自動車や電車の速度はタイヤや車輪が何回回転したというところから
速度を出せるけれど、飛行機は離陸する時など滑走路を走る時以外は
タイヤが出ません、だから飛行機が飛んでる最中の速度はどうやって
出しているのか教えて下さい。ええと速度は平均速度じゃなくて
瞬間速度(?)のことについてですお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

対気速度計は、ピトー管と静圧システムの両方に連結している唯一の計器です。

静圧システムからの空気は、対気速度計のケースを満たし、膨張性のある空盒 (こうごう) の「基準 (になる)」圧力となります。飛行機が移動することによって、ピトー管の中に押し込まれた空気 (ラム エア) は、空盒 (ダイアフラム) を満たします。速度が上がり、ラム エア圧力 (動圧) が増すにつれて空盒は膨張します。空盒に連結されている針は、空盒の膨張に合わせて回転し、計器面上にある指針の位置によって、対気速度が表示されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました♪
飛行機の速度は対気速度計という計器を使って測定するのですね!!
わざわざ細かい事まで教えてくださって助かりました。

お礼日時:2001/10/30 19:47

 hanboさんが専門的なことは答えられているので・・・



 飛行機は、空気が動いているので対気速度計を使い、メーターもこれが着いていると思いますが、一般人の感覚からいえば対地速度の方が実感に即していると思います。(「今、時速何マイルで○○に向かって飛んでいる」というのは対地速度)飛行機が同じ出力(対気速度が同じ)で飛んでいても、東京から札幌に向かうのと札幌から東京に向かうのとでは所要時間が違います。
最近は、GPSで位置が正確に割り出せるので、この移動距離で対地速度を割り出せます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なご回答ありがとうございます!!
飛行機の速度は対気速度と対地速度があるんですね!!
対気速度が同じで距離が同じな場合でも所要時間が異なることも
あるのですか。
なかなか難しいですね~参考になります。

お礼日時:2001/10/30 20:09

こんにちは.


飛行機の速度は確か対流速度で測っていたと思います.
つまり空気がとまっている物とみなして空気との相対速度で出している.と記憶していますが.
あと対地速度で測っている,というのも聞いたことがあります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは★
なるほど、とまっている空気と相対速度を出せるなら
タイヤや車輪がなくても測れますね!!
参考になります。どうもありがとうございました♪

お礼日時:2001/10/30 19:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅客ジェット機の離陸時の速度

旅客用のジェット機が離陸する寸前の速度はどのくらいですか?

Aベストアンサー

 いずれ専門家の方が回答されると思いますが、その場の場繋ぎとして回答します。

 以前北米行きのジャンボに乗ったときに、客用ディスプレイに運行速度が出ていて、私も興味が有って「一体何キロ位でこの重い飛行機が地面から離れるのだろう?」と思って見ていました。

 その際確か、310~320km/h位で機体がフワッとなった感触があり、私なりにこれが離陸速度なのだと認識した思い出があります。

 ちなみにその後の速度については、北米行きと言うことでこちらからは偏西風に乗って進むため結構な速度になり、最終的に1,100km/hぐらいまでいった記憶があります(ほぼ音速ですよね?)

Q飛行機の離陸について教えて下さい。

飛行機は離陸するときに滑走路上を数千メートル滑走し、速度を上げる事によって揚力を得て浮上しますよね。

搭乗するたびに不思議に思うのは、飛行機はどうやってそんな長い距離を曲がらずに、まっすぐに走れるんでしょうか。 

Fー1レーサーみたいに、パイロットが巧みにハンドルを操作しているってのも、想像し難いし・・・。

失敗して滑走路の途中から、右や左に曲がって草むらに突っ込んだなんて記事を聞いた事がないんですが・・・。

Aベストアンサー

ちゃんとパイロットが操作してまっすぐにしています。
市九度が遅いときは前輪のステアリングを操作し速度が上がったときはラダーという垂直尾翼を操作します。
横風が強くても強行離陸するときは斜めになりながら離陸するということもありますこのときはラダー操作ですね。
フットペダルで操作します。

>失敗して滑走路の途中から、右や左に曲がって草むらに突っ込んだなんて記事を聞いた事がないんですが・・・。

実はないことはないんですよ。
ものすごく数は少ないですしそんなことをするパイロットには操縦する資格が与えられませんので。

Q飛行機がタイヤを出し入れするタイミング

飛行機は離陸するとすぐにタイヤを格納するのに、
どうして着陸する時には滑走路の遥か遥か手前でタイヤを出すのでしょうか?

Aベストアンサー

すでに多くの回答があり、皆正しいと思いますので追加で回答します。

脚を下ろすと着陸灯が点灯します。アプローチは遠方から近づくので、灯りを付けて管制塔などに早く発見させるということも理由の一つだと思います。

また脚が出ているのを確認する時間が必要だからでしょう。訓練ではモーボという温室のような車両で確認しています。

Q雪が降り積もった滑走路への航空機の着陸は、何故、スリップせず、停止できるのですか?

○ 質問タイトルのまんまの質問です。
 
 毛利さんや立松和平さんが南極へ行くそうですが、
 ケープタウンからチャーター便に乗り、南極大陸にある
 飛行場(3000mの滑走路)に着陸するそうです。
 で、タイトル通りの疑問が生まれました。

 その飛行機は、4発のジェットエンジンが搭載される
 ヘビー級の大型輸送機です。何故、スリップせず、
 安全に停止できるのか不思議でしょうがありません。
 (滑走路上で、飛行機がスピンする姿を想像してしまう、、、)

 想像するに、
   - 機械的には、車のABS(アンチロックブレーキ)
    が搭載される。
   - タイヤは、スパイクタイヤか、スタッドレスタイヤを使う。
 ぐらいしか、思いつきません。
 こんなもんで、十分なのでしょうか。
 
航空機の運用に詳しい方、ご教授下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
パイロットではないですが、パイロットの方とこのような話題をする機会がありました。
次のような回答ではいかがでしょう。

ポイントは「滑ります。すごく滑るので大変です。」

 まず、多くの方が、スポイラーと逆噴射を上げておられ、事実、これらが効いている速度領域ではタイヤの制動力や操舵力にはあまり頼っておらず、方向制御もラダーが効くので路面が滑りやすくても影響がないと言っていいでしょう。
 しかし、問題はある程度低速になってから。例えば時速30Kmくらいではラダーもスポイラーも効かず、路面の異物を巻き上げて吸い込むことを避けることもあって逆噴射も使用できません。
 他方で、100t以上にもなる機体に付いているのは10tトラック並の接地面のタイヤ(200tのジャンボでも2~3台分でしょう)ですから、これが雪の上になるともう悲惨な状況です。ゆるゆるの速度でもいつまでも止まらず、制動を誤るとたちまちスピン(航空機ではグランドループと言います)してしまいます。
 ここで画期的なのは確かにABS(アンチスキッド機能)ですね。左右の主車輪のブレーキの片効きを押さえ、首輪でも操舵力を破綻させない上で極めて有効であり、最も恐ろしいグランドループの発生を低減させることができます。

 しかし、減速は、結局はタイヤと路面の制動力頼み。雪を考慮した「寒冷地タイヤ」もあるらしいのですが、自動車用スタッドレスのような劇的な効果を期待するものでなく、一般的でないとか。

 ということで、一生懸命除雪し、接地点を適切にし、できるだけ逆噴射を利用し、あとは長い滑走路に頼ってじっくり減速するしか方法がないようです。それでも車輪制動が足りずにオーバーランしたり、ランプウエイに曲がろうとして首輪が滑って大回りになってはみ出してしまう例はぽつりぽつりと起きているようです。
(直感的には、今回は、多分、着陸の実力1000m程度の強力な機体で、3000m滑走路を使い、タイヤのみのじわじわとした制動に数百~1000mを与えてさらに余裕を数百~1000m持たせる・・・といった運用かと。)
 なお、寒すぎると氷も滑りにくくなるのは事実ですが、航空機を入れる際に現地は夏の時期ですからあまり期待できないかと。(むしろ、滑走路上の雪も一部は解けているかも知れません。)

極地での離着陸についての話を聞いたわけではありませんが、多少なりともご参考になれば幸いです。

こんにちは。
パイロットではないですが、パイロットの方とこのような話題をする機会がありました。
次のような回答ではいかがでしょう。

ポイントは「滑ります。すごく滑るので大変です。」

 まず、多くの方が、スポイラーと逆噴射を上げておられ、事実、これらが効いている速度領域ではタイヤの制動力や操舵力にはあまり頼っておらず、方向制御もラダーが効くので路面が滑りやすくても影響がないと言っていいでしょう。
 しかし、問題はある程度低速になってから。例えば時速30Kmくらいではラダーも...続きを読む

Q月からの離陸

アームストロングが月面に着陸したは、もう約40年以上前の出来事だと思います。

先日、TSUTAYAで「アポロ18」というビデオを借りて鑑賞しました。
この内容について特にどうこういうことではなく、映画自体は気楽に楽しみました。

そこで、ふと思い出したのですが、人類は月面には着陸していない、アリゾナの砂漠
かどこかの撮影所で誤魔化してたとかなんとかいう陰謀論みたいなものが、一時、
あったように記憶しています。

反論として、月面に反射板かなにかの機械が設置されて、そこから信号を確認できる
とかいう説明をとあるお方から受けました。

私自身、子供の頃、月面着陸には非常に感動したものです。

ただ、あくまでも素人のさりげない疑問、専門家からすれば、他愛ないバカな疑問かも
しれませんが、「素朴な疑問」がその後(何年も後になって)芽生えたものです。

地球からの発射では補助ロケットか何かで地球の強力な重力をかわして、大気圏外に衛星を
打ち上げられる訳ですが、果たして、月面に着陸した後、あの小さな宇宙船が、月面から
離陸して、大気圏外で待機している「本船」にたどり着けるものだろうか?

もちろん、地球の重力と月の重力とでは格段のパワーの差というのか、違いがあるので
しょうから、私の疑問は疑問そのものが幼稚過ぎるとか言われてしまえばそれまでですが。

しかし、それでも、あんな小さな宇宙船に、月面から離陸して月の大気圏外に脱出できるパワー
があるものでしょうか?

案外、そういう科学技術は開発できていないので、月の大気圏外の周回コースにまでは
行けても、月面そのものには人類は未だ着陸していないという可能性もなくはないのでは
ないでしょうか。

反射板かなにかの機械であれば、月の大気圏外から月面に向けて、パラシュートか何かを
つけて、機械が壊れない程度の衝撃に抑えて、月面に投下する程度の技術はあっても
いいかと思います。

素人の素朴な疑問です。

笑われても結構です。 どなたかご教示いただければ幸甚です。

アームストロングが月面に着陸したは、もう約40年以上前の出来事だと思います。

先日、TSUTAYAで「アポロ18」というビデオを借りて鑑賞しました。
この内容について特にどうこういうことではなく、映画自体は気楽に楽しみました。

そこで、ふと思い出したのですが、人類は月面には着陸していない、アリゾナの砂漠
かどこかの撮影所で誤魔化してたとかなんとかいう陰謀論みたいなものが、一時、
あったように記憶しています。

反論として、月面に反射板かなにかの機械が設置されて、そこから信号を確認でき...続きを読む

Aベストアンサー

> もちろん、地球の重力と月の重力とでは格段のパワーの差というのか、違いがあるのでしょうから、
この違いを何とか感覚的に納得できないかと考えてみました。

圧縮空気で水を吹き出して数十メートル飛ぶ「ペットボトルロケット」をご覧になったことはあるでしょうか。
小学生が夏休みの工作で作ったりする、あれです。

福岡県の高校の先生がペットボトルロケット軌道計算のExcelワークシートを公開しているので、
 http://www.asahi-net.or.jp/~hy9n-knk/pet_simu.htm
これを使わせて戴き、月面上ではどれくらい飛ぶだろうかと計算してみました。

なお、ここでは1000ccペットボトル容器に600ccの水を入れ、7気圧の圧縮空気を充填し発射角65°で打ち上げたものとしています。
月面では重力加速度を1.63(m/s^2)、空気抵抗力係数=0としました。

その結果は添付の図のように、地上では高度36m、水平到達距離61mですが、
月面では高度348m、水平到達距離668mまで飛ぶ計算になりました。
同じ推進力でも月面上だと地上の10倍の距離まで飛べることが納得していただけたら幸いです。

(※これはあくまで「同じ質量・同じ推進力でどこまで飛ぶか」を計算上で比較しただけであり、月面上で実際にペットボトルロケットを飛ばせるわけではありません(^_^) 念のため)

> あんな小さな宇宙船に、月面から離陸して月の大気圏外に脱出できるパワーがあるものでしょうか?
「大気圏外」ではありませんが、司令船が待つ高度約80kmの月周回軌道に入るだけのパワーはあるのです。

> もちろん、地球の重力と月の重力とでは格段のパワーの差というのか、違いがあるのでしょうから、
この違いを何とか感覚的に納得できないかと考えてみました。

圧縮空気で水を吹き出して数十メートル飛ぶ「ペットボトルロケット」をご覧になったことはあるでしょうか。
小学生が夏休みの工作で作ったりする、あれです。

福岡県の高校の先生がペットボトルロケット軌道計算のExcelワークシートを公開しているので、
 http://www.asahi-net.or.jp/~hy9n-knk/pet_simu.htm
これを使わせて戴き、月面上ではどれく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報