骨董品ならずとも、和製品、刀や器等の
販売店を始める場合において免許取得、法的申請や
仕入先などが知りたいのですが。
何方か知識のある方、お教え願いますでしょうか?

A 回答 (4件)

必要な手続については他の人が述べてますので自分は仕入れなどについて


のべます。
まず、一つは一般からの買い取りですね。
それとオークション(ネットオークションではないですよ)で入手する方法
があります。(ササビーとか)
あと、同業者の集まり(組合など)に初期の段階では積極的に顔を出して
つながりを作っておく事です。
骨董の世界はアナログもアナログですから(年齢層がたかいのですから)

これは情報の収集という面で重要です
情報があればあとはどうするか決められますがなければ何も出来ません
古物商のなかには卸のようなことをやっている業者もいます
全部が全部小規模ではありませんし、自分のところでさばけない場合は
他の同業者に声をかけることは当然のことながらあります。
さらに骨董品にもいろいろありますので専門外の物品の鑑定、売却の依頼
がきたときなどは、同業者に情報をまわして手数料とるなどしているんでしょう
から。
まずはネットワーク(同業者間でのつながり)をつくるのがよいでしょう。
ただ、新参者はそう簡単に受け入れてはくれないでしょうから、しばらくは
気分が重いでしょうが、我慢するしかないですね。
一番いいのは、どこかの業者で下積みでもしてのれんわけ(古い言い方ですが)
と言う形で独立が無難ですよ。
そうづればネットワークは既に出来ているし、なによりもとの店の店主が
人脈、仕入と言う面では応援してくれるでしょうから、いきなりはじめるより
はよいのでは?
    • good
    • 0

>仕入れ等は、どうなさってるんでしょうか?



済みません。
経験者というのは、会社で古物商の手続をしたことであり、骨董品については、仕入などはしていませんので。
悪しからず。
    • good
    • 0

古物の売買等(古物営業)には、盗品等の問題があるため、古物営業法により、警察を通して都道府県公安委員会の「古物商」の許可を得なければ、骨董品店を営むことができません。


 
更に、刀を売買するには、「銃砲刀剣類所持等取締法」のきせいがあり、「教育委員会の許可」が必要です。

「古物商」の許可の手続は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kob …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいリンクまで、ありがとうございます。
仕入れ等は、どうなさってるんでしょうか?
それも、できれば知りたいです。

お礼日時:2001/10/30 13:11

longmoreさん、こんにちは。



ご質問の内容拝見しました。
骨董品等の販売店を創められる場合には、法制上「古物営業法」のもとの
創められる事になります。
これは、古物の中に盗品等の混入の恐れがあるからです。
これらの許認可は、販売を行う地域(店舗が存在する)の所在地を管轄する
都道府県公安委員会の許可を必要とします。

具体的には、その所在地を管轄する警察署の安全生活関連部署にて
その申請の手続きや書類等を取り扱っています。
営業を行おうとしている地域の警察署の上記部署にて、申請書類と
細かな内容をご相談されるとよいと思います。
尚、それらの書類には、添付資料を必要としますので、よくお聞きになった
方が宜しいのではないかと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答ありがとうございます。
最寄の警察署で訊いてみます。

お礼日時:2001/10/30 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申請、白色申請どちらで申請すればよいでしょうか

はじめまして。

2014年10月より個人事業を始めました。
事業内容はパソコンでCADを使用した、設計オペレーター業務が主になります。

開業に必要な道具などは全て揃いました。
仕事道具であるパソコン本体やソフトなどを購入し20万円ほど開業にかかって金額になります。
10月1日に開業届けも申請済みになります。

私の事業の場合、仕事に必要な道具を揃えてしまえば、
特に、毎月出て行くお金はありません。
従業員は私一人になります。
主にお金の動きは毎月30万円程度の売り上げ金が口座に入るだけになります。

そこでご質問です。

私の事業スタイルからすると、青色申請、白色申請どちらを行うべきなのでしょうか。


(1) 
2014年1月から白色申請も記帳が義務化されどちらにしても記帳する必要があると思いますが、
青色と白色ではやはり帳簿の付け方など申請の方法など大きく違うのでしょうか?
簿記経験の無い私からすると、青色申請は難しいと思っています。
なので、税金免除は無いですが、簡易帳簿で白色申請を行うほうがいいでしょうか。
もしくは、日々の動くお金が少ないので、帳簿を付ける事が楽と考え、青色申請をした方がいいでしょうか。

(2)
白色申請、青色申請で使用するおすすめ会計ソフトを教えて下さい。
たくさんソフトがあるようですが、シンプルでわかりやすいものが助かります。

(3)
仕事場は実家の一室を事務所をしています。
毎月5万円親に支払っていくつもりです。(食費、光熱費、家賃代金をして)
この5万円を経費として処理する事は可能でしょうか。


長文失礼しました。
質問は以上になります。

みなさまの意見を聞かせて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

はじめまして。

2014年10月より個人事業を始めました。
事業内容はパソコンでCADを使用した、設計オペレーター業務が主になります。

開業に必要な道具などは全て揃いました。
仕事道具であるパソコン本体やソフトなどを購入し20万円ほど開業にかかって金額になります。
10月1日に開業届けも申請済みになります。

私の事業の場合、仕事に必要な道具を揃えてしまえば、
特に、毎月出て行くお金はありません。
従業員は私一人になります。
主にお金の動きは毎月30万円程度の売り上げ金が口座に入るだけになります...続きを読む

Aベストアンサー

1について
他の質問で会計ソフトの利用をお考えのようですので、青色申告をお勧めいたします。
言葉としては、青色申告の承認申請であり、申請の届出と申告は別物となります。
白色申告の際の簡易帳簿は、わかりやすいと思います。ひな形もあったと思います。青色申告では、原則複式簿記によるとされていますので、難しそうに考えられるかもしれません。しかし、会計ソフトでもわかりやすいものを使えば、複式簿記を知らなくても、複式簿記に従った会計処理になることでしょう。

2について
私は長年、弥生会計を利用しております。弥生会計シリーズに個人事業向けのやよいの青色申告というソフトがあります。取引がパターン化されているようですし、その種類も多くなさそうなので、最初だけ苦労しますが青色にされてしまうとよいと思います。
また、白色ですと、事業用の資産や債務の管理が甘くなる分、間違った申告にもなりやすいと思います。これは大きなリスクだとも言えます。青色で管理されると、金融機関や取引先の与信審査などでも評価されると思います。

3について
親と生計が別であれば、経費計上が可能です。しかし、その代わり親は収入を得ることとなりますので、親も申告が必要となるかもしれません。
生計を一にする親族への支払いは、経費にならない代わりに、もらった側も収入にしないでよいものとされています。この場合には、支払った金額ではなく、その借りている部屋の維持費用として、固定資産税や公共料金を按分の上で経費計上することが可能となると思われます。

法人化すれば、法人と経営者が分離されることから、経営者やその家族への支払いを簡単に経費化することが可能です。その分貰った側の申告は必要ですが、青色申告特別控除などにより税負担を軽くすることも可能でしょう。今回の例でいえば、月5万円の収入を複式簿記で管理すると、年間60万円の収入から青色申告特別控除65万円を上限に控除できますので、そのほかに収入などがなければ、税負担はないことになるでしょう。

ただ、食費などとしてであれば、それは生活費であり、事業のためのものではありません。経費性はないといわれてしまいます。

1について
他の質問で会計ソフトの利用をお考えのようですので、青色申告をお勧めいたします。
言葉としては、青色申告の承認申請であり、申請の届出と申告は別物となります。
白色申告の際の簡易帳簿は、わかりやすいと思います。ひな形もあったと思います。青色申告では、原則複式簿記によるとされていますので、難しそうに考えられるかもしれません。しかし、会計ソフトでもわかりやすいものを使えば、複式簿記を知らなくても、複式簿記に従った会計処理になることでしょう。

2について
私は長年、弥生会計...続きを読む

Q宅地建物取引業申請にあたって 既存法人100%出資の子会社を設立して申請する場合(所在地は別住所)宅

宅地建物取引業申請にあたって 既存法人100%出資の子会社を設立して申請する場合(所在地は別住所)宅建士は子会社のみ登録で大丈夫ですか?100%出資なので子会社が支店や営業所とみなされ親会社にも宅建士を登録しなければならない様なことはないでしょうか?ちなみに親会社は全く別業種です

Aベストアンサー

子会社のみで大丈夫です。宅建業法に親子関係の条文はないので別な法人なら無関係です。
イオンはイオンモールやイオンタウン、ヤマダ電機はエスバイエルと宅建業の免許を持つ子会社がありますが、親会社は免許がないはずです。

Q骨董屋という商売は、儲かるものですか。

50代の男性です。
最近、定年後をどう過ごすかについて思いを巡らすことが多くなりました。

定年後は、すっぱり仕事を辞めて、好きな趣味に打ち込むとかボランティア活動に生き甲斐を見出すのも、一つの生き方だと思います。
しかし、私としてはそういうことで毎日暮らすのでは物足りないと思っています。
とにかく充実した日々を過ごしたいという気持ちが強いです。

いろいろ思いを巡らすものの、なかなかイメージが定まりません。
これから資格を取っても、それで収入を得るのは、現実問題難しそうだし。
フィナンシャルプランナー、ケアマネージャーなど調べてみましたが、いまひとつ乗り気になれません。

仏教に関心があるので、僧侶になる道はないかと調べましたが、これはこれで狭き門です。
それに、まだまだ俗世間に未練がありますし、映画を見たり、美味しいご馳走も食べたいし、海外旅行も行きたいし、と欲望はけっこう大きいので、それを捨てて信仰の道に入る自信もありません。

何か商売で自分に出来ることはないかと考えたのですが、商売をするとなるとやはり自分が好きなことでないと長続きしないと思います。
好きなことというと、本屋か骨董くらいしかいまのところ思い浮かびません。

本が好きなので、本屋が出来れば一番いいのですが、街の小さな本屋さんの数が減少傾向を辿っている現状では、無理があると思います。

前置きが長くなってしまいました。

骨董品を収集しているわけではないのですが、前から興味はありました。
その手の本を買って読んだこともあります。
しかし、詳しいところ(商売としてどうなのか)までは分かりません。

実際、定年後に骨董屋を始めることが賢明(商売としてやっていけるのか)なのかどうか、分かりません。
別にそんなに儲けたいと考えているわけではありません。
利益が月に20万、年間240万くらいあればいいと思っています。

儲けより、生き甲斐(充実感)を重視しています。

もし、骨董屋をやるとすれば、どんな分野(器、置物、仏像、書画などなど。また、日本のものか西洋アンティークか)が狙い目でしょうか。
他にも、商売をする上で気をつけないといけないことなどありましたら教えていただきたく思います。

よろしくお願いします。

50代の男性です。
最近、定年後をどう過ごすかについて思いを巡らすことが多くなりました。

定年後は、すっぱり仕事を辞めて、好きな趣味に打ち込むとかボランティア活動に生き甲斐を見出すのも、一つの生き方だと思います。
しかし、私としてはそういうことで毎日暮らすのでは物足りないと思っています。
とにかく充実した日々を過ごしたいという気持ちが強いです。

いろいろ思いを巡らすものの、なかなかイメージが定まりません。
これから資格を取っても、それで収入を得るのは、現実問題難しそう...続きを読む

Aベストアンサー

>別にそんなに儲けたいと考えているわけではありません。
>利益が月に20万、年間240万くらいあればいいと思っています。
えーと…。
30代前半の一個人事業主ですが、質問者さんの認識の甘さに思わず笑ってしまいました。
私の同年代できちんと企業に雇用されている人ですら(正社員でですよ?)中小企業だとサビ残月50時間以上当たり前、それでもって月20万に達しない人もいるというのに…。

ご質問内容は…要は、技術(目利き)ナシ・営業力(客先)ナシ・商品知識ナシだけど、適当に好きな商品置いて店の奥にちんまり座ってるだけで、最低20万稼ぎたい、だからどんな商品置けばいいでしょうか?と言う内容ですよね?
いやはや(苦笑)。

そりゃ他の回答者さん・自営業者さんが「だから公務員は…」と呆れて怒りますよ…ありえませんもん。
#とりあえず商売を始めるのに「売筋商品」「仕入方法」「売却先」を他人に聞いてるようじゃ話になりませんよ。。

「骨董屋は」諦める、とのことですが、次に「楽そうで儲けられそう」ということで、目につけられそうですので…「在宅ワーク」「ネットワークビジネス」には絶対手を出さないことをおススメします。
質問者さんの「労働力の対価としてお金を得る事」への認識の甘さからすると、間違いなく悪徳業者の甘言に乗ってお金を全てむしりとられるのがオチだからです(まぁ悪徳業者1社に付き大体498000円が被害固定額なので、質問者さんにとっては大した金額ではないかもしれませんが…)。

正直、際立った特殊技術や営業力のない人が定年後に月20万以上稼げる仕事ってなかなかないですよ。
一度ハローワークのホームページ等で年齢で絞込みをして、求人掲載を眺めていただければわかると思います。
あまりの求人の少なさ・収入の少なさに驚かれるかと。
けれど、素人が起業して稼げる金額はさらにそれ以下だと思ってください。

ちなみに父は質問者さんと同じぐらいの年ですが(50代半ばです)「定年後は家庭菜園をしたい」と、いわゆるリタイア組向けの土地を購入して夢を膨らませてます。
そこに「夢」が落ち着くまでは、まぁ海外に渡って一儲けとかキャンピングカーを買って日本中放浪して住所不定で暮らすだの、色々無茶な「夢」を言って困惑させられましたが…(苦笑)。
なんにせよ起業したりするならば、ある程度の出費は確実ですので(まさか起業してすぐ儲けが出るとは思っていらっしゃませんよね?)何をはじめるにせよ、ご家族にきちんと相談されることをおすすめします。

>別にそんなに儲けたいと考えているわけではありません。
>利益が月に20万、年間240万くらいあればいいと思っています。
えーと…。
30代前半の一個人事業主ですが、質問者さんの認識の甘さに思わず笑ってしまいました。
私の同年代できちんと企業に雇用されている人ですら(正社員でですよ?)中小企業だとサビ残月50時間以上当たり前、それでもって月20万に達しない人もいるというのに…。

ご質問内容は…要は、技術(目利き)ナシ・営業力(客先)ナシ・商品知識ナシだけど、適当に好きな商品置いて店...続きを読む

Q仕入の方法

食品を売る小さな会社を作った場合には魚や肉などどこからどれくらい仕入れるのかわかる方よろしくお願いします。
また全然売れなかった場合には当然、次には仕入が少なくなりますが少ない場合でも仕入れはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

どういう食品かわかりませんが普通は市場・商社など卸会社から仕入れます。
(特定の仕入れ先名なんかここで聞くなよ。企業秘密だからね)

少ない仕入量でも仕入れられる問屋もありますが
程度にもよりますしその場合、高くなって当たり前となります。

まずその業界に勤めるなどして知識と経験を得てからやりましょうね
会社作ったからと言って最初は問屋から売り込みにくるわけありませんからね

それだけ仕入れ先は重要な企業秘密です。
普通は知識を持っている同業者が教えるわけありません。
競合増やす事になりますし問屋業者としてはこんなところに載せて
得体の知れない会社や個人からの電話や問い合わせ相手するのは面倒ですしね
でもちょっとでも業界に知識があれば有名商社探すのは簡単だと思いますよ

Q携帯電話を仕入たい!

携帯電話を買取で仕入れることって出来ますか?
買取した後、回線の契約はしない予定です。
(別の機械と組み合わせデジカメとして利用)

Aベストアンサー

秋葉原で使用済みの携帯電話を売っていると聞いたことがあります。
他オークションにも出ています。
白ロムという電話番号(回線)の入っていない空の携帯電話が出ています。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報