のようにその地域の出身だからと言う事もありません。

「大衆のミュージック」と言うイメージがかなり強いですね。 ですから、アメリカが一緒になって立ち上がろうと言うときにはカントリーミュージックの強さと言うものがもろにでてくるわけです。

また、演歌と同じように、歌詞が聞いていて分かりやすい(聞き取りやすい)、メロディーにもついていきやすい、スラングにしても昔からの定着した言い回しが使われる、なども大きな力を持っていると思います。

また、大衆ミュージックの一つとして、デュェットができる歌・デュェットの歌かあることでもあると思います。 そこも演歌に似たところでもあると思います。

Karaokeが普及して来た今ではこのカントリーの歌も良く歌われます。

また、南部などにはたくさんのカントリーミュージックステージがたくさんあり、有名歌手・ニューカマーが毎日のように聞けるようにもなっています。 日本にはない光景ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

決定的違いはやはり年齢の層と地域性でしょうね。 特に年齢層は幼児からお年寄りまであると言う事でしょう。

「演歌歌手みたいなもの」と言われてもどう意味なのかちょっと分からないのですが、どんなミュージック(クラシックからハードロックまで楽しむ私にとって演歌は好きですよ。 

昔ならでは「女性のイメージ」は演歌もカントリーも良く似たところがありますね。 男性の「虚像」を支えているのかもしれませんね。<g>

また...続きを読む

Qカントリーシンガーとポップミュージシャン

こんにちわ。ふと思ったのですが。
アメリカとかで言う「カントリーシンガー」っていうのは、
日本でいう「演歌」みたいなジャンルなんですかね。
若者はあまり聞かないというか....。

以前、アメリカの若者にカントリーミュージックの話を聞いたら、
笑いながら「全く聞かないな」と言ってました。

日本でいう演歌は、やはり若者
(そういうのが趣味じゃない、所謂普通の若者)が聞いていたら
「変わっているね」「凄いね」「そういう趣味?」みたいに色物扱いされますが。
アメリカでも、こういったカントリーミュージックと言うのは、
そういう風に分類されるのでしょうか。
聞いていたらやはり「ちょっと変わった人」な事なのでしょうか。
出来れば、アメリカにいる生の声が分かる方にお聞きしたいです。

Aベストアンサー

演歌との比較は全くの見当違いです。
カントリーとポップスの垣根は低く、アーティスト毎にカテゴライズされるものではなく、楽曲毎、もしくはアルバム毎にジャンル分けされるケースの方が多くなっています。
ですから、例え若者でも知らず知らずのうちにカントリー音楽に触れているのです。

例えば、今年のグラミー賞にも多くのノミネートを果たしたテイラー・スウィフトは、10代の少女に人気があるアーティストですが、音楽的にはカントリー&ポップスという括りで捉えられています。
日本でも有名なボン・ジョヴィは、前作で全曲カントリーというアルバム「Lost Highway」を発表しましたが、これが80年代の名作「Slippery when wet」以来のナンバーワンに輝いています。

他の方があげられていたミシェル・ブランチも、ソロではポップスやロックにカテゴライズされたアーティストとされていますが、The Wreckersというユニットではカントリー・デュオとして認識されています。

大御所ガース・ブルックスのような完全なるカントリー歌手の楽曲であれば、若者が聴かないということはあるでしょうが、世代を問わずカントリー・ミュージックを全く聴かないということは考えにくいですね。

演歌との比較は全くの見当違いです。
カントリーとポップスの垣根は低く、アーティスト毎にカテゴライズされるものではなく、楽曲毎、もしくはアルバム毎にジャンル分けされるケースの方が多くなっています。
ですから、例え若者でも知らず知らずのうちにカントリー音楽に触れているのです。

例えば、今年のグラミー賞にも多くのノミネートを果たしたテイラー・スウィフトは、10代の少女に人気があるアーティストですが、音楽的にはカントリー&ポップスという括りで捉えられています。
日本でも有名なボ...続きを読む

Qフォーク

こんにちは

私は主にJ-POP・洋楽が好きですが、親の影響かフォークソングも好きです。
リアルタイムで聞いてる世代ではないので、皆さんオススメのフォークソングがあれば教えて下さい。(^^)/

↓のサイトの曲(MIDI)はだいたい知ってます。
http://wagesa.cool.ne.jp/music/j-folk3/jfolk3-frame.html

Aベストアンサー

フォークソング世代です。(年齢ばれちゃいますね!)

フォークソングと一言で言っても色んなものがあります。日本のフォーク黎明期から聞いていますが、当時(60年代後半)は関西フォーク系とカレッジフォーク系に二分されていたと言えますね。

関西フォーク系と言うのはいわゆるアングラ的な歌詞が多く、反戦歌やプロテストソングなどが多かったと思います。その中で神様と呼ばれていたのが岡林信康です。(それより以前にもフォーク歌手は多数存在していますが…。)私はこれらのフォークソングを聴いて青春時代を過ごしました。またそれとは別にフォーククレセイダーズなんかのフォークソングも良く聴きましたね。

どれがお薦めと言われても沢山ありすぎて、何をお薦めしていいのか良く分かりませんが、歴史を辿りたいのでしたら、岡林信康(初期の物に限定します。途中からロックや演歌、果ては音頭にまで派生しました。)、加川良、フォーククルセイダーズ、高石友也、高田渡、中川五郎なんかがお薦めかと思います。(関西フォーク系です。)

70年初頭からでは吉田拓郎、井上陽水なんかもいいと思います。(初期作品がいいですね。)

その他ではかぐや姫も聴き易いですね。ただ、この頃になると段々ニューミュージックと言われるようになり、元々のフォークソングとは少し趣が変わって来て、抒情詩、叙事詩なんかの曲も多くなって来ます。

私のフォーク感はアコギ1本で弾き語りして、メッセージを訴えると言うスタイルがそもそものフォークソングだと思っています。

関西フォークの歴史に興味がおありでしたら、アマゾンのサイトにCDが掲載されていますので、参考にご覧下さい。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-3027763-4617826

また、過去にも同種の質問(多少異なるかも?)があって、その中にも書き込んでいますので、ご覧下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=272141

フォークソング世代です。(年齢ばれちゃいますね!)

フォークソングと一言で言っても色んなものがあります。日本のフォーク黎明期から聞いていますが、当時(60年代後半)は関西フォーク系とカレッジフォーク系に二分されていたと言えますね。

関西フォーク系と言うのはいわゆるアングラ的な歌詞が多く、反戦歌やプロテストソングなどが多かったと思います。その中で神様と呼ばれていたのが岡林信康です。(それより以前にもフォーク歌手は多数存在していますが…。)私はこれらのフォークソングを聴いて青...続きを読む

Q1970年代前半(たぶん)のフォーク、かまやつひろしさんの歌で.....

「春夏秋冬」という曲名だったと思いますが、(泉谷さんではありません) 「春は乙女の柔肌に
かげろうゆれて、恋を知り、、、夏は裸のこの胸に、、、秋ははかない虫の音に、、冬は、、」
という歌詞だったと思いますが、youtube にもないようですし、検索しても分かりませんでした。
この曲を聴いて、ipod に取り込みたいのですが、どなたがご存知ではないでしょうか?
またもう一曲、及川恒平さんの、「なにもしてあげられないよ」という曲もさがしています。
さらに、猫の「あなたが教えてくれた季節」は、カラオケに入っていますか?歌いたいのですが。。
以上3点について、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。m( )m

Aベストアンサー

青春挽歌だっぺ?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報