私は某ピザ店でアルバイトをしています。
この店について、営業時間は1100~2300で休日は年末年始のみ、社員が2人配属されており残り約10名強はアルバイトです。
 シフト制で働いているのですが、そのシフトが朝1100に入って夜のピーク終了まで、働くことがありよく言われる8時間を越える事がよくあります。
 ここで、給料明細を見ると、「平日昼」「同夜」「休日昼」「同夜」の区分でしか計算されておりません。10時以降は時給が何割かUPしているようなのですが、
8時間を越える分の割増はないようなのです。つまり10時間働こうが12時間働こうが通常の勤務時間としてのみ計算されているようなのです。
 これは法律的にはどうなのでしょうか?アルバイトだからこうなのですか?
ずばり、われわれアルバイト側に何らかの請求権はあるのでしょうか?
 足りない点、あれば書いてください。補足しますので。よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、労働時間についてですが、変形労働時間制を採ることが就業規則等に定めてある場合は、1日8時間を越えていても、あるいは特定の週の労働時間が40時間を越えていたとしても、その変形期間を平均して週40時間を越えなければ割増賃金の支払い義務は無いことになっています。

(労働基準法第32条の2)
なお週の労働時間は、常時勤務する人が9人までなら、週44時間になります。(ピザ屋は特例事業なので)
おそらく交代制などの活用により、1人あたりの労働時間は平均で週40時間(または44時間)を越えないように定めてあることが推測されます。

深夜勤務が割増になっているということから、労働基準法に詳しい人が賃金計算しているのでしょうから、請求する余地は無いと思います。残念ながら。
    • good
    • 0

お給料の明細項目に、「○○手当」のようなものがありますか?


本来、時間外手当を支払わなければいけない場合でも、
時間外手当に変わるものとして「手当」を支給すればよい、ということもあります。
何も手当てがない場合は、もちろん違反になりますので、
8時間を超えた部分については2割5分増し、夜10時以降についてはさらに2割5分増しになっていないとおかしいですね。
ちなみに、一日が8時間以内で収まったとしても、
週に6日働けば48時間になります。
この、一週間40時間を超えた部分(8時間)は2割5分増しにしなければいけません。

労働基準法的には、「賃金を支払われて労務を提供するもの」は労働者ですので、アルバイトでもパートでも立派な労働基準法に守られる労働者です。

ですから、正当に支払われていない時間外手当を請求することはもちろん可能です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの画像を見てどう感じましたか? また学生さんの方は、制服のシャツ又はブラウス又はセーラー服が汚いよ

この画像を見てどう感じましたか?
また学生さんの方は、制服のシャツ又はブラウス又はセーラー服が汚いよごれがあり洗うだけ無駄という理由で画像のようにされたらどんな気持ちになりますか?

Aベストアンサー

画像だけ見ての感想なら、

なんか燃えてる。
焼却炉なの?
ゴミ燃やしてるのね。

くらいにしか思いません。

で、質問を読んでいくと
画像の感想を求めているのではなく、
そこに至るシチュエーションについての感想を求めてるんですよね?

持ち主本人の同意がなく、第三者がその人の服を汚れているという理由で焼却炉に放り込む行為をされたら、
自分がその持ち主なら腹立たしさがこみ上げてくるでしょう。
他の人持ち物だったら、焼却炉に放り込んだ奴を最低の人間だって思うでしょうね。

Q法定休日割増と週40時間割増と残業割増

法定休日だと
時給が1.35倍になりますが

その日に週40時間を越えた労働も重なった場合
0.25がついて
1.60になりますでしょうか?

更に
その日8時間を越えたら
更に0.25がついて
1.85

更に22時を過ぎて働いたら深夜割増0.25が付いて
2.10
になるでしょうか?

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

回答に先立ち、法定休日を「労基法に定める『週1回の休日』」の事であると意味合いを定義させていただきます。

> 法定休日だと
> 時給が1.35倍になりますが
> その日に週40時間を越えた労働も重なった場合
> 0.25がついて
> 1.60になりますでしょうか?
法定休日の労働時間数は、週40時間を超えたかどうかの判別とは別カウントとなりますので、法定割増率は『休日労働の3割5分以上』のままです。
尚、これは深夜労働に該当していないものとしての回答です


> 更に
> その日8時間を越えたら
> 更に0.25がついて
深夜労働に該当していないのであれば、依然『3割5分以上』のままです。


> 更に22時を過ぎて働いたら深夜割増0.25が付いて
> 2.10
> になるでしょうか?
深夜労働は法定休日を行った際にも適用されますので、休日労働の3割5分以上+深夜労働の2割5分以上=6割以上となります。



他の方も書かれていますが、割増率は次のいずれかとなります
・時間外労働 2割5分以上
・時間外+深夜 5割以上
・休日労働 3割5分以上[同時に時間外労働としてカウントはしない]
・休日+深夜 6割以上

回答に先立ち、法定休日を「労基法に定める『週1回の休日』」の事であると意味合いを定義させていただきます。

> 法定休日だと
> 時給が1.35倍になりますが
> その日に週40時間を越えた労働も重なった場合
> 0.25がついて
> 1.60になりますでしょうか?
法定休日の労働時間数は、週40時間を超えたかどうかの判別とは別カウントとなりますので、法定割増率は『休日労働の3割5分以上』のままです。
尚、これは深夜労働に該当していないものとしての回答です


> 更に
> その日8時間を越えたら
> 更に0.25がついて
...続きを読む

Q女子学生さん着用の画像のブラウスだけ着ていても、女装子というのですか?

女子学生さん着用の画像のブラウスだけ着ていても、女装子というのですか?

Aベストアンサー

男性がそれを着ても男にしか見えないですし、女装しているようにも見えないでしょうから、「女装子」とは言えないと思います。

ただ、襟付きシャツは全く同じデザインだったとしても、男性ものと女性ものでシルエットがだいぶ違いますよ。ハンガーにかけられている状態だと一見わかりませんが、女性ものは胸辺りが膨らんでいるシルエットになっているので、男性が着れたとしても、首元がダランとした変なシルエットになることがありますね。

Qシフト勤務で休日減、休日労働賃金を請求できるか

土日祝が休みの勤務でしたが、派遣されシフト勤務に移行しました。
シフト勤務に移行するにあたっては給与や休日数等のについて一切話はなく、書面もありません。
実際シフト勤務となったところ、土日祝が休みであったころと比べると、毎月の休日数がが1~2日減ることとなってしまいました。

減ってしまった休日分、つまり労働した分について、休日労働として請求することができるでしょうか。

Aベストアンサー

賃金分に関しては、本来の雇用契約の内容も関係してきます。
ごく一般的な契約であれば、労働日数が増えるなら賃金も増えなければおかしいです。
毎月の賃金額が固定ですから、所定労働日数によって時間単価も固定されます。だからこそ時間外割増賃金・残業代が算出できます。
所定労働日数が変わるという事は時間単価も変化してしまい、つまりは賃金が変わったのと同じ事になります。
賃金が増える、つまり所定労働日数が減るなら問題はありませんが、逆であれば不利益変更ですから労働者の同意が必要になります。
ただ、シフトに同意した事が労働日数の変化も意味し、賃金変更無しに暗黙の同意があったというような解釈をされる可能性が無いとは言いかねます。もちろん、その可能性はかなり低いと思いますが。

Q自分が醜すぎて嫌になります。 目は2重ですが画像の様に唇が厚くて 学生時代はイジメ受けました。おまけ

自分が醜すぎて嫌になります。
目は2重ですが画像の様に唇が厚くて 学生時代はイジメ受けました。おまけに顔と頭がでかい

電車に乗ったら違う高校生にくすくす笑われたり辛かった。死にたかったが勇気が出ませんでした。
その頃はブス+身長160cmで60キロありました。
今思えば相当 芋臭かったです。
高校時代に20キロ落とし摂食障害になりかけましたが、髪を茶髪にしたりオシャレ身だしなみに気をつけて やっと人並みになりました。
現在 6キロくらい戻り……
社会人になってからは言われなくなりましたが 影で笑われてるのかな手思うと怖いです。人と未だに目が合わせられません。

唇厚いんじゃなく歯茎出てんじゃないの?とも言われました。歯茎出てるとは1度も言われたことありません
整形するにも毎日カツカツで金もたまらん

どういきりゃいいんだ

Aベストアンサー

あらゆることの内面をみる人間になるように努力すれば、いいのでは。

強い自分を自覚する英文記事がある。
意訳すると、「自己の特性にめざめよ。そして、自己開発せよ。
ほんとうに興味ひかれることに努力せよ-例えば、音楽などと」であった。

Qちょうど8時間働いたときの休憩時間は?  越えるって?

1日にちょうど8時間働いたときの休憩時間は1時間ですか?それとも45分?

労基法第34条 使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
とあります。

私には,「超える」「超えない」の意味がよく分からないのです。

たとえば,政令か何かで,原動機付き自転車の排気量は50ccを「超えない」っていった場合,50≧yではなく,50>yなのですよね。
ちょうど50は含まないということじゃないかなーと思っています。
でも,弟の背は姉の背をまだ超えていないというと,ちょうど同じ背丈の時は超えていないので,同じ身長の数値は含みますよね。

また,たとえば,ハイジャンプで2mの高さを「超える」といった場合には,バーの高さはちょうど2mでも超えたことになるので,2を含みますよね。
でも,跳んだ高さは,2mちょうどだと摩擦か何かでバーに引っかかっちゃうかもしれないから,y>2となって,2は含みませんよね。

そんなわけで,法律用語における,「超える」,「超えない」を教えて頂きたいのです。(その数を含めるのかどうか)

実は,私の職場では,労働時間が8時間ちょうどで,休憩時間が45分なのです。(8時15分~17時)
8時間を超えるっていうのは,8時間ちょうどが含まれないってことですかねぇ。
もし,含むのなら,1時間の休憩を要求したら早く帰れないから,やぶ蛇でしょうかねぇ。

1日にちょうど8時間働いたときの休憩時間は1時間ですか?それとも45分?

労基法第34条 使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
とあります。

私には,「超える」「超えない」の意味がよく分からないのです。

たとえば,政令か何かで,原動機付き自転車の排気量は50ccを「超えない」っていった場合,50≧yではなく,50>yなのですよね。
ちょうど50は含まないと...続きを読む

Aベストアンサー

#6の追加です。

失礼しました、書いている内に勘違いしてしまいました。

超えないは、その時間を含みます。
8時間を超えないは、8時間までですから、「以下」と同じです。

Q学生っぽくないショルダー&メッセンジャーバッグ

ファッションのカテゴリではなく、あえてここで質問させていただきます。

30代のジーンズが似合うカジュアルな男性のバッグについてです。

ショルダーバッグ&メッセンジャーバッグですが学生っぽくない物ってどんなのでしょうか?
それと同時にオジサンぽくない者ってどんな物でしょうか?

Aベストアンサー

メッセンジャーバッグの定番と言えば、純国産のPORTER。

学生っぽくなく、おじさんっぽくないのは、例えばこのあたり。

PORTER LIFT MESSENGER BAG
http://www.yoshidakaban.com/product/102236.html

Q振替休日をしたら割増賃金はもらえない?

 職場は1年単位の変形労働時間制で運用しています。
 8月に工場改修工事があります。当初会社のお盆の連休に工事をする予定だったのですが、当然業者もお盆休みで工事はできない。という訳で、更に休みを増やしその代わり他の月の休日を出勤日にする振替休日とする新たな会社カレンダーをもらいました。

 そこで心配なのが、6月の当初休日だった日に出勤していますが、8月の休日に休めない状況がでてきています。会社側は「もし休めないのなら自分の好きな日に再振替してかまわない」と言ってくれてます。
 
 会社は振替休日したら割増賃金は必要ないと言ってますが、6月に出勤した日の週は、当初週の所定労働時間が40時間だったのに、休日が1日減ったせいで48時間になっています。これって8時間分の時間外という事で1.25倍の給料をもらえるのでは?と思います。

 8月の休日に休めない代わりに別の日に休んでも構わないと言ってくれてますが、絶対どこかで振替休日を指定して休んだとしても、8月に出勤した日は休日出勤になるのでは?と思います。

 総務に割増はつかないのか?と相談に行きましたが、振替休日の場合割増は絶対発生しないから無理だよと却下されました。

 1年単位の変形労働時間制を使っている場合の振替休日と給与についてどなたか教えていただけないでしょうか?

 職場は1年単位の変形労働時間制で運用しています。
 8月に工場改修工事があります。当初会社のお盆の連休に工事をする予定だったのですが、当然業者もお盆休みで工事はできない。という訳で、更に休みを増やしその代わり他の月の休日を出勤日にする振替休日とする新たな会社カレンダーをもらいました。

 そこで心配なのが、6月の当初休日だった日に出勤していますが、8月の休日に休めない状況がでてきています。会社側は「もし休めないのなら自分の好きな日に再振替してかまわない」と言ってくれてます。
...続きを読む

Aベストアンサー

総務の言うとおり、振替休日に割増賃金は適用されません。

休日を振り替えて仕事を行う場合は、振替休日となり割増賃金の対象にはなりません。
休日に出勤して他の日に休む場合は(事前に振替をしていない場合)、休日出勤、代休となり割増賃金の対象になります。

工場のように事前に労働時間の管理が出来るところは、出来るだけ割増賃金を支払わないようにしているので、きちんと法に従って計算されていると思います。

QDoCoMoの画像が見られない

友達から携帯で撮った画像を送って貰ったのですが表示されません
携帯(DoCoMo)からパソコンにアドレスぽいもので送ってもらいました
そのアドレスぽいものをクリックしたら表示出来ませんとのエラーメッセージです
なにが原因でしょうか?
超初心者の質問で申し訳ないです

Aベストアンサー

見られない原因は、#3の回答で既に解明されていますので、
解決法だけ書きます。

解決法1.
#1の方の回答の通り、写真を撮った方からあなたのアドレス宛に直接送信してもらう。
→パソコンにi-shot送信すれば、普通に添付ファイルで届きます。

解決法2.
写真を撮った方→あなたの友達へ、別の無料サービスを利用して送信しなおしてもらう。
→他のキャリアの携帯・PCどれからでもアクセスできる
URLで届くため、これを転送してもらえば見られます。

やり方は直接そのサービスのHPでご覧ください。
●写メ蔵
http://shamezo.com/
●なな☆メ~ル
http://i.ne7.jp/


解決法3.
他人に見られてもよい写真であり、かつdocomoのFOMAを
利用している知り合いが身近にいればという条件つきですが。
http://www.docomo-camera.ne.jp/****…のURLを
その人に転送し、その人のFOMAでURLの画像を取得し、
それを添付ファイルで送ってもらう。

実は私がFOMAユーザーで、たまにこの方法で人助けしています(^^;)
画像を添付ファイルで送受信できて、かつi-shotのURLから
画像を取得できる唯一の携帯(?)がFOMAですから…。


こういった解決法がありますが、
いずれにしろ自分一人では解決できないので、
実際には難しいですね。

見られない原因は、#3の回答で既に解明されていますので、
解決法だけ書きます。

解決法1.
#1の方の回答の通り、写真を撮った方からあなたのアドレス宛に直接送信してもらう。
→パソコンにi-shot送信すれば、普通に添付ファイルで届きます。

解決法2.
写真を撮った方→あなたの友達へ、別の無料サービスを利用して送信しなおしてもらう。
→他のキャリアの携帯・PCどれからでもアクセスできる
URLで届くため、これを転送してもらえば見られます。

やり方は直接そのサービスのHPでご覧ください。
●写...続きを読む

Q週40時間越えの残業時間と休日割増について

週40時間越えをした場合の残業割増と法定休日割増について教えて下さい。

<1日7時間労働が週6日間の場合>
合計42時間のうち2時間が残業割増(0.25)されるというのはすんなり理解できるのですが

<1日7時間労働が週7日間の場合>
合計49時間となり、そのうち7時間は休日割増(0.35)となりますよね?
週40時間を超えているので、残業割増と休日割増はどのように取り扱えば良いのでしょうか?

1.9時間分残業割増 + 7時間分休日割増

2.2時間分残業割増 + 7時間分休日割増

また、休日割増の中には残業割増が含まれているのでしょうか?
それによって上記1か?2か?が分かれるような…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答文を読んでいないので、重複していたらお許し下さい。

法により、1週間に1日の休日を与える必要があり、それを与える事が不能となった最後の労働日が「休日労働」となるという考えに基づけは、今回の休日労働は7時間。
すると、
週の総労働時間49H-休日労働7H-法定労働時間40H=時間外労働2H
よって、法条文及びここでは紹介していない通達を根拠として会社に有利な解釈で行えば、2番が正しい。

一方、就業規則や賃金規定で仮に「週の起算は日曜日とする。日曜日及び土曜日を会社の休日とする。会社の休日に労働させた場合には法に定めた割合で割増賃金を支払う」と定めているのであれば、それに従う必要があるので、14時間の休日労働となります。

> また、休日割増の中には残業割増が含まれているのでしょうか?
割増率の考え方は、次の2つなので
・時間外労働(25%) OR 休日労働(35%)
・深夜労働(25%)の加算の有無
法定労働時間を超過した労働時間が次のいずれに該当するのかを個別に考える事となります。
・時間外労働
・時間外労働+深夜労働
・休日労働
・休日労働+深夜労働
よって、1時間の超過労働が「時間外労働+休日労働」となることは有りません。

他の方の回答文を読んでいないので、重複していたらお許し下さい。

法により、1週間に1日の休日を与える必要があり、それを与える事が不能となった最後の労働日が「休日労働」となるという考えに基づけは、今回の休日労働は7時間。
すると、
週の総労働時間49H-休日労働7H-法定労働時間40H=時間外労働2H
よって、法条文及びここでは紹介していない通達を根拠として会社に有利な解釈で行えば、2番が正しい。

一方、就業規則や賃金規定で仮に「週の起算は日曜日とする。日曜日及び土曜日を会社の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報