『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は都内の高校に通う高校2年生です。
大学はvfxを勉強したいと思っていますが、
どの大学に行ったらよいのかさっぱりわかりません。
留学も考えています。
日本や、アメリカ、イギリスでvfxを学ぶのに良い大学はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ぼくは、vfxの仕事に携わっていますが、そういう学校へ行っていないので、どこが良いのかわからないですが、少なくとも日本にはないですね。



「デジタル・ハリウッド」の名前が出ていますが、あそこはCGの学校としては良いとは思いますが、vfxとなるとまた違います。
vfxは、実写の撮影方法や処理の仕方を知っていなければ、仕事ができません。CGだけではだめなのです。

アメリカには、Academy of Art Universityという学校があり、そこにはVisual Effectの専攻があるようです。そこの卒業生の方がILMに行っている実績もあるようですね。

まあ、どこに行かれるにしても、学校で全てが学べるとは思わないでくださいね。あくまで基本が学べるところです。結局は、仕事を始めてからの経験がものをいいます。
ですから、VFXの仕事に就くのに、どこかの学校に行かなければいけないということはありません。日本でしたら、アルバイトで経験を積んだ方が良い気がします。
ただ、まだ若いので、アメリカの学校で勉強されて、VFXだけではなく、いろいろな経験を積まれることは、すごいプラスだと、ぼくは思います。

がんばってくださいね!!

参考URL:http://www.studyusa.com/factshts/academyart.asp
    • good
    • 0

特殊効果に詳しいわけではありませんが、アメリカの大学の映画学科で有名なUCLAやUSCには、専門分野もあるのではないでしょうか?



特殊効果の分野はVFXにSFXやvisual effectsなど、国内だと固有名詞の統一も、しっかりとなされていないように思います。
それというのも数年前までは、邦画でCGを使うことはそうありませんでした。

国内の学校がどんなことを教えているのか知りませんが、まず機材が追いついていないと思います。

あるスタジオにあるいちばん高価な合成用の機器を使用すると、1時間で30万円くらいの値段になっています。
シリコングラフィックスの機器ですが、たぶんこんな高価な機材は学校にはないでしょうから、第一線で学ぶにはアメリカがいちばんなのではないでしょうか?

映画のエンドロールを見ると、特殊効果のスタッフが驚くほどたくさん出てきますが、それぞれみんな違った仕事をしているわけで、VFXといってもかなりの分野があるように思います。
特殊効果関係の映画の書籍はたくさんあるので、そんなところから当たってみたらどうでしょうか?
SFXで検索するとけっこうたくさんの本がヒットしますよ。下記その1冊です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022558 …
    • good
    • 0

日本のデジタルハリウッド大はどうでしょう?


最近よく名前は聞きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
デジタルハリウッド以外ではないでしょうか?
アメリカでもイギリスでもいいのですが…

お礼日時:2005/08/21 14:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVFXが学べる学校

現在、高校生3年生で進路について悩んでます。
将来はVFXクリエイターとして映画制作会社に勤めたのち海外にいって映画監督をやろうと思っています。
荊の道だというのは理解していて覚悟もできています。

それで、まずは専門学校か大学に進学しVFXについて学ばなくてはならないのですが、どこの学校がいいのかというのが全く分からなくて迷っています。
出来れば関東にある学校がいいのですが他にいい学校あるならどこでもいいです。

就職率がよくて授業内容もいい学校があったら教えてください。

あと四年制と二年制なら四年制のほうがいいのでしょうか?
ご協力よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は東京のCG会社に10年ほど勤めており、主に日本映画のVFXに携わってきました。

同僚や同業者から話を聞いていると、やはりCGの専門学校で勉強してきた人が多いです。
その場合は高校卒業後に2年制のCG専門学校を卒業して、20歳くらいで働き始めているようです。
やはり有名な東京のCG学校が多いですが、地方のCG学校という人もちょくちょくいます。

東京デザイナー学院
東京ネットウエイブ
日本電子専門学校
デジタルハリウッド
WAOクリエイティブカレッジ
日本工学院
などを耳にしました。他にもいろいろ耳にします。

また、どちらかというと少数派だと思いますが、4年制の芸術大学・美術大学を卒業してきた人もいます。
最近はCGを勉強できる大学も増えましたので。

「就職率がよくて授業内容もいい学校があったら教えてください」とのことですが、答えられない質問です。
CG制作は、極端に言えば「学校などどこでもいい。本人の努力次第」です。
CGソフトを使って勉強できる機材環境がある、ソフトの使い方をおぼえたり作品制作をする時間を得る、また仲間たちや先生に囲まれてモチベーションを上げるというのが学校の利点です。
しかし、その学校に通っていたら就職できる、というような学校は存在しません。
CG専門学校はお金さえ払えば誰でも入学できてしまうことが多いため、結局CGを学ぶことに飽きてしまってCG業界に就職しない脱落者も多いです。

「四年制と二年制なら四年制のほうがいいのでしょうか?」という質問も同じで、人それぞれだと思うのでどちらでもいいと思います。
ダラダラと4年間を過ごす人もいれば、集中した2年間を過ごす人もいるでしょう。
別にどれが悪いとも思いません。どっちもありです。

他の方が書かれていましたが、CGWORLDは日本唯一のCG業界の雑誌で、プロも学生もよく読んでいます。
CG会社や専門学校をよく紹介しているので、是非一度は読んでみると良いと思います。
特に最新号の8月号は「CGプロダクション年鑑」という日本のCG会社の企業情報とその会社がVFXを担当した映画などの作品がリストアップされているので、参考になるのではないかと思います。
なかなか置いてある書店は少ないですが、普通に書店から取り寄せできます。
http://www.wgn.co.jp/store/dat/4168/?tab=contentBook

また、ここ数年は東京のCG会社の人たちもtwitterで交流を深めています。
プロの知り合いが出来たり、質問できたりもするので、情報収集のためのtwitterはオススメします。
http://togetter.com/li/176603

最後に。
お役に立てればと思っていろいろ書きましたが、全て私の目から見た情報に過ぎませんので、間違っている部分もあるかもしれません。
もっといろいろ調べたり、たくさんの人と交流したりして、自分で考えて道を選んでください。
幸運を。

私は東京のCG会社に10年ほど勤めており、主に日本映画のVFXに携わってきました。

同僚や同業者から話を聞いていると、やはりCGの専門学校で勉強してきた人が多いです。
その場合は高校卒業後に2年制のCG専門学校を卒業して、20歳くらいで働き始めているようです。
やはり有名な東京のCG学校が多いですが、地方のCG学校という人もちょくちょくいます。

東京デザイナー学院
東京ネットウエイブ
日本電子専門学校
デジタルハリウッド
WAOクリエイティブカレッジ
日本工学院
などを耳にしました。他にもいろいろ耳に...続きを読む

QCGやVFX映像を作る仕事がしたいです。

こんにちは。今茨城大学の工学部メディア通信工学科2年になる者です。
昔から一応CGやVFX映像を作る仕事がしたいと思っていたのですが、その夢はあやふやなものだったので大学は全く関係のないところに行ってしまいました。今もっと早くから目標を定めるべきだったと、ものすごく後悔しています...
大学で今学んでいることは数学、力学、電気、通信のことばかりです。あとプログラミング(C言語)を少しです。コンピュータを使うのは週1時間だけです。
将来はCG(主に3DCG)やVFX映像を作る職に就きたいので、僕には今学んでいることはあまり役に立たないのではないかと思いました。知識は豊富になるかもしれませんが...
そこで今真剣に考えていることは、
1、大学を辞めて専門学校もしくは他の大学に入る。
2、大学を卒業してから専門学校もしくは他の大学に入る。
3、独学する。
の3つです。本当に真剣に悩んでいます。そしてできれば親に負担を掛けたくありません。経済的に厳しいので...。
こんな僕に何かよいアドバイスを頂けたらと思います。
あと大学と関係なく僕自身がしていることは絵のデッサンやCGやプログラミングの勉強です。どうかよろしくお願いします。

こんにちは。今茨城大学の工学部メディア通信工学科2年になる者です。
昔から一応CGやVFX映像を作る仕事がしたいと思っていたのですが、その夢はあやふやなものだったので大学は全く関係のないところに行ってしまいました。今もっと早くから目標を定めるべきだったと、ものすごく後悔しています...
大学で今学んでいることは数学、力学、電気、通信のことばかりです。あとプログラミング(C言語)を少しです。コンピュータを使うのは週1時間だけです。
将来はCG(主に3DCG)やVFX映像を作る職に就きたいので、...続きを読む

Aベストアンサー

まったく違う分野の大学に進み、Webデザイナーを経て、
現在、Webプロデューサーをやっている者です。

この業界、学歴はほとんど無意味と思ってよいと思います。
芸術系の学校を出ても一部の成績優秀者を除き、就職はないと
思ってよいと思います。本当に実力至上主義の現場です。
この「成績優秀者」というのも現場への即戦力を意味しており、
学校の成績は意味しません。

ただ、大手の一流企業であれば、4年大学制卒を求めるので
卒業しておくのはムダではありません。
最終的にプロジェクトリーダーなり高度な技術を持たなければ
生活もなりたたないくらいの給料であれことは知っておいて
ください。

あと、英語はできますか?

CGをやりたいのであれば、技術者不足で海外まで人材を
求めたりしていて、社内に外国の人がいるケースもあります。
将来、海外へ活躍の場を求めることもあるかもしれません。

私自身、採用する立場におりましたが、履歴書に学歴が
あまりいろいろあるのは、良い印象をもたれません。
キャリアが長いとか、ずば抜けたスキルを持っていたら
話は別でしょうが・・

あと、プロデューサーになって思うことは、コミュニケーション能力
という意味で、大学、とくに4年制大学で教養を積むということは
とてもよい経験となります。これは勉強だけではありません。
学生生活全般、アルバイトや友達とのサークル活動すべてをさします。
これは、若い今では誰に言われても分からないと思います。
わたしも当時は早くから芸術系の学校へ行っていればと
何度も後悔しましたが、人を使う立場にたってはじめて
大学時代のいろいろな経験が今になって糧になっております。
あなたにこういうアドバイスができるのも、大学に行っていたからですよ。


ただ、未経験では採用されません。
デッサン力を積むのはよいことです。デッサンのみの勉強なら
学費も多少安いと思うので、デザイン学校などのデッサンコース
のみを受講してもよいでしょう。注意していただきたいのは、
趣味の集まりみたいなスクールに行っても経歴にならないので
技量を教えてくれるきちんとした学校へ行ってください。

あと、お住まいはどちらですか?

わたしは、学生時代にアシスタントとして、会社に入りました。
まだ、Webなんて時代ではなく、DTPデザインでした。
この経験をベースに数え切れない数の会社を訪問し、数社経験
して現職です。面接の場で履歴書をつき返され泣きながら家に
帰ったことも何度もあります。

学校の勉強があまり関係ないと思うのであれば
できるだけ、少ない勉強時間で卒業できるよう
楽な科目ばかり履修するのも手ですね。
あまった時間を将来の仕事の勉強にしましょう。

あと、ソフトが購入できるお金があるのであれば
独学で、勉強してください。

理工系の素養があり、デッサンの力量もあると認められれば
中途半端な知識の専門学校生よりも採用される可能性は
高いです。若い人はポテンシャルを重視されます。
このポテンシャルは、やる気や熱意は意味しません。
育てればどこまで伸びるか、採用側が想像できる人材で
あるかという点です。ここはポイントです。

今は、基礎体力をしっかりつける時期と考えられませんか?
ハデな技術は就職してからでも十分です。

CGや映像へ進みたいのなら、映画やゲームなど
作品に多数ふれましょう。
あと最終的にどうなりたいのでしょう。
プロデューサーなら人を使う力量、プログラマなら
設計やプログラミング力、

高度なCGは、会社が独自にソフトを開発したり、
レンダリングでプログラミングを使用しますので
直接には関係ありませんが、学校の勉強はムダではありませんよ。


あと、ブログなどを通じて先輩たちのアドバイスを
求められるとよいですね。
わたしの時代はブログはありませんでしたが、
メーリングリストを通じてコネができ、
新卒で就職した大学生もいます。
ここの掲示板などを利用して現場の声を聞いてみたり
インターシップ制度などを利用してみてもいいでしょう。
給料は出ないか出てもとても安いですが、現場をのぞくことは
できると思います。

使い捨ての人材ではなく、あせらずに長く勝ち残る人材を目指して
もらえればと思います。
あなたが、30代で職を変えたいとおっしゃっているので
あれば、専門学校への転向も進めますが、現役の大学生ですから
勉強することは山のようにあると思いますよ。

まったく違う分野の大学に進み、Webデザイナーを経て、
現在、Webプロデューサーをやっている者です。

この業界、学歴はほとんど無意味と思ってよいと思います。
芸術系の学校を出ても一部の成績優秀者を除き、就職はないと
思ってよいと思います。本当に実力至上主義の現場です。
この「成績優秀者」というのも現場への即戦力を意味しており、
学校の成績は意味しません。

ただ、大手の一流企業であれば、4年大学制卒を求めるので
卒業しておくのはムダではありません。
最終的にプロジェク...続きを読む

QCGを学べる大学、就職ができる大学。

こんにちわ。高校三年生でこの時期に来てもまだ進路を決めかねている者です。
興味のある分野は決まっているのですが、学校に対する知識が乏しいので
皆さんにアドバイスをいただきたいと思っています。

自分はものつくり、美術、コンピュータが好きなので初めは専門学校でCGを学ぼうかと思っていたのですが、
レベルの低さや実際の就職率の悪さがわかってきたので大学でそれに相当する学部はないかと思いました。
最近の美大(武蔵野や多摩…日大もかな?)には油彩画、日本画などの他にCGを扱う学部等はあるものなのでしょうか?
それとも、やはりCGは理系の大学の学部になるのでしょうか?その場合には例えばどの大学になるのでしょうか?
ほとんど完全な文系なので今から理転しても間に合わないかもしれませんが教えていただきたいです。

このような美術系(デザインやCG)職種の場合、職業寿命が短く、生活も安定しないという話をよく耳にします。
「芸術家になりたいが安定した職にも就きたくて、美術の教師になった」という人の話を聞いたことがあります。
自分としてはきちんと就職したいという気持ちがあるのですが、この職種で安定を求めるのは無理な話なのでしょうか?
「妥協している」非常に失礼な質問だとは思いますが、もしそのような職があるなら教えていただきたいです。

こんにちわ。高校三年生でこの時期に来てもまだ進路を決めかねている者です。
興味のある分野は決まっているのですが、学校に対する知識が乏しいので
皆さんにアドバイスをいただきたいと思っています。

自分はものつくり、美術、コンピュータが好きなので初めは専門学校でCGを学ぼうかと思っていたのですが、
レベルの低さや実際の就職率の悪さがわかってきたので大学でそれに相当する学部はないかと思いました。
最近の美大(武蔵野や多摩…日大もかな?)には油彩画、日本画などの他にCGを扱う学部等はあ...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。

>専門学校は就職活動を除けばたった一年ですものね。そんな深い技術がつくようには思えないですね。
それはそうなのですが、先にも述べましたが「技術的には」専門学校も大学(芸術系と限定しますが)も提供するレベルにそんなに差はないと思います。
基本的に学校がきちんと教えるのは、ほとんど「基礎」部分のみであり
それ以上はどちらも、各自が作品を創りながら探求するしかない形だと思いますよ。
もちろん、その場合の技術補助はあるでしょうし、大学であればその追求する時間が多くあるように思いますが、
それらはコンセプトワークに費やすことが多かったり、
またその時間を自覚を持って有効に使えている学生は少ないと思います。
それと、はっきり言って、学校で教えている先生といっても、
ソフトに関しては、それほど高い知識を持っている人が多いとも思えません。(こんなことを書くと、抗議が来そうですが・・・)
考えてもみてください。先生はソフトや考え方を教えるのが仕事であって、
実務としてソフトを使っている人は少ないのですから、当たり前と言えば、当たり前ですし
いくら実務経験や知識があっても基礎以上のことは多種多様すぎて
授業という枠組みで教えること自体、どだい限界のあることだとも思います。
ですので、学校が技術面で提供するのは
「基礎+きっかけや刺激+考え方+制作環境・時間」ぐらいと捉えたほうが健全かと思いますし
(それでも、とても貴重な場だと思いますよ)
そう割り切って、いかに(学校を利用しながら)自分自信で能力を高めていくかがカギのような気がします。
(もちろん技術面以外のことを学ぶのも大事かと思いますので、専門でも大学でも各メリットは色々あると思いますよ。)

実は私は大学(芸術系)を出ていますし、
何度か非常勤講師として芸術系の大学に教えに行ったことがありますので、上記の事は実感としてあります。
(↑これを書く事は迷いましたが・・・)
もちろん、学校によって状況は違うと思いますがこの意識はどこに行っても持つべきだと強く感じています。

なぜ、ここまで書こうと思ったかと言いますと、実はそういう割り切りができずに、
自分のスキルが上がらないのは学校のせいだと思ったり、
学校が提供することが全てだと勘違いし、それ以上伸び悩んでしまう学生が多くいたからなんです。
もちろん、高い学費を払っているわけですから、要求したい気持ちもわかりますし、学校側の問題もあるのですが、
学校にも限界はありますし、学校ばかりを頼っている姿勢では自分に足かせをはめている様なもので
とても損をしていると見えたからです。
決して質問者さんがそのタイプだと言っているわけではありませんが、
どういう形であれ進学後に、こういう事態に陥ってほしくないと思いましたので・・・。
余計なことでしたら、読み流してください。

>3DCGだったら自分で新しいソフトの勉強やデッサンなどをやれる人が生き残るという感じでしょうか?
そういう言い切りはできませんし、それだけでは不十分だと思います。
要は、いかにクライアントが要求するもの(またはそれ以上の)、
「質の高い」ものを「常に」時間内に提示できるかでしょうから。

それを実現させる為には、もちろん常に技術を修得していくことも必要でしょうし、
デッサン力などモノを捉える力、光の観察力があればプラスになるでしょう。
(実際にデッサンがうまいという認識でCGを創っている人は少ないとは思いますが)
しかし、それ以上にマニュアルには載っていないような創意工夫ができる想像力、忍耐力がないと希望するモノは創れませんし、
表現する事柄に対しての観察力、時に学術的なところまで調べられる探求心や行動力がないと、
説得力のあるもの、納得させられるものは生まれにくいと思います。
そして何より「良いものを創るこだわり」を持ててこそ、上記の行動が生まれ、質の高いものが生まれるはずですから、それをどこまで捨てずに維持できるかがカギではないでしょうか?

これらが全てとも思いませんが、こういう意識と行動力があれば仕事の質も上がり幅も広がります。
そして、クライアントや同業者からの「信頼」も獲得しやすい=仕事が来る だと思います。
(もちろんセンスを伴ってこそですが)

改めて考えると、これはCG業界に限ったことではないですね(笑)

そして、これは
>いったいどのような作品をつくれたなら就職できるのでしょうか?
の答えでもあると思います。

やはり、アニメーションでもモデリングでも世界観でも、
自分のこだわりを追求している作品は魅力的ですし、企業側の印象にも残ります。
たとえ結果的に技術は稚拙であっても、なんとか努力や工夫をした跡が見受けられるものは将来性を感じます。
(もちろん技術的にも有能であってほしいですし、それを第一に望む企業もあるのですが)
何度か学生さんの作品を見ましたが、
・適当なアニメーション、適当なモデリング(観察力がないのか?)
・○○というプラグインを使っているだけ
・効果的な工夫が見られない(疾走感を出したいはずなのに、ただ速く移動させているだけとか)
・世界観が全く統一されていない・・・
などという印象を受けてしまうものが中にはあり、残念に思ったことがあります。
現場の者から見れば、学生さんたちというのは、作品を創る上で、とても多くの時間(しかも自由な)が与えられているはずです。
なのに、こだわりを追求せず、ほとんど創意工夫をした跡が見受けられないものを見ると、とても悲しいですし、魅力も感じません。
そして、そういう意識がない、それで良しとしてしまう感覚の人に仕事をまかせる気にもなれないのです。

>具体的な職業寿命や、給料や、生活のサイクルなど。
あまり具体的にはかけませんが・・・・かつていた会社の場合では、

職業寿命:
単純にモデラーやCGアニメーターという肩書きだけでは30をすぎたあたりで頭打ちになる感じでした。
(これらはセンスも必要ですが、いわば力仕事。若い人の領域ですので)
なので、そこでは徐々に管理する側やディレクター、プランナーまたは営業などに回されていくことが多かったです。(これらは、フリーでも同じ)

給料:
その会社(中堅どころでしたが)は悲しいほど低かったです。
そこは経営に失敗していたこともありますが、
この業界、CGそのものの値段が下がってきているので
採算があわなくなって来ている会社も多いのではないでしょうか?
(大手や有名所は別として)

生活のサイクル:
無茶苦茶でした。残業はほぼ毎日。徹夜も当たり前。(一応、仕事の数は多かったので)
しかも、残業手当が付かないので(付けると膨大な額になってしまう)
労働時間と給料を照らし合わせると・・・トホホです。
まあ、残業手当がきちんと付かない所は多いと思いますよ。
そういう意味でも「専門職だから、一般のサラリーマンよりは高い」というのは、ちょっと疑問を感じますね。
(他の方の意見を聞いてみたいです)

といった感じでした。
今は違う形態で仕事をしていますが。

なんだか、夢を壊してしまいそうで怖いのですが・・・。
もちろん、好きなのでやりがいはありますし、
自分の能力で昇り詰められる可能性が高い職業でもあると思います。
そういう意味で面白い業種だと思います。

あまり悲観せずに、今は夢をもって頑張ってほしいです。

また、長々と書いてしまいました。スミマセン。

#3です。

>専門学校は就職活動を除けばたった一年ですものね。そんな深い技術がつくようには思えないですね。
それはそうなのですが、先にも述べましたが「技術的には」専門学校も大学(芸術系と限定しますが)も提供するレベルにそんなに差はないと思います。
基本的に学校がきちんと教えるのは、ほとんど「基礎」部分のみであり
それ以上はどちらも、各自が作品を創りながら探求するしかない形だと思いますよ。
もちろん、その場合の技術補助はあるでしょうし、大学であればその追求する時間が多くある...続きを読む

QCGをやってみたいのですが…慶応?芸大?それとも…

こんにちは。僕は東京の高校に通う高2の男ですが、ぼくはコンピュータ系の方向に進学して、CGとかをやってみたいと思っているのです(要は、コンピュータを使って何かを作り出すエキスパートみたいなのになりたいのです)が、いくつか質問です。
1・一応色々見てみて、今は慶応の理工学部の学問5を志望としているのですが、そこではそういったことを学んだり専攻したりできるのでしょうか?もしかしたら僕がやりたいこととは微妙にずれているのかもしれません。学問5で学べることを知りたいです。
2・色々調べたり聞いたりしていると、「本格的にCGとかやりたいんだったら、専門学校のほうがいい。もしくは、芸大の先端芸術表現科がいい。」とかってきいたのですが、これはどうなのでしょうか?この話は、普通に大学の理工学部に進学するつもりでいた僕にとっては、少々びっくりしました…。
こういう話に詳しい方、回答お願いします!

Aベストアンサー

すみません。美大のものですが、、、

慶応等の理工学部の事はちょっとわからないのですが、芸大の先端芸術はとてつもなく難関です。見方によったら東大の理系よりもはるかに上だと思います。(倍率や実技のレベルの高さを総合して見て。主観ですが)簡単にいけるところではありません。。

私の知る範囲ですが、
私大の理系等→情報という分野でのコンピュータ等でのスキルなどを学ぶ プログラム言語など

その他専門、美術大など→美術として、コンピュータを使った制作を学ぶ 学部としては映像学科になると思います。

という違いがあると思います。コンピュータを媒介としていても、方向性がまるで違います。C言語ができてもかっこいいCGが作れるとも限りませんし。。どのようなCGかにもよります。
CG自体を制作するソフトの開発などになりますと、これはもう理系の修士を出たくらいの人でないと開発はできません。

ちなみに、美大、芸大へ進学する人というのは、ほとんどの人が予備校に行っています。独学や、部活とかいうレベルではとても入れません。美大の予備校などへ行って聞いてみるのもひとつの手だと思います。

まずは、何がやりたいのか、を見極めることと、そのためにどうしたらよいのか、ということを知ることだと思います。

すみません。美大のものですが、、、

慶応等の理工学部の事はちょっとわからないのですが、芸大の先端芸術はとてつもなく難関です。見方によったら東大の理系よりもはるかに上だと思います。(倍率や実技のレベルの高さを総合して見て。主観ですが)簡単にいけるところではありません。。

私の知る範囲ですが、
私大の理系等→情報という分野でのコンピュータ等でのスキルなどを学ぶ プログラム言語など

その他専門、美術大など→美術として、コンピュータを使った制作を学ぶ 学部としては映像学科にな...続きを読む

QCGが学べる国立大学

まだ大学進学はかなり先なのですが教えてください。
CGが本格的に学べる国立大学ってありますか?
映画とかに出てくるような立体的なCGで基礎から学んでいけるところです。またそういうCGを学ぶとどのような仕事につけますかね?
映画関係や電通系とかは無理ですかね?

Aベストアンサー

最近のことはわかりませんが、前の九州芸術工科大学、現在の九州大学芸術工学部では学べると思います。
大学院ですが、東京大学情報学環には有名な河口洋一郎教授がおられます。
その他、多くの大学工学部の情報工学科で関連の先生はおられるでしょう。
ただ、就職は大学で学んだ程度では難しいかも知れません。専門学校からこれらの会社に潜り込んで現場で腕を上げる方が良いかも知れません。


人気Q&Aランキング