p-ニトロフェノール-ベータ-D-ガラクトース+H2O
                   →ガラクトース+p-ニトロフェノール
という反応で、ベータ-ガラクトシダーゼという酵素が使われるわけですが、
p~ガラクトースの代わりにo-ニトロフェノール~ガラクトースを用いると、o-~の方が反応速度が早いのはなぜなんでしょうか。
あと、クエン酸緩衝液よりもリン酸緩衝液を使った方が反応が早く進む理由も
よく分かりません。構造式が書けないので分かりにくい点もあると思いますが、
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

MiJunです。


>酵素の至適pHは4~5位らしいです。
それが分かっているのであれば、「クエン酸緩衝液・リン酸緩衝液」の内容を化学便覧等で調べてください(緩衝液の詳細の記載はあるのですか・・・?)!
あるいは「緩衝液」に関する本
====================================
緩衝液の選択と応用/D.D.ペリン,B.…[他]/講談社/1981.1 
====================================
が詳しいです。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私なりに頑張ったつもりだったんですが、
頑張り具合は全く足りなかったんですね。
役に立つアドバイスをたくさんして頂いて、
MiJunさんには本当にお世話になりっぱなしです。
昨日今日と時間がなくてレポートは全然進んでいませんが
明日はちょっと暇なので頑張って調べてみようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 23:41

一般的な話ですが、酵素反応はまず、酵素(ここでいうベータガラクトシターゼ)の活性中心が基質(ここではp-ニトロフェニルーベーターD-ガラクトース)に作用することによって反応が始まります。


o-位に置換基がついている場合とp-位についている場合とでは、酵素が基質に攻撃を(ここでは求核)仕掛ける際に、立体的に、また電気的に安定なのでしょうね。上記酵素についてはやったことがないので、ちょっと詳しくはなくて申し訳ないのですが。活性中心が何なのか(セリンとか金属)、教えていただければもう少し詳しくお答えできるのですが。

ちなみに基質にニトロ基がついているのは可視領域での測定を可能にするためです。豆知識。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

emi01aさん、詳しい回答をありがとうございます。
こういう理由もあったんですね、勉強になります。
酵素の活性中心については、手元の資料では調べようが無くって
ちょっと分からないです、ごめんなさい。
もっといろいろと教えて欲しかったのに残念です。
でも、すごく参考になるご意見を本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/04 00:40

MiJunです。


>Original Paperというのがよく分からないので
原(論)文という意味です。
詳細に検索はしてませんが、ONPG(o-ニトロ・・・)に関しては沢山あるようですが、パラ誘導体は少ない(?)と思います・・・?
これを機会に図書館の司書の方に文献検索方法を教えてもらっては如何でしょうか?

>クエン酸緩衝液よりもリン酸緩衝液
酵素の至適pHは・・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

酵素の至適pHは4~5位らしいです。
(コウジカビのベータ-ガラクトシダーゼを用いました。)

今日は図書館で文献を調べてみようと思ったら、
月末休館日で結局何もできませんでした。
明日以降、自分なりに調べてみようと思います。
いろいろとアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/10/31 23:15

 忘れてしまったが、OとPの違いは、ニトロのついてる場所が違うから酵素の補助酵素としての役割が異なるのでは?


 クエン酸とリン酸はいまいち忘れたが、これも分子の大きさとか、活性指せるとかより安定になるとかの話と違いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
自分なりに調べてみたんですが、いまいちよく分からなかったんです。
あと、質問で化合物の名前が間違ってました。
正しくは、「p-ニトロフェニル-ベータ-D-ガラクトシド」でした。
そのことでいろいろと混乱させてしまったかもしれません。
もしそうだったらごめんなさい。
knightgoldさんの回答はレポートに役立てたいと思います。
すぐに答えてくれて、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/30 23:38

レポートでしょうか・・・・?


以下の成書は参考になりますでしょうか?
===============================
酵素反応の有機化学/大野惇吉/丸善/1997.12 
酵素反応のしくみ/藤本大三郎/講談社/1996.12===============================
これ以外にも「酵素反応」を扱った成書は沢山あると思います。

さらにOriginal Paperが当たりたければ、文献検索されては如何でしょうか・・・・?

補足お願いします。 

この回答への補足

質問の仕方が悪かったですね、ごめんなさい。

レポートの考察で書かなきゃいけなくて、いろいろと調べてみたんですが
いい文献が見つからなかったんです。
聞いた話によるとo位にニトロ基がついていると酵素の立体反転を防ぐとか、
リン酸緩衝液は緩衝能を持つとからしいんですが、
もうちょっと詳しく知りたいなと思ったので、質問してみました。
さっそく教えていただいた文献を調べてみようと思います。

あと、Original Paperというのがよく分からないので、
できればもう少し詳しく教えてください。
わがままばかり言って申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

補足日時:2001/10/30 23:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細胞内液の浸透圧 - 膨圧 = 細胞外液の浸透圧(吸水力=細胞外液の浸

細胞内液の浸透圧 - 膨圧 = 細胞外液の浸透圧(吸水力=細胞外液の浸透圧)
が、低張液で成り立つ理由がわかりません。
低張液でも吸水力は0になるのではないのですか?
それが外液の浸透圧と等しくなるって

おかしくないですか?

Aベストアンサー

吸水力には定義が必要です。吸水力の文科省の昔の定義は「その細胞が純水に対してどれだけ吸水する圧力を持つか」です。現在の文科省の定義は「その状態で細胞がどれだけ吸水する圧力を持つか」と変わったようですね。これは全く言葉の定義が違いますからどちらを言っているのでしょう。

やや低張液に植物細胞を入れた場合には、
昔の定義なら平衡状態でも細胞の吸水力は純水に対してですから0にはなりません。その際の関係式は以下になります。
吸水力=内液の浸透圧-膨圧=外液の浸透圧

現在の定義では平衡状態では吸水力は平衡状態ですから0になります。その際の関係式は以下になります。
吸水力=内液の浸透圧-外液の浸透圧-膨圧=0 です。

文科省は重要な用語の定義を変更しても同じ用語を使用するとはとんでもないことに思えます。今の役人や学者は何を考えているのでしょう。今の学生さんはかわいそうですね。それにしても質問しっぱなしでお礼も言えないのならマナーとして人に聞くべきではないと思いますよ。

Qβ-ガラクトシダーゼの等電点を教えてください

大腸菌由来のβ-ガラクトシダーゼ(分子量は116KDa,EC3.2.1.23)の等電点をを教えてください。生化学ハンドブックやその他の文献、Pub Med,PDBなどあらゆる検索エンジンを使ってもわかりませんでした。実験で使用したいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腸菌由来のβ-ガラクトシダーゼに関する知識はまったくないのですが,もしアミノ酸配列が分かっているのなら計算で出したらいいんじゃないですか?

たしか、ExPASyにツールがあったと思います.
いくつかありますが,お好みの物を使えばいいんじゃないでしょうか?

参考URL:http://kr.expasy.org/tools/#proteome

Q細胞と緩衝液

ある細菌をDMSOのような適した緩衝液にいれ、温度を下げていくと、緩衝液をいれないときに比べてずいぶん低い温度まで生きられるようになると聞きました。これは、緩衝液のどういった性質が影響しているのでしょうか?どんなことでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

回答ではありませんが、DMSOの役割について。

動物などの細胞を冷凍庫のような低温にさらすと細胞内液はそのうち凍ってしまいますが、後でこれを再び融かしたときに、細胞がまた活動を始められるか(生きているか)どうかは、凍ったときの細胞の状態と密接な関係があります。細胞を普通に凍らせただけだと、細胞内液が凍ったときに、細胞内に氷の結晶(氷晶)がたくさん形成されてしまいます。結晶が成長すると細胞内小器官をざくざく壊し、もっと成長すると細胞そのものにぼこぼこ穴を開け壊してしまいます。こうなると、凍った細胞を後で融かしても細胞は壊れていることが多く、もはや活動できない(死んでいる)可能性が高いです。

この氷晶形成を阻害し、結晶が大きく成長しにくいようにするための成分が「凍結保護剤」(凍害防御剤)です。これを加えておき、かつ氷晶が形成されにくい条件(より低温で、保存はできるだけ短期間、など)で細胞を保存すると、融かした後でも細胞が活動を再開できる(生きている)確率が高まります。

DMSOは細胞に対する毒性がそれほど高くなく、氷晶形成防止効果が高いので、細胞を凍結保存したいときの凍結保護剤として広く用いられています。ご質問はこの効果のことについてですか?凍結している間は、細胞の生命活動は停止していますので、ご質問の「ずいぶん低い温度まで生きられるようになる」というのとは、私の書いたことはちょっと違うかもしれません。

回答ではありませんが、DMSOの役割について。

動物などの細胞を冷凍庫のような低温にさらすと細胞内液はそのうち凍ってしまいますが、後でこれを再び融かしたときに、細胞がまた活動を始められるか(生きているか)どうかは、凍ったときの細胞の状態と密接な関係があります。細胞を普通に凍らせただけだと、細胞内液が凍ったときに、細胞内に氷の結晶(氷晶)がたくさん形成されてしまいます。結晶が成長すると細胞内小器官をざくざく壊し、もっと成長すると細胞そのものにぼこぼこ穴を開け壊してしまいます。...続きを読む

Q緩衝液

ダルベッコバッファーとはどのようなバッファーなのでしょうか?組成を教えてください。

Aベストアンサー

Dulbecco's bufferというバッファはありませんが、Dulbecco's PBS(リン酸緩衝生理食塩水)のことを、単にダルベッコと通称する場合はあるかもしれません。略して、D'PBSと書いたり呼んだりもします。

いちばん簡単なPBSの組成は、リン酸イオンでpHを安定させて、ナトリウムイオンを足して塩濃度を生理状態に合わせる、というだけのものなのですが、ダルベッコはこれを改良して、カリウムイオンも含ませるようにして、より生理的な状態に近づけるようにしました。ですから、生きている細胞を洗ったりするのに向いています。また、これに、さらにマグネシウムイオン、カルシウムイオンを入れたバージョンもあり、さらに細胞にとっては好ましい条件になります。ただし、マグネシウムイオン、カルシウムイオンを入れると、オートクレーブ滅菌ができないなど、一気に取り扱いが面倒になるので、あえて入れないこともあります。マグネシウムイオン、カルシウムイオンが入っていないD'PBSを、D'PBS-、入っているものをD'PBS+と呼んだりします。どちらか注意してください。

これらの組成は、下記のサイトで、「Dulbecco's Phosphate Buffered Saline (DPBS) & Phosphate Buffered Saline (PBS)」のコーナーを見てください。カルシウム、マグネシウムの有無にご注意を。

なお、Dulbeccoは、PBSだけでなく、ほかにもいろいろ業績を残している人です。有名なところでは、細胞培養に使う Minimum Essential Medium(最小基礎培地;MEM)を改良し、Dulbecco's modified MEM(DMEM)というのをつくりました。これをダルベッコ培地と呼ぶ場合ももしかしたらあるかもしれませんので、注意してください。

参考URL:http://www.cellgro.com/tech/formu.cfm

Dulbecco's bufferというバッファはありませんが、Dulbecco's PBS(リン酸緩衝生理食塩水)のことを、単にダルベッコと通称する場合はあるかもしれません。略して、D'PBSと書いたり呼んだりもします。

いちばん簡単なPBSの組成は、リン酸イオンでpHを安定させて、ナトリウムイオンを足して塩濃度を生理状態に合わせる、というだけのものなのですが、ダルベッコはこれを改良して、カリウムイオンも含ませるようにして、より生理的な状態に近づけるようにしました。ですから、生きている細胞を洗ったりするのに...続きを読む

Q緩衝液さがしてます

pH7.4, 5.0, 3.0, 6.0の4種の緩衝液を探しています。
pHがきちんと合っているbufferが使用したいもので、
できれば試薬メーカーで販売されているものがあれば使いたいと考えています。
モル濃度も限定せず、試薬として売られているのをご存知でしたらメーカー等教えてください。

Aベストアンサー

今はインターネット時代ですよ。ご自分でネットで探されては如何ですか。ちょっと調べると出てきますよ。下記に取り合えず見つけたものを記載しています。なければ頑張って探してみてください。キーワードは「緩衝液」で充分でしょう。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報