もうすぐ我社のISO本審査があります。当日はどのような状況なのでしょうか?
もし、自分の不適合発覚で取得できないとなると・・・。
不安で夜も眠れません。既に取得された企業様、ご意見下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

社内でISO推進しており、審査員の資格を持つものです。



みなさん回答されてる通りですが、基本的に審査側と被審査側は対等な立場です。
むしろ、企業は審査機関に金を払って審査を依頼しているわけですから、
クライアントという意識を持って接しても問題ないかと。
それに、審査はテストではありませんので、何を見ながら答えても問題ありません。
審査前に手順書、マニュアルを暗記しても意味の無いことですよ。
また、自分では答えられない質問なら、回答できる人に聞いてもよいし。
肝心なのは、相手が何を聞きたい(調べたい)のか、よく理解して答えること。
質問の意味があいまいだったら、「・・・というご質問ですね?」と確認する
こと。何度も質問するのはまったく問題ありません。
相手の質問をよく理解したうえで、事実をそのまま述べればよいことです。
それが審査員の意図する回答と相違していても、それはあなたの責任ではありません。
実際にやってないことを、やっていると答えたところで、審査員がエビデンス(証拠、記録)
を確認すればほんとかどうかすぐわかることですから。
嘘をついても無駄だと思います。(審査員の技量にもよりますが)

あと、やるべきことをやってなかった時など、いいわけとか、その背景の話とかを
長々話しても無駄ですからやめたほうがいいでしょう。

普段どおり、聞かれたことに答える!それだけで結構です。
    • good
    • 0

我が社も2年ぐらい前に取得しましたが、そんなにおそれることは、ない!と言うのが本音です


担当者「ISO推進室」は、大変でしょうが
一般社員は、そんなことなかった様に記憶してます。
一つの仕事に対してその仕事の指示、記録、がしっかりしていて、ルート、決まりが明確に分かるようにしていれば問題なく取得出来ると思います。
又、社員には、聞かれたこと以外話さない事を徹底し
質問の内容が分からなければ、自社の付き添いの人に聞き
社内の整理整頓し印象を良くして置けばOK
所得しても最初は半年後に診断が有り
小手先だけで所得しても次には、落とされる事も有るかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安心しました、有り難うございます。やはり当日は緊張してしまうと思いますが、オドオドせず自信を持って挑みたいと思います。そして今後気を抜かないで維持していきたいと思います。おかげで仕事が増えましたが・・・。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

検索していたら、こんな書籍がありました。


ちょっと古いでしょうか。

ISO9000シリーズ本審査問答集 / 竹内繁二/著
日本能率協会マネジメントセンター
1994年10月発行
206P 21cm
ISBN: 4-8207-1065-6
価格: 2,427円(税別)

他には、こんな記事がありましたが参考になりますか。
-------------------------------------------------


参考URL:http://2100.co.jp/n-souken/old/nisnews012.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日テレビで磯釣り中、青物が見えたので急遽ミノーを投げてヒラマサやヒラ

先日テレビで磯釣り中、青物が見えたので急遽ミノーを投げてヒラマサやヒラスズキを釣っていました。ダダ引きで首を振るようなルアーを使っていました。
自分は青物(ナブラ)が見えた場合はジグを投げるものだと思っていたのですが、どっちが釣れる確立は多いでしょうか。使い分けを教えてください。またルアーの場合、シーバス用ではダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

ミノーはラパラよりも最近の細身のリップの小さいミノーの方が高速に引きやすく
ほとんどが重心移動システムですから飛距離もラパラよりずっと出ます。

ラパラはシーバスのようにスローリトリーブなら引き抵抗もさほどありませんが
昔ながらの大きなリップですからファーストリトリーブするとかなり引き抵抗があって疲れます。
アクションも昔からのウィグリングアクション(規則的に尻を左右に激しく振る)で
最近のミノーのウォブリングアクション(左右の動きにロールをプラス)の方がボディや
リフレクターの反射が不規則に反射して魚へのアピール力は高いですね。

ダイワのショアラインシャイナーR50ロングディスタンス、ジャクソンアスリートミノースリム
DUELのハードコアミノーF11など12cmから15cm位のフローティングでもシンキングでもいいですが
2フックモデルがより大型フックが付いているので買うなら必ず2フックで。
3フックは一走りでフックが開いてバレる可能性もあります。

アクションは速めのタダ巻きでもいいですし、途中にトゥイッチを入れながらのファーストリトリーブでいいですね。
ポッパーは巻きながらティップを下に強めにアクションすると派手なスプラッシュをしますから
速めに巻きながら連続ポッピングしてきます。
ペンシルはティップを下にして小刻みにトゥイッチしながらファーストリトリーブすると左右に
激しく水を押しながら時々潜ったりして泡をはらんだりして強力にアピールします。

でも青物に関してはグレ釣りシーズンよりも今時期のエギングなどで地磯や潮通しのいい波止などで
遭遇するチャンスが大きいので、私は青物が湧きやすい場所はエギングタックルと青物タックル
(と言ってもラブラックス86ML)の2セットを持って釣場に入ることがあります。
青物用はキープしないのでバーブレスで即リリース出来るようにしています。

ミノーはラパラよりも最近の細身のリップの小さいミノーの方が高速に引きやすく
ほとんどが重心移動システムですから飛距離もラパラよりずっと出ます。

ラパラはシーバスのようにスローリトリーブなら引き抵抗もさほどありませんが
昔ながらの大きなリップですからファーストリトリーブするとかなり引き抵抗があって疲れます。
アクションも昔からのウィグリングアクション(規則的に尻を左右に激しく振る)で
最近のミノーのウォブリングアクション(左右の動きにロールをプラス)の方がボディや
リフレクターの...続きを読む

QISO14001を取得して以後

ISO14001を企業が取得したことによって、消費者との関係に対してはどのような変化ががあるのでしょうか。また、取得したことを看板やHP、名刺に記載すること以外にどう発表しているのでしょうか。何か取得した印となるマークのようなものがありますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

前の会社で環境マネジメントシステムの構築と監査員の仕事をやっていましたが、消費者との関係に直接的な劇的な変化はありません。
ただし、ISO14001では「利害関係者」といっていますが、消費者や近隣住民からの要求があった場合、「環境方針」等の情報を開示する必要があります。
この問い合わせを取得事業所の誰が受けても事業所の取り決めた手順に従って、情報提供をできるよう、従業員を訓練しておく必要があります。

認証取得の公表数段として、看板やHP、名刺のほか、カタログ、商品の包装に認証マークを印刷したり、加入している業界団体や自治体、商工会に連絡して業界紙、地元の刊行物に載せてもらう方法が比較的、費用がかからずにすみます。
ただし、カタログ、商品の包装への使用は登録範囲外の物への使用が禁止されていますので注意が必要です。
また、審査機関で事業場に展示するための登録証のレプリカや認証ステッカー、名刺シールも販売しています。

認証マークですが、これはJQAやロイズといった認証機関ごとに認証マークが定められています。使用に際してデザインや使用する色と文字の配置を含め細かい取り決めがあり、登録審査に合格すると審査機関のほうから資料を送ってきますよ。

参考までに審査機関のJQAのアドレスを記載しておきます。

参考URL:http://www.jqa.or.jp/

前の会社で環境マネジメントシステムの構築と監査員の仕事をやっていましたが、消費者との関係に直接的な劇的な変化はありません。
ただし、ISO14001では「利害関係者」といっていますが、消費者や近隣住民からの要求があった場合、「環境方針」等の情報を開示する必要があります。
この問い合わせを取得事業所の誰が受けても事業所の取り決めた手順に従って、情報提供をできるよう、従業員を訓練しておく必要があります。

認証取得の公表数段として、看板やHP、名刺のほか、カタログ、商品の包装に認証マー...続きを読む

Qルアー初心者のロックフィッシュまたは中型の青物

釣り初心者です。
海でルアーを始めたいのですが、磯や岩場での、メバルやカサゴ等のロックフィッシュと、防波堤からの中型青物やシーバス等でしたらどちらが初心者にお勧めでしょうか(理由もお願いします)。
どちらかに寄ったロッドを買おうと思っています。
おすすめのロッドもありましたらお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ほども回答した者です。

私は瀬戸内ですので参考程度に聞いてください。
うちの嫁さんもシーバスもロックフィッシュも始めましたがいままでシーバスはバイトが数回あった程度です。(釣行時間約10時間)
ロックフィッシュはカサゴばかりですが26cm、25cm×2匹という地元の地波止ではなかなかお目にかかれないサイズを含めてけっこう数釣っています。(釣行時間15時間程度)
タックルはシーバスがダイコー アルテサーノRA-77+ダイワ エアリティー2000(ファイヤーライン1.5号)。
ロックフィッシュがダイワ インフィート RF-76+ダイワ エアリティー2000(ナイロン 4lb)。

磯や岩場では釣りが難しいかもしれないので防波堤からロックフィッシュをねらった方が初心者には良いと思います。
磯や岩場では必ずライフジャケットやスパイクシューズがいりますから・・・基本防波堤でもですが。
基本的には、ジグヘッド(1~3g)に2インチのワームを投げて底をとってタダ巻、投げてカウントダウンしてタダ巻で十分釣れます。
竿はソリッドティップのほうが向こう合わせで釣れるので簡単だと思います。
どうしてもキャスティングで釣れないときは港の内向きなどで真下に落として巻いているだけでも釣れます。
メバル狙いでも外道でシーバスは釣れます、60cm位までならリールのドラグが良ければやりとりは楽しめると思います。
必ずタモは用意しておいてください。

おすすめの竿はメジャークラフトのエアロックですかね。ラインはナイロン3lb~4lbだと思いますが、魚のサイズや釣り場の状況で考えた方が良いかもしれません。
リールは最低レベルがカルディアKIXやバイオマスターですが、夜釣りであること、細い糸で軽いジグを投げる事を考えればトラブルの起きにくいルビアスやツインパワーがいいと思います。

シーバス+青物ではメタルジグなら結構安上がりですが、ミノーを投げるとなると結構お金がかかります。
また、PE+リーダーになるので結束がきちんと出来るようにならないと釣りになりません。

先ほども回答した者です。

私は瀬戸内ですので参考程度に聞いてください。
うちの嫁さんもシーバスもロックフィッシュも始めましたがいままでシーバスはバイトが数回あった程度です。(釣行時間約10時間)
ロックフィッシュはカサゴばかりですが26cm、25cm×2匹という地元の地波止ではなかなかお目にかかれないサイズを含めてけっこう数釣っています。(釣行時間15時間程度)
タックルはシーバスがダイコー アルテサーノRA-77+ダイワ エアリティー2000(ファイヤーライン1.5号)。
ロックフィッシュが...続きを読む

Qコンサルタント無しでISO14001取得って可能ですか?

印刷・広告制作会社に勤めるものです。
勤務先で環境対策プロジェクトを立ち上げ
第一段階としてISO14001の取得を目標に
活動を始めようとしています。
取得にはコンサルタントを噛ましていくのが
一般的だと思うのですが、
それを省いて取得することは出来ないのかという質問です。
よく400万円ぐらい費用がかかると効くのですが
そこをどうにか出来ないかと考えています。

Aベストアンサー

その方面のコンサルタントの立場から一言。我田引水的にならないよう気をつけますが・・・。
現在は、ISO14001に必要な情報は無料、または安価でネット上、書店で入手できますので、情報面では、コンサルタントなしでも取得は可能です。
ただし、プロジェクトリーダーには、ISO14001の内容の正確な理解とプロジェクトマネジメント推進に必要な力量が求められます。プロジェクトの人数が多ければいいというものではなく、全体がわかった人が一人だけでもいることが必須です。

わたしは、現在印刷業関連や製造業、商社とかの個人コンサルタントをやっていますが、6か月~8か月程度で、140~180万円くらいです。法人コンサルタントから独立して個人でやっている場合は、価格も割安でしょうし、モチベーションも高いと思いますよ。

コンサルタントの評価がむずかしいと思いますが、見積もり上の価格だけでなく、活動計画書やマニュアルのサンプルも提出してもらって、納得できた場合に依頼するといいでしょう。また、一括ではなく、導入コンサルだけ受けて、そのあと、必要に応じて断続的に受けるという方法もあると思います。

その方面のコンサルタントの立場から一言。我田引水的にならないよう気をつけますが・・・。
現在は、ISO14001に必要な情報は無料、または安価でネット上、書店で入手できますので、情報面では、コンサルタントなしでも取得は可能です。
ただし、プロジェクトリーダーには、ISO14001の内容の正確な理解とプロジェクトマネジメント推進に必要な力量が求められます。プロジェクトの人数が多ければいいというものではなく、全体がわかった人が一人だけでもいることが必須です。

わたしは、現在印刷業関連や製造...続きを読む

Qデュエルで青物やシーバスにルアー

デュエルのルアーでシーバス(河口や堤防や岸壁)と青物(ブリ系統とソウダガツオやサバ)

できたら両方に使えるルアーなにかいいのないでしょうか?(一つは青物に、もう一つはシーバスメインに もう一つは両方イケる などでも構いません)

ルアーは レンジバイブとマールアミーゴしかないのでミノー系やペンシル系など小魚系?のルアーあった方がいいではないでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんがおっしゃるように昔の人間ですので、旧タイプのアイルマグネットを愛用しています(笑)
(アイルマグネットダイエットミノーとダイエットDB)

ですがDUELは手に入りやすく手頃なのでソルトルアーはほぼ全ての製品を使用しています。

まず一番使いやすいのはアイルマグネット3Gミノーの90と105のFloatingでしょうね。
http://www.duel.co.jp/catalogue/lineup/d_luresalt/aile_3g_minnow/index.html
あえて1本とするならカラーはリアルシャイナーが良いでしょう。

このミノーは大昔からのアイルマグネットミノーの基本を踏襲していてスローから
青物の早引きまで安定して良く泳ぎますからメインに使うのに一番向いていますね。

あとは青物の高速リトリーブから岸壁や河口の深いレンジで使いやすいのがハードコア
ヘビーシンキングミノーの70と90です。
とにかく良く飛び、特に河口部などの砂底の根掛かりのない水深のあるポイントですと
ボトムを取って5、6回転のリトリーブ&フォールでシーバスやマゴチ、ヒラメなどの
フラット系にもかなり効果がありますよ。
http://www.duel.co.jp/catalogue/lineup/d_luresalt/hc_heavy_sinking_minnow/index.html

それ以外に今まで使ってきた感想としては
■ハードコアシンキングペンシル
とにかく抜群に飛び、引く速度でレンジも変えやすくゆっくりでも良く泳ぐ。どちらかと言えばシーバス専用

■ハードコア120パワー
飛距離も出てアクションも大きくアピール力はあるが、フックが大きく間隔が広いので掛かりが悪く
途中でばれることがたまにあります(ヒラメ2回波打ち際でフック外れ)

■アダージョ
重量がある割りに飛ばない。ほぼ水面のみを泳ぐのでドシャロー以外に使いにくい

■初代ハードコアミノー130Floating
固定ウエイトで飛距離は安定して出る。アクションが比較的小さめのローリングアクションなので
積極的にアピールすると言うよりも、ドリフト系の自然に弱ったベイトの演出向き。落ち鮎期などに有効

■ハードコアフィンテールバイブ
あまり効果なし。これより昔からあるライブベイトブレードの方が遙かに効果的
http://www.duel.co.jp/catalogue/lineup/d_luresalt/vibeblade/index.html
過去にこれで2時間でシーバス10本以上と、60cmオーバーの真鯛の釣果あり

それ以外に出来れば持っておいた方が便利なのがFloatingのペンシル、シルバードッグ90です。
これから晩夏、秋、初冬にかけてばあらゆるベイトを活発に追う時期になりますから
ミノーなどよりトップのペンシルの方が圧倒的に釣れるケースが出てきます。
http://www.duel.co.jp/catalogue/lineup/d_luresalt/silver_dog/index.html
http://www.duel.co.jp/club/duel_movie/flv/155.html

まだまだありますが、主だったところでこの辺ですね。

少ないルアーですがレンジバイブとマールアミーゴを持っているというはなかなかですよ。
どちらも非常に優れたルアーで私はマールアミーゴ派ですが、今でもフラット系など超一軍ルアーです。

#1さんがおっしゃるように昔の人間ですので、旧タイプのアイルマグネットを愛用しています(笑)
(アイルマグネットダイエットミノーとダイエットDB)

ですがDUELは手に入りやすく手頃なのでソルトルアーはほぼ全ての製品を使用しています。

まず一番使いやすいのはアイルマグネット3Gミノーの90と105のFloatingでしょうね。
http://www.duel.co.jp/catalogue/lineup/d_luresalt/aile_3g_minnow/index.html
あえて1本とするならカラーはリアルシャイナーが良いでしょう。

このミノーは大昔からのアイルマグ...続きを読む

QISO9001取得に伴うQC工程図、作業標準書について

作業員3人ほどの製造現場を管理しているものです。この度ISO9001を取得することになりまして、いままで作業手順書、QC工程図等作っていなかった為苦労しております。
製品ごとに大雑把に5種類ほどのQC工程図を作りQC工程図から各作業手順書を参照という風に作ろうと思っていますが困ったことに客先ごと(100社ほど)細かく荷姿、梱包重量等の指示があります。それを作業手順書に載せていたら手順書がものすごい量になってしまいます。今までは客先別注意事項として現場に貼り付けて管理していたのですが、QC工程図から客先別注意事項を参照という風に作ってもかまわないんでしょうか?

いろんなQC工程図を見ましたがどうも作業手順書しか参照していないようなので・・・

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最近のISO9000に対応しているか不明確ですが、おおむね次の通りでOKのはずです。

1)製品ごとにQC工程図のTopページを作成。
2)次に、同一の工程はまとめてQC工程図を作成。
3)さらに、同一の作業手順は、まとめて作業手順書を作成。

で、必ず、管理No.と変更履歴を設けます。
後は、フォルダの階層のごとく、段階的に出荷まで追いかけられるようにしておきます。

例)はがきの出し方
1)A:年賀状、B:喪中、C:寒中見舞い・・・
3)a:毛筆印刷、b:手書き、c:コピー・・・
3)ア:切手の貼り付け、イ:着払い、ウ:後納・・・
とした場合、
製品が、年賀状+毛筆印刷+切手 の場合には、
その製品のQC工程図の表紙に、「A-a-ア」と言う順に確実にトレースできればOKでしょう。

多少の誤解はご勘弁ください。

まずは、商工会などにご相談してみては?無料コンサルタントもあるかも知れません。

Qショアジギング 青物 地磯 宮崎県北

こんばんは。最近ショアジギングを初めて青物狙いで日向の地磯に何度か行ったのですが、一匹も釣れません。青物の時期はもう終わったのでしょうか?
ワンピッチジャークで釣っていますがほとんど当たりもありません。
基本的には宮崎県北の地磯の青物の時期はだいたい何月から何月ぐらいまでが良いんでしょうか??
ショアジギングはまだまだビギナーなので上手くなりたいし、一匹でいいから釣れるようになりたいのですが、なかなか難しいです。
どなたか、何でも構いませんのでアドバイスいただけませんか?

Aベストアンサー

>>ショアジギングはまだまだビギナーなので上手くなりたいし、
 ビギナーだからこそ地元の釣具屋さんに行って情報収集することです。地元ならではの釣り方、カラーなどもあるのできっと役に立ちます。
ここで回答を待つより100%勉強になりますよ。

QISO 14000など ISOの番号はどうやって決まるのでしょうか?

ISO 14000など ISOの番号はどうやって決まるのでしょうか?ISO9000などもありますが、どうして番号がバラバラなのでしょうか?よくわかりません。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

ISOの何番を取得するか?によります。

ISO自体が 国際標準規格であり
・ISO9000(品質規定)  http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_9000
・ISO14000(環境規定) http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_14000
などの区別が成されているだけですね。

Q那珂湊近辺の磯?岩場??でのルアー釣り

那珂湊近辺の沿岸に完全な磯ともいえないような岩場?が続いているのですが、その近辺でルアー釣りは出来ますか?
また出来る場合なにが釣れるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の磯とは那珂湊漁港から日立方面に広がる姥ヶ浦~阿字ヶ浦一帯
の激シャロー磯帯の事でしょうか?
水深が浅いので干潮時に立ちこみをして調査した事があります。

しかし、魚が入って来るのは満潮時ですので危険な磯に様相が一変しま
す。
アイナメ、クジメ、カサゴ、メバルなどの根魚は居ますがサイズがいま
ひとつですね。

大洗漁港脇の磯場の方が足元から水深があるのでアイナメ狙いの時期に
は好ポイントですよ。

QISO認証取得の準備

 来年春にISO9001:2000の初回審査を受ける予定です。ある事情により品質管理課に転籍し、その役割を負うこととなりました。
 弊社は中小企業でありこれまで職務分掌が明確でなく、私も品質管理課について検査とクレーム処理の部署くらいに思っていました。今回急遽、ISO9001取得に関与する事となり頭の中が混乱しています。下記ご教示願えれば幸いです。(ある専門雑誌に、審査の主要なポイントとして記載されていた内容です。)
・品質管理部門の業務とはどんなものか。
・当部門にはどのようなマネジメントシステムのプロセスが適用されるか。
・当部門のプロセスのインプット、アウトプットは何か。
・プロセス実施に必要な資源は何か。

Aベストアンサー

あなたの会社の組織や職務分掌が不明なので明確な回答はできませんが、品質管理部門(いまは品質保証の用語が使われることが多いですが)が認証取得のためのキー部門ではないのでしょうか。
ふつうであれば品質保証部門がT監視、測定及び分析については責任を持つのが当然ですし、認証のための準備も担当することになります。(もちろん認証業務の事務局が別に設けられているのであればべつですが)
プロセスについてはあなたの会社がどういう会社かによっても異なってきますのでなんともいえません。
まぁ認証機関にもピンからキリまでありますので...


人気Q&Aランキング