以前 友達が『あめんぼは空を飛ぶ』と言っていましたが ホントに飛ぶんですか?

A 回答 (4件)

アメンボは基本的には飛べます。


しかし種類によっては羽がなかったり短かったりして飛べないものもいます。
水たまりにいるようなアメンボはほとんどが長い羽をもっていて飛ぶことができます。
余談ですがカメムシ目というと他にセミもそうですけど、
カメムシ、アメンボ、セミ… 全然違う種類っぽいですよね(^^;
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/10/30 21:11

もし、近くにいるのでしたら細かい目の網を使い、捕まえて空高く、ほうり上げて見ましょう。

飛ばないのがいても軽いので生命に影響ありません。ほとんどは地面の上をぴょんぴょんと跳びはねますが、中に落ちる途中に飛ぶものや、はねている途中飛び立つものもいるはずです。もう、寒くてほとんど姿を見かけませんが、来春出没したら、ぜひ試してみて、自分で確認してみてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱり自分の目で見ないと 飛ぶって言う確信が持てないですねー
いつか 実際に飛ばしてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/30 21:13

アメンボはカメムシの仲間ですから飛ぶことが出来ます。

飛ぶときは池でエサを捕獲できなくなったなどの環境の悪化時などに限られるようです。外灯にも飛んでくることがあります。飛ぶところを見たいときは、アメンボを水のないところに放置しておくと羽を広げて飛ぶようです。アメンボの名前の由来は飴の匂いがするというらしいですが、私にはちょっと・・・(^^;参考になったでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

カメムシの仲間なんですかー なんか臭そー

お礼日時:2001/10/30 21:10

夕立の雨あがりの道路の水溜まりに・・アメンボがいる時があります。



あれは、空を飛んでくるのです・・ですから飛べます・・


詳しい回答は別の方からどうぞ・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そーですかー 水溜りに突然現れるから 飛んでくるのかなー と思った事が
ありますが・・・ んーでも なんか不思議だなー

お礼日時:2001/10/30 21:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鳥は何故空を飛ぶようになったんですか。。?

  恐竜から鳥になったのが定説なんですよね


  では何故、鳥は空を飛ぶように成ったんですかね。。?定説はありますか

  何故、前足が羽に成ったんでしょうね?

Aベストアンサー

すみません、ANo.8で間違ってANo.7と書いてしまいました。
正しくはANo.5です。

Q蜘蛛に似ていて空を飛ぶ虫の名前を教えてください

今日の昼間、屋外で不思議な虫を見かけました。
自分は最悪パニック発作が起きるほど虫が嫌いなのですが、蜘蛛だけはむしろ何時間眺めていても平気なほど好きで、
最初にそれを見かけたときは「蜘蛛だ」と判断したので少し観察してみることにしました。

大きさはせいぜい小指の爪ほどで、身体は黒くてまるっこく、八本の足はとても鮮やかな黄色でした。
雰囲気としてはハエトリグモのような感じでしたが、体毛などは確認できず、
しばらくはちょこまかと辺りを這っていたのですが、突然羽を出してどこかへ飛んでいきました。
恐らくテントウムシやカブトムシのような羽をしていたため、眺めていてもその存在に気付かなかったのだと思いますが、
羽のある蜘蛛がいるなどと聞いたことはありませんし、調べても正体がよく分かりません。

蜘蛛だと思い込んでいたために足の本数を数え間違えた、みたいなこともあるかとは思いますが、
そうだとしても該当しそうな昆虫がさっぱり見つかりません。
とても気になっているのですが、最初に書いたようにいろんな昆虫の写真を眺めているのは結構辛く、
自力で正体を探るのは困難だと判断したのでこちらで質問させてもらうことにしました。

もしよければあの虫がなんだったのか、教えていただけると幸いです。

今日の昼間、屋外で不思議な虫を見かけました。
自分は最悪パニック発作が起きるほど虫が嫌いなのですが、蜘蛛だけはむしろ何時間眺めていても平気なほど好きで、
最初にそれを見かけたときは「蜘蛛だ」と判断したので少し観察してみることにしました。

大きさはせいぜい小指の爪ほどで、身体は黒くてまるっこく、八本の足はとても鮮やかな黄色でした。
雰囲気としてはハエトリグモのような感じでしたが、体毛などは確認できず、
しばらくはちょこまかと辺りを這っていたのですが、突然羽を出してどこかへ...続きを読む

Aベストアンサー

旦はん、見てはりまっか~。
クモの幼体(子供)は糸を使って空を飛びます。これをバルーニング(ballooning)といいます。また、キアシハエトリ(Phintella bifurcilinea)のメスは脚が黄色です。ということで、キアシハエトリのメスの幼体のバルーニングは、どないでっしゃろか。

目の色が変わるハエトリグモの赤ちゃん
https://youtu.be/t2dW2g8wZx8
Ballooning of spider
https://youtu.be/1uirrvUPOi8
みえの自然楽校 - リレーコラム第105話
http://www.pref.mie.lg.jp/MIDORI/HP/shizen/relay/105/
〔引用開始〕
「羽根のないクモが空を飛ぶ??」。そうなんです。クモ類の中には、主に卵のうから出た子クモの時代に、空中旅行をして世界各地に分散していくものが多くいます。春や秋の、前夜がよく冷えた、ぽかぽか陽気で無風の穏やかな日、子グモたちは、何かにとりつかれたように一斉に茎や枯れ枝の先端によじ登り、腹部を空中に向けて、糸いぼから糸を1m程出して風に流します。やがて、上昇気流に乗って空中へ飛び立ち、分散していきます。後は風任せ、決死の飛行の末、無事に適した陸地へ舞い降りたものは、そこで新しい生活を始めるのです。
〔引用終り〕

旦はん、見てはりまっか~。
クモの幼体(子供)は糸を使って空を飛びます。これをバルーニング(ballooning)といいます。また、キアシハエトリ(Phintella bifurcilinea)のメスは脚が黄色です。ということで、キアシハエトリのメスの幼体のバルーニングは、どないでっしゃろか。

目の色が変わるハエトリグモの赤ちゃん
https://youtu.be/t2dW2g8wZx8
Ballooning of spider
https://youtu.be/1uirrvUPOi8
みえの自然楽校 - リレーコラム第105話
http://www.pref.mie.lg.jp/MIDORI/HP/shizen/relay/105/...続きを読む

Q飛んでいる昆虫はどうやって飛ぶ方向の制御をしているのでしょうか?

とても大まかな質問ですみません。

飛んでいる昆虫なのですが、飛ぶ方向の制御はどこでしているのでしょうか。すごい速さでこまめに動き回るのでどこでこれはコントロールされてるのか・・などと思いました。

どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的には、動物の運動とは知覚情報を基にコントロールされるものです。昆虫の場合は知覚入力に基づく反射の組み合わせが飛行運動ということになると思います。
このように、運動とは知覚入力が中継中枢を介して運動系に出力されることによってコントロールされるものであり、このメカニズムは変わりません。ですが、まだきちんと解明されているわけではありませんが、昆虫や鳥など、空を飛ぶ動物は知覚機能における「予測能力」が他の動物に比べて発達しているのではないかという記事を読んだことがあります。何処で呼んだかは忘れました。

空を飛ぶ場合、環境からの情報の獲得は主に「視覚」、あるいは聴覚に頼る以外にありません。あるいは、風圧を感じるということはできるかも知れません。昆虫や鳥はこのような情報を基に飛び方をコントロールしているわけですが、そもそも自分が物凄い勢いで飛び回っているのですから、それは常に目まぐるしく変化する「動体視」ということになります。これに加えまして、フィールドは360度の三次元であり、我々のような陸上を歩く動物とは空間認知が全く違います。では、この「360度の動体視」といいますのが空を飛ぶ動物、あるいは水中を泳ぐ動物の共通の条件ということになります。
このような知覚情報を瞬時に処理するためには、ある程度の予測能力が必要になります。例えば、自分の飛行速度と障害物までの距離を事前に把握できなければぶつかってしまいます。このように、空を飛ぶ動物は知覚情報による予測能力がたいへん発達しており、運動系に対して事前の命令を出しているのではないかということだそうです。
また、我々脊椎動物は脊椎反射によって危険回避を行ないます。昆虫の場合は神経節がそのまま知覚系と運動系の中継中枢となりますので、そこには障害物回避などの反射プログラムが作られているのかも知れません。ならば、昆虫は進化の過程で予め衝突を予測していることになります。だから衝突しないんでしょうね。
まだ解剖などによってその証拠が発見されているというわけではありませんが、何れにしましても、空を飛ぶ動物にはどうしてもそれなりの予測能力は必要なのではないかということであります。

こんにちは。
基本的には、動物の運動とは知覚情報を基にコントロールされるものです。昆虫の場合は知覚入力に基づく反射の組み合わせが飛行運動ということになると思います。
このように、運動とは知覚入力が中継中枢を介して運動系に出力されることによってコントロールされるものであり、このメカニズムは変わりません。ですが、まだきちんと解明されているわけではありませんが、昆虫や鳥など、空を飛ぶ動物は知覚機能における「予測能力」が他の動物に比べて発達しているのではないかという記事を読んだこ...続きを読む

Q魚は、空を飛びたいんでしょうか?

家の前に、農業用の川があり、時々、ふなかこいと思われる
普通の魚が、ピョンピョン跳んでいます。
段差があるわけでもないし、川の水量が変わっているわけでもないし。
かといって、のべつ幕なしに跳んでいるわけでもありません。

九州に行った時も、夜 中洲の近くの那珂川で、家の前とは驚くほどに
飛距離の違う魚のジャンプを目撃しました。

夜目で種類もわかりませんが、トビウオとも思えません。

何らかの必要性があって、川面をジャンプしているのでしょうか?

Aベストアンサー

もう一度。
中州近くの那珂川、何処か知らないんですが海の近く
ですかね?それだったら多分ボラでしょう。
ボラのジャンプすごいから!

Q人の顔あたりで飛ぶ「忌々しい小さな塊の虫」は何と言う虫?ブヨ?蚊?アブ?

人の顔あたりで飛ぶ「忌々しい小さな塊の虫」は何と言う虫?
ブヨ?蚊?アブ?

Aベストアンサー

ははは、そのままメマトイ(目纏い)と呼ばれる虫・・

釣りの大敵メマトイ撃退方法( http://www9.plala.or.jp/fly-high-fisher/bangai/b-mematoi.html )
メマトイ - Google 検索( https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%A4&safe=off&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjU5bCLqbzLAhUF5qYKHQK4D7IQsAQIKA&biw=1091&bih=512 )
メマトイ(眼纏)(メマトイ)とは - コトバンク( https://kotobank.jp/word/%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%A4(%E7%9C%BC%E7%BA%8F)-1211050 )


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報