天然高分子のグラフトコポリマーと合成高分子のグラフトコポリマーについて、詳しく教えてください。

A 回答 (2件)

どのような意図からの質問でしょうか・・・?


ネット検索されましたでしょうか・・・・???
例えば、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ポリマーABCハンドブック」

どのような観点から調べたいのか補足お願いします。

参考URL:http://www.iijnet.or.jp/nts/book/hon/ABC.html

この回答への補足

ネットで検索したのですがあまり良い物が無く質問しました。
大学の講義で、例えば構造とかどんな物があるかとかを知りたいたいです。
グラフトコポリマーには、天然高分子と合成高分子とで違いがあるのですか?
すいません。教えてください。

補足日時:2001/10/30 08:51
    • good
    • 0

MiJunです。


>天然高分子と合成高分子とで違いがあるのですか?
質問の意味がイマイチ理解出来ませんが・・・???

具体的な天然高分子と合成高分子はあげることが出来るのでしょうか・・・?

ある天然高分子と同じもの(重合度あるいは分子量)を重合あるいは合成した合成高分子と比較すると言うことですか・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。もう少し聞いてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/31 01:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩の溶解度について教えてください。

ポリマー中にスルホ基が存在する状態でトリエチルアミンで塩にするのとトリブチルアミンで塩にするのでは有機溶媒(酢酸エチル,など)に対する溶解性が変わると思われるんですがこれはどうしてですか?

Aベストアンサー

ブチル基の方がエチル基よりも大きなアルキル基であるために、親油性があり、有機溶媒には溶けやすくなると予想されます。
ただ、ポリマーの側の状態にもよるでしょうが、エチルがブチルになっても、極端な違いはないようにも思えます。

Q化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成について。

化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成についてなのですが、

この分野で社会的ニーズや就職が良いと思われる分野はどれでしょうか?また、伸びると思われるのはどれでしょうか?化学工学がプラント関連で実践的で企業でも求められるというのはよく耳にするのですが、他がいまいち良く分かりません。

どなたか、詳しい方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

機能性プラスチック関連の研究を行うためには、高分子合成・高分子工学が必ず必要になります。ご存知の通り機能性プラスチックは様々なところにたくさん使われてますので、需要がなくなるという事はまずありません。

一方有機化学は機能性プラスチックだけでなく、医農薬の分野でも必要とされる学問です。プラスチックの原料を作るために有機化学の力が必要とされる場面も多数ありますし、医薬品やその原料を探したり作ったりするのにも有機化学が必要です。就職が悪いなんてことはありませんし、需要もあります。

この中で選ぶとするなら、将来自分がやりたいと思うものを選ぶのが一番だと思います。もちろんどれを選んでも勉強は必須ですが。

QpHで溶解度が大きく変わるポリマーを探しています

pHで溶解度が大きく変わるポリマーを探しています。解離する酸をモノマーに含むポリマーとかになると思うのですがいいアイデアがあったた教えてください。酸でも塩基のポリマーのどちらでもかまいません

Aベストアンサー

おそらくいろいろ調べているのだと思いますが、

ポリ(メタ)アクリル酸、ポリイソプロピルアクリルアミド、ポリ(メタ)アクリルアミド、ポリスルホン酸系、ポリアンモニウム塩系、ポリビニルピロリドンetc...

たくさんあります。アミノ酸含有またはペプチド含有ポリマーもpH刺激応答性を持っていますよ。

Q生体高分子の構造と合成高分子の構造と異なる点

このたびは宜しくお願いします。
生体高分子の構造が合成高分子の構造と基本的に異なる点と言うのはなんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

構造については、#1、2の方々がご回答されている通りかと思います。
欲しい回答とは異なるとは思いますが、生体高分子と合成高分子の最大の違いは、分子量の分布です。
生体高分子は、分子量の分布はほぼないと言っていいのではないでしょうか。
それゆえに、Building Blockとしての働きが可能であると思います。
ようするに、分子の構造というより、分子集合体としての構造と働きが合成高分子とは別と考えたほうが良いかもしれません。
最近では、合成高分子でも分子量の分布を抑えたものがありますが・・・。

Q高吸水性ポリマーは食塩で分解されるのでしょうか

他のカテで、このような質問がありました。(No.1654097)
「紙おむつを入れたまま洗濯機を回してしまい、排水ホースにまで詰まって大変なことになった。なんとかならないか。」
これに対し、
「食塩をたくさん入れるとゆっくり溶ける。あとよくゆすいで下さい」
という回答がありました。

高吸水ポリマーの材質に詳しい方に教えていただきたいのですが、これは、本当に効果がある方法でしょうか? 塩で分解しますか?
洗濯機に塩を入れるというのは、あとでいくらよくすすぐとしても、さびの原因になったりして機械にはよくないんじゃないかと心配です。入れるとしたら、大バクチだと思うのです。それだけの効果が出るものなのでしょうか? 
疑り深くて恐縮ですが、どなたかご教示をお願いします。

Aベストアンサー

食塩では分解しませんが、浸透圧の関係でポリマーが吸収している水が食塩側に吸い出されます。結果、ポリマーが縮んで水をはき出したように見えます。
とけたように見える人もいるんでしょうけれど、とけたわけじゃないんですよ。
これを使って手品をする人もいます。

参考URL:http://www.gakushu.net/magic/0108a/

Qおむつなどに使用されている高分子吸収ポリマーを使っ

おむつなどに使用されている高分子吸収ポリマーを使った通常の形状の吸水シートは売っていませんか?生理用品のCMのように素早く吸水して離ず、表面のシートも吸水性の良いものが良いのですが・・・。極端に言うと、生理用品の性能で形が普通の長方形であればと思っています。

Aベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E5%90%B8%E6%B0%B4%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC&tag=googhydr-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=18464507169&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=11900666001266302910&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=b&ref=pd_sl_7e54h58c1n_b

Q安定なポリマー

 現在、フッ素系のポリマー(重油状、液体)を使っています。三フッ化一塩化エチレンポリマーの構造をもつダイフロイル(ダイキン(株))というものです。ところがフッ素系ポリマーは相溶性が悪く、他の溶媒や石油系製品に溶けません。重量%で10%ぐらいが限界です。
 ご存知であれば、フッ素系のポリマーで液体のもので相溶性が良いもの、または石油製品に溶解するものまたはフッ素系ポリマーぐらいの安定性があるものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

失礼しました。ポリエーテル変性シリコーンオイルのことです。舌足らずになってしまいました。石鹸や場合によっては化粧品(乳化材として使用?)などに入っていると聞いたことがあります。
フッ素系のポリマーの場合、疎水、疎油の性質から塗膜化した場合、溶媒が揮発する過程で自由界面にブリードする傾向が強くなります。この場合、ポリマー中の特に疎水基疎油基が特に表面に向く形で配向しているものと思われます。
これは界面活性剤系のポリマーを添加した場合の共通の性質です。

Qオムツの吸水高分子ポリマー

オムツの吸水高分子ポリマーは、
・燃やしても有害物質はでないでしょうか?
・畑に捨てたら自然に還るでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>燃やしても有害物質はでないでしょうか
自分で燃すのはお薦めしませんが、市販されているオムツに使用されている高分子には塩素等は含まれていないので、「燃えるゴミ」で構いません。
>畑に捨てたら自然に還るでしょうか
還りません。しかし吸水材としての性質は維持されますので、「砂漠緑化」などに用いられたりします。

Qポリマー合成のコツを教えてください

最近ポリマーの合成を行いました。合成はラジカル重合で行い、反応時間は4時間、窒素置換をして、攪拌しながら行いました。1回目は反応中にポリマーがゲル化してしまいました。それで2回目はある実験テキストに従いゲル化しそうになったら溶媒を2~5ml加えながら反応を進めたところゲル化はしなかったのですが、反応溶液をMeOHに投入してポリマーを析出させたところ水あめのようなドロドロしたポリマーになってしまいました。溶媒を入れすぎて分子量の小さなポリマーになってしまったのでしょうか?
ぜひともポリマーを上手く合成するコツを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
補足になるかわかりませんが。

>ポリマーを析出させてからの処理がよくわからないのですが…。

通常、オリゴマーや粘性高分子は、エバポレーターで溶媒を飛ばし
た後、スパチュラなどで掻き出して収集します。エバポがないよう
なら、MEKであれば、ドラフト放置でも飛ぶと思います。

Q非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化

大学の講義で、「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化をそれぞれ図に書き、各領域においてどんな状態にあるかを述べよ。」という課題が出されました。
詳しい方解答いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&f=false

この図と、ガラス転移温度と融点に付いての説明を組合わせると良いレポート
になると思います。

比容積の温度変化の測定は簡単です。昔ガラス細工をしてディラトメータを作り
測った事が有ります。結晶性樹脂に付いて、絵に描いた様に綺麗なデータが得られました。

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報