外国のお話の絵本や物語で
「○○を銀貨1枚と交換しました」とか出てきたのを
覚えているのですが、
アンデルセンやグリムのような童話にでてくる
国では昔では本当にお金は
金貨銀貨銅貨という区分だったのでしょうか?
だったとしたら、その3種類で品物を買っていたことになり
かなりアバウトな価値のつけ方ですよね?
それともちゃんとしたお金の単位があったのでしょうか?
お馬鹿な質問ですがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。



童話の世界が現実のヨーロッパ世界にのっとった度量衡が存在するとして考えます。そうすると、だいたい中世~近代のヨーロッパの貨幣制度をみてみれば、答えがでますかね?

ヨーロッパ各国での通貨は、金貨・銀貨・銅貨の3種類で作られているのが共通しています(銀や銅のなかでも劣化銀などが作られた時代があり、細分化はあったようです)。しかし国ごと年代ごとに単位はバラバラです。さらに、国ごと、そして同じ国でも発行される通貨によって、そこに含まれている金/銀/銅の量が変わっているので、金貨:銀貨:銅貨の交換比率は変動しています。

質問者さんが思い描いているほど簡単な制度ではないでしょうが、ヨーロッパも近代になるまでは、基本的に金貨・銀貨・銅貨の3種類で事足りたのでしょう。日本でも、わりと経済が発達していた江戸時代でやはり「金貨・銀貨・銅貨の3種類」というのがおおまかな区分ですし。

以下のURLに非常に詳しく載っていますので、参考までに。


ではなぜ童話では、具体的な貨幣単位ではなく「金貨・銀貨・銅貨」という表現なのか?
[理由1]
「○○の仕事の1日の賃金は銀貨○枚」というように、銀貨や銅貨の枚数から容易に価格や価値が思い浮かぶ時代だったので、そちらの表現で十分だった
[理由2]
他の国の童話を話したり聞いたりする場合、他国の聞き慣れない単位を話の中で表記するよりも、「金貨・銀貨・銅貨」で表記したほうが(特に長距離の旅をしない人間が話を聞く場合に)わかりやすい。
[理由3]
「複数の国にわたる民話の情報が集まって、ある特定の童話ができた」という場合、各国で異なる単位をまとめて「金貨・銀貨・銅貨」という表記に統一した(童話なので、銀貨の交換レートがそんなに異なっていなければおおまかな価値が表現できる)

質問者さんが求めている回答なのかどうかについては微妙ですが、そんなところじゃないでしょうかね。

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

劣化銀のことかわかりませんが
硬貨に混ぜ物をして、結果的に不況を招いたって聞いたことがあります。
今ほど物があふれているわけではないと、細かな区分をつけなくても大丈夫だったんですね。
童話自体も簡略化するために金貨銀貨銅貨と簡単にしたというのも
納得できます。
>質問者さんが求めている回答なのかどうかについては微妙ですが
いえいえ、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 15:16

取引などは最初は物々交換でしたがこれは混乱を招きやすく、次第に貨幣経済に移行したのです。


その時金は最高で次に銀、その次に銅の価値の順位が決まったようです。
それぞれ変質のし難くさ、入手の難易などから決まったものと思われます。

この三貨制が出来るとそれら相互の貨幣交換比率が定められました。  交換比率は時代や国毎に変動しました。  当然物価は標準価格が決められてそれに従って取引されました。

童話の世界では色々な国が出現するので、それぞれ貨幣価値が変わることを考慮して「銀貨1枚」のように表現したのだと思います。

貨幣単位の呼び方は時代や国毎に異なることは現在と同様です。 (日本は円、アメリカはドル、セント、英国はポンド、シリングなど) 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり必ず交換比率は存在するんですね。
童話の中では読みやすさやわかりやすさを重視して
簡略化していたのかもしれませんね。
昔から円やドルなどの貨幣単位はあったのでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 15:26

 No.1の方も書かれている通り、昔は金1枚=銀10枚=銅100枚のように(この比率は全くの例えです)それぞれを交換する比率が決まっていました。

その比率自体は時代や国によって違ってはいたものの、生活する上では今の1円玉10枚=10円と同じように不自由なく使えました。
 もちろん各国で貨幣を呼ぶ単位もあります。日本でも両・分・文などですし、ヨーロッパでも今と同じだったり違っていたりするさまざまな単位がありました。

 と言うより、正確に言えば貨幣の単位というのはこういったやり方の方が本来の考え方です。金・銀・銅はその比率は違うといってもどの時代どの国でもこの順序で価値があるもの、というのははっきりしていますから持っていて資産価値があります。金は通常全く変質しませんし、銀も変化はしにくく安全です。宝石も同様です。
 それに対し近代になって貨幣が大量に使われるようになり、金や銀を使っていては間に合わなくなって紙幣が登場し、硬貨もその実際の価値とは関係なく値段が付けられるようになったのです。
 それでも世界中で(もちろん日本でも)20世紀初め頃までは紙幣は申し出れば金に交換出来るものでした。それがその頃に起こった世界不況を契機として交換出来なくなってしまったのです。

 ですから、今のお金こそ、単にそうして使えるもの、という保障を国が与えているから価値があるように見えるだけで、それ自体には金額までの価値はありません(1円玉は逆にもっと価値があったりはしますが)。
 むしろそれを信用している現代人の方がアバウトだと、昔の人が見たら思うに違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金銀銅は、貨幣としての価値以外にその金属自体にも価値がありますよね。
日本の1万円札もどうみても1枚1万円分の価値があるようには
みえませんね^^;
10円玉は10円分の価値があるとどこかできいたことはありますが。
>むしろそれを信用している現代人の方がアバウトだと、昔の人が見たら思うに違いありません。
おっしゃるとおりでしょうね。紙切れ一枚が1万円だったり
しますからね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 15:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国のオークションで売られている金貨について!

中国のオークションで売られている金貨について、ウィーン金貨やメイプル金貨が売られていますが、
これは、本物であるという証明はできるのですか?どうも、金貨の色や大きさが微妙に違うように見えます。
買わないほうが無難ですか。

Aベストアンサー

中国での買い物は偽物だという概念でお金を捨てた気持ちで買わないといけません。今までに現地で購入したもので本物は殆どありませんでした。例えば上海で物を買ったときに、どこどこではこれより安かったと言うとそれは偽物だと言われます。それでは空港ではこの値段より高いのでこれは偽物ですかと聞くと黙ってしまいます。しかし、中国人は本物と偽物の見分け方が発達していて、ブランド物の見極めはすばらしい。親密な友人と買いに行けばある程度は判るかも知れませんが、金貨の判別はまず無理でしょう。買わない方が無難です。

Q江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通しており、幕府は、なぜ、3者を一本化しなかったので

江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通していたのですね。円・ドル・ユーロが、国内で使われていたようなものです。短期間には、相互の勘算レ―トが決められたようですが。
質問は、なぜ、幕府は3者を一本化しなかったのですか?
(私は、次のように思っています。1.江戸では主に金貨が、大阪では主に銀貨が流通しており、統合が容易でなかった。2.上級の武士は金貨を、庶民は銭貨を使うように、階級・職種・物により、使う貨幣が異なっていたので、一本化する必要が薄かった、などを考えていますが、なぜ統合しなかったのでしょうか?)

Aベストアンサー

「江戸時代 どうして三貨を統一しなかったのか」で

検索すると回答が出てきますよ。

数年前も、同じ質問が出されています。

Q金の含有量が40グラム以上の10万円金貨は、存在するのか?

 要するに、鋳潰した場合に額面以上の価値を有する10万円金貨は存在するのでしょうか?

 条件は日本銀行が発行した10万円金貨に限定します。

○まずは、存在するか否か?
○もし、存在するのなら、どういう記念金貨であるのか?

 これらについて教えて下さい(ペコリ)。

Aベストアンサー

そもそも、10ノン遠近かはふたつしか出てお折らず、昭和天皇版が20g、平成即位版が30gです。
ですから、十万円金貨には皆無です

長野オリンピック1万円以降の金銀貨は額面ではなく、金価格で販売されていますから、販売時点での額面割れはしていません。

Q日本での金貨と銀貨の質の違い

通貨制度が整備されてきた近世で、銀貨は重さで、金貨は額面で取引するというシステムを作ったのは、どういう理由なのでしょうか?金のほうは、悪貨発行の余地を残すということでしょうか?

Aベストアンサー

銀本位制度では、外国への支払いは、銀貨で行うのが普通だったからです。実際には、おっしゃる通り、金銀複本位制です。

また、通貨は重さで交換されるのが慣例でしたので、
1ドル銀貨=一分銀程度の長崎貿易は、
1ドル銀貨の重さ=一分銀3枚へと変わります。

>金貨は額面で取引
日本では、金貨を本位貨幣と決定します。
金1.5gを1円と定めます。
金本位制度(兌換制度)であったらしいです。

一分銀は実質の価値の1/3程度の重さであったらしいです。

1両小判とは、小判の中に1両分の金がある。
こう言う意味なのですが、
金貨は慶長小判の金の含有率は84%です。
幕末の小判では重さは慶長小判の1/5。含有率50%程度になります。
実質は、経済崩壊寸前であったようです。
明治政府が大きな銀貨を作成したのは対外貿易の為です。
銀(金)本位制度→管理通貨制度へと移行します。

Q20フラン金貨

19世紀末ころ、世界の主要国は金本位制を採用している国が多かったようです。
その中で、ラテン通貨同盟というのがありましたよね。フランスやベルギースイスが
加盟していたようですが、当時これらの国々には、同じ20フラン金貨というのがあって、
その金貨は90%の品位で、6.4516グラムの重さがあったようです。

そこで、当時この通貨同盟に加盟していた以外の国々で、この20フラン金貨と同じ、
90%の品位で、6.4516グラムの重さがあった金貨を知りたいのです。
それは何所の国の額面幾らの金貨でしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは珍しい所でお目にかかりましたね。
ラテン通貨同盟は、フランス、イタリア、ベルギー、スイスの4カ国により結成され、その後に
加わったのはギリシャだけです。先の方の紹介されたブログの内容には一部間違いがありますが、
それは今回のご質問では無いので省き、20フラン金貨と同じ品位900で6.4516グラムの金貨ですが、
次ぎの物があります。1860年代~1920年代に製造。
・フランス:20フラン
・ベルギー:20フラン
・スイス:20フラン
・イタリア:20リレ(サルジニア含む)
・ギリシャ:20ドラクマイ
・オーストリア:8フローリン
・ハンガリー:8フォリント
・スペイン:20ペセタ
・ブルガリア:20レヴァ
・セルビア:20ディナール
・ユーゴスラヴィア:20ディナール
・サンマリノ:20リレ
・ルーマニア:20レイ
・リヒテンシュタイン:20フランケン
・モナコ:20フラン
・ポーランド:20ズロチ
・教皇領(ヴァチカン):20リレ
・チュニジア:20フラン
・デンマーク領西インド:4ダレル
・ヴェネズエラ:20ボリバル
等です。ユーゴ系のモンテネグロの20ペルペラは20フラン金貨より重く等価ではありません。

ラテン通貨同盟加盟国のベルギーは全ての銀貨の品位を引き下げて補助貨幣にすることを
提言しましたがフランスの反対で5フラン銀貨だけは本位貨幣として残すことになり、実質的に
複本位制度でした。5フラン銀貨は重さ25グラム品位900です。また1870年代にアメリカでも
1フラン銀貨と同じ品位900で5グラムの20セント銀貨が鋳造されましたがなじみませんでした。
その時20フラン金貨に相当する4ドル金貨(ステラ)が試作されましたが、これは20フラン金貨より
重さが重かったようです。実際に4ドル金貨が鋳造されたのはデンマーク領西インドだけです。

金銀比価が固定できなくなりだんだん複本位制は維持できなくなりましたが、国際貿易で
一体25ドルが何フランなのかというような計算がすぐに出来ないっから、共通の金貨を作ろうという
発送が出来、それをフランスは20フラン金貨で統一しようと企んだわけです。
しかし、当然ながら当時最強国のイギリスはこれに反対し、それならソブリン金貨をと、言い出したのです。
このソブリン金貨は917の品位で、7.9881グラムあります。英国や英連邦で広く使われたほか、
コロンビア(5ペソ)、ペルー(1リブラ)、サウジアラビア(1ギニア)、ダンチヒ(25グルデン)などが
ソブリン金貨と同じ仕様で貿易用に鋳造されました。南アフリカの2ランド金貨も同じです。

このように貿易用に同じ金貨を使うと言うのは昔から行われており、デュカットとよばれる3.49グラムの
金貨は、長期に渡って貿易用の代表金貨で、今でもコレクション用に発行している国があります。

こんばんは珍しい所でお目にかかりましたね。
ラテン通貨同盟は、フランス、イタリア、ベルギー、スイスの4カ国により結成され、その後に
加わったのはギリシャだけです。先の方の紹介されたブログの内容には一部間違いがありますが、
それは今回のご質問では無いので省き、20フラン金貨と同じ品位900で6.4516グラムの金貨ですが、
次ぎの物があります。1860年代~1920年代に製造。
・フランス:20フラン
・ベルギー:20フラン
・スイス:20フラン
・イタリア:20リレ(サルジニア含む)
・ギリシャ:20ドラクマイ...続きを読む

Qグリム童話と宗教改革

グリム兄弟はプロテスタントで、厳格な信仰と質素な生活環境の中で育ったと本で読みました。では、グリム童話もルターの宗教改革の影響を受けた作品が多いということなんでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

グリム童話が作られた理由は30年戦争以来バラバラであったドイツの協調性を向上させるためにまとめられたものです。ルターの宗教改革も30年戦争の原因の一つであり、また、ドイツ帝国(現在のドイツの原型となったもの)の基礎を形作ったものであることから、その考えは否定できません。
しかし、ルターの宗教改革の影響を受けた作品となると、そうともいえません。グリム兄弟がもともと各地に散っていた寓話を集めて出版したものですし、フランスから伝わった話もありますから、カトリック的な話も多いと思います。ただ、聖書の解釈をより現実的にするために、実例に近いもの、やったことに対する報復などは聖書よりも子供により強い印象を与えたと思います。

例として、「ヘンゼルとグレーテル」などの子捨て話はドイツ農民戦争時にドイツ各地で実際に多発していたらしいですしね。

Q金貨本位制について、おしえてください。

古い小説(1900~1912年)をよんでいたら、「金貨払い国債」という単語が出てきて色々調べてみましたが、現在の投資などの本を読んでいてもまったくそのような国債は出てきませんでしたが、金本位制の本を読んでいたら金貨本位制という単語を目にしました。そこで質問なのですが、金貨本位制の時代に国債を金貨で支払っている時代もあったのでしょうか、また、現在では金本位制または金貨本位制を行っている国はあるのでしょうか、二つも質問して申し訳ないのですが、金本位制に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

1971年まで 金=ドルのみが交換され、他はドルとの交換、いわば ドル本位制で、金=ドルの交換もこのとき終わりました。
なので現在金本位制を行っている国はないかと。

小説はどこの国でしょうか?

金貨準備のない国が、信用有る国債を発行するために、国債に限って金の裏付けを取った・・・なんて事じゃないかなと思います。

Qアンデルセンは靴職人だった?

劇団四季のミュージカル「アンデルセン」では、
アンデルセンは靴職人として登場します。
これは事実なのでしょうか?
アンデルセンの父が靴屋だったことまでわかりましたが、
彼が靴職人だったという事実は確認できませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

童話作家のハンス・クリスチャン・アンデルセンですね。
靴職人の父は彼が11歳のころなくなり、その後、
服屋みならい、合唱団員などにもなりますが、
ほとんどを「作家」として過ごしたようで、
彼自身が靴職人だったことはないようです。

Q地金型金貨のプレミアム

地金型金貨について。買うときにはプレミアムを払うが、売るときにそのプレミアムが戻ってくるので、プレミアム分は差し引きゼロになる、と思っていました。

しかし先日、アメリカンイーグル金貨を地金業者に売ったときには、地金再生価格だけでプレミアムは付きませんでした。業者が言うのには 「その金貨に人気があればプレミアムがつくが、人気がなくなればプレミアムはなくなる」 とのことでした。

そしてさらに 「今はメイプルリーフにプレミアムがついているが、これも先行きどうなるか分からないから、地金型金貨を長期保有するなら購入時のプレミアム分は損金と考えたほうがよい」 と言われました。地金型金貨のプレミアムとは、この程度のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>地金型金貨のプレミアムとはこの程度のものなのでしょうか?

(答)この程度のものです。

地金型金貨とは、もともと国家が利潤を上げるように作られた商品です。
国が地金を購入して金貨に加工し、多少のマージンを付けて売ります。
欧米の国民は昔から金貨貯蓄に慣れがあるので、その習性を巧く利用し
たものと言えます。

国は金貨をマージン付き価格で販売業者に卸し、業者はそれを顧客に
売ります。そのとき業者は買取り価格にもマージンをつけることで、
顧客が心理的に購入しやすいようにします。だから、買取りのときに
マージン(プレミアム)を付ける、というのはあくまでも業者が自発的に
行っていることです。発行者の国が金貨を買い取ることはありません。

したがって、買取プレミアムは業者の都合によって変わります。
かつてはクルーガーランドに買取プレミアムがついていましたが、
輸入自粛などの問題が生じたので人気がなくなりプレミアムもなくなり
ました。アメリカンイーグルも、日本ではメイプルリーフに押されて人気が
下がって買取プレミアムが消えました。販売業者が、ある地金型金貨の市場を
開拓したいために他の金貨の買取プレミアムをなくすこともあります。
メイプルリーフも将来どうなるかわかりません。だから

>長期保有するなら購入時のプレミアム分は損金と考えたほうがよい

というのは本当です。

美術的観点とか装飾品とかいうことでなく、投資やインフレヘッジのために
金を長期保有するなら、地金そのものを地金価格で購入することが一番です。
もし東京にお住まいなら、いちど御徒町を訪ねてみてはいかがですか。
100グラム程度の小さい地金でも手数料をほとんど取らずに売ってくれる店が
幾つもあります。きちんと店舗を開いている店ならば問題はありません。

>地金型金貨のプレミアムとはこの程度のものなのでしょうか?

(答)この程度のものです。

地金型金貨とは、もともと国家が利潤を上げるように作られた商品です。
国が地金を購入して金貨に加工し、多少のマージンを付けて売ります。
欧米の国民は昔から金貨貯蓄に慣れがあるので、その習性を巧く利用し
たものと言えます。

国は金貨をマージン付き価格で販売業者に卸し、業者はそれを顧客に
売ります。そのとき業者は買取り価格にもマージンをつけることで、
顧客が心理的に購入しやすいようにします。だから...続きを読む

Q銀貨の小粒

江戸時代の銀貨の小粒は5・6匁は大きい方で小さいのも結構多かったのですか?1匁ないのもありますよね。

Aベストアンサー

江戸時代の定位銀貨(金額を明示した銀貨)は1765年を始めとする、明和5匁銀や2朱銀のような判銀ですが、それ以前も以後も秤で目方を計って使う丁銀や小粒銀(豆板銀)が使われました。     小粒銀の目方は 造幣局泉友会編の「日本のコイン」に拠ると、10匁前後から1,2匁くらいのものまで作られているとの事ですが、別な本では1、2匁が標準で、露銀と呼ばれる0,3匁以下のものも使われていたといいます。     当然ながらすべて検印つきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報